[020640] 2016-03-28
横浜市港北区の整形外科・形成外科 
トレッサしのだ整形・形成外科
  • 整形外科 形成外科 リハビリテーション科 リウマチ科

〒222-0002 神奈川県 横浜市港北区師岡町700 トレッサ横浜南棟1階

045-534-1551

http://tressa-seikei.com/

トレッサ横浜南棟1階|施設駐車場あり [地図]

横浜市港区師岡町の整形外科・形成外科ならトレッサしのだ整形・形成外科へ。
当院はトレッサ横浜南棟1階にあり、土日も診療を行っております。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

当院の特色

当院の特徴
特徴-1

トレッサしのだ整形・形成外科はショッピングモールのトレッサ横浜 南棟1階にございます。最寄り駅は綱島駅、鶴見駅、大倉山駅、新横浜駅があるとともに、無料駐車場も完備しておりますのでアクセス良好です。また平日お仕事、学業でお忙しい方でもご来院頂ける様に土曜日・日曜日の診療を行っております。


特徴-2

当院は、整形外科、形成外科、リハビリテーション科がございます。充実した医療機器、各専門医による外傷や慢性疾患などを含めた一貫した治療を行っております。


特徴-3

患者様のために骨密度が測定できる高性能のDXA機器を導入しております。より正確な骨の状態を把握でき、骨が脆くなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の検査・予防で活用しております。


【当院の診療内容】
◇ 整形外科 ◇

整形外科は主に脊椎、四肢(手や足)の運動器を構成している骨・関節、関節を連結する靭帯、筋肉や腱、脊髄および末梢神経の疾患による機能障害や外傷による損傷を診断・治療します。

対象疾患は、肩こり、骨折、捻挫(ねんざ)、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、腰痛、脱臼、椎間板ヘルニア、変形性関節症など多岐にわたります。


◇ 形成外科 ◇

形成外科では、先天性疾患(生まれつきの奇形やあざなど)、外傷(怪我、火傷)、瘢痕(傷跡)、皮膚、皮下腫瘍(できもの、ほくろなど)の切除、美容的なもの(しみ)、など幅広い疾患を対象にしております。基本的に、目に見える部位を本来の状態に戻すことを目的に治療を行う診療科です。

トレッサしのだ整形・形成外科では、形成外科専門医が丁寧な診療を行います。また、小手術治療を行ったり、必要に応じてより高度な専門医療機関をご紹介致します。


◇ リハビリテーション科 ◇

リハビリテーション科は、傷害を受けた身体や運動機能を、物理療法や運動療法を用いて最大限にまで回復させることを目的とした診療科です。


◇ リウマチ科 ◇

関節リウマチは、多発性関節炎のため、手の指や手首、肘、膝、足首、足の指などいくつもの関節が腫れて痛む病気です。

当院では問診の上、血液検査、レントゲン検査を行い関節リウマチの診断をします。
関節リウマチと診断された場合、早期に抗リウマチ薬などを用いることが推奨されています。
変形が進み外科的手術が必要と判断される場合には、適切な医療機関と連携した治療を行います。


◇ 骨粗鬆症外来 ◇

骨粗鬆症は加齢などの原因により、骨が構造上もろくなってしまう病気です。
骨に含まれるカルシウムなどの量(骨密度)は若年期をピークに年齢とともに減少していきます。それにより、背骨が体の重みでつぶれたり、背中が曲がったり、変形による圧迫骨折、ちょっとした転倒などで骨折するなどの原因となります。

トレッサしのだ整形・形成外科では、骨に含まれるカルシウムなどの量(骨密度)をより正確に測れる高性能のDXA機器を導入しております。 骨粗鬆症となってしまった場合には各種薬物療法などを開始します。

院長からひと言

平成26年5月1日、横浜市港北区のトレッサ横浜 南棟1階にて「トレッサしのだ整形・形成外科」を開院致しました。
これまでの経験と実績を活かし、皆様が安心していつまでも健康で楽しく生活できるように丁寧でやさしい説明、診療を行います。また、必要に応じて他の専門医療機関との連携も行って参ります。

地域医療の充実に向けて少しでも皆様のお役に立てるよう、職員ともども鋭意努めて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

こんな症状の時お越し下さい

・首、腰、肩や腕・肘・手、脚・膝・足の痛み
・手や足などの痺れ
・打撲、骨折、脱臼、捻挫、火傷、各種外傷
・スポーツによる故障、運動中の体幹・四肢の痛み

・手、足の外傷
・顔面の外傷
・熱傷、皮膚潰瘍、褥瘡、ケロイド
・皮膚、軟部組織の腫瘍
・先天性のあざ
・巻き爪、陥入爪

・肩が痛くて挙がらない
・腰が痛い、重い
・階段や歩きで膝が痛い
・手、足の痺れがある