[021505] 2017-12-18
医療法人社団 俊和会 
寺田病院
  • 一般内科
  • 消化器科
  • 胃腸科
  • 一般外科
  • 整形外科
  • スポーツ整形外科
  • 心臓血管外科
  • 婦人科
  • 泌尿器科
  • 肛門科
  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
  • 人間ドック
  • 健康診断
  • 胃がん検診
  • 大腸がん検診
  • 女医さんによる診療
  • 外国語対応
外観イメージ

〒123-0873 東京都 足立区足立区扇1-20-12

03-3898-5231 / 0120-77-0874

http://terada-hospital.or.jp/

【電車でのご案内】
●日暮里舎人ライナー 扇大橋駅 出口2より徒歩1分

【日暮里方面バスのご案内】
●見沼代親水公園方面」行日暮里より8分・西日暮里より7分
●都営バス(日暮里駅)
「扇大橋駅」下車(寺田病院前)徒歩0分 都営バス「里48」系統 日暮里駅←→見沼代親水公園駅前「扇大橋駅前」バス停前 詳細はこちら ≫

【北千住駅からのアクセス】
●コミュニティバス はるかぜ
「扇大橋駅」下車徒歩1分
●東武バス
「扇大橋駅前」下車徒歩1分
東武バス「北05」系統 北千住駅←→江北駅「扇大橋駅前」バス停前
詳細はこちら ≫

【西新井駅方面からのアクセス】
●タクシーでお越しの場合「西新井駅」から約7分です。
●コミュニティバス はるかぜ
「扇大橋駅」下車徒歩2分 西新井駅西口←→高野駅
詳細はこちら ≫

◎お車でお越しの方はこちら ≫
◎寺田病院周辺バス停のご案内はこちら ≫
[地図]

携帯版QRコード
携帯版
内視鏡・痔・ソケイヘルニアのことなら寺田病院グループへ
専門的領域である『大腸肛門科』『内視鏡検査』『スポーツ整形外科』『下肢静脈瘤』は定評があります。胃カメラ・大腸カメラ併せて、当院の内視鏡検査実績は年間1万件以上、鼠径ヘルニア・痔の治療ご相談も遠慮なくお問い合わせください。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

お知らせ

お知らせに関してはこちらをご覧ください。

ギャラリー・当院の特徴

当院の特色

寺田病院が選ばれる6つの理由
(1)専門医による国内トップクラスの肛門外科治療
寺田病院は日本大腸肛門病学会認定施設であり、寺田院長をはじめ複数の肛門科専門医による診療を行っています。肛門の手術は、年間約1000件を超え、その数は国内でもトップクラスです。
詳細はこちら ≫

(2)苦痛の伴わない胃カメラ・大腸カメラ
胃カメラは浅い鎮静剤を使用することにより、とても楽に検査を受けることが出来ます。
また、大腸カメラは長年の内視鏡経験を持つ内視鏡のエキスパートが丁寧で苦しくない検査を行います。
詳細はこちら ≫

(3)各診療科に女性医師・スタッフ 女性にも優しい診療体制
寺田病院では、女性専用待合室をご用意しております。
◎女性専用待合室
◎ロッカールーム
◎女性専用外来日程
寺田病院のサテライトクリニックでは、「レディースデー」を設けております。女性患者様に向け、女性医師・スタッフによる女性専用外来の日程については、下記をご参照ください。
●アイビー大腸肛門クリニック ≫火・金曜
●赤羽胃腸肛門クリニック ≫金曜
●浅草胃腸肛門クリニック ≫火曜

(4)痔・ヘルニア・下肢静脈瘤の短期入院手術
肛門手術に加え、国内トップクラスの専門医によるソケイヘルニア手術、最新機器による下肢静脈瘤の短期入院手術を行っています。
痔の治療はこちら ≫
ソケイヘルニアの治療はこちら ≫
下肢静脈瘤の治療はこちら ≫

(5)泌尿器科・婦人科を併設 腹痛に対する完結診断可能
腹部の痛みで来院された患者様に対して、診断・治療が当院で完結出来るように、婦人科と泌尿器科を併設しております。
泌尿器科はこちら ≫
婦人科はこちら ≫

(6)丁寧な対応、きれいな病院、清潔で快適な空間
詳細はこちら ≫

院長からひと言

寺田病院は、専門領域である「大腸・肛門外科」「内視鏡検査」「スポーツ整形外科」を柱とし、今まで近隣の先生方との連携で大事にしてきた内科的地域医療と、今後これから高齢化において急増している“骨盤機能障害”に注目し、泌尿器科(前立腺疾患)と婦人科を併設しております。また、最新医療機器を取り入れた、下肢静脈瘤治療もご好評を頂いております。
当院は、痔、ソケイヘルニア(脱腸)、下肢静脈瘤などの短期入院手術専門施設としての知名度も全国的に上がって参りました。近年はわざわざ遠方から多くの患者様にご来院いただいております。今後も医療スタッフの育成と充実をはかり、患者様一人ひとりの健康を考えていく病院サービスを常に目指して参りたいと考えております。

