[017057] 2012-09-26
東京都江東区の眼科・コンタクトレンズなら 
清澤眼科医院
  • 眼科
  • コンタクトレンズ
  • 小児眼科 神経眼科
ネット予約
外観イメージ

〒136-0075 東京都 江東区新砂3-3-53  アルカナール南砂2階(東西線「南砂町駅」より徒歩0分)

03-5677-3930

http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/

●地下鉄 東西線「南砂町」3番出口より徒歩0分 [地図]

携帯版QRコード
携帯版
すべては患者さんのために
  • 詳細情報
  • 地図・行き方
  • 医療相談Q&A
  • アンケート
  • ワンポイントアドバイス
  • 患者さんの声
  • 予約する

清澤眼科医院 の 医療相談Q&A

この医療機関に相談する

当Q&Aの本来の目的は、あなたに是非とも「ピッタリのかかりつけ医」をみつけてもらうことです。・・・・・(ビジネスモデル出願中 特願2004-132405)
※いたずら目的の書き込み内容と判断した場合は、運営者側にて削除させて頂きますので、よろしくご了承願います。

2016-07-25 | 1469429054

ボトックス注射について (質問者:ヒロさん)

4年前に眼瞼痙攣の診断を受け、3年前に近くの総合病院の神経内科で2回、ボトックスの注射を受けました。
1回目は、目の周りに相当の違和感を感じたので、2回目は目から少し離してうってもらいました。
するとあまり効果が感じられませんでした。
それから、漢方薬や鍼灸などいろいろやってきましたが、目立った効果はありま
せんでした。
現在は、目をあけているのがつらく、どちらか片側は、ほぼ閉じている状態です。
そこで、先生に質問をさせていただきたいのですが、私は愛知県に在住です。
先生に診察を受けて、ボトックス治療が必要と判断された場合、当日、注射をしていただくことは可能ですか?注射時には、麻酔をしていただけるのでしょうか?
また、先生は、眼瞼痙攣の患者にボトックス注射をされた人数はどのくらい見えるのでしょうか?差支えなければお教えください。
私はその日にボトックスを打てるように準備してあります。
施術患者数は暫く前の段階で眼瞼痙攣800、片側眼瞼痙攣400です。
痛いのは困りますが、麻酔は基本的に使っていません。(麻酔注射ならその方が痛いはずです。)痛がる人では氷で冷やしたりして打っています。
ドライアイの治療や、遮光眼鏡なども同時に試せると良いでしょう。
お大事に。

2016-07-20 | 1468978880

レーシックの後遺症について (質問者:ねこさん)

6年ほど前に某クリニックにてレーシックを受けました。
その後、暗い場所で見え辛くなることが多々ありました。
元々目が悪いこともあり、暗い場所で見えないのは当たり前と思ってそのままいたのですが、ここ数年、日常生活にもかなり支障がでる程、夜間の見え方が昼間とは著しいほど低下してしまいました。
手術を受けたクリニックは現在閉鎖となってしまい、どうすることも出来ません。
日中はまぶしいとは聞いていましたが、夜盲症になるリスクは聞いていませんでした。
こちらでレーシック後遺症の相談等が出来るとネットで知ったのですが、相談、詳しい検査は可能でしょうか?
もちろん喜んで相談に乗らせていただきます。
レーシックではドライアイが良く起き、或いは調節が不安定になるなどの状態は聞きますが、や盲は聞きません。
網膜色素編成などがあれば、それもありうるので、そのあたりを考えた検査を加えてみたいと思います。お大事に。

2016-07-08 | 1467939244

特発性外眼筋炎について (質問者:よしこさん)

現在、特発性外眼筋炎でプレドニン20mg/日内服にて治療しております。
2013年11月に左眼の眼瞼下垂、複視の症状が現れました。
眼科、脳神経内科で診ていただきましたが内科的にもMRIなど画像検査でも異常がなくその時は3.4ヶ月ほどで症状も改善され特に治療もしませんでした。
ですが、今年2月に左眼の充血と痛み、頭痛がひどく夜も眠れなかったため眼科を受診。
そこでMRIを撮ったところ、左眼の内直筋が肥大していることがわかり、脳神経内科で検査入院しました。
やはり、内科的な疾患や他の疾患が見つからず特発性外眼筋炎と診断されプレドニン60mg/日内服にて入院治療しておりました。
プレドニン内服開始後すぐに効果が現れ、前日までの痛みは開始日からなくなりました。
あとは、目を動かすと左眼が内転してしまい複視を起こしていたので、その症状が改善されるまで10mgずつ減量し、約1ヶ月で30mgになったため退院し通院治療になりました。
5月11日に20mgに減りましたが、また徐々に痛みと左眼の内側下の辺りが張っているのを感じ6月8日の外来では減量なしでMRIを撮ってみないとなんとも言えないということで再度MRIを撮ったところ、2月・4月・6月と肥大部分は少し小さくなっているものの、まだ右の倍ほどありました。
正面では複視はないものの、左方向、右方向、上方向と複視が出現したためパルス治療することになったのですが、3日目体調がすぐれず2回で中止しました。2日やった結果は特に変化なしでした。来週の外来で今後の治療をどうするか先生と話しますが、内服量を増やし再入院になりそうです。
やはり、プレドニンを様子をみながら減量し、症状出現に合わせて増量やパルス治療で気長に付き合っていくしかないのでしょうか?
26歳という年齢では、急ぎたい気持ちは理解致しますが、確かに特発性眼窩炎症と呼ばれる概念の疾患のようです。
似たものに
(1)甲状腺眼症(甲状腺に対する自己抗体があり、甲状腺機能の亢進などを伴うことが多い)、
(2)IgG4(アイジ―ジーフォー関連眼窩炎症、ミクリクツ症候群とも呼ばれる。血液中のIgG4と呼ばれる成分が増える炎症性疾患、
(3)様々な悪性度のリンパ腫(細胞を取ってみると細胞の遺伝子がそろっていて、腫瘍性の白血球増殖とわかる)などが鑑別にあげられます。
最初の特発性眼窩炎症とわかりましたならば、ステロイドをあわてずに減らしながら、再発しないように見てゆくという事になります。あわてず急がず、治療を継続なさってください。
おいでいただけばそのあたりを中心に、考え直して意見を述べることもできます。
お大事に。

2016-07-04 | 1467599204

マイボーム腺治療&翼状片 (質問者:みーこさん)

吉富式マイボーム腺圧迫鉗子によりマイボーム腺をピンセットで圧迫して、油を押し出す治療を行っています。
(健康保険適応)

とグーグル検索で拝見しましたので質問させていただいております。

6/3人間ドックで視力が昨年受信時より著しく下がっていたので6/6に住まいの近くの眼科医に行きましたが、その際は異常なしといわれ視力もそこまで落ちていませんでした。

ところが目の異物感等が続き鏡をよくよく見たところ、左目に翼状片があるのが見えました。右目はすでに十年以上前から発症しています。突然翼状片が左に発生するわけがないので近所の眼科医に不信を抱きました。(眼科なのにピーリング石鹸が販売されていたり乱視だしメガネを作ればといわれるし金儲け主義かと思う。)

充血もひどいし6/23には右目上瞼の裏にできものができていたので6/24に翼状片第一人者の眼科に行ったところ異物感等の原因はマイボーム腺機能不全のためで、左目は瞼裂はんと言われまして目薬をいただきました。マイボーム腺機能不全は朝晩蒸しタオルで温めてマッサージするよう言われたのでそうしております。右目上瞼の裏にできものはマイボーム腺が詰まって炎症を起こしたものとのことでクラビットを点眼しております。

ところで沖縄の眼科の先生でピンセットでマイボーム腺治療をしたりドライアイ体操を教えてくださるブログをみてピンセットで治療してくださるところが東京にないかと検索していて貴病院を発見したのですが、もし通院した場合、どれくらいでマイボーム腺機能不全は完治しますでしょうか?

また知人の薬剤師が翼状片がヨクイニン、越婢加朮湯の服用で治ったケースがあると言っていたのですが事実でしょうか?ヨクイニンはシミとか美肌にもいいので、もしそうであれば処方していただくことは可能でしょうか?6/24に伺った眼科ではヨクイニン等が翼状片等に効果があるエビデンスはないとのことで処方されませんでした。
マイボーム腺機能不全が有れば、まず温罨法とティーツリーアイシャンプーでの洗浄をお進めすることは私も同様です。
吉富式鑷子で詰まっているマイボーム腺を圧出することはその日にでも可能ですが、それを一度やったからと言ってマイボーム腺機能不全が無くなるわけではないと思いますので、あなたがおっしゃるような寛解が何日で得られるという様な性質のものではなさそうです。
むしろドライアイが無いかが気になります。
涙液の不足の評価をしたら涙点プラグ設置などの良い手が見つかるかもしれません。
また瞼裂斑と翼状片はお互いに移行するようなものです。
その切除は多くの眼科医は自分では行いません。
希望が有れば、切除できる医師に紹介すると言った程度のもので、瞼裂斑が有る事にたとえ気がついても、切除を敢えて行おうとする眼科の医師は限られるものと思います。
当医院では月に一度来てくれる後輩に日を合わせてきていただき、ご希望ならばここで切除をしますが、希望によってはその切除を良く行う医師に紹介状を出すかという事でしょう。
ヨクイニンはハト麦の成分で手足のいぼを取るのに有効とは30年前の皮膚科の授業では聞いていましたが、翼状片や瞼裂斑への医学的適応もまた保険適応もなく、また翼状片に有効との医学的なエビデンスもなく、更に私には処方した経験もありませんので、私はその処方はしません。
漢方製剤のようなものですが、一般の薬局に果たしてあるようなものかどうか?。
焦らずに治療を続けられることをお勧めします。

2016-07-04 | 1467599239

ボトックス治療は可能でしょうか? (質問者:はやしさん)

こんにちは。

顔の筋肉が顔の真ん中に集中し、しかめ面、睨むような、怒ったような顔になってしまいます。目も開け辛くなります。

顔面痙攣(ジストニア?メイジュ症候群?)に対しても、ボトックスを打ってもらえるのでしょうか?
その際、保険適応はされるのでしょうか?

2つの総合病院で診てもらったのですが、顔面痙攣(ジストニア)と認められず
ボトックス療法対象外とされ、代わりに薬(リボトリール)を処方されるが
効果ありませんでした。

宜しくお願いします。
お話の通りであればボトックスの適応があるかと思われます。
ボトックスは保険3割負担で17000円、このほかに3000円程度が初診でかかるかもしれません。
ドライアイが強ければその治療も考えて加えることを勧めるかもしれません。
お大事に

2016-05-30 | 1464575595

右目の下の痙攣について (質問者:キキさん)

こんにちは。右目の下の痙攣(クマ部分)に悩んでおります。
症状は1か月前から右目の下が一日中、痙攣するようになりました。
生理前で疲れていたのと、ゲームやスマホで眼を酷使していたのでそのせいだと思っておりました。
生理が来たら一日中はなくなったのですが、今でも一日に何回かなります。例えば、目を強くつぶったり、笑ったりしたときの表情や、眠る際に横向きにしたときになったりします。
特に目の下の眼輪筋?が凝っているような張っているような違和感があります。目を酷使しないよう疲れやストレスのない生活をしていますが症状は一向に
収まらないのでどうにかしたいです。

この場合、どちらの病院へ行ったらよろしいでしょうか?
またどのような病気の可能性がありますか?
以前ある眼科では斜視と言われたのですが、そのせいで疲れやすいのでしょうか?
これから痙攣をなるべく起こしたくないです。
ご回答をお待ちしております。
ドライアイや疲れに伴うミオキミアの可能性が高いでしょう。
其れなら投薬で2週間もすれば消えるでしょう。
片側顔面痙攣という疾患では小脳動脈が顔面神経に触って、その興奮性が高まりますから、今後痙攣はだんだん強くなります。
MRIもその診断には有効です。
確定できれば、ボトックス注射で治療します。
頭部頸部のジストニアの一種である眼瞼痙攣もボトックスなどで止めます。疾患の候補ではありますが、その可能性は低そうです。
当医院でも治療をその日に行います。お大事に。

2016-05-23 | 1463975520

心原性脳塞栓症による皮質盲 (質問者:お父さんさん)

先日は、回答のメール大変ありがとうございました。
5月8日にメールしたニックネームお父さんです。
お陰様で再MRIの結果面談に、清澤先生のご意見を主治医に伝えたところ、充分に理解頂き、清澤先生の回答同様、循環改善剤を服用する事になりました。
その面談の際、改めて心原性脳塞栓症の可能性があると言われ、5月16日の4回目のMRIの結果、脳梗塞と診断されました。
今回に症例については、7年前の事故により発症した滑車神経麻痺との関係については本当に無関係なのかメールした次第です。
撮影画像等の情報がなく誠に恐縮ですが、ご回答頂きたくお願い申し上げます。
心臓に不整脈があると、心臓内に血栓ができてそれは血流にのって全身に回ります。
それが脳に詰まれば脳梗塞です。頭部への鈍的外傷では滑車神経麻痺を起すことがありますが、それは今回の脳梗塞との関係は無いものだと思います。

2016-05-02 | 1462159019

中心性網膜症 (質問者:うえちやんさん)

10年前から中心性網膜症ですが大学病院で見てもらい現在に至りなかなか治りません
視力が0、3位ですが中心高の腫れはひいてますが視力が回復しません
そちら東京にわとても行けません
仕事してる為ネットでアバンチス効果おみてメールしました
アバンチス治療で治るのですか又その治療は大阪府内でわ出来なのですか詳しく教えてもらえますか宜しくお願いします^o^申し遅れましたが右目だけです
中心性網膜症は予後が良いとされていますが、実際にはこの程度の視力低下を残すことも多いです。大学病院にお掛かりとのことですから、
既に黄斑部の浮腫は無くなり、治療効果の期待できない萎縮が網膜には残っているのではないかと思います。
最近は大腸がんの治療薬であるアバスチンではなく、アイーリアやルセンティスなどの眼専用の注射が使われています。
年齢が若くて、加齢黄斑変性ではなさそうですが、そうであれば、今後も進行することもありますので今後もご注意ください。

2016-05-02 | 1462158904

日曜祝日に、網膜剥離の症状が現れた場合 (質問者:中島さん)

こんにちは。中島と申します。

私は、強度の近視で、中年にもなりましたし、ますます網膜剥離の
リスクが高まるようですので、
テレビで放送していた、「網膜剥離の症状が現れたら、速やかに
眼科にかかること」という言葉が気になってきました。

もし、貴院も含めて、多くの眼科が休みになる日曜祝日などに、
網膜剥離の症状が現れたら、どうしたらいいでしょうか?

