[017996] 2019-01-08
---
新こがねい呼吸器内科
  • 呼吸器内科・小児呼吸器内科・アレルギー科・内科
外観イメージ

〒184-0011 東京都 小金井市東町4-8-13 登川ビル1F

042-380-9080

http://shinkoganei-cl.com/

西武多摩川線「新小金井駅」から徒歩1分 [地図]

●西武多摩川線「新小金井駅」から徒歩1分の呼吸器内科・小児呼吸器内科のクリニックです。
●咳が長引いている方、喫煙が原因の労作時呼吸困難、夜間や早朝の喘息症状などでお困りの方はぜひご相談下さい。
●COPD、睡眠時無呼吸症候群の検査・診断も行っています。
●各種健康診断、小児の予防接種を実施しております。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

ギャラリー・当院の特徴

当院の特色

◆地域の皆さまの健やかな生活をサポート致します◆
当院は呼吸器内科と小児呼吸内科を重点診療科目としたクリニックです。禁煙外来、ぜん息外来などにも力を入れており、高度専門医療機関へのつなぎ渡しの役目も担っていきたいと考えています。
これまで培ってきた経験を生かし、地域のかかりつけクリニックとして長期にわたり皆様の健康をサポートして参ります。

■咳が長引いているのですが?
長引く咳は、3~8週間の遷延性咳嗽と8週間以上の慢性咳嗽に分けられます。
原因として、気管支炎・肺炎の他、副鼻腔気管支症候群、咳喘息・アトピー咳嗽、胃食道逆流、感染後咳嗽などがあります。
また、気管支喘息、慢性気管支炎、肺結核の他、肺癌の初期症状などのこともあります。
日本における慢性咳嗽の3大原因は、副鼻腔気管支症候群、咳喘息およびアトピー咳嗽であり、遷延性咳嗽ではこれらに感染後咳嗽が加わります。
いずれも胸部レントゲンや喀痰・血液などの検査を行い、早期に診断し、治療に結び付けることが大切です。

■喫煙者の方は検査をおすすめします
COPDは、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、タバコなどの有害な空気を吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。その結果、空気の出し入れがうまくいかなくなるので、通常の呼吸ができなくなり、息切れが起こります。
当院ではスパイロメーターという計測器を用いて、肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査を行います。

■いびきは体の危険信号です
いびきは睡眠時無呼吸症候群のサインです。 当院では携帯用の簡易型検査装置をご用意しておりますので、睡眠の質や睡眠中の呼吸状態を調べる終夜睡眠ポリグラフィー検査(Polysomnography)を自宅で行う事が可能です。
睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いと判断された場合、高度医療機関への紹介も行っております。

◆ 当院の診療内容 ◆
◇ 呼吸器内科・小児呼吸器内科 ◇
当院では、以下の呼吸器疾患及び症状の診断・治療・管理を行っております。咳、気管支炎、慢性気管支炎、咳喘息、アレルギー咳、膿性痰、血痰、息切れ、喘息、胸痛、肺炎、肺癌、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患COPD)、肺線維症、呼吸不全、感冒後気道過敏など。そのほか、小児呼吸器内科の診療も行います。
2週間以上長引く咳や息切れなどがある方はご相談ください。

◇ ぜん息 ◇
ぜん息の多くはアレルギーが原因で大人になって症状が突然出てくることもあり、早期治療が大切です。 夜間や明け方の咳・息苦しさがある、ぜん鳴(のどのあたりでヒューヒュー、ぜいぜいする音)が聞かれる、風邪・感冒のあとに咳だけが長引く、のどや気管支に痰が絡んだ感じが続く、咽頭の違和感やかゆみがあるなどの症状が感じられる場合はご相談ください。

◇ COPD ◇
タバコをやめたいと思いながらも、なかなかやめられないという方は多いと思います。
現在、喫煙者の実に70%がタバコに含まれるニコチン依存症であるというデータがあります。当院では、個々の患者様へアドバイスを行いながら二人三脚での禁煙治療を行います。
治療方法としては主に内服による禁煙治療薬「チャンピックス」の処方を行っております。

◇ 呼吸器感染症 ◇
感染症とは、環境中[大気、水、土壌、動物(人も含む)など]に存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす疾患です。
私たちの身の回りには、常に目に見えない多くの感染症を引き起こす、微生物(細菌、ウイルスなど)が存在しています。当院では主に肺炎・気管支炎などの診断・治療を行っております。

◇ 睡眠時無呼吸症候群(SAS) ◇
睡眠時無呼吸症候群とは、文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。
無呼吸指数(1時間あたり呼吸が10秒以上止まっている回数)が20以上の場合はSASの疑いがあるので、当院へご相談下さい。
睡眠中に呼吸が止まるような事態が繰り返されると、体に取り込まれる酸素の量が少なくなり、臓器に障害をもたらす上に、日中に眠くなり活動が低下するなど、社会生活にも影響を及ぼすようになります。

◇ 各種健康診断・予防接種 ◇
入学前・入社前などの各種健康診断を行います。
当院の予防接種は予約制になりますので、お電話を受けてからワクチンをお取り寄せします。
接種の3日前までにご予約下さい。

なおインフルエンザワクチンについては予約は不要です。

院長からひと言

2012年5月1日に呼吸器内科と小児呼吸器内科を重点診療科目とした「新こがねい呼吸器内科」を西武多摩川線新小金井駅前に開院いたしました、院長の原﨑一浩です。
早いもので、今年で開院して6年目を迎えました。
開院から現在まで、当院は咳を中心とした呼吸器アレルギー疾患の治療に重点に置いたクリニックとして、お子様から大人までの幅広い年齢層の方を対象に医療を提供して参りました。
また、同時に地域と高度専門医療機関のつなぎ渡しの役割も担って参りました。
これからも地域の皆様に信頼されるクリニックとして、日々の診療を充実させていく所存です。
どうぞよろしくお願い致します。

実施出来る検査・設備

肺機能検査
睡眠時無呼吸検査
血液検査
心電図
デジタルレントゲン

薬局

院外処方

紹介先病院

日本赤十字社 武蔵野赤十字病院 など