[017946] 2015-10-22
横浜市磯子区洋光台の内科、消化器科 
高倉クリニック
  • 内科 消化器科 胃・大腸内視鏡 肛門科 外科
外観イメージ

〒235-0045 神奈川県 横浜市磯子区洋光台3-2-5

045-352-8253

http://www.takakura-clinic.jp/

●JR根岸線「洋光台駅」より徒歩1分 [地図]

●高倉クリニックでは風邪やインフルエンザ、高血圧、高脂血症などの一般内科の診療はもちろん、胃カメラ・大腸内視鏡(大腸カメラ)による胃がん検診・大腸がん検診、超音波検査など専門的な消化器科等の診療も行なっています。

●超音波検査はがん治療に対する超音波検査経験数が豊富な専門医が行います。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方
  • アンケート

お知らせ

◇女性外来の中止について
平成25年12月より女性医師による乳腺外来を休診いたします。
ご了承ください。

ギャラリー・当院の特徴

当院の特色

【高倉クリニックの特徴】
~皆様の「かかりつけ医」を目指しています~
広々とした受付かかりつけ医による診療とは、病気にかかったときにまず診てもらう身近な医療機関による診療をいいます。 いわばご家族全員の健康に関する「身近な相談相手」ともいえます。プライマリーケアは開業医師の基本であり病気予防の観点から患者様の全身の状態を把握することが必要となってきます。
また発症の際には初診時の主訴から病態を把握する豊富な臨床経験と、患者様に信頼頂ける人間性が必要となってきます。 プライマリーケア医では健康に関するあらゆることを総合的に扱い、全身にまたがる包括的な診断を行います。

~ご来院いただきやすい環境を整えています~
当院ではエントランスまでがスロープになっていますので車椅子の方でもご来院いただけるよう、バリアフリーにも配慮しています。
またお車や自転車でもお越しいただきやすいように専用駐車場(3台分)、駐輪場も確保しております。

<写真左:バリアフリーに配慮したスロープ、写真右:専用駐車場と駐輪場>

【高倉クリニックの診療内容】
◇ 一般内科 ◇
風邪や嘔吐・下痢、インフルエンザ、花粉症などの一般的な疾患から成人生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病、痛風)などの診断・治療を行います
様々な疾患の原因、診断、治療の十分な説明はもちろんのこと、皆様の体質や生活習慣等をふまえ食事や運動療法などを取り入れながら、より健康的な状態になれるようお手伝いさせていただきます。病気のことだけでなく、健康上の些細な心配事でも遠慮なくご相談ください。

◇ 消化器科 ◇
胸やけや吐き気、腹痛、便秘、下血などの症状に対する診断・治療を行います。
必要に応じ内視鏡検査、レントゲン検査、超音波検査などを追加し正確な診断に基づいた治療を行います。
当院で癌など手術治療が必要と診断した場合は、可及的に紹介病院まで行き手術治療に立会っております。また、術後に状態の落ち着いた段階で紹介病院から逆紹介していただき当院で経過観察を行っています。
その他、胃内ピロリ菌の除菌など、消化器専門クリニックとしての治療を行います。お気軽にご相談ください。

●胃内視鏡検査
胃内視鏡には鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡検査と口からカメラを挿入する経口内視鏡検査があります。
経鼻内視鏡の場合は基本的に点鼻麻酔のみで麻酔鎮静は行わないので、検査後速やかに帰宅することが可能です。また約30分~60分で水も飲めますし、食事も可能です。
経口内視鏡の場合は喉の奥(咽頭)に表面麻酔薬を用います。胃カメラは辛い検査の代名詞のように言われますが、当院では検査を楽に受けてもらうために鎮静剤を注射し、少しウトウトした状態で検査を行っています。これは意識下鎮静法といわれる方法です。

●大腸内視鏡検査
内視鏡いわゆる大腸カメラと言われる検査です。当院では直径12mmの内視鏡を採用しています。大腸は肛門から直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸となっており、カメラは肛門から挿入し大腸の一番奥となる盲腸まで挿入し、すべての大腸の内腔を観察していきます。
※内視鏡検査でポリープを見つけた際、切除術も行うことができます。

●超音波検査
内視鏡超音波検査は妊婦にも行える体に負担の少ない検査であり、レントゲン検査やCT検査と違い被爆もありません。肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓などのように直接観察できない臓器に有効な検査法です。肝炎ウイルスやアルコール多飲が原因となる肝臓がんの早期発見、胆石症、胆嚢ポリープ、胆嚢がんの診断、最近増加傾向にある膵臓がんの発見に役立ちます。
超音波検査は医師の技術により診断能力の差が最も大きい検査のひとつです。当クリニックでは、がん治療に対する超音波検査経験数が豊富な専門医が行います。


◇ 肛門科 ◇
肛門の主な病気は、痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)、痔瘻(うみ痔)などです。症状としては出血、痛み、肛門のかゆみ、残便感などがあります。
治療としては薬物療法、手術療法があり、正確な診断をした上で適切な治療選択が必要です。
部位の特性から、なかなか相談できずご本人だけで悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、直腸癌、肛門癌など重篤な病気が隠れていることもありますのでお気軽にご相談ください。

◇ 外科 ◇
外傷、やけどなどの急性期処置を行います。また、皮膚・皮下腫瘍の切除の処置などの治療も行っています。
創傷処置には最近ではだいぶ普及されてきた湿潤治療も行います。湿潤治療は創傷治癒が早く、痛みが少なく、きれいに治る特徴があります。