以前、眼底検査に行ったことのある眼科は、
「そういう場合は、日曜祝日でもやっている眼科に行ってください」
と言っていましたが、日曜祝日に開けている眼科がとても少ないので、
どうしたものかな・・・と思っています。

例えば、
・貴院では、急病の場合は、休日であっても診てくれる
・網膜剥離の症状が現れても、一日二日そのままにしておいて大丈夫。
 休みが明けてから、眼科に行けばいい。
・**病院なら、網膜専門医が、日曜祝日も診てくれるはず

など、教えていただけましたら幸いに存じます。
よろしくお願い致します。
残念ですが、当医院では、急病の場合でも、休日の診療は行っていません。
網膜剥離に関しては網膜剥離の症状が現れても、一日二日そのままにしておいてもあまり結果は変わらない。休みが明けてから、眼科に行けばいい。で、よさそうです。
大学病院クラスの所で休日診療しているところは、東京都眼科医会のページで見ることが出来ます。しかし、眼球が切れて血が出ているというようなもの以外に対して、土日に手術まですることはまれで、行うとしても入院で安静を保つところまででしょう。

2016-05-02 | 1462158836

早めのボトックスについて (質問者:ライムさん)

48歳女性です。
最近目の下のぴくぴくがありそれが1か月近く続いています。
1年ほど前に眼精疲労で大学病院へ行きましたが疲れ目という
判断でそれほど症状も悪化しなかったためそのままになっていました。
現在目の下のぴくぴくが目をぎゅっとつぶったときに発生します。
それから目が少し夜のライトのみまぶしいです。
パソコンを見ていると眼精疲労のように頭の芯が
疲れてしまいます。
それから左目の付け根やした瞼に違和感
(よく見ると細かく動く)もあります。
あとなんとなくひだりほほの違和感
(これは微少すぎて言えませんがかすかなしびれ?)
自分では明らかに今まで感じたことのない症状なので
眼瞼痙攣を疑っています。高倉式でチェックしたところ
特に早いピッチでぱちぱちしたときに細かい瞬きと目の下の
ぴくぴくが入ります。
素人なので判断が難しいですが点数的には2点くらいでしょうか。
このような状態です。
一応緊急性のあることだといけないので脳外科に行きましたが
CTでは異常なしの判断です。
脳外科の先生は
「多分軽度の眼瞼痙攣であろう」とのことでした。
外科的にはこんな状態ではボトックスはしないし麻痺と痙攣でどっちがいい?とのこ
とでした。
私生活的にはまだまだつぶりにくさもない状態です。
(眼/首/肩は疲れます)
このような状態でのボトックスはいかがでしょうか?
経過判断になりますでしょうか?
私的にはもし眼系痙攣と判断された場合に
今後の経過がよいならば早めにボトックス治療を行い
眼帯筋の痙攣を抑えたいと思っています。
副作用と効果を考えてどのような道がいいのか思案しています。
もしそのあたりのご経験があれば教えていただきたいと思います。よろしく願いいた
します。
これは、軽い片側顔面痙攣であるか?あるいは眼瞼ミオキミアであるかでしょう。
若倉表をやってみて〇2つなら、どちらもありうるでしょう。
MRIで微小血管による顔面神経の圧迫があれば片側顔面痙攣ですが、この点を見てくれという的確なMRIオーダーでないと虚血変化も腫瘍もありませんという見当違いな返事になります。
軽いミオキミアであろうという場合でも、本人がとても気になるならば、私は片眼顔面痙攣としてボトックスを少量打つ場合もあります。
掛かられた先生は症例数の少ない方なのかと思います。もし眼瞼ミオキミアなら、ボトックスが効いて次のボトックスを必要とするような再発は起きないことでしょう。
抑肝散加陳皮半夏の処方や、サングラス、ドライアイなどへの対処なども考えられます。

2016-05-02 | 1462158570

眼瞼痙攣と神経科の薬について (質問者:ロンさん)

5月に右目を瞬きするたびに上まぶたがゆっくりと目頭側に動くようになり8月に自然に治りました。今はドライアイと少しまぶしさがあります。不安神経症でワイパックス、レンドルミンを10年、その間パキシル6年、ジプレキサを1年半飲みました。主治医よりレンドルミンをやめるために抗鬱薬リフレックスを勧められています。以前先生の書かれた記事で抗ヒスタミン剤を飲んでいた人にも眼瞼痙攣が起きているという記事を読み、レンドルミンを即刻やめるために抗ヒスタミン作用のあるリフレックスを飲むべきか、時間がかかっても自己断薬して行くべきか悩んでおります。お忙しいところ眼科以外の質問で申し訳ございません。
薬剤性の眼瞼痙攣の容態は様々です。実際にお会いして原因薬やその、他のドライアイの状態、などについても併せて考えるのが良いでしょう。
もう痙攣が治まっていたら良いのですけれど。
お大事に

2016-05-02 | 1462158489

薬剤性眼瞼痙攣のボトックス治療で教えてください (質問者:ま〜ささん)

改めましてお世話になります
すいません薬剤性の眼瞼痙攣と診断され
ボトックスの注射をしました。
注射をしてから効き目がないといいましょうか
注射をする前とほとんど変わりません
自分の状態で言いますと
瞼がときおり下がってきまして
瞼を上げようとした時にすっと上がる時と
瞼自身がくっついたような感じで上げにくい時があります。
意味もなく目がウルウルして瞼を自分自身で強くつぶってしまうときがあります。
いづれも一日の間でなったりならなかったりします。
目が痛い時は開けているのはとても痛くて辛いです。
まぶしさが厳しいということと瞬きが多いなどはあまりありませんので、本当に眼瞼痙攣なのでしょうか?とも考えたりもします。
自分なりには調べているつもりですけど、症状的にはやはり眼瞼痙攣に似た症状が多いようでよく分かりません。
ボトックス治療をしてもらった先生に聞きましたけど
これ以上の事は何も出来ませんと言われました。
次回のボトックスの予約と言われましたけど
実際ボトックスが効いてないのに、続けて注射をしても良いのかとも考えたりもします。
眼瞼痙攣ということとして それでなぜ目が痛くなるのか不思議でなりません 目はドライアイではないと言われましたし結構ウルんでいることもありますし
長々書いてどうもすいません 本当に眼瞼痙攣なのか? もし眼瞼痙攣としても違うとしても、なぜ目が痛くて強くつぶらないと我慢が出来ないのか そのほかアドバイスしてもらいましたら助かります。
お忙しい中どうもすいません よろしくお願い致します。
患者さんの2割程度はボトックス使用後にボトックスが効かないと言われてしまいます。本当に効いていない場合もあるでしょうし、量が不足の場合もあるでしょう。通常は一本の50単位すべては使わぬことが結構多いですし、場合に依っては2倍量100単位を使うこともあります。
この他、クラッチ眼鏡、サングラス、涙店プラグでドライアイに対応、抑肝散加陳皮半夏、リボトリールなど可能性のある手をすべて使ってみてはいかがでしょうか?
薬剤性で有れば、抗精神薬を減らすのが第一ですが、数年かかってできた薬剤性の眼瞼痙攣には100単位などを使わないと効かない場合も少なくなく、減薬は実行が出来ない場合も多いです。たとえ薬が止まっても、痙攣は数年残ることが多く、切ったから治ったというほど簡単ではありません。
お大事に。

2016-05-02 | 1462158443

先天性白内障について (質問者:みかさん)

はじめまして。こんにちは。
昨年12月に女の子を出産しました。
つい最近なのですが、赤ちゃんの左目がよーく見るグレーっぽいことに気づきました。瞳孔ではなく彩虹の一部です。
ネットで調べると先天性白内障という言葉が見つかりました。それからとても不安になり、小児科へ受診したらよいのか、眼科へ受診したらよいのか、どうすればよいのか困っています。
今日、区の保健師さんの訪問がありその際に赤ちゃんの目について聞いてみたところ、確かに言われてみればそう見えるが、赤ちゃんは色素が薄いものであり、白内障の場合の白濁とは違うと思うが、心配なら相談をとのことでした。この言葉を信じたいのですが、やはり専門医に一度相談をしたほうがよいのでしょうか。
これは白内障ではなくて、虹彩の一部の色は薄い虹彩異色症だと思います。
それだけなら心配ありません。
まれに、眼底にもそのつながりで、網膜色素上皮の色素の薄い部分がある場合(眼白皮症のキャリアタイプ)もありますので、瞳孔を開いての眼底検査を一度受けておかれるのが良かろうかとは思います。お大事に。

2016-05-02 | 1462158374

コストについて (質問者:えびっこさん)

質問箱がわからずこちらに記載させていただきます。
HFAとGPの同月算定はできないと思っていたのですが、先日の講習会でできるとのお話でしたがが、どんな場合でも同月算定できるのか、何か決まりごとがあるのか再度ご教授いただけたら幸いです。
保険請求の審査の規則はご存じのように都道府県ごとに異なっています。
東京都では基本的には同月のGPとHVFは、できないと考えた方が良いかと思います。
しかし、ハンフリーを取ったら真っ暗で、周辺がどう残っているかを見た買ったような場合には、「HVFで中心視野、GPで周辺視野を見た」などといった症状詳記を付けることで例外的にはクリアできる場合もなくはないかと思います。実際に必要があって行ったならば、初めからGP請求せずというレセプトにする必要もなかろうかと思いますがいかがでしょうか?返戻覚悟のレセプトもありかと。昔、他県の審査委員をしておりましたが、今は審査側の人間ではありませんので。私的な意見はその程度にとどめます。

2016-05-02 | 1462158247

片目 続発性高眼圧について (質問者:ロックさん)

先生はじめまして。2009年の健康診断で眼圧測定したところ、右目が46だったのでその後すぐに眼科にかかりダイヤモックスとタプロスで一時は下がりましたが、その後も不定期に眼圧上がり目薬もいろんな種類のものを使いましたが、なかなか安定せずに2014年7月に眼圧が70ぐらいになり点滴も効かず線維柱帯切開術をしました。
その後3カ月くらいは安定しましたが、また眼圧が不定期に上がりリンデロン、アイファガン、リズモン、エイゾプト→ダイヤモックス→点滴の順で眼圧を下げるために治療してますがなかなか安定しません。
今までにステロイドでの眼圧上昇、膠原病を疑いましたが検査の結果特に関連性がないとのことでした。
あと手術時にヘルペスウィルスがあるとのことを言われました。
何人かのお医者さんには原因不明といわれましたが、何か疑われる病気、または原因など分かれば教えていただきたいのですがどうでしょうか?
よろしくお願いします。
ヘルペスウイルスを疑うと言った先生は、ポスナーシュロスマン症候群を考えたのだと思います。
高眼圧とぶどう膜炎の発作を伴う疾患であるポスナーシュロスマン症候群では隅角に表れるサンパオリシェ線などの特徴がありますが、あなたの記載する症状と比較的合うように感じます。
ポスナーシュロスマン症候群( Posner-Schlossman Syndrome)は、1948年に米国のPosner とSchlossman により報告された。別名:緑内障性毛様体炎発症(英語:
glaucomatocyclitic crisis)。片方の目に、著しい眼圧上昇を伴った軽微な虹彩毛様体炎が繰り返して発生する。「眼の炎症に続発する緑内障」に分類されるが、通常は視野の欠損が伴わないこと、症状が可逆性であることからいわゆる緑内障とは区別される。著しい眼圧上昇(例えば40〜60mmHg)にもかかわらず眼球痛がそれほどでもないことが多いこと、炎症は軽微なことが特徴。霧視、虹輪視、白目の充血、頭痛を伴うこともある。数時間から数週間で寛解するが、多くは数ヶ月から数年の周期で再発と寛解を繰り返し、10年以上継続することも珍しくない。ほとんどのケースでは20〜50歳。男性に多い。両目に発症することもあるが同時に発作が起こることは稀である。原因は不明。ストレス、疲労、ヘルペスなどの説がある。(wikipediaから)
渡しのブログの37 ポスナーシュロスマン症候群 
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/50360393.html に比較的詳しく記載したのでご覧ください。
発作中であれば、東京医科歯科大学のブドウ膜外来であれば、炎症細胞を採取して前房水中の遺伝子を調べてヘルペスウイルスがあるかどうかの検索ができます。
左記のブログ記事に記載しましたが、サルコイドーシスなど、この他のブドウ膜炎が隠れていることがありますから、そちらも注意して診てもらっておいてください。
お大事に。

2016-04-18 | 1460946535

アバスチン硝子体注射 (質問者:liqian840さん)

昨年9-11月、3回アバスチンの注射を受けました。
注射後、どのぐらいの期間を避けてから妊娠した方がいいでしょうか。
4ヶ月20日くらいが経っていて、いま妊娠している可能性があるので、心配しご相談しました。
国内でまだ十分なデータがないかと思いますが、もしアドバイスをいただけたら助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。
アバスチンは抗がん剤として作られたものですから、オフラベル(公的な適用外の使用)で使うことがありますが、眼科の疾患にはルセンティスやアイーリアなどの眼科疾患を用途とする製剤が使われることが多いです。
さて、アバスチンの使用説明書を見ますと、

5.妊婦、産婦、授乳婦等への投与
妊婦又は妊娠している可能性のある患者には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
妊娠する可能性がある患者には、本剤投与中、適切な避妊法を用いるよう指導すること。
また、本剤投与終了後も最低6カ月間は避妊法を用いるよう指導すること[本剤を投与された患者で奇形を有する児の出産が報告されている。
また、本剤をウサギ(器官形成期)に投与したところ、胚・胎児毒性及
び催奇形性が認められた](「その他の注意」の項参照)。
授乳婦に投与する場合には授乳を中止させること。また、本剤投与終了後も最低6カ月間は授乳しないことが望ましい[ヒトIgG は乳汁中に移行するので、本剤は乳児の成長に影響を及ぼす可能性がある](「その他の注意」の項参照)。

とされていました。6か月は満たしていませんが、4か月はもう経っているわけです
ね。
血管の新生を抑える薬ですから、奇形の他にも、流産などの危険性も考えられないことは無いかもしれません。
質問へのお答えは6か月を開けてという事のようです。
しかし、私見としましては過剰な心配はせずに過ごしてよいかと思います。
恐れ入りますが、主治医の先生に対応をご相談ください。

くれぐれもお大事に。

2016-04-18 | 1460946436

網膜色素上皮剥離について (質問者:タカさん)

昨年の11月頃に、ブラインド等の直線のものを見た際に、視野の左上に一部、歪みがあるのに気づきました。
先日、眼科で診ていただいた結果、網膜色素上皮剥離と診断されました。
眼底の写真をみましたら、網膜の一部分が水ぶくれのようになっており、断面の写真をみても、ふくれているのがよくわかりました。
水ぶくれの場所は、中心部分から少し離れた所にあり、歪みの症状の出ている位置と一致しているとのことでした。特に薬の処方はなく、様子をみましょうとのことでした。
視力については、特に下がってはいないようです。
ネットでこの病気を検索して、眼科医院通信を読ませていただきました。
現在39歳です。たばこは吸いませんが、ときどきお酒は飲みます。
仕事は、事務仕事でパソコンでの長時間の仕事が、眼の負担になったのかもしれません。
昨年の7月頃から、特に忙しく、平日は職場を出るのが夜10時近くになることがよくあります。
最近は、食生活に気をつけ、眼に良いとされる緑黄色野菜等を食べるように心がけています。
症状が出始めて、半年近くになりますが、この水ぶくれのような剥離は自然に平らになって治るものでしょうか。
現時点では、歪みは中心部分ではないため、日常生活に支障はありませんが、将来的にひどくならないかと心配です。
よろしくお願いします。
普通に見られる網膜剥離では網膜に穴が開いて硝子体と呼ばれる眼内のゼリーが網膜と色素上皮の間に流入します。
この場合には視力を戻すための手術が必要です。
あなたがかかっている網膜色素上皮の剥離が起きる場合ですと、原因は様々ですが色素上皮の下に水が溜まりますから、別の病気です。。
色素上皮剥離は加齢黄斑変性で見られることもあるのですが、それにしてはあなたは年齢が若い。
強い近視でもあるのでしょうか?
網膜の下に、色素上皮剥離を誘発するような新生血管ができて居ないかが気になります。
今の先生でしばらく様子を見ても良いですが、場合に因っては蛍光眼底撮影を行ってもらう事の出来るところに紹介してもらうのも良いでしょう。
いずれにしろ悪化しないか?視野の中心に病変が広がってこないかを慎重に見てゆくことが必要です。
必ず悪化するというものでもありませんが、慎重な対応をお勧めします。

2016-04-06 | 1459928758

眼瞼痙攣診断で、瞼がくっついて開かない時があります。 (質問者:ま〜ささん)

清澤先生 いつもお世話になります。
自分は一応 薬剤性眼けんけいれんと診断されまして、ボトックス治療を受けている途中です。
ボトックスの効き目はあまりありません
応急処置でアイプチとかあちこちにテープを貼って試行錯誤しながら今だに良い場所などが見つからないでおります。
瞼の事でお聞きしたいのですけど、瞼の開閉が調子が悪い時に目をつむった状態で瞼をとうして黒目の部分くらいのところを親指と人差し指で少し押さえながらつまむと、ポチッという感覚やキューと小さい音(何か水分がどうかなっているような感じの音?)自分が思うに目玉と瞼がくっついているような感じがします。
素人ですけど、そういう状態みたいなのってあるのでしょうか? 瞼が調子悪い時は左右の瞼をポチポチしていたら涙が潤って結構気持ちが良くなったりもします。
一応 眼科の先生にはドライアイはほとんどないとは言われています。
それと、これも瞼の調子が悪くて開けたいのに開かなかったりしているときに目をつむってまつ毛を引っ張ると自分の感覚では上瞼と下瞼がパチッと離れるような感じで、その時は気持ち良いくらい瞼が開きます。
清澤先生のブログ(マイボーム線)も読ませてもらいましたが自分的に理解出来ませんでした。申し訳ありませんです。
眼けんけいれんの患者さんも症状なども人それぞれでいろいろあるとは思いますので難しいところですけど、そういう患者さんもおられるのでしょうか? 瞼の裏に何か脂肪のようなものがあるのでしょうか?
うまく説明出来なかったらすいません自分も少しでも楽になりたいですし、こういうことで治療への何か手助けと言えば偉そうになりますけど役立てればと思います。
お忙しい中本当にお世話になります。
アドバイス他ありましたらよろしくお願い致します。
上瞼と眼球の間の空間を水が移動するときに様々な音を立てたりするのかもしれません。
センソリートリック(感覚トリック)と言って、瞼に触れると目を開けやすくなることがしばしば報告されます。
そのような、瞼への刺激が開瞼失行を基盤にして起きているのではないでしょうか?
お役にたてる答えでなくすみませんが。