寺田俊明寺田病院
理事長/院長/大腸肛門病センター長
寺田 俊明

実施出来る検査・設備

◆◆一般健診(個人・企業)◆◆
◇ご自身とご家族のために
「自覚症状が無い」「仕事が忙しい」などの理由から、つい定期的な検査を怠ってしまいます。それに慣れてしまって健康を気遣う意識が薄れてしまうと、病気の発見が遅れてしまいます。自覚症状が出てからでは、手遅れになってしまう病気もあります。病気は自分自身だけでなく、家族にも辛い思いをさせることになります。

◇各種健康診断に応じます
【各種健康診断】
当院は各種健康診断に応じておりますので、ご希望の方は電話等にてご予約ください。
自分自身の健康状態についてきちんと知り、適切な健康管理をするために、各種健診を上手に役立ててください。少なくとも、年に一度は健康チェックを受けましょう。

【足立区特定健診】
足立区の特定健診では、問診・身体測定・血圧測定・尿検査・血液検査・心電図検査・眼底検査(前年度の結果により、実施するかどうか判断します。※全員ではありません。)などを実施します。

◆◆雇入時健診・自費健診◆◆
健康の保持増進のためには、まず栄養バランスのとれた食生活や適度な運動、十分な睡眠等のセルフケアが大切ですが、定期的な健康診断によるチェックも欠かせません。
当院では、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」などの企業健診のほか、適宜「自費健診」を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

◆◆人間ドック◆◆
◇データに基づく適切な指導を行います
胃がん、大腸がん、高血圧、糖尿病、痛風などは、生活習慣病と言われております。特に食生活の欧米化から大腸がんなどが増えております。これらの病気は、自分で気付かないうちに進行していることがあります。安心して仕事に、そして快適な家庭生活がおくれますよう、健康チェックを受けましょう。当院では、診察データに基づき、適切な指導を行います。
人間ドック各種ご案内  ≫
一般健診・人間ドッグご予約・お問い合わせ ≫

こんな症状の時お越し下さい

◆◆診療内容◆◆
◇胃・大腸肛門病センター◇
【肛門外科】
肛門外科で診療する主な疾患は、痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(じろう・あな痔)などです。当院では、日本大腸肛門病学会専門医による診療を行っております。お尻の疾患でお悩みなら、何でもご相談ください。
詳細はこちら ≫

【胃腸内科】
胃腸内科では、主に胃や大腸についての診療を行っております。
腹痛や嘔吐、下痢、便秘をはじめとする胃腸症状が現れた際は、ご相談ください。
詳細はこちら ≫

【上部内視鏡(胃カメラ)】
上部内視鏡(胃カメラ)は、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに用いられる検査機器です。
当院では、鎮静剤を使用し、苦しくない検査を行います。
詳細はこちら ≫
上部内視鏡検査の流れの詳細はこちら ≫

【下部内視鏡(大腸カメラ)】
下部内視鏡(大腸カメラ)は肛門から内視鏡を挿入し、小さなカメラで直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です(場合によっては、大腸ポリープの切除も行えます)。当院には、多数の日本消化器内視鏡学会専門医が在籍しています。
詳細はこちら ≫
下部内視鏡検査の流れの詳細はこちら ≫

【ソケイヘルニア】
ソケイヘルニアは、昔から俗に「脱腸」と呼ばれており、お腹にある小腸などの臓器がももの付け根の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。立ち上がった時やお腹に力を入れた時に、太ももの付け根付近が膨らんでいたら、ソケイヘルニアの可能性があります。
その他、へそヘルニア(でべそ)の診察も行っております。日本ヘルニア学会評議員である堀医師が担当します。
詳細はこちら ≫

【下肢静脈瘤(血管外科)】
下肢静脈瘤とは、脚の比較的太い静脈弁(血液の逆流を防いでいる弁)が適切に閉じなくなり、本来なら心臓に還っていくはずの血液を脚の静脈に溜めてしまい、そのために血管が徐々に拡張して、まるで水風船のように膨らみ、青く浮き出てしまう疾患です。
詳細はこちら ≫

【内科】
少しの体調不良でもご相談ください。
地域に密着した医療を目指し、日頃の健康管理や体調不良(風邪、肺炎、腰痛など)、持病の管理(高血圧、心臓病、不整脈、糖尿病、肝臓病、骨粗鬆症、高脂血症など)の良きアドバイザー(かかりつけ医)として診療します。
詳細はこちら ≫

【整形外科】
整形外科は、体の基盤となる骨や関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系からなる「運動器」、つまり体の動きに関係する諸組織・器官を診療し、その機能改善を目指す科目です。
また、湯澤斎医師は世界で2名しかいない「K-1Official Doctor」「WCT WQS サーフィン世界大会医師」のようにスポーツ現場の医師を筆頭に、日本整形外科学会専門医による診療を行います。
詳細はこちら ≫

【婦人科】
女性の健康は、女性ホルモンに左右される一面がありますので、婦人科で健康相談をしてください。
また、女性の場合は、“骨粗鬆症”と閉経には、非常に関係が深いので、当院の整形外科と連携をとり、患者様の診療にあたります。
詳細はこちら ≫

【泌尿器科】
一般的な病院・クリニックの泌尿器科では、男性生殖器を中心に診療しますが、当院では最近話題となっている女性泌尿器疾患にも注目し、女性医師による専門外来を設けております。
詳細はこちら ≫