~湿潤治療とは~
「湿潤治療」とは、従来の傷を消毒して乾燥させ、かさぶたを作って治す治療とは違い、傷口を水で洗い流し、創傷被覆材で覆う治療です。従来の治療では再生が遅く、消毒液で元気な皮膚も傷めていましたが「湿潤治療」は傷口から出てくる滲出液を封じ込め、湿った状態で治す治療です。従来の治療より、治りも早く綺麗に皮膚が再生されます。

◇ がん検診 ◇
●胃がん
胃がんは日本人を含めた東アジア人に多い病気です。かつては男女ともに日本人のがん死亡数1位でした。近年でも上位2位以内に入る恐い病気です。
欧米人との発生率の違いから、生活習慣や食生活が大きく影響しているのではないかと考えられております。また、ピロリ菌の関与もよく取り沙汰されております。
症状は貧血によるふらつき、黒色便、食後の腹満感、溝内の痛みなどがありますが、検診で偶然見つかることもあります。早期に発見された胃がんは、治療成績も良く完治できることがほとんどですので定期的な検査をお勧めします。胃がん検診は胃内視鏡検査(胃カメラ)で行います。

●大腸がん
日本でも食生活の欧米化に伴い、元来欧米諸国に多かった大腸がん、直腸がんが非常に増えています。自分では「痔」だと思っていたら検査の結果は「がん」だったということもあります。
症状は便が細くなった気がする、便に血が混ざる、残便感がある、お腹が張って気持ち悪いなどがあります。
大腸がんは、始めからがんとして発生するタイプと、良性ポリープから悪性(がん)に発育していくタイプがありますが、いずれも早期段階での治療によりかなり良好な成績が得られるため定期的な検査をお勧めします。
大腸がん検診は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)で行います。

●肝臓がん
日本人の肝臓がんの90%はB型・C型肝炎ウィルスが原因といわれております。残りはアルコール性の他、肝硬変の原因と同様です。
肝臓がんの特徴は、発生母地に肝炎や肝硬変が合併するので、肝炎・肝硬変を患っている患者さんは日頃から定期的に採血と超音波検査でがんの発生をチェックする必要があります。万一、がんを発見した場合は、肝臓の予備能力を調べて手術やカテーテル治療を行うため専門施設に紹介します。

●胆嚢がん
胆嚢がんとは、胆嚢に発生するがんです。人口の高齢化とともに胆嚢がんは増加の傾向にあります。ある程度進行するまで症状はほとんどなく、検診や胆石症の合併で発見されることもあります。そのため症状がでた時点では周囲臓器である肝臓や膵臓、十二指腸などに浸潤した進行がんであることが多く、早期での診断と治療が重要になります。

●膵臓がん
膵臓がんは症状がでにくく、黄疸や腹・背部痛、糖尿病の症状がでたときには周囲の組織に浸潤したり、遠隔転移を起こしていたりして、手術が困難となってしまうことがある恐い病気です。そのため、早期の発見と治療が必要です。

●前立腺がん
これまで日本では前立腺がんはあまり多くありませんでした。
しかし近年、食生活の欧米化や高齢化により、中高年を中心に増加傾向にあり、今後もさらに増加するといわれています。原因としては食生活、加齢、遺伝などが挙げられますが、早期治療で良好な成績が得られることも可能ながんとも言われています。
前立腺がんの検診は採血検査(PSA値測定)で行います。

◇ その他 ◇
その他(予防接種・インフルエンザなど)予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌、子宮頸がんなど)、健康診断(企業健診など)、栄養相談、健康相談など
※不定愁訴(原因のはっきりしない体の不調)についてもご相談ください。

院長からひと言

この度、横浜市磯子区の洋光台駅より徒歩1分のところに「高倉クリニック」を開院することとなりました院長の高倉 秀樹です。
これまでの様々な経験から、今後はこれまでに培ってきた診断・治療技術を生かし、少しでも早くがんの発見・治療を行い、紹介先の総合病院で治療を受けた後の患者様が気軽に相談できる場になればと、当クリニックを開業することとしました。
近隣にお住まいの皆様を中心に、幅広い年齢層の方々の健康を見守る「かかりつけ医」を目指しております。風邪やインフルエンザ、高血圧、高脂血症などの一般内科の診療はもちろん、胃・大腸内視鏡の検査、超音波検査など専門的な診療も行なっています。
ちょっとした身体の不調がありましたら、お気軽にご相談ください。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

実施出来る検査・設備

・胃内視鏡検査
・大腸内視鏡検査
・超音波検査(頸動脈、乳腺、甲状腺、腹部、肝臓、胆嚢、腎臓など)
・レントゲン
・心電図 
・骨密度測定 など

日帰り手術実施

・胃・大腸ポリープ切除
・皮膚腫瘍
・痔核 など

こんな症状の時お越し下さい

・風邪やめまい、頭痛など
・嘔吐や下痢、血尿が出る、便秘など
・胸やけ、胃の痛み
・花粉症、喘息
・じんま疹 など

薬局

院外処方

紹介先病院

・横浜市立大学医学部附属病院
・済生会横浜市南部病院
・横浜市立市民病院
・横浜市立みなと赤十字病院
・横浜掖済会病院
・国立病院機構横浜医療センター
・港南台病院 など