2016-03-15 | 1458003815

眼窩底骨折整復術後の後遺症 (質問者:S-Nさん)

清澤先生、ご相談させていただきます。

 昨年末に高校生の息子が、硬式野球の自打球により、左目眼窩底骨折となりました。
 数日経過後に整復手術を行い10日程入院し、抜糸後退院しました。
 退院後から下を見ると複視でものが二重に見えるらしく、現在、3ヶ月弱経過しますが症状は変わっておりません。
 また、キャッチボールをした時に早いボールを投げられるとピントが合わなくなり「ボールが消えたりする」と話をしており全く野球が出来ない状態です。
 担当医からは半年位は回復まで必要と仰られておりますが、半年後に後遺症の改善の見込みはありえるのでしょうか?
 通常生活には支障なく、正面を見る場合には複視の症状は出ません。
 リハビリの方法等も教えていただければ幸いです。
眼窩吹き抜け骨折の修復は実はかなり難しく、数年してからでも手術への紹介を求めて来院される患者さんが毎年、複数おいでになります。
その道の達人と呼ばれる方をお教えしますから、どんなに遠くても実際に一度ご来院ください。
ここに、名前を挙げると、行く先の先生を嫌がらせる可能性も少なくは無いので、ネットには候補医師の名前は公表しないことにしています。
くれぐれもお大事に。

2016-01-29 | 1454035116

眼振の子ども、矯正視力について (質問者:ねこむらさん)

清澤先生こんにちは。
長男が生後4ヶ月で先天性眼振と診断され、どこを調べても情報が得られず不安でいたときに先生のホーページにたどり着きました。
以来、時々覗かせて頂いています。
長男は現在4歳になり、遠視による弱視で3歳から視力矯正の眼鏡をかけています。
荒川区の大学病院に通院しており矯正視力は右が0.5、左が0.6くらいです。
初めて眼鏡をかけたときはグッと視力が伸びましたが、その後はほぼ横ばいでこの1年で0.1上がったぐらいです。
赤ちゃんの頃はVEPの検査などやりましたが、今はランドルト環で指差しで検査しています。
病院や検査にも慣れてきて、また待ち時間が長くなることもあり、飽きたりふざけたり当てずっぽうに答えたりと検査には集中してできているとは言い難い感じですが、眼鏡の種類(メーカー?)を変えたら視力の伸びが変わるということはありますでしょうか?他の遠視のお子さんの眼鏡と比べるとレンズも薄くプラスチックのような感じです。
生後4ヶ月から精密検査を受けたり小児神経内科にも併せてかかっていたりと病院を変えずに来ましたが、視力を伸ばすにはあと数年が勝負と思うと、セカンドオピニオンを受けてもよいのかと最近思うようになりました。
長くなりましたが、先生のご意見をお聞かせください。
アトロピンレフを行って眼鏡を作っているならば、それ以上の眼鏡はないと思います。
メーカーによる差もなさそうです。
4歳ですと、できる検査も限られますし、今のままで成長を待っても良い気がいたします。
お大事に 

2016-01-25 | 1453700879

眼瞼痙攣でボトックス治療効果がありません。 (質問者:ももさん)

鬱病で、約10年精神科に通院し、各種薬剤を飲んできましたが、昨年4月頃から、眼に違和感を感じだしました。
瞼を開けにくい、まばたきが多い、シバシバする、など症状があり、精神科医師相談で、スルピリド(スペサニール)長期投与での眼瞼痙攣ではないかと言われました。
○○医療センターにて、眼瞼痙攣の診断を受けボトックス説明を受けましたが、その時は副作用が不安で受けませんでした。その後症状も少しひどくなり、昨年9月に、京都の△△クリニックの所長に受診し、その場でボトックス注射50単位を受けました。
少し症状が良くなったかなと思う時も2日程ありましたが、ほとんど変わらず、12月に2回目の注射(50単位)を受けました。
しかし症状は少しひどくなったような気がします。瞬きもひどく、眼を閉じている時が多く、困っています。
ネットで清澤先生を知り、質問させていただきます。
このまま△△クリニックで治療を受けていれば良いか、それとも一度清澤先生に診ていただくのがベストか、あるいは、京都では他の病院などで診察いただくか、、、悩んでおります。
ぜひ回答をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。
私がほかの医師よりも上手に眼瞼けいれんをボトックスでコントロールできるという訳ではありませんが、
それなりに多くの患者さんを持って居る医師がそれなりの成果を上げられるという事はあるでしょう。
ドライアイのコントロールなども同時になさるとよいでしょう。

2016-01-25 | 1453700844

ドライアイとサプリメント摂取 (質問者:ひとみさん)

お忙しい中申し訳ございません。
ドライアイで悩んでいる者です。

目が乾燥し、外に出れず本を読む事ができない状態です。発病は7年前から、この症
状が出始めたのは約2ヶ月くらい前です。

2010年頃の先生のご記事でバイオティアーズというサプリメントを閲覧させていただ
いたことがあり、そのため、先生はサプリ服用の患者さんをご存知なのではないかと
いう思いの元、お伺いしたいことがございます。

実は今飲んでいるサプリでは実感が足りないため、バイオティアーズに移行したいと
思っております。ですが、重複するビタミンのところもあり(特にビタミンEやβカ
ロテンとビタミンAです)、すぐに今まで摂ってきているものをやめてしまうのも目
がどうなってしまうのか危機感を感じ、どうしていいか本当に悩んでおります。移行
の仕方など、どうかお力をお貸しいただけないでしょうか。お願い申し上げます。

(眼科にはやはり7年前から通院し、今はムコスタとソフトサンティアを処方されて
おります。先生からは栄養は食事からと伺い、ジクアスは合うことができず、ミドリ
ンも改善はできず、目薬では間に合わず、3年前悪化したときからサプリを服用して
おりました。今のサプリは約3年目になります。悪化はその時と今の二回です)
サプリメントには様々ありますが、どれも決定的な効果は期待しがたいでしょう。
それよりは涙点プラグが良いのではないでしょうか?
コラーゲンのプラグ(液状)とシリコン樹脂(固体)のプラグとがあります。
また点眼には、ムコスタ、ジクアス、ヒアレインがあり、それぞれに得意な場面が違います。
ご検討下さい。

2016-01-04 | 1451889674

目が開きません (質問者:ゆうさん)

73歳になる父の症状についてご相談させてください。
4年ほど前から、眩しくて目が開けられないようになりました。
いくつも眼科を受診、検査をしましたが、異常は見られないということでした。
そして、2年半前にパーキンソン病の診断がつきました。
担当の先生には目の症状についてもお話していますが、なかなか改善されません。
この目の症状は、パーキンソン病によるものなのでしょうか?
目を開く筋力も落ちているようで、今はほとんど目を閉じているので、たまに散歩に出ても危なくてなかなか連れ出せないのです。
パーキンソン病に原因のある眼瞼けいれんかと思われます。
ドライアイの合併の有無なども見た上でボトックスの注射をするのが良いのではないかと考えます。
このほかクラッチ眼鏡、ドライアイの点眼や涙点プラグ、内服なども考える余地はあるでしょう。
受診をお考えください。

2016-01-04 | 1451889627

眼瞼痙攣の目のかすみについて (質問者:ルキアさん)

清澤先生いつも記事を拝見しております。

デパス、マイスリーを約10年服用しています。
半年前に、一気に薬を減らしてから、目のかすみ、瞬きの増加、ドライアイ、まぶしさなどの症状がでてしまいました。
現在、まだデパスを少し服用中。
特にここへきて、症状が進み、口もとのピクつきや、舌の細かい震えなどもあります。
目のかすみもひどくなってきました。

眼瞼痙攣で視力低下はおきないと聞いたことがあるのですが、
眼瞼痙攣で、目のかすみはおきますでしょうか。

眼瞼痙攣の場合、ボトックス(効いた場合)でまぶしさなども、おさまることもありますでしょうか。

現在は、まぶたがあいていますが、将来的に進行して閉じてしまうのでしょうか。
様々あるとコメントにありましたが、薬をやめた場合。

何卒よろしくお願いします。
薬剤性の眼瞼けいれんを考えます。
ドライアイも合併していれば視力の低下も合併することもあるでしょう。
リボトリールやデパスなども効きますが、長期的には症状を悪化させますから
その併用にはご注意ください。

2015-12-29 | 1451356292

レーシック又はコンタクト (質問者:なすびさん)

私自身、レーシック手術又はコンタクトレンズの利用を検討しています。
費用、安全性、将来性を考えた時にどちらが良いのでしょうか?
ご存知か?と思いますが、私はレーシックに対しては昔から懐疑派です。
手術を受けてからひどいドライアイに悩む患者さんを見すぎたので、
家族や自分の患者さんには受けないようにお話ししています。
先日の学会で伺うと、一時期年間40万人もいたレーシックの患者さんは、
銀座医院での感染症多発事故以来毎年減り続けて、現在は5万人程度に減っています。
レーシックでなくてはいけないような状況でなければ、
このようにレーシックはもうピークを越えた治療法という事も出来るでしょう。、

2015-12-21 | 1450666148

子供の斜視と近視について (質問者:miraさん)

現在ドイツに住んでいます。
2歳2ヶ月の娘が斜視と強度の近視と診断されました。
半年ほど前に、保育士さんより近くの物を見る際にかなり近目だと指摘され眼科にかかったところ、斜視と強度の近視と診断されました。
その後メガネの処方箋を作成するため大学病院への紹介状をいただき再度検査を受けたのですが、5分おき5回の点眼と医師の恫喝により娘は号泣、クリップなどで目を開けさせ3人がかりで押さえつけた挙句、今回はきちんとした検査結果が出来なかったので最初に診断した眼科医の数値を加味してこの数値でとりあえずメガネを作ってくれと渡された処方箋に両目-10との記載がありました。
斜視のせいでどちらかの目が近視になっているのではと思うのですが、両目ともかなり高い数値で出されて信用できずにいます。
最初にかかった医師には何を聞いてもまずはメガネを作ってください、話はそれからですと言われています。
外斜視のようです。(医師からは斜視とだけ伝えられました)近い物を見るときはほとんど左目だけを使って見ているように思います。
ただ、ある程度遠いものもしっかり見えているように感じます。(公園の鳩や家の中のほこり、人物の判別もできます。)
国外の事、さらに少ない情報で申し訳ございません。
ドイツの医療を信用していないので日本で検査を受けること、治療のための帰国も考えています。
一生の事なので最初の治療を間違えたくないと思い、ご相談させていただきました。
以下、質問させてください。
1.数値がはっきり出ないからといって最初にこれだけ高い数値(両目-10)のメガネを使って支障はないのでしょうか?よけいに近視が進む事はないでしょうか?
2.このメガネをかけることで斜視の治療にもなるのでしょうか?
3.日本では2歳程度の子供の視力検査はどのようにしておこなわれるのでしょうか?はっきりと数値はでるものなのでしょうか?
4.日本で治療する場合、遅くともいつ頃までに治療を開始するべきでしょうか?また、治療の頻度はどの程度でしょうか?

お手数をおかけしますがどうかよろしくお願いします。
ご相談ありがとうございます。
まず点眼する目薬ですが、短期間のミドリンP、数時間のサイプレジン、数日以上のアトロピンと3種ががあります。
一度で正しい答えに近づきたいならアトロピンが良いかもしれません。点眼を一日一回程度行ってもらい翌週に答えを出します。
測定には、あなたの子供さんが経験したように子供をタオルに包んで手が出せないようにしておき、押さえつけておいて開瞼器を掛けて、板付きレンズとスキアスコピーで測定します。
大人用のオートレフラクトメータは使えませんので。
これには子供の大泣きは必至ですし、測定者の相当な技量も必要です。
遠視の場合には内斜視が起き、網膜に焦点が合わないので弱視になりますから、遠視用の凸レンズ眼鏡は必ず必要です。
うまくゆくと2歳の子供が、朝目を覚ますとよく見えるのでこの眼鏡を自分で書けるようになったのを見たことがあります。
 一方近視に対して眼鏡が必要か?それが原因で外斜視にまでなるのか?には疑問があります。
弱視を少しでも避けようとして勧めているのではありましょうけれど、それほどのエビデンスはなさそうです。
マイナス10デオプトリーの眼鏡をかけるという方針に反対するわけではありません。
4-5歳にならないと、視力の測定も難しいでしょう。そうなればオートレフラクトメータも使えるかもしれません。
眼位の測定2歳ではもいわゆるプリズムカバーテストはできないので、目の表面での反射を見るだけのヒルシュベルク法でしか推定でき
ないでしょう。
 日本でもこの様に非定型的な斜視の子供の、屈折検査や眼位検査を上手にできるところは少ないので、まず町の先生を受診して子供を扱える大学などを紹介してもらうのが良いのではなかろうか?
と思う次第です。間の検診は町の医師でよく、1年ごとの精密検査を大学でという感じかと思います。
お大事に

2015-12-07 | 1449459981

薬剤性がんけんけいれん (質問者:ま〜ささん)

一年ほど前から薬剤性の眼瞼痙攣と診断されました。
去年の年末から二度ボトックスの注射をしてもらいましたけど
あまり効き目がありませんでした。
二種類の薬を飲んでおりまして一つは断薬出来ました。
もう一つの薬も減薬していって結構の量を減らすことが出来たのですけど途中で断念して、元の量に戻しました。
そうすると嘘のように、瞼の調子も良くなりました。
でも、二カ月くらいはとても調子良くいってたのですけど、また瞼が下がって調子悪くなってきました。
それからだんだん悪くなりまして、仕事にも支障ありますし歩いていても瞼が下がってきますし日常生活にも支障があります。
非常にストレスで何をしていても楽しくもありませんし四六時中目の事ばかりが気になります。
あちこちの病院を回りまして、脳など見てもらいましたけど問題なしとのことで最終的には、兵庫の眼瞼痙攣にとても詳しい先生(最初の先生とは違います)を紹介してもらいまして即効ボトックスの注射をしてもらいましたのが約一カ月前ですけど実際効いた感じがしたのは一日(注射から約一週間)でした。
その時は久しぶりに車の運転も出来ました。
それからはまた不調です。
クラッチ眼鏡も併用していますけど、あまり効果がありません。
ボトックスが全員には効かないとは聞いていましたけど、その効きが悪い方になってしまった場合はどうすれば良いのか分かりません毎日憂鬱です。
ボトックスを一度したら間は確か二カ月くらいは開けないといけないかと聞きました。
現在の状況としましては瞼が普通な時もありますけど時々瞼をぎゅうっと締めてしまうこと、歩いていても勝手に瞼が下がってきたり、瞼をギュウッと締めてしまったりしますので危なく感じますので外出も控えてしまいそれがまたストレスです。
もう どうして良いのか分からなくなりました。
お忙しい中すいません清澤先生アドバイスもらえましたらよろしくお願い致します。
現状の状況を書くのを忘れてしまい申し訳ありませんでした。
苦労されている様子がよくわかりました。
焦らないで少しづつ治療を深めてゆきましょう。
しかし、薬剤性眼瞼けいれんの治療は容易ではありません。

文面を拝見すると、有名なM先生ももうお訪ねになったのでしょうか?
デパスやリボトリールなど向精神薬の減薬は有効ですが、年にII-3割量を減らすのがせいぜいでしょう。
それを急ぐと不眠などの原疾患の具合が悪くなります。
薬を戻して具合がよかったのはベンゾジアゼピン系の薬の中毒にすでになっていたからでしょう。
私ならば、ボトックスは常に最大量を打って他は様子を見ます。

誰が使っても初回投与はどうしても少なめにしますから、2月ごとで3-4回を打ち終わるまで眼瞼けいれんの主治医の医師を変えてはいけません。
そこでわかった必要量を打ち続けることになります。

このほかの(ドライアイ合併があるときの)ドライアイ点眼、涙点プラグ、(両眼で開くことができない、或いは開瞼失行があるとき)クラッチ、
その他「眼瞼けいれん治療を成功させる10のコツ」もご覧になってみてください。
しかしこれらは、代替にできるものではなく、あくまでボトックスあっての補助療法と考えています。
お大事に

2015-11-17 | 1447723431

眼けん痙攣 (質問者:すまいるさんさん)

約3年前ころから左目がショボショボするようになりました。
眼科に行ったところ、ドライアイと診断され、目薬による治療を受けましたが、一向によくなりませんでした。
神経内科を紹介されて受診したら、眼けん痙攣と診断されました。アーテン錠、リボトリール錠を服薬しましたが、効かなかったので、ボトックス注の投与を受けました。
間をおいて4回ほど投与したのですが改善されませんでした。
その後は、いろいろな薬による治療を受けたのですが、一向に良くなる気配はありません。
現在も、いろいろな薬を試しているところです。
現在の症状は、左目が自然に閉じることが多く、片目で生活する機会が多くなっています。車の運転はしていません。
新聞や本を読むときは、不思議なことに左目も開いた状態になります。
このような症状なのですが、改善する見込みはあるのでしょうか?
あるいは対処療法として何かよい方法はあるのでしょうか?
眼瞼けいれんであってもボトックスが効かないという患者さんは2割ほどいます。
気長にボトックスを打ち続けることをお勧めしますが、それを続けれあれない患者さんも少なくはありません。
そのボトックスを除いて有効な治療法としては、涙点プラグとかでしょうか。併用としてならクラッチ眼鏡なども使いますけれど。

2015-11-10 | 1447118013

がんけんけいれんの自覚症状 (質問者:ささやんさん)

お聞きしたい事があります。がんけんけいれんは進行性だと聞いたのですが、6年間進行しないことはあるのでしょか?

