[017747] 2018-12-03
鶴ヶ島市の眼科 
アイクリニック佐藤医院
  • 眼科
  • コンタクトレンズ
外観イメージ

〒350-2203 埼玉県 鶴ヶ島市上広谷669-1

049-279-0888

http://www.eyeclinic-sato.com

●東武東上線「若葉駅」より徒歩10分 
※駐車場有り [地図]

●鶴ヶ島市、東武東上線「若葉駅」が最寄の眼科クリニックです。
当院は鶴ヶ島市にございますが、近隣の坂戸市、川越市などからも通院に便利です。

●白内障、ドライアイなどの一般眼科診療の他、コンタクトレンズ処方なども行っております。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

お知らせ


【ご注意願います:コンタクトレンズ・眼鏡の処方について】
コンタクトレンズ・眼鏡の処方は、月・水・金曜と土曜の午前となります。
但し、定期検査を除きます。
※コンタクトレンズの変更(例:ワンデー→ツーウィークレンズ、ソフト→ハードコンタクトへの変更など)は、上記コンタクトレンズ・眼鏡の処方日となりますので、ご了承願います。

◆水曜日のコンタクト・眼鏡の処方について
水曜日はコンタクトレンズ・眼鏡の処方を行わない日がありますので、水曜日に処方ご希望の方はお手数ですが事前にお問い合わせの上ご来院ください。

【水曜日の受付時間について】
水曜日の午後は勉強会参加の為、はやめに受付を終了する日があります。
何卒ご了承ください。

【眼科検査員さん求人募集しております】
詳しくはお気軽にお問合せ願います。

ギャラリー・当院の特徴

当院の特色

~鶴ヶ島市をはじめ、坂戸市・川越市の「眼科かかりつけ医」を目指します~
老若男女を問わず、ご家族皆様の眼の健康増進・健康管理を行っております。
尚、症状や検査結果によりましては、迅速に適切な高度医療機関をご紹介するなど、その橋渡しも「かかりつけ医」の重要な役割だと考えております。


【当院の眼科診療の特徴】
1)眼科一筋、25年の臨床経験
患者様のご希望に沿った診療を行い、最善(最良)の治療法をご提案致します。


2)「眼だけを診ない」
~患者様ご自身を診るよう努めております~
眼科医でございますので、眼の症状や疾患を診るのは当然です。
しかしながらそれだけでは、「患者様の立場に立った診療」とはいえません。
院長は、長い大学病院勤務及び日本病理学会所属の経験を活かして、眼底検査の中で脳腫瘍などの他臓器疾患の有無の可能性を多く指摘してきました。
「眼と全身疾患との関わり」も常に注視しながら、日々の診療に努めております。


3)感染症対策室の設置
小児眼科診療室通常の診療室の他に、感染症対策用の別室も設けております。


4)徹底した衛生管理
当院ではスタッフ一同、感染症対策には万全を期しております。
特に、はやり目(ウイルス性急性結膜炎)などの感染症の検査では、使用した検査機器を20分以上滅菌しないと院内感染のリスクを拭えません。
そこで当院ではスリットランプ(検眼用の顕微鏡)を3台設置するなど、同じ検査機器を続けて患者様に使用せず、しっかり滅菌されたものを次の患者様に使用するよう努めております。


【眼科診療内容】
『眼科一般』
視力低下、かすみ目、充血、目のかゆみ、涙目、ドライアイ、眼精疲労、花粉症、飛蚊症など目のことで気になることがございましたら、お気軽にご相談下さい。


『緑内障』
40歳以上の方の40名に1名は罹患しているというデータもございます。
どの病気であっても同じですが、緑内障も早期発見・早期治療が大変重要な目の病気です。
緑内障は、眼圧によって、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなっていく病気であり、視神経は一度障害を受けると残念ながら回復しません。
つまり、緑内障で失われた視野を治療で戻すことは今のところ不可能です。
したがって、出来る限り進行速度をゆっくりさせることが治療目的となります。
当院では、緑内障検査・治療の他、近隣の大病院と連携して、緑内障治療を行っております。


『白内障』
目の中のレンズ(水晶体)が主に加齢によって濁る状態が白内障です。
特に以下のような目の症状が出た場合、早めの受診をお勧め致します。
・かすんで見える
・明るいところにでると、まぶしく見にくい
・ぼやけて二重、三重に見える など
見えにくいなどの自覚症状がございましたら、お早めにご受診ください。


『糖尿病網膜症』
糖尿病網膜症は、腎症、神経症とともに糖尿病の三大合併症の一つで成人中途失明の主要な原因です。
糖尿病による失明は、年間3000人程度といわれ、注意が必要です。
しかしながら眼科を受診されなかったり、受診しても内科だけという方も多くおられますので、早期からの血糖コントロールと定期的な眼科検診が必要です。


『コンタクトレンズ・眼鏡の処方』
コンタクトレンズの取扱いや眼鏡の処方を行っております。
コンタクトレンズ処方については、安全にお使いいただく為の知識やメンテナンス方法を眼科医の立場として、細部にわたり丁寧にご説明しております。
また最近、コンタクトレンズにより目の不調を訴える患者様も増えておりますので、定期的な眼科検診をお勧めします。

<併設コンタクトレンズ販売店のご紹介>
名称:89コンタクト
住所:鶴ヶ島市上広谷669-1
電話番号:049-279-0089
営業時間:月~土 9時~12時、15時半~18時半、日(奇数週のみ)10時~12時
89コンタクト販売方針:安全なコンタクトレンズの普及を目指して、より良いものをより安く。

院長からひと言

「アイクリニック佐藤医院」は鶴ヶ島市、東武東上線「若葉駅」が最寄の眼科医院です。
当院ではスタッフ一同、来院される皆様お一人おひとりとの信頼関係を大切にし、きめ細かな対応で目の健康増進のために誠心誠意サポートさせて頂きます。
また待ち時間の短縮の為に、視力検査機器を4台設置するなど、通院しやすい環境に配慮致しました。
どうぞよろしくお願い致します。

薬局

院外処方

紹介先病院

・埼玉医科大学病院 アイセンター
・関本記念病院 など

追加情報

さらに詳しい情報があります