また、私はまぶしい、目が開けていられない等の自覚症状はありません。
違う病気の可能性もあるのでしょうか?

よろしくお願いします。
⦿自己診断テスト 10項目 若倉が2009に出版(注:私との共著にも採録されてますがその起源はそれよりも前です。) 
3項目以上に丸で陽性とします。若倉表の10項目につき、マルが3個以上あるかご確認ください。
まぶしい、目が開けていられない等の自覚症状が無いとすれば、果たして何が
症状でしょうか?ほかのものが3つあればよいですが。

進行性であるとは限りません。進行して重くなる人、変わらない人、軽くなる人がいます
⦿自覚症状
眩しい95%、目を瞑っている方が楽92%、目が乾く51%、目を閉じてしまう49%、違和感41%など
○52%は前医で正しく眼瞼痙攣と診断できずとのこと。
○3要素:つまり運動障害、感覚過敏、精神症状(抑うつ、焦燥)があります。
いかがでしょうか?
お大事に

2015-11-02 | 1446448966

目を何度もこする (質問者:うーさん)

初めまして。2〜3日前から、生後5ヶ月になる子供が両方の目をしきりにこすります。
アレルギーか何かの可能性がありますか?
眼科に行けば原因がわかるものでしょうか?
殊に目やにが出ていれば、流行性角結膜炎の可能性があります。
至急眼科に行くことをお勧めします。

2015-09-15 | 1442299093

コラーゲンプラグ治療 (質問者:タスマニアウォンバットさん)

ネイルアーティストを仕事にしており、慢性的な重症ドライアイです。
ジクアス、ヒアレイン点眼をしています。
液体コラーゲンプラグ治療をすすめられて、とてもやりたいのですが、保険適用なのに片眼円8000、両眼16000とのとこと。

しかも通っている眼科ではこの治療をした人がまだいないというので、迷っていたところ、このサイトを見つけました。
患者さんの声なども読んで、清澤先生にお願いしようと思っています。
大体の費用を知りたいので、教えて下さい。
宜しくお願い致します。
保険3割負担、初診料、通常考えられる視力や涙液などの検査、そして涙点プラグ下涙点左右で(一本のビンで2本換算、ただし残量を使えば上にも多少入れられる場合が多い)で、8920円という試算です。当日の検査項目などで多少変わるかもしれませんが、先の計算は4本の穴にすべて入れるつもりであるかもしれませんね。
経験は豊富です。良かったらおいで下さい。
お大事に

2015-09-15 | 1442280757

物が大きく見えたり小さく (質問者:しゆんしゅんさん)

初めて相談させていただきます。
8才の男の子です。
8月20日から時々物が大きくなったり小さく
見えるそうです

眼科に診察してもらい「ミドリンM0.4」
を処方してもらいましたが、症状
は、おさまりません。
小児科で相談してもらったら
成長期にある事と言われました
もし、症状が続けば脳の検査を
した方が良いと言われました
神経眼科でこのような症状は
あるのでしょうか?
夏休み中にゲームをしてました
影響なのでしょうか
ご回答お願いします
「不思議の国のアリス症候群」でしょう。しばしば訴える子供に出会います。
調べてはみますが、特に異常は見つからないことが多いです。

2015-09-03 | 1441242015

早めのボトックスについて (質問者:ライムさん)

48歳女性です。
最近目の下のぴくぴくがありそれが1か月近く続いています。
1年ほど前に眼精疲労で大学病院へ行きましたが疲れ目という
判断でそれほど症状も悪化しなかったためそのままになっていました。
現在目の下のぴくぴくが目をぎゅっとつぶったときに発生します。
それから目が少し夜のライトのみまぶしいです。
パソコンを見ていると眼精疲労のように頭の芯が疲れてしまいます。
それから左目の付け根やした瞼に違和感(よく見ると細かく動く)もあります。
あとなんとなくひだりほほの違和感(これは微少すぎて言えませんがかすかなしびれ?)
自分では明らかに今まで感じたことのない症状なので眼瞼痙攣を疑っています。
高倉式でチェックしたところ特に早いピッチでぱちぱちしたときに細かい瞬きと目の下のぴくぴくが入ります。
素人なので判断が難しいですが点数的には2点くらいでしょうか。
このような状態です。
一応緊急性のあることだといけないので脳外科に行きましたが
CTでは異常なしの判断です。
脳外科の先生は「多分軽度の眼瞼痙攣であろう」とのことでした。
外科的にはこんな状態ではボトックスはしないし麻痺と痙攣でどっちがいい?とのことでした。
私生活的にはまだまだつぶりにくさもない状態です。
(眼/首/肩は疲れます)
このような状態でのボトックスはいかがでしょうか?
経過判断になりますでしょうか?
私的にはもし眼系痙攣と判断された場合に
今後の経過がよいならば早めにボトックス治療を行い
眼帯筋の痙攣を抑えたいと思っています。
副作用と効果を考えてどのような道がいいのか思案しています。
もしそのあたりのご経験があれば教えていただきたいと思います。よろしく願いいたします。
もしこれが眼瞼痙攣ないし片側顔面痙攣であれば私ならボトックスを勧めます。
もし疲れ目によるあるいはドライアイによるミオキミアであれば原則的にはボトックス以外の治療を選びます。
しかし、ミオキミアの様に見えても、なかなか止まらないなどという場合には(敢えて片側顔面痙攣と診断名を変えて)ボトックスを試すことを奨めることもあります。
もし、ミオキミアであってもボトックス注射で失うものは少なく、少なくとも痙攣はずっと永続的に止まり、再度のボトックス注射施行が必要なしで終わるだけのことだと考えるからです。
慎重な意見を述べた脳外科の先生はボトックス施術の経験が少ない人なのではないでしょうか?
お大事に。清澤

2015-09-03 | 1441241899

中心性網膜症 (質問者:うえちやんさん)

10年前から中心性網膜症ですが大学病院で見てもらい現在に至りなかなか治りません
視力が0、3位ですが中心高の腫れはひいてますが視力が回復しません
そちら東京にわとても行けません
仕事してる為ネットでアバンチス効果おみてメールしました
アバンチス治療で治るのですか又その治療は大阪府内でわ出来なのですか
詳しく教えてもらえますか
宜しくお願いします^o^
申し遅れましたが右目だけです
アバスチンは新生血管をなくす薬で、抗がん剤として開発された固有名詞です。
現在は眼科用剤がアバスチンなどの抗VEGF抗体製剤ですが、これはとてもとても高い薬(原価でも20万円ほどで、注射手技料はほとんど只なので、治療する側としての利益は全く出ない特殊な注射薬です。)です。
中心性網脈絡膜症でも効く場合にはすっきりと効きますが、病気が古くなって黄班部に変性が起きてからでは効きません。
初期では高いこともあって、様子見にしようと言われることもありましょう。
ご近所の先生にルセンティスやアイーリアなどの眼科製剤が使えないかどうかを聞いて見て下さい。

2015-09-02 | 1441158846

父の病気 (質問者:新潟娘さん)

初めまして。
私の父は網膜色素変性症です。
両目ともほぼ見えておりません。
治療法はないと言われてますが、なんとかならないものかと頭を抱えております。
アーガスIIというのはこの先受けることができるのでしょうか?
今現在1番、有効な手段ではないかと思いました。
ふさぎこんでしまってる父に光を見せたいです。
無知な私にご指導お願いします。
米国ではかなり実用に近づいているようですが、まだ日本には入ってきてはいません。
もう少し希望をもって、ニュースに注目していただくという事でしょうか?
お大事に

2015-09-02 | 1441158752

トローザハント症候群で視力が落ちることがあるのですか (質問者:すけさんさん)

三男32歳のことについてお願いします。
持病として、4歳の時交通事故で頭を打ち、てんかん発作がありました。
17歳まで痙攣して倒れる発作がありましたが、マイスタンの服用が始まって倒れる発作は治まりました。
その代わりに言葉が出にくくなりました。
それ以来、デパケン、アレビアチンそしてマイスタンを服用しています今年1月6日、突然頭痛を訴え始めました。
病院で頭痛の薬をもらって飲んだのですが、いっこうに治まりませんでした。
1月26日、ベット上でてんかん発作を起こし(?)失禁してしまいました。
病院の神経内科に入院し2月半ばにトローザハント症候群と診断されました。
そしてプレドニンの服用が始まって、頭痛が治まり左目の複視が治まってきました。
2月28日退院しました。
問題は、2月半ば頃(入院中)から急速に視力が低下(左右1.5から0.01以下)したことです。
それも、視野の一部しか見えず、眼鏡は合いません。検査では眼に異常なし、脳神経に異常なしといわれます。
入院中にてんかんの薬をいじられました。三男の眼を助けてください。
硬めの視力低下という事は、何らかの片眼視神経障害が出ているという事でしょう。
トローザハントは非特異的な肉芽腫が頭蓋内にできて動眼神経などを圧迫して起きる疾患(有痛性眼筋麻痺)ですから、その病変が視神経も同時に犯せば、このようなことは起き得るとは思います。
原疾患もあるようで、検査がむつかしいでしょうが、画像検査を精密に繰り返し、必要ならステロイドパルスも行うという事かもしれません。
眼科と脳外科の連絡が密にとれるお近くの大きな病院でご相談ください。

2015-08-26 | 1440566068

眼頸痙攣 (質問者:としさんさん)

2年半前に急に目がしょぼしょぼになり、眼科へ行ったらドライアイと診断され目薬を貰いました。
 目薬をさすと余計しょぼしょぼになり、
5種類もの目薬を変えましたが同じです。かれこれ1年の間に眼科を3度かえましたが、ドライアイと、絶対違うと思い大学病院の眼科へいってやっと眼頸痙攣かも?といわれ神経内科で ボドックスの注射を受けたのが1年半前です。
しかし注射も3ヶ月に1度の割合で 4回打ちましたが、効果は全然ありません。
 今年の初め友達の紹介で某有名眼科に行きました。
 ボトックスをまた打ちましたが、やはり効果なく、これからはリハビリテープをはりますか?といわれてます
眼があけにくく、直視する事が出来ませんこれってどうしたらよいのでしょうか?
印象としては、眼瞼けいれんですが、合併するドライアイをプラグでふさぐなどしてもおさまらないでしょうか?
精神科の薬剤の使用もないでしょうか?
お大事に。

2015-08-26 | 1440566007

白内障手術後 (質問者:ラッキョウさんさん)

平成26年8月27日に左目、9月1日に右目の白内障手術(多焦点)を実施しました。
その直後から、両目を開けていると、目がチラチラして、景色がかすんで見えるようになりました。
片目ずつ見ると正常にはっきりと見えます。
いくつかの眼科医院で診てもらいましたが、眼球内には全く異常がないとのことでした。
レンズもしっかりと入っているとのことです。
しかし、チラチラ等の原因がわからないとのことですが、どのような原因が考えられるでしょうか。
憶測で結構ですのでご教示いただけませんでしょうか。
見当がつくようでしたら、8月中に貴病院で受診します。
もともと左右の近視度が違っていたりするかんじゃさんに眼内レンズを入れるとこのようなことが起きることもありますが、これといった答えは思い当りません。
眼科術後不適応症候群に属する症状であると思います。お大事に

2015-08-10 | 1439187058

眼瞼痙攣とリボトリールについて (質問者:あおちゃんさん)

6月頃より左目が自然に閉じることが多くなり、眩しさや違和感、瞬目の増加があり近くの眼科を受診したところ結膜炎と言われフルメトロン点眼薬処方されました。
症状は変わらず、次第に瞬目で眼が開けていられない状態の頻度が増加し、右目も同様の状態になったため、神経内科受診しました。眼瞼痙攣と診断され、7月27日よりリボトリール0.5mg×2錠/日を内服中で症状は改善しております。
神経内科医師よりリボトリールを継続して内服して治ることがあるから、今のところ効果があるのでボトックスは適応ではないと言われました。
ボトックス治療を早期に受けたほうが、寛解の状態を長く維持できるとの情報も見たことがあり、今後の治療法について悩んでおります。
先生のご意見をお聞かせ頂けると大変助かります。どうぞよろしくお願いします。
まず本当に眼瞼けいれんであるかどうか?眼瞼けいれんでは瞼が閉じるような動きをしますが、目の疲れで起きるミオキミア(眼輪筋波動症)はぴくぴくと片目の下が横に動きます。
眼瞼けいれんは抑制系の脳内神経伝達系(GABA系)が弱まって起きるので、それを助けるリボトリールは一時的にしろ効果がありますが、だんだんに強まる依存性(中毒性)もありますから、本当に眼瞼けいれんであれば私はボトックスを打たないでリボトリール内服だけを使う方法は勧めません。
それであれば弱目のアーテンか漢方の抑肝散加陳皮半夏などの方が良いでしょう。
精神安定剤や眠剤の常用で起きる薬剤性眼瞼けいれんでないことを確認しておくことも、特に若い患者さんでは必要です。
お大事に、

2015-07-13 | 1436755513

小眼球について (質問者:niaさん)

生後1ヶ月の娘が小眼球と診断されました。
産まれてから一度も左目があかず、大学病院に行った所小眼球と診断を受けました。
黒目が約4mm、眼球全体も右目の半分に近い状態だそうです。
右目は今の所異常は見つからず、近くの病院で脳や内蔵などに異常がないかの検査をしてくださいとの事でした。
小眼球についての治療等何も言ってもらえず、検索したところこちらの医院の名前を見つけました。
女の子なので出来るだけ見た目を普通にしてあげたいので、どんな治療がいつから出来るのか、治療に関して金額がいくらかかるのかなど教えていただきたいです。
住んでいるところが少し遠いので何度も通院する事が出来ません。
それでも娘に出来るだけの事をしたいので、詳しいお話を聞かせていただきたいです。
眼球が生まれつき小さい状態で生まれる子供がいて、それを小眼球と呼びます。
眼球の形が成立していれば、遠視がないかを調べて、将来は2歳くらいをめどに弱視予防のための眼鏡を処方します。このほか先天緑内障がないかどうか?網膜は形成されているかどうか?白内障になってないかどうか?などの評価がまず必要です。
そのサマリーを付けて、子供の眼疾患を専門にする病院にさらなる評価と加療を求めて紹介をすることになるだろうと考えます。
その状態を解消するような手術は残念ですがありません。
現在ですと、次のお子さんや、その子の子供に同じ症状が出ないかどうかなどを遺伝子からみで検討することも、さらなる検査紹介の目的となります。

2015-07-06 | 1436152008

wprp (質問者:sinsiaさん)

もう5年になりますが美容外科でwprpを目のしたに注射しましたしこりがでました、数か月して白目が黄色くなり濁りドライアイ、白目も皮膚がたるみました数件の目医者に通いましたがドライアイだけ治りました目の下のしこりは残ってしまいました。
近所の人にはやつれて病気と心配されてます目が小さくなったと言われました。
注射はフィブラストスプレーで顔には絶対注射してはいけないらしいです気分は落ち込み足がふらつく時があります因果関係分かりませんが、、もとにもどりたいです
すみませんwprpが何であるのかを知りませんでした。
調べてみると、「通常、PRP療法では採取した血液を遠心分離機に1回かけて「多血小板血漿」を抽出するのですが、W-PRPの場合はこの工程を2段階にします。
そうすることで、「多血小板血漿」に白血球を加えるのです。」というようなことが美容外科のページには書かれています。
すみませんが、わたくしはこの治療法について賛否を述べる知識がありません。
白目が黄色くなり濁り(瞼裂斑でしょうか?)ドライアイ(これはシルマー法で測る涙の減少?)、白目も皮膚がたるみ(白目がたるむのなら結膜弛緩、皮膚がたるむのは眼瞼皮膚弛緩といいます)という訳ですね。
それぞれに対する治療法は無くは無いでしょう。
ドライアイは(ヒアレイン、ジクアス、ムコスタなどの点眼で?あるいは涙点プラグまで使って?)治ったもでしょうか?
目の下のしこり(これが何のことか私にはわかりません。)気分は落ち込み足がふらつく時があります。(これもわたくしには理由が良く理解できません)。
神経眼科でも眼科でこれを治すのは難しいかもしれません。
心因性の反応も考えられますので、心療内科やメンタルクリニックの先生に相談されるのも一方かもしれません。

2015-07-06 | 1436151818

視神経萎縮について (質問者:めぐみさん)

初めまして。 高校生の息子のことで相談させて下さい。

今年に入って、体調を崩し あちこちの病院を回りましたが、なかなか原因が分からず ようやく3月中旬に髄膜炎からの水頭症だと分かりました。
入院時、視力低下が見られ 右目0.2 左目0.08で4月に入り、シャント術を受けました。
手術後より現在まで、視力の回復を祈る気持ちで毎日過ごしていますが、両目ともにほとんど見えてない状態です。
神経眼科の先生からは、回復の期間や程度は個人差がある。
反射も光覚もあるから、諦めずに待ちましょうと説明をされました。
しかし、回復の兆しもないまま日にちだけが過ぎていき、不安で仕方ありません。
退院もしましたが、現在の視力では高校生活に戻ることも出来ず、生活にもかなり不便で困っています。
少しでも、回復する方法はないかと 栄養を考えたり DHAのサプリを飲んだりで、他に手立てがないものかと涙が溢れます。
最近は、鍼治療はどうかと考えたり 良い先生に出逢えず失敗したらどうしようと考えたり…藁にもすがりたい気持ちです。
長々と失礼しましたが、助言をお願い致します。
視神経萎縮が髄膜炎によるものであれば、脳圧亢進があって、うっ血乳頭の時期があったはずと思います。
うっ血乳頭で、視力が下がるのはすでに視神経が委縮期に入っているということですから、時をおかずにシャント手術をされたのは正解です。
しかし、それでも右目0.2 左目0.08から回復することは少なく、それを維持するのがようやくかと思います。
手術後より現在まで、視力視野は悪化しているのですね。
神経眼科の先生の、回復の期間や程度は個人差があるという指摘は正しいです。
今後の生活もできるようにと考えて、盲学校などに進むことも考える必要があるかもしれません。
サプリメントや鍼治療はあくまでも代替療法ですから、あまり期待をしない方が良いです。
レーベル病などの特殊な原因のある視神経炎ではないことは、確認してもらっておかれるのが良いでしょう。
あくまでもお大事に。

2015-07-06 | 1436151679

脳回転状脈絡膜萎縮症の視力低下防止法教えて下さい。 (質問者:なっくんさん)

お世話になります。先生の2007年のブログを拝見し御相談します。
息子20代上記の疾患で6才から低タンパク食アルギニン除去ミルク、Vb6で治療。視野狭窄、夜盲、近視。
東京の大学病院で定期検査しています。
血中オルニチン値と病状の進行に相関関係認められず本人の意思で二、三年前から食事療法中断しています。
網膜浮腫のため視力低下矯正視力0.7 対策として遮光眼鏡勧められるも外見上の問題で使用してません。
網膜浮腫軽減のためエイゾフト三カ月使用。
やや浮腫軽減と言われました。
コンタクト作成のため店舗で検眼、0.5と言われ見えにくさの自覚もあり常時パソコン作業の仕事の影響かとも悩んでおります
vdt症候群にならないよう環境を整えていますが見えにくいため画面との距離が20cm位になるようです。
視力低下を防ぐ方法はあるでしょうか?遮光メガネはパソコンに有効てしょうか?
セカンドオピニオンも考えております。
この疾患を多く扱っている病院をご存知でしょうか?
宜しくお願いいたします。
この疾患は東北大学で1985年ころに研究されておりましたが、今それを本格的に扱っている病院は分りません。
国立小児研究医療センターや国立感覚器センターの網膜を専門に研究する先生方は比較的詳しいとは思いますが、通常の病院として「6才から低タンパク食アルギニン除去ミルク、Vb6で治療」までの指導ができるところをわたくしは知りません。
ですからそこからは離れないのが良いと思います。
視野狭窄、夜盲、近視の程度がその日その日に食べるものとそう簡単に相関するわけではないというのは事実でしょうし、私がかつて見た患者さんは、代謝異常のために人に隠れてでもピーナッツを食べたがったりするものですから、食事制限も非常に困難ではあろうかと思います。
血中オルニチン値と病状の進行には相関関係が短期的には認められなくて当然と思います。
網膜の劣化はもっと長い経緯、年単位での変化だからです。
やむを得ないとはいえ、本人の意思で二、三年前から食事療法を中断というのはやはり悔やまれなす。
網膜浮腫のため視力が低下し矯正視力が0.7になったことに対する対策としての遮光眼鏡の効果も、エビデンスがあるというよりは少しでもまぶしく無い様にさせようとして勧めているものと思われます。
これも、外見上の問題で使用しないのは残念ですが、進行の予防効果はそれほどにははっきりしたものではないと思います。
 最近の網膜疾患の研究は、網膜電気図の欠損する成分と原因遺伝子の対応の同定が主で、代謝産物の増減(この場合はオルニチン濃度)にはもう目が向いていないようです。
ですから、血中のオルニチン濃度を測れる病院やそれを測れる技術のある研究所を知っている病院さえもごく限られたものでしょう。
 あまり役に立てる助言にならず申しわけありませんが、「6歳からの病院」を離れないのが良い様に思います。
その病院にその処方が当時できた医師はもういないかもしれませんけれど。

2015-07-02 | 1435821410

内眼術後眼瞼けいれんという症状はあるのでしょうか? (質問者:ひよこさん)

先生、非常に長い長文になってしまい大変申し訳ございませんが、ご相談させて頂きたい事がございまして、
内眼術後眼瞼下垂というものがあるそうですが、
内眼術後眼瞼けいれんというものもあるのでしょうか?
白内障の術後もうすぐ3年になる60代の母がいるのですが、
手術前には全く見られなかった症状である、眩しい、ものを真っ直ぐ見るよりも下から上に向かって見ている方が楽、
夕方になると目を開けているのが疲れてくるといった症状が出ています。
目の痙攣や瞼を押さえなければ垂れ下がってくるといった症状は出ていないように思えますが、涙が勝手に出てくるような違和感が不定期に起きるようで、ティッシュで拭くのですが涙は出ていません。
上記の症状は手術前には全く無かったものでした。
手術により何らかの下垂やけいれんの症状を誘因したように思えなくもありません。
因果関係は分かりませんが、そうした術後に眼瞼けいれんや下垂を引きこした場合、治療方法はボトックスが主な選択肢になるのでしょうか?
また、眼瞼けいれんはある種の抗精神病薬を飲んでいると、眼瞼けいれんを引き起こすもしくは悪化させる要因になりえるようですが、薬を減薬した方が改善する可能性は高くなるのでしょうか?
また、薬剤性眼瞼けいれんと、内眼術後眼瞼けいれんの見分けはつくものなのでしょうか?何か症状に特徴の偏りがあったるするのでしょうか?
宜しくお願い致します。
薬剤性眼瞼けいれんと、内眼術後眼瞼けいれんの見分けはつきません。
眼科手術術後不適応症候群という言葉自体が発症の状況を表した言葉で、若倉先生が作った言葉であって、辞書や教科書にある言葉ではありません。
手術後に、まぶしい、目を開けていられない、目が痛いなどの訴えをする人がいて、若倉の質問表を埋めてみると、その患者の答えが眼瞼けいれんの要件を満たすことが多いということです。
手術後に皆が示すわけではなく、個々の患者さんの心理的な要素も多そうです。
さて(1)手術が原因で術前になかったものが新たに起きたのか、(2)術前後からの睡眠薬などの薬剤に因るのか、(3)はたまた術後に元からあった病気に後から気が付いたのかも症例ごとに違います。
ですから、現状での症状が眼瞼けいれんであれば、ボトックス注射をすればよい、向精神薬は使っているならば極力減らしましょう、ということになります。
お大事に。

2015-06-16 | 1434421516

横斑前膜による硝子体手術手術後の目の張りと頭痛 (質問者:みっちゃんさん)

平成27年3月18日に左目の横斑前膜による硝子体手術(この手術をすると白内障になるから同時にすると言われました)を受けました。
手術後眼圧の戻りが遅く8日入院しました。
その後、定期的に通院しています。
しかし、退院4日後に糸が目から飛び出したこともありました。
その後から、目が張るというか奥からや両側から引っ張られる症状が出るようになり、そのために即頭部・後頭部・耳の付け根から首肩への張りや凝りでとても、しんどくなりました。
眼科の主治医は「目で頭痛は絶対起きません。脳外か神経内科へ行って」とのたまう。
そこで、神経内科へ行きMRIもとりましたが、なにも見つからず緊張性でしょう。
「とりあえず、トリプタノールとテルネリン」で試して地域の内科で結構と突き放された。
この2種を試したが、状況はかわらないどころか、口控内が乾燥し、のど奥や舌が異常(ピリピリ感・痛み・熱いものが食べられない・味がおかしく)をおこしたので、内科にてデパスに変更となりました。
しかし、舌の状態も含め目の張り・頭痛等も治まりません。
マッサージにもいきました。
眼科医は目と関係ないと言い続けるし、最近は舌だけでなく、上顎(歯が浮いている感じ)までおかしくなってきました。
本当に目と関係ないのですか?どこかで神経(目や耳や肩等の)が何らかの異常を起こしているのではないのでしょうか?
本当にしんどいです。どこの病院・科へ行けば親身に寄り添ってくださる医師がおられるのですか?教えてください。
助けてください。
 術後不適応症候群と呼ばれる症状です。
白内障その他の眼科手術後に何らかの症状があるとそこに注意が集中して普通の生活が出来なくなってしまうことがあります。
当医院でも少なからず受け入れています。ドライアイなどがあることもありますし、眼瞼けいれんなどがある場合もあります。
歪視は硝子体手術をしても必ずしも完全には取れませんので、その症状も忘れて過ごす必要があるでしょう。。
ベンゾジアゼピン系のデパスはこの場合に安易に商法される傾向がありますが、私は推奨しません。
どうしてもということであれば、ご受診をお勧めします。
QAでは?:【A】眼科手術の進歩で,白内障手術やレーシック〔laser
(-assisted)in situ keratomileusis: LASIK〕手術は,ほとんどリスクを考えないでよいレベルになりました。
それゆえ,白内障手術は白内障による視力低下があまりなくても視力の質を高めるために,レ―シック手術は眼鏡やコンタクトレンズを装用しなくても視力が得られる手段として,比較的手軽に行われる傾向が現れてきました。
99%以上で満足のいく結果が得られるので,この傾向に異を唱える人は少数です。
しかし,手術結果に満足できないごく限られた事例も確かにあります。
しかも手術合併症や,手技に落ち度があった結果ではないものが大半です。
結果に過大な期待があったという程度のものから,日常生活に支障が出て手術をしたことを悔やみ,医師に対する不信感を募らせトラブルになる場合もあります。
諦めきれずに神経眼科,心療眼科を専門とする医師を探し当てて来院するのは一部でしょう。
手術母数が巨大なだけにそうした症例をみる機会が多くなり,「眼科手術不適応症候群」として十分吟味すべきではと考えたのが,このような造語を提唱した理由です。

2015-05-21 | 1432176428

眼球奇形(突出)につきまして (質問者:ビクトリアさん)

はじめまして。長年悩み、苦しんでいる症状について、ご質問させて下さい。
子供の頃から眼球の奇形(突出)症状があります。
特に左目が酷く、飛び出ているため常に涙目であり外見的にも明らかに突出しているため他人に指摘されることもしばしばです。
女性なのでメイクをしなければならないのですが先に申したように常に涙目なのでアイメイクも、ままなりません 。
就寝時もやはり目が開いてしまいます。
異物も入り易いですし…。
もう藁にもすがる思いでお伺いさせて頂きました。
お忙しい中大変申し訳ありませんがお返事頂けたら幸いです。
そして、治療、完治は可能でしょうか…?
…宜しくお願い致します。
眼球奇形(突出)ということですが強度の近視なのでしょうか?
近視が強いと3ジオプトリ―に付き1ミリほど眼球が伸びるとされています。
この近視による眼球表面の突出はいかんともしがたいです。
次に涙目とのことですが、睫毛が角膜に触れているとか、涙道に通過障害があるなどの場合には対応可能な場合があります。
就寝時もやはり目が開いているとすれば、流涙があってもドライアイかもしれません。
乾く刺激が流涙を呼ぶというケースがあります。
その場合には夕方寝る前に軟膏(オフロキサシンゲル化点眼液など)を入れたりします。
お答えになっているでしょうか?
お大事に

2015-05-11 | 1431329353

眼瞼痙攣と片側顔面痙攣について (質問者:でんすけさん)

お忙しいところ申し訳ございません。
高校時代からコンタクト使用ですが消毒の不備で何か症状が起き、目薬で治しましたが、それ以来2weekコンタクトを使用し、左右近視裸眼0.1以下ですが、特に左の乱視が強いです。

約10年前からまぶたの下がり、疲れ目、身体の疲れが起き易くなりました。
3年前から精神的緊張に伴う目の周囲の痙攣やしかめっ面が起き易くなり、誤解されるため、仕事も退職し多くの科を受診しましたが原因不明でした。
最近、眼瞼下垂症に伴う症状にぴったりなことがわかり、神奈川の形成外科クリニックで(眼瞼挙筋前転法)手術しました。
多少眼輪筋も切除したそうです。
数日間すべての症状がなくなり、全回復しましたが、その後、緊張による目の周囲やしかめっ面だけが再度出現しました。
しかめっ面のときに口が左に多少曲がったり、こめかみ、おでこ、顎の奥の圧迫感もあります。(術前比70%程度)先生によると、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、顔面神経麻痺の症状を示唆され、術後180
日までは様子を見たほうがよいが、生活が大変だろうから、ほかでボトックス治療をやってみてもよいと思うと言われました。
また、一年前、2軒の脳外科クリニックでのMRI診断では、片側顔面痙攣の手術適応は△(どちらともつかず)ということでした。
東北在住ですが、ボトックス治療も含めた診断を先生にお願いできますでしょうか?
(今思い出しましだが、一年前、地元の別の脳外科で片側顔面痙攣ではと疑い受診しましたら、手術にするか、ボトックスどちらにしますと急に言われ、一度ボトックスをしてもらったことはあります、数週間痙攣もなかったのですが、このときは精神的緊張のほうが特に強く変わらずありました。
下垂症手術後、頭の中、目の奥の痛みはなくなり、感覚として理不尽な精神的緊張はまったく無くなったが単純な緊張により
表面の顔面の筋肉のしかめっ面はあるといった感じです。)

ややこしくて変な文章で申し訳ございません。ご回答して下されれば幸いです。よろしくお願いいたします。
眼瞼下垂を伴う眼瞼けいれんの例に対して優先的に行うのが良いボトックスよりも先に、下垂の手術がなされたように読めます。
ご来院いただけば対応いたします。

2015-04-27 | 1430105712

かぜ薬 (質問者:ばんびさん)

正常眼圧緑内障でお世話になっています。
先日体調を壊し高熱があったので、内科へ行ってメジコン錠、カルボシステイン錠、ケフラール、ロキソニンを処方していただき飲みました。
その薬を飲んで寝ていまして、子どもに声をかけられ起きましたら、視界が白んでおり、子ども顔の輪郭はなんとなくわかりましたが、目鼻立ちがまったくわからないくらいぼやけて見えていてびっくりしました。
5秒ほどたって、視力は戻りましたが、とても不安を覚えました。
この薬の中に、視力を下げる、または視神経に関するものがありますでしょうか
一過性視力障害ですから、眼球または脳への循環障害が一時的に起きたことを考えます。
視野素再測定、眼底の変化のチェックの上で、脳外科で脳循環の確認のためのMRIとMRAなどまで行うことをお勧めします。
風邪薬は直接には関連の無いものかと思います
以下の一過性視力障害の記事を読んでみてください
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/52313049.html
お大事に。

2015-04-21 | 1429586204

娘の眼振について (質問者:1560さん)

こんにちは、お忙しいところ失礼します。
娘の眼のことでご相談させてください。
現在生後5カ月の娘の、黒目が左右に小刻みに揺れるということがずっと気になっていました。
生後いつごろからかははっきり覚えていませんが遅くとも2カ月の頃にはありました。
寝ている状態で正面を向いて近くのものを見ている時や、斜めを向いて遠くのものを見ている時など様々です。
頻度は日によっても違いますが、2〜3カ月の頃よりは減っているような気がします。
先日乳児検診で、小児科の先生に眼が揺れている状態の動画を見ていただいたところ、水平性眼振があるが緊急性はなく様子をみて、一歳すぎても気になるようなら眼科を受診してくださいとのことでした。
ですがネットで調べてみると、一歳前のお子さんでも脳波やMRIを撮ったという方もおられるようで、このまま様子見をしていていいものか心配になっています。
斜視や弱視なども早めにわかったほうが治療も早く開始できるのでしょうか。
まだ5カ月ではそういった検査も不可能ですか?
先生のブログを拝見して、眼科を受診するなら先生にみていただきたいと思っています。
お忙しいところすみませんが、お返事をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
先天性眼振以外の何かがあるかどうかは早いうちに見た方が良いでしょう。
また、眼白児症などがあって黄斑低形成などで視力が悪いために眼振が出ている場合もありますから、生後早いうちから眼底検査を受けて頂いておくのも良いことかと思います。
お大事に。

2015-04-21 | 1429586231

外傷性視神経損傷かと思われますが、治療方はありますか? (質問者:チャロ&スーのパパさん)

46年前(小学校6年生の時)7m位の高さから転落、左眉外側の頭部を強打による脳内出血と左大腿骨骨折など瀕死の重傷を負いました。
骨折等は回復しましたが、以来左目はほとんど見えません。
そして斜視も進んでいます。
受傷当時の担当医曰く「救命を優先したので視神経の治療はできなかった。」「視神経は圧迫され、委縮しているのだろう。」「ビタミンをたくさん摂れば見えてくるかも」とのことでした。
退院後中学生になって親に連れられいくつか眼科医を訪ねましたが、明確な答えがないまま今日に至っております。
昨年夏、近医の脳神経外科に相談に行ったのですが、別の症状「脳動脈瘤」が見つかりコイル塞栓術を昨年11月初めに受けお陰様で無事手術はうまくいきました。
しかし見えない左目の事は、最優先からはずれ、脳神経外科の担当医は今の医学では無理とのことで、この相談事はもうこれ以上無しと言った感じです。
ネット等で調べてみると手術、投薬、針治療、微弱電流等で改善、回復した例が紹介されおり未だにあきらめがつきません。
”すべては患者さんのために”のお言葉に投稿の決心がつきました。
何卒よろしくお願いいたします。
まず視神経萎縮が外傷性ではるか昔からであれば、打つべき手は無いと考えるのが普通でしょうけれど、そのことは診察してみないと分かりません。
MRIを撮った時に、偶発的に脳動脈瘤が見つかってしまう確率は3%とも言われています。
そのうち直径が7ミリ程度と大きいものであると、自然に近いうちに破裂する可能性があるとして、コイル塞栓術やクリップ設置などが行われるようです。
まあ、破裂前に見つかり、安全に処置できてよかったといたしましょう。
片方の目が2歳よりも後で視力を失うと、廃用性外斜視と言って目がだんだんに外に寄ってしまいます。
視力の支えがない目では、いったん視線をまっすぐに手術で無理
やり戻しても再び外に寄ってしまうことが多いとされて居ます。
そんな状況なのですが、ご希望であれば拝見しましょう。お大事に。

2015-04-13 | 1428902272

ポエムス症候群でコンタクトは (質問者:らしゃさん)

妹がポエムス症候群になり、サリドマイド服用後 自己抹消血管細胞移植でよくなり普通に生活ができるようになって6年がたちます。
病院には、3ヶ月ごとに検査をしてもらっておりますが、無事過ごしてきています、最近パソコンを使う仕事に就きましたが、近視の上乱視が入っており眼鏡を何個かつくっていますが見え辛いと言います。
病気になる前はハードコンタクトでした。
コンタクトを入れてよいのかがわからないです。
近所の眼科さんに聞いてみましたが、ポエムズ自体をご存知なく即効でやめときなさいといわれてしまいました。
仕事の支障があるため コンタクトをつくりたいのですが
清澤先生なら、ご判断いただけるのではないかと勝手ながら質問させて頂きました。
東京まで行けたらと思いますが、遠方のため無理があります。
ポエムスは症候群は高月病とも言われる疾患で、血清蛋白の異常に脳圧亢進やうっ血乳頭を合併します。
角膜が弱くなければ使用に不可という理由はないかもしれません
が、角膜に使用に伴った変化が出るなら勧められはしません。
使うとすれば極慎重にという事でしょう。

2015-04-13 | 1428902178

朝顔症候群 (質問者:匿名さん)

私は幼い時に朝顔症候群と診断されました。
その時に網膜剥離になり完全に左眼の視力を失いました。
女の子という事から両親と当時の先生の判断で目が潰れないためにシリコンオイルを入れましたが入れてから10年近くなった頃とても目が痛くなったためかかりつけの病院へ行ったところシリコン
オイルの老朽化で眼圧が上がってるとのことで眼圧を下げるためにシリコンオイルを抜く手術をしました。
それから今まで眼圧が上がることはないのですが目の中に違和感がありときより目が痛くなることがあります。
そして最近になり目が白く濁ってきてるように思います。
先月田舎から上京して就職をしたのですが家の近くに病院を見つけ受診をしたのですが検査をして次は半年後にと言われただけでした。
とても不安で朝顔症候群のことを調べていたらこちらの病院にたどり着き相談したいと思いました。
朝顔症候群から網膜剥離を起こして、それに対する手術でシリコンを入れたが復位せず眼球ろうになったのでしょう。それにもかかわらず眼圧は上がったという事のようです。痛みがあれば何らかの処置がいるかもしれません。角膜が白ければ、義眼の余地があるかもしれません。ご相談ください。

2015-04-13 | 1428902099

眼瞼痙攣ですか? (質問者:ヨーグルトさん)

はじめまして。お忙しいところ失礼致します。
去年の夏頃から目に違和感を感じるようになり、ドライアイの治療をしていますが違和感はなくならず(プラグも両目で4本入っています)、今月に入ってひどくなりました。
眼瞼痙攣のチェック項目に三つ陽性がありましたが、眼科では瞬きのチェックをしてもらい、問題なかったので違うと言われました。

また、私の場合、プールに行った後、極端に乾燥している場所、シンナー臭い所で症状が顕著に出ます。(アレルギーはありません)最近は悪化して、バイトにも行けず、家でも少し辛いです。

眼科では、目の表面には何の問題もないと言われていて、自覚症状として下瞼の眼筋がぎゅーっとなる症状があり、クマができます。眼筋が疲れているせいか、そのストレスか、めまいや頭痛、耳の閉塞感もするようになったのですが、この場合、眼瞼痙攣を疑った方がいいのか、自律神経失調症などを考えて神経内科に行った方がいいのか迷っています。
自律神経やストレスが原因でしたら、ボトックス注射をしても治り
ませんか?

また、一昨年の10月から去年の1月頃までセパゾンを飲んでいましたが、これの副作用でしょうか?

ご回答、よろしくお願いします。
向精神薬の服用歴は短い。
これだけの症状なら若倉表が3点という事もあるまい。
ドライアイだけではなさそうだが、ふつうはドライアイの4涙小点を一度には塞がない。
シェーグレンの採血は?受診してみることをお勧めします。

2015-04-08 | 1428477490

眼瞼痙攣 (質問者:エフワンさん)

初めまして、よろしくお願いいたします。
現在、私が一番困ってます点は右片目が開き辛い点です。
現在の症状に至った経緯をお話しいたします。
4年くらい前に右目下の筋肉のピクツキが酷く2週間の入院にて(ポツリマス毒素使用)のボトックス注用100単位(大塚生食注20mm1瓶)右目周りに5本注射(部分麻酔にて手術)を行いました。その後ぴくツキは取れましたが、その後1年半後に再度同症状にて1週間の入院にて同じ注射手術を行いましたが、その後いくらか、ぴくツキの症状は取れましたが、今度は同じ右目が自然と開き辛く成り同病院へ行き症状を診ていただきましても既定の本数の注射を打ってますのでとの納得の行かない返事にて2,3か所眼科にに行った経緯もございます。
現在、運転も出来ないというわけではございませんが、場合によっては、見ずらく商売もやってます関係上お客様との体面上大変支障をきたし困っている状況です。
半年くらい前に別の検査にて脳の総合検査を行いましたが、脳神経が関係しているかもと心配してましたが、その総合検査におきましては、何も異常はございませんでした、その点は良かったのですが、その目の検査のとき主医より、もっと目を開いて下さいと、言われこれ以上自力では開眼出来なかったので看護師さんに手を添えてもらい開眼致した経緯を見ましても分かるのに、
正当な注射を行ってますとお話しされ納得できない経緯になっております。
よって、今後どのような対処方法治療、またセカンドオピニオンが、できますかよろしくお願いいたします。

以上長々と述べましたが、先生もご多忙のことと思いますが、
よろしくお願いいたしておきます。
今後の先生のご健勝、ご発展を祈念申し上げておきます。
片側眼面痙攣か眼瞼痙攣かを分けて考えないといけませんが、この場合には片側顔面痙攣のようです。
片側顔面痙攣に対するボトックス注射の有効期間は4月から6月で、それを過ぎますと再発しますから、以後ずっと打ち付ける必要があります。
顔面神経に対する小脳血管の圧迫が原因なので、その両者の間にテフロン綿をはさむ手術がありますが、2週間程度の入院が必要ですし、恒例の方には血管が固いなどの理由でお勧めしないことが多いかと思います。
ボトックスを引き続き打ってもらうのが良いかと思われます。
ただし、危機が悪くても2か月以内には再度は保険使用では打てません。
そのことを言っておいでなのでしょうか?お大事に

2015-04-06 | 1428299527

眼瞼痙攣ですか? (質問者:ヨーグルトさん)

はじめまして。お忙しいところ失礼致します。
去年の夏頃から目に違和感を感じるようになり、ドライアイの治療をしていますが違和感はなくならず(プラグも両目で4本入っています)、今月に入ってひどくなりました。
眼瞼痙攣のチェック項目に三つ陽性がありましたが、眼科では瞬きのチェックをしてもらい、問題なかったので違うと言われました。

また、私の場合、プールに行った後、極端に乾燥している場所、シンナー臭い所で症状が顕著に出ます。(アレルギーはありません)最近は悪化して、バイトにも行けず、家でも少し辛いです。

眼科では、目の表面には何の問題もないと言われていて、自覚症状として下瞼の眼筋がぎゅーっとなる症状があり、クマができます。眼筋が疲れているせいか、そのストレスか、めまいや頭痛、耳の閉塞感もするようになったのですが、この場合、眼瞼痙攣を疑った方がいいのか、自律神経失調症などを考えて神経内科に行った方がいいのか迷っています。
自律神経やストレスが原因でしたら、ボトックス注射をしても治り
ませんか?

また、一昨年の10月から去年の1月頃までセパゾンを飲んでいましたが、これの副作用でしょうか?

ご回答、よろしくお願いします。
薬剤性の眼瞼痙攣の可能性はありますが、これだけの情報では何とも言えません。
ご受診いただければ、種々の検査結果で考えたと思います。

2015-03-24 | 1427164669

網膜剥離硝子体手術後の飛行機利用 (質問者:SHINさん)

いつも拝見させて頂いております。一つ相談させて下さい。
2012年1月に左目、8月に右目を裂孔性網膜剥離により硝子体手術を受けましたが、手術後の年3回度の定期健診では眼底検査、OCT、視力なも経過は順調です。

来月、米国に出張で、手術後初めて飛行機を利用する予定なのですが、飛行中の気圧の変化により眼に何か悪い影響がないか不安です。
硝子体手術にての眼に注入するガスが残存している期間は、気圧の変化でガスが膨張して危険であるとは分かります。

フライト中の上昇時や下降時での、気圧が変化は眼にどういう影響や作用があるのでしょうか?
何かしらのリスクがあれば教えていただければ幸いです。
硝子体がないので、正常な方とは何かしらの影響があるのかとも、不安にしております。

また、網膜剥離の硝子体手術後のガスが抜けた後に、長時間のフライトで、何かしら
の眼のダメージを受けた患者は聞かれたことがありますでしょうか?

各自のケースで異なるかもしれませんが、一般的なケースでご説明いただければ幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

53歳 男性
日刊ゲンダイの記事をみてくださいましたか?
ガスが硝子体の中に残って居ると気圧の低下でガスが膨張して眼圧上昇、網膜循環の途絶という事態が起きます。
それで2012年にギリシャの首相は自国のデフォルトを論ずるEC議会への出席をキャンセルせざるを得なかった訳ですが、SF6のガスさえ吸収されて無くなっていれば事故にはならないはずです。
そのような事故も聞いたことは有りません。
安心して入ってきてください。

2015-03-18 | 1426645524

眼瞼痙攣 (質問者:A.Aさん)

眼瞼痙攣と診断されて一年たち、ボトックスは四回打っています。安定剤や睡眠薬は殆ど飲んだ事がなく、原因はわかっていません・・・。
ギャバがどうのこうのと説明も受けたのですが、意味もわかりません。
もしギャバが足りないのでしたらサプリ等で補う事はできるのでしょうか?又、ボトックスを続けて治った人は居るのでしょうか・・・。
ボトックスを打つと痙攣がやわらぐと言いますが、打ったからといって良い状態でなく毎日辛くて悔しくてたまらない日々を送っています。
この疾患は恐らくギャバとベンゾジアゼピンの関連した神経伝達系の障害なのですが、その点さえも全ゲノム解析での協力患者さんを募って現在研究が進行中という状況です。
残念ですが、サプリメントとしてのギャバを飲むのは全く効くはずもありません。
ボトックスはその日から数か月の痙攣を抑えるのが目的で注射し、現在ではこの疾患に対するもっとも強力な治療法です。
しかし、本質的な治療を目指すものではありません。
リボトリールやアーテンの内服はその日の症状を軽くしますが、
長期的には病気を悪化させる可能性も高い薬剤ですから慎重な投与が必要です。
やむを得ず使う薬とお考えください。
効果は弱いですが、抑肝散加陳皮半夏も合わせて使います。
少なくも副作用は弱いです。
現在、本質的な治療法は有りません。
最終的には眼の周りの眼輪筋を含む皮膚を切除する手術で症状を凌ぐ方法もありますが、これも完治を求められるわけではありませんし、行う事の出来る医師を探すのは至難です。
クラッチ眼鏡、化粧テープ、ドライアイの治療(点眼薬および涙点プラグ手術)などを併せて、何とか生活できる状況に持ち込みたいと日々勤めています。
当方へは奈良や和歌山からの患者さんも数人見えています。
私がボトックスを打つと効くという事では有りませんが、ボトックスは濃度や総量、うつ部位などに文章に表れにくいコツがあって、誰が打っても同じ効果が期待できる類の薬剤ではないと私は思っています。お大事に。

2015-03-04 | 1425446766

右目の痛みについて (質問者:そらまめさん)

先生、こんにちは。先日、右目の痛みのことでご相談をさせていただいた者です。
言葉が足りないところがあったのであらためてご相談をさせていただきます。
申しおくれましたが、わたしは関西在住です。
去年の初夏くらいから痛みがはじまりました。
右目がまるで鉛がはいったように重くなり、ズキズキとしたなんともいえない鋭い痛みです。
長年通院をしている眼科の先生からは「神経(精神的)からきているので神経科のクリニックさんで相談をしてください。」と言われました。
近日中にそちらのほうに通院予定です。
症状には波があります。
気持ちがイライラしたり、何かで緊張したり、買い物で重たい荷物を持つと痛むことがあります。
これまでに経験のないことなのです。
いれはいったい...。
関西在住なので東京という遠くには行けないのでこの場ですみません。
精神科の先生の診察を求めるということは、その眼科の先生にはわからないといっているということでしょう、身体表現性障害などという神経科ならではの概念もありますが、蓄膿症(耳鼻科)やドライアイ(眼科)など身体疾患がないことを画像診断も含めて行うのがよさそうに思います。
お大事に。

2015-02-24 | 1424742894

わたしはほんとに眼瞼痙攣何でしょうか? (質問者:丈治さん)

おうかがいしたいことがあります。
私5年3ヶ月前に網膜剥離の手術左目をしました幸手術は成功しまして今もう3ヶ月おきに定期検診を行っております。
ただ、私強度近視のために20年間ハードコンタクトレンズをしていました。
手術後3ヶ月後位ハードコンタクトレンズをしたところまぶたに違和感を覚えて、ハードコンタクトの縁が見えるようになりました。コンタクトを作ったところで確認したとところ、眼瞼圧が高いいんじゃないかと言われました。
それまでに20年間は一回もそういう症状はなかったです。その頃から瞼が硬直する感じがずっと続いており、いろいろな病院(神経内科、脳外科、耳鼻科、内科)で検査を受けました。
(脳のCTや脳波、血液検査ともに異常なしです)そして約3年ほど前に神経眼科で眼瞼痙攣と診断がつきましたが、ボトックスを4回注射しましたが全く効果なかったです。
私の場合症状として、まぶたが硬直する感覚が自覚1番自覚してます。
まぶしいやードライアイの症状は全くなく、まぶたが下がる事もないです瞬きも普通にできます。
運動機能に問題はないと思うのですが、感覚機能に問題があると
思うのです。
そこでお聞きしたい人ですが、眼瞼痙攣で感覚機能にだけ症状が出ることがあるのか、眼瞼圧が高くなる事あるのか教えてください。余談ですが、今まで2人の神経眼科の先生2人の神経内科の先生に見ていただき、眼瞼痙攣ではないとそれぞれ半分の先生からは言われました。
また私はメンタル面がとても神経質です。
よろ
しくお願いします。
若倉式の質問表で3項目以上に陽性であれば、眼瞼痙攣だろうとします。
メンタル的にセンシティブな方ではそれだけで陽性に出ることもあるので、ルーチンにCES-Dも行いますが、鬱気味という答えの出る人は多くいます。
しかしその場合ボトックスが効くと正常範囲内に入ることが多いです。
剥離手術でバックリングなどをしてあるとそれが刺激になることがあるのかも。
あるいはその関連でドライアイが出ている可能性もご検討下さい。
おいでいただけば一式の検査を加えて見解をお出ししますが、明快な答えは出にくいのかもしれませんね。

2015-02-23 | 1424666718

目の下(眼窩内)鈍痛 (質問者:まるまるさん)

子宮筋腫の治療の為、リュープリン注射をし疑似閉経後、副作用で鬱になり治療中です。
この治療から目の下(眼窩内)がとてつもなく痛いです。
この治療と同時に加齢も進んだような気がします。
実は、18年前に美容整形で目の下を脱脂したのもあるかもしれません。
眼窩内脂肪をかなり取られたこともあり、当時も鈍痛はしていました。
その後も時々目の中の神経が引っ張られるような時もあり、鎮痛剤を飲んで過ごしていました。
現在は、寝ている時以外神経が引っ張られるようで痛くどうしようもありません。
瞬きをするたびに下まぶたがピクピク動きます。
顔の頬を上に持ち上げると目がかなり楽になります。
都内の某医科大学、形成外科(美容外科)の先生にも診ていただきましたが、眼科で診てもらうよう言われました。
鎮痛剤での対応しかないと。
私のような場合でも診察していただけるでしょうか?
目の中がどのような状態なのか診ていただきたいです。
神経眼科として拝見いたしますが、的確な答えが出せるかどうかは見てみないとわかりません。予約の電話をお入れください。
整形外科で手を加えてある目にさらに手術を加えるのには危険がありますが、ドライアイではないか?眼瞼痙攣ではないかなどを考えてみることは可能ではなかろうかと思われます。
診断ではまずはMRIを当医院指定の所で撮らせていただき、眼瞼痙攣に関連した質問表を一式お答えいただくところから解決策を探してゆくということになるのでしょうか?
受診いただければ現実の状況を見て考えさせていただきましょう。
お大事に。

2015-02-10 | 1423537643

軟性白斑の原因 (質問者:abcさん)

はじめまして。
2014年11月に眼底検査を行った際、左目に軟性白斑があると診断されました。
年齢的に動脈硬化や糖尿病等は考えづらい、でも血栓ができた原因は必ずあるから内科を受診するようにと言われました。
ホルター心電図、レントゲン、尿検査、MRAを受けましたが異常は見られませんでした。
唯一、血液検査で自己抗体(ANA)が80だったくらいです。

他にどのような検査を受ければいいでしょうか。
例えば頸動脈エコーは有効でしょうか?

よろしくお願いいたします。
抗核抗体があれば、膠原病(下の記事の4と5)を考えてもよいでしょうけれどどの程度の軟性白斑であろうか?が問題です。
以前あなたのような若い人で軟性白斑を見かけていろいろ考えましたが原因不明で終わりました。
しかし、その患者さんでは、
網膜のその部分に対応した暗点が残りました。
私のブログの2011年07月16日 2443 綿花状白斑 cotton wool spots、軟性白斑
soft exudates、cytoid bodyがあります。
(http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/52543336.html)ご覧ください。

 網膜に白くてその境界がややぼやけていて扁平な病変、つまり軟性白斑(綿花状白斑)を持った患者さんが当医院にもしばしばやってきます。
綿花状白斑の本態は網膜の前毛細血管細動脈が閉塞したことによる神経線維層の限局性虚血で、蛍光眼底撮影では暗く写ります。
この中では綿花状白斑を来たすことがある疾患のリストを示しています。(ブログの本文には解説付きですが)
1、*糖尿病網膜症Diabetic retinopathy
2、*エイズHIV-1 disease
3、*高血圧性網膜症 Hypertensive retinopathy
4、*Lupus erythematousと*Systemic lupus erythematosus
5、自己抗体 (抗リン脂質抗体 lupus anticoagulant,LAC や抗カルジオリピン抗
体)を持つ抗リン脂質抗体症候群 antiphospholipid syndrome,
6、*眼虚血症候群 Ocular ischemic syndrome
7、*プルチャー網膜症 Purtscher's retinopathy
8、*脊髄病変Spinal cord injury
こんなところから考えてもらってください。

2015-02-06 | 1423208985

低眼圧横斑症 (質問者:どびーさん)

2年前の夏、野球のボールが直接、右眼に当りました。
網膜剥離はなく、しだいに視力は戻ると言われました。
しかし戻ることなく、裸眼で0.1くらい一時は矯正視力で1.0くらいまで上がりましたが、現在は矯正視力でもほとんど上がりません。
眼圧は4。
低眼圧横斑症との診断です。
何か治療方法はないでしょうか?
隅角が裂けていまだに前防水が脈絡膜方向に漏れているのでしょうか?
緑内障に詳しい先生にご相談になると何らかの手術が可能かもしれません。
見せてくだされば、相談できる先を考えて手配いたしましょう。

2015-02-03 | 1422932915

眼底骨折について (質問者:tototoileさん)

13才の息子が3日前柱に左顔面を激突して左目を眼底骨折をし、眼球の周りに付いている脂肪が折れた部分から出て来ているとのことでした。
顔面を打ったのと酷い吐き気の為今日まで脳外科に入院していたのですが、病院では経過観察と言われ今日退院してきました。
現在は多少痛みは残るものの昨日までの様な痛みはない様なのです
が、本人曰く、【両目で見ると物が歪んで見える・片目で見た方が見やすい】と言っていて、無意識なのか、元々視力は良い子なのですが目を細めて物を見ています。
入院したのが土曜日と言うこともあったせいか、眼底骨折についての詳しい検査をすることなく、本人の自覚症状のみでの退院と言うことになりましたが、母親としてはどぅしても納得がいかない退院でした。
明日、かかりつけの個人病院に受診しようかと思っているのですが、今の息子の状態は緊急性はないでしょうか?お忙しいとは思
いますが、アドバイスよろしくお願い致します。
早急にヘスチャートを測り、しかるべき病院での手術を検討する症例と思います。
来てくだされば、対応します。

2015-01-22 | 1421911780

外転神経麻痺の症状について (質問者:きのこさん)

16年前に外傷性内頸動脈海綿静脈洞痩でコイル塞栓術で治療をしています。
2年程前から複視(外転神経麻痺)の症状が顕著になり、
かかりつけの眼科に相談し、手術をして頂いた血管内脳外科で検査しましたが再発は見られずコイルが影響しているのではとの診断でした。
また、神経内科を紹介頂き受診しましたが、筋無力症や海綿静脈洞症候群ではないとの診断でした。
このまま自然治癒もしくは改善は見込めないものでしょうか?
なお、複視の状態は日によって異なるように感じますがプリズムカバーテストの数値変動はないとの事です。
宜しくお願い致します。
海綿静脈胴部に動静脈ろうの再発がないならば、そのまま様子を見るか、斜視の手術の適応を考えるかだと思います。
通常は外転神経麻痺だけが数年して再増悪することは少ないですが。
見せて頂ければ対応を考えますが。
お大事に 

2015-01-08 | 1420695860

眼瞼痙攣 (質問者:みゆりんさん)

清澤先生。丁寧にご回答ありがとうございました。
心理的な緊張などは症状を明らかに悪化させるとの事ですが、これはボトックスの効力が切れてきたと考えてよいのでしょうか?瞬きが増えるので眉間や鼻筋に力を入れてしまいますが11月5日に打ったボトックスが100単位とあって(目の周りと眉間、顔にしわも出来ていなくて、注射の効力がまだあるものと思っていました。抗体ができる心配についても先生のお返事で気分が楽になりましたし、年明けに受診に行こうかと思っているのですが...
清澤先生に実際に診て頂いた訳ではないので、どの部分に打ったらよいかという質問はやはり難しいでしょうか?瞼上の目じりの辺りは6月に打った時も11月に打った時にも違和感があり、左目の瞼上の目じり側は11月には一週間で下垂がおこり複視もでています。自分で効いている場所がわからないのです。
目の周りや眉間の他にも打つ場所はあるのでしょうか?100単位も使う事はありえないとの事なので、失礼ですが通っている医者に知識がないのか次に行くのも不安があるのですが、ないとなると、そこにいくしかないですし病院を変えた方が良いのかどうかも迷っていますが、和歌山ですと限られた病院しかなく、又、そこも適切に診断してくれるか不安です。
できることなら清澤先生の病院に行かせて頂きたいのですが、今の目の状態ではとても困難です。
和歌山でよい良い病院があれば教えて頂きたいです。
ご回答宜しくお願い致します。
実際に診察していない患者さんに対してその地区の良い医師を教えることは、あえて致しません。
見当違いで違う疾患だった場合に、送った先の医師と患者さんの両者から叱られるからです。
一度見たうえでなら、最善と思う先に充てて、相談のうえで紹介状を作ります。
ボトックスの打ち方は片眼周囲に6か所、両眼で12か所。
眉間に少な目に4か所ですが、このうちのどことどことは抜くというような個別の患者さんごとの、あるいは各回ごとでの変化はつけずに、いつも判で押すように同じ分布で打つことが多いです。
(右に1割程度多くとか、口の周りもというケース(メイジュの場合)はケースによってはありますけれど。)
2つ目のお答が先になりましたので、そちらと併せてご覧ください。お大事に。清澤

2015-01-08 | 1420695737

眼瞼痙攣 (質問者:namelessさん)

7.8年前、文字やテレビを見るのがつらくなり、目の痛みで日常生活にきたすようになりました。
最初は眼精疲労やドライアイじゃないかと言われ、手を尽くしましたがよくならず、あれこれ病院を回った末に眼科で眼瞼痙攣だと診断され、ボトックス注射を何度か受けたのですが効果をまったく実感できませんでした。
症状としては羞明と、上下の瞼から眉毛あたりまでの痛みです。
目を使うと悪化します。
ただ、ぴくぴく痙攣しているような感じはありません。
ぎゅーっと収縮してるかと言われても微妙です。
ただ、痛くて目を閉じていたくなる感じです。
不必要な時はずっと目を閉じている生活です。
こういった症状も眼瞼痙攣なのでしょうか?
10代のころに睡眠剤を飲んでいましたが、飲んでいたのは1年くらいで、それ以後は飲んでいません。
やはりドライアイを伴う眼瞼痙攣でしょう。
眼瞼痙攣では瞼は痙攣せず、閉じている方が楽だと表現されます。
ぴくぴくするならばむしろ、疲れ目で出る眼瞼ミオキミアです。
片側のウインクの形なら桁側顔面けいれんを疑います。
主たる治療はボトックス、これにドライアイ対策で涙点プラグを使い、さらに必要に応じてアーテンなどを載せます。
薬剤性であるかどうかは微妙です。
1ー2回見せていただいて、方向を定めてから宮城県内の眼瞼痙攣を見られる先生に戻すことを考えましょう。

2015-01-08 | 1420695333

眼瞼痙攣の症状 (質問者:みゆりんさん)

清澤先生。
何度も書き込み失礼致します。去年の11月5日に目周囲(50単位)眉間(50単位)に3度目のボトックスを打ち12月初旬より瞬きが増えていると前回お書きさせて頂きました.
家でゆっくりすごす分には瞬きも気にならない事もありますが、仕事に行ったり、特に車の運転は5分程の距離でも困難になってきており、買い物をしている最中でも辛い状況です。
緊張からきているのもあるのでしょうが
(1)家でいる分には幾分か落ち着いているという事はまだ注射が効いていると言う事でしょうか?効いている所と効いてない所があるのでそうなるのでしょうか?
(2)家で居る時は余り症状がでないとなると、それで良しという状態とするのでしょうか 再度治療が必要な状態なのでしょうか
(3)前回は注射を打って4ヶ月効果があったのですが今回は精神疲労が重なりやはり悪化したと考え注射の効果もなくなったのでしょ
うか(打つ期間が短くなる場合もあるのでしょうか)
(4)精神的な緊張は症状を悪化させるというのは、その時のみ悪くなるのか、それとも悪化すれば精神状況が良くなって目の症状は戻らないのでしょうか?主症状は瞬きですが11月の注射後の12中旬よりは目に力が入らず目元を故意に持ち上げないと眉間から瞼辺りが緩んでるいる感じもあります(見た目にはわかりません)顔のバランスがおかしい感じです
(5)注射の単位が多すぎて皮膚が緩んでしまったのでしょうか? 清澤先生の病院に行くのは今の状態では困難だと思っていました。しかし以前と同じ眼科に行くのは不安で、他にもどこに行ってよいのかわからず、又、注射を打ってくれる病院を探して行っても不
安が残るのみと考えました。
一人で東京まで行くのは困難なので主人に付き添いをしてもらい診察に行かせて頂きたいと思いますので宜しくお願いい致します。
あと、11月注射を打ったという事で清澤先生から普通顔の上半分で100単位を打つ事は普通ありませんとご回答頂きましたが、この様な単位数を打っていても1月中に再度注射は大丈夫なのでしょうか?(注射が効いている部分があったとして効果があるのかが心配です)予約は後日させて頂く予定ですが、ボトックスはいつ行っても注射可能なのでしょうか 質問ばかりですみません。
不安で仕方がないのです。
同じお忙しい中申し訳ございませんがお返事宜しくお願い致します。
かなり苦労されている様子が分かりました。
前回が11月で満2か月を超えていますので、再度の注射には早すぎることはないでしょう。
このようなケースではリボトリールやアーテン、あるいは抑肝散を併用することもあります。
心理的な不安はその日の症状を重くしますが、本質を変えるものではありません。
このほかにドライアイに対する涙点プラグの併用も考えられます。
一度拝見して奈良や和歌山、兵庫などの慣れた医師につなぐのもよいでしょう。お大事に。

2014-12-29 | 1419821678

眼瞼痙攣 (質問者:みゆりんさん)

初めまして。

今年の四月初旬に急に目がショボショボなりだして、近くの眼科でドライアイとアレルギーと診断されましたが一向に良くならず瞬きが増えて二週間の間で手で瞼を開けなければならなくなりました。

二件目の眼科でもドライアイとアレルギーと言われ、これではダメだと思い症状から病名を探して治療してくれる病院を見つけて診察にて眼瞼痙攣と診断されたのが5月
26日で、ボトックスを始めて打ったのが6月5日です。

6月5日には両目の周りに12か所(50単位)看護師が量をみてるのか ハイという
合図で先生が次を打つといった形でした。

注射を打っても劇的な改善は認められず(打つ前よりはかなりよくなった)一か月後の診察で鼻をクシャクシャしってて動かし眉間にシワがかなりよるのでと眉間に6か所注射を打ったところ劇的によくなり病気の事も忘れる程でした。というより注射でよくなってよかったと喜んでいました。

10月初旬より瞬きが又増え始めたので10月末に受診し、11月5日に注射をしたのですが、その時は目の周りと眉間に打ちました(100単位)打った直後より、抗体ができれば注射がきかなくなる、視力はあっても全盲同然という記事を読んで恐怖感が増しパニック状態になりました。

今も毎日不安で生きた心地がしません。横になると顔の目もまわりや顔の細かい痙攣も気になる事があります。

注射もまだ二か月たってませんが瞬きも増えて目が開きにくくなっています。不安で
症状が悪化するというのはその時だけなのでしょうか?進行している可能性もあるの
でしょうか?又、ボトックスの効果も弱めてしまうのでしょうか?まだ明らかに注射が効いている感じはあるのですが(顔を洗う時に瞼が閉じてないのか目に水が入りますし、違和感も残っています)日常生活に支障がでています。

年明けに病院に行きたいのですが、ボトックスが効いてない部位に注射を打つのは可能でしょうか?
お話の向きですと、原発性眼瞼痙攣のように聞こえます。
やや、薬剤の副作用について疑心暗鬼になっている印象です。
基本的に2か月が過ぎないと追加でのボトックス注射は致しません。
しかし逆に実際に2月プラス数日ごとにボトックスを打つ人は少なくもないです。
保険取扱上、自分の医院の注射後2か月を過ぎていないと保険支払いが受けられません。
もともとは、抗体ができる恐れという理由でしたが、今は抗体はほとんどできないとされますが、金額が高いのがその禁止の理由にすり替わったと思われます。
確かに保険者はちょうど8週(56日)でもしっかり査定して切ってきます。
心理的な緊張などは症状を明らかに悪化させます。
この場合前回が11月5日なので、同じ診療所なら1月6日よりも後でないと保険の3割支払いはしてもらえない、つまり打てないのです。
しかし、前の注射をしたのが別の診療所の仕事であれば、効いいて
いなければ短期でも打つ場合が有るでしょう。
保険を使わない私費診療ならばその査定もないので短期でも打てますけれど、その代わり私費の回は100%本人負担という事になります。
アーテンやリボトリールなどを併用すると少し痙攣を軽くできる場合もあります。
薬剤の量は、通常は50単位でメイジュなどで重症例では100単位を使うことがありますが、眼周囲と眉間だけで顔の下半分にとられることなく100単位を使う例は普通はありません。

2014-12-10 | 1418179090

網膜裂孔は光療法で完治するか? (質問者:キャサリンさん)

約1年前、右眼が飛蚊症による網膜裂孔との診断でした。
光療法を一度しました。その後は定期的な診察と点眼薬で経過を看ています。
最近、視力が落ちたような気がします。鈍痛もあります。
視力が落ちたと感じるのは「乱視があるせいでは?」との看方です。鈍痛がたまにあることは、未だ言ってません。
早い受診が必要でしょうか?
小さな穴で回りがあまり剥がれていなければ、光凝固で抑え切れることも多いです。
網膜に対する硝子体の牽引が強いとまた剥がれはじめることもあります。光凝固してある目で、歪みを自覚したり、飛蚊症が強くなったならば、早めに眼科を訪れて賛同したうえでの眼底検査を受けなおす必要があるでしょう。
お大事に。

2014-11-18 | 1416279419

緑内障治療にプランセンタは有効か? (質問者:2児のパパさん)

正常眼圧緑内障を患っています。
治療開始し、数年でキサラタン、エイゾプト、アイファガンを点眼しています。

プラセンタが眼病(緑内障)にも有効と思われるとの情報がありますが、真偽や安全性についての清澤先生のご見解、有効ならばラエンネック、メルスモンのどちらが適しているか 等教えていただけますでしょうか。
よろしくお願致します。
少なくもわたくしの耳にはそのような情報は入っていません。
プラセンタにはステロイド系の成分が入っていることが想像されますから、ステロイド感受性のある患者にはむしろ眼圧上昇を招き、危険な可能性があります。
という訳で、私は積極的にはお勧めいたしません。

2014-11-11 | 1415671034

眼窩底骨折 (質問者:のぴたさん)

6歳の息子が2週間前に眼窩底骨折をしました。(直後に鼻出血、嘔吐あり。CTで骨折を確認)形成外科を受診し、手術せずに経過観察で大丈夫とのことで様子を見ています。
しかしながら眼科領域と思われる下記点について、早期に眼科を受診した方が良いのか伺いたく質問いたしました。

骨折直後からまぶたの神経が麻痺してしばらくまぶたが閉じたままでしたが、事後1週間くらいで少し開くようになりました。
心配なのが、骨折した方の目だけで見たときに、
・全体的に「緑」や「オレンジ」に見える
・小さく(遠く)見える ※本人曰く、大人が子供みたいにちっちゃい、とのこと
という点です。この1週間で改善はないようです。

また、関係ないかもしれませんが、事後2週間ずっと便秘気味なのは骨折による胃腸反応の可能性はあるのでしょうか。

お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします。
眼球運動の制限はヘスチャートなどに因らねば評価しにくいでしょうから、早急に眼科も受診しておくのが良いかと思います。
この手術には上手下手が現れますから、手術受けるにしても技術に定評のある施設を選ばれるのがよろしいでしょう。
便秘などは関係なさそうに思います。
お大事に

2014-10-29 | 1414559063

飛蚊症 (質問者:aiさん)

5年前に左眼の黄斑円孔で、硝子体と白内障の手術を受けました。ゆがみは少々ありますが、矯正視力は1.0から1.2の間です。(時により違います。)
 先日、泳いでいたら、急にはっきりと細い黒い棒が二三本見え、それが液体が流れるように散っていき、瞬きを四〜五回したら消えました。
眼底出血のあった人から聞いていた症状とよく似ていたので眼科に行き調べてもらいましたが、網膜裂孔はないので大丈夫と言われました。その時「飛蚊症」と診断されました。
 それから1週間たち、また泳いだところ、形は少し違いますがまた黒い二〜三本の線が見え、瞬きすると輪の様になって伸びたり縮んだりしながら粉々になって、消えていきました。
 どちらも、出現してから消えるまで五〜六分です。
 眼科に行きまた眼底を調べてもらいましたが、異常なしでした。その時、それは「夢のようなもの」で、実際に何かあるわけではないこと、後頭葉の血管…で、結局大丈夫ということでした。
 詳しい説明は聞いてこなかったのですが、ネットを見ると飛蚊症の怖さがわかります。
脳の機能も関係していることも不安です。眼底が異常なしであれば、飛蚊症は(それが脳が関係していることでも)安心でしょうか。
基本的には後部硝子体剥離に伴う飛蚊症なのではないかと考えます。剥離がなくてよかったですねというところでしょう。
脳血管の一時的攣縮で起きる閃輝暗点の可能性もありますが、実際に診察してみないと何とも言いにくいです。
お大事に。

2014-10-29 | 1414558662

先天性鼻涙管閉塞について (質問者:あんさん)

お忙しいところ失礼いたします。
現在、生後2か月の娘が先天性鼻涙管閉塞と涙嚢炎で点眼とマッサージで経過観察しております。

点眼はエコリシンを3週間続け眼脂が改善しましたので一旦中止しましたが、再度出始めたのでまたエコリシンを点眼し始めましたが今回は1週間しても眼脂が治まらず、現在はトスフロ0.3%を点眼して様子を見ています。

近医にて通水検査、細菌培養検査をしていただき、細菌培養検査は真菌もろもろ-でした。
こちらではブジーをしましょうか?と言っていただきましたが、一旦様子を見させていただくことにしました。

現在地方に住んでおりまして来月より関東の方へ移りますので、どちらで診ていただこうかと探しているなか、

清澤先生の先天性鼻涙管閉塞についての記事を拝見しご相談させていただいている次第です。

ご相談としては、
(1)一般的にはまず自然開通するのを待つという理解なのですが、涙嚢炎(鼻根部は赤く腫れておりませんので急性ではないのではないか…と素人目で考えておりますが)
を併発していても様子を見るものでしょうか?
(2)点眼もしばらく続けておりますが、副作用のリスクなどはどのようにお考えでしょうか。
(3)貴院では現在も先天性鼻涙管閉塞の患者を受け入れておいででしょうか。

よろしくお願いいたします。
ブジーを当医院で行うか、近隣の比較的大きな機関に頼むかはそろそろ決めて、いずれにしてもブジーは早急に行ってしまった方が良いように思います。
一歳を過ぎますと全身麻酔という話が出て来そうです。
お大事に

2014-10-29 | 1414558565

がんけん痙攣について (質問者:lavichanさん)

六年前に地元の精神科の薬エビリファイを飲み、目が痛くなり開かなくなった者です。
昔、がんけん痙攣が治る飲み薬を飲み、治ったことがあるのですが、そちらに治る飲み薬 はありますか?家が遠いので行く前にお話先に伺いたいんですけど、以前電話で治るよと答えてくださったんですが 本当ですか?治った例はあるのか教えて下さい。
もう六年間、大変痛くて困っています。
もしメールを下さるなら携帯から送って下さいませんでしょうか パソコンからのメールは受け取れない設定になっています。
ご面倒をおかけします。
文中で、要請を受けておりますが、私は携帯電話ないしスマホは使っていませんのでそこからの送信は不可能です。
薬剤性眼瞼痙攣は薬剤追加で治すのではなく、元の薬剤の減量とボトックスで治すのが基本ですから、あくまでもボトックスを増やしてもらってください。
お大事に

2014-10-29 | 1414558486

義眼について (質問者:とーしーさん)

2ヶ月前にバイクで事故してしまい方眼をオペをしましたが失眼。
かろうじて眼の神経や涙などは出ますがしぼんだままです。
一応オペをした医師は義眼の方が見た目は良いかと。
確かに良いかもしれませんが少しリスクは無いのか正直不安です。緑症何とかとネット書かれていましたが、御願い致します。
リスクは何に取ってもありますよね。良ければアドバイス・リスクについて教えていただけないでしょうか?お願い致します。
眼球が失われた場合、或いは容積が縮小した場合には義眼が用いられます。
この場合にはつぶれた形の眼球があるようなので、表層義眼が適しているかもしれません。
義眼はその下にある目が失明した場合に行うものなので、特にそこからのリスクは無いとしてよいでしょう。
早く合わせてもらえると良いかと思います。

2014-10-20 | 1413773029

ボトックス後の顔の変化 (質問者:ゆかりさん)

お世話になります。
こちらのサイトで掲載の「顔面麻痺の会」の質問集や、こちらのQ&Aを拝見させて頂き、大変参考にさせて頂きました。
この中に、私のお伺いしたいことがありませんでしたので、こちらで質問させてください。
私の片面顔面痙攣(右側)は、5年くらい前より始まり、特に何の治療もせずに我慢していましたが、さすがに心配になり大学病院の脳外科でCTを撮ったところ、視神経と脳神経?が近くなっているために起こる痙攣で、手術をしない限り完治はしないとのことでした。
しばらく考えましたが、集中力や美容的な事も気になり、近くの病院でボツリヌスの注射の1回目をいたしました。
副作用はそれなりに覚悟はしていましたが、一番つらいのは、笑うと(また話始めると)、正常な方の口元だけ上がり、注射をした方の口は動きませんので、とても人前でお話できるような顔ではないということなのです。
元々、多分このような傾向だったとは思いますが、それがかなり顕著になってしまった感じです。
かかり付けの先生は、これはお薬が効いている証拠で徐々に直ってきますと仰られていましたが、結局は痙攣も戻ってきてしまうということですね(-_-;)。
そこで清澤先生にお伺いしたいのは、次回の注射の際に、
正常な方の口元にボツリヌクスを打って、麻痺した方と同程度の口の上がり方にするのは可能なことなのか、
また、それは、かかりつけの先生に言うべきことではなく、
美容整形の問題になってしまうのでしょうか。
長文を最後までお読み下さりありがとうございました。
ボトックスは異常な痙攣を持つ部分を抑える注射ですから、片側の痙攣にボトックスをそのサイドだけ打つとそのようなことが起きることがあります。
時間がたって麻痺が弱まってくると元には戻ります。やや高級なテクニックですが、あえて最初の注射時に反対の口角にも少しだけ打ち加えて、左右の不対象を最小限に抑えておくことはできますので、ご相談ください。脳外科で、血管と脳神経の間を引きはんすジャネッタ手術は1割以下の特に手術を希望する人にしか行いません。

2014-10-03 | 1412324510

義眼の扱いについて (質問者:おやじのむすこさん)

94歳の父のことですが、30歳くらいの時眼病で両眼失明し左目は全摘して義眼を入れています。
最近就寝中に義眼が取れて枕元等に落ちていたりします。
最近は要介護状態で他人と会ったりすることもなくなってきているので、義眼を外したままにしようかとも考えていますが、今まで義眼を入れて生活してきて今後義眼を外していても問題はないのでしょうか?
新しいきれいで安定する義眼を作る方法が普通でしょうが、、入れなくてもよろしいかと思います。
複視で医療補助を受けておいでであれば、数年たっていれば、公費で作ってもらうことも可能かと思います。
お大事に

2014-10-02 | 1412236494

瞼の痙攣 (質問者:でんぜるさん)

8月20日から、左の上瞼が痙攣します。
50日たちましたが、1日も止まることなく、1日中ずっと痙攣してます。ピクピクピクピクという、高速の痙攣や、ピク…………
ピクピク…………ピクという、単発の不規則な痙攣など。
自分で感じるほど鏡で見ると動いてないし、家族も超近距離で見ないとわからないといいます。
ミオキミアか顔面痙攣かとおもいますが、多くの文献には上瞼ではなく、下瞼と書いてありますが、上瞼から始まることはありますか?ミオキミアの場合、放置で治ることはありますか?
痙攣で目が覚めることがありますが、ミオキミアは睡眠中も痙攣し
ますか?
基本的にはミオキミアなら閉瞼することは無く、目が閉じる方向の動きがあれば片側顔面痙攣です。
ただ待つのではなく、ドライアイの治療などを加えた方が良いですし、片側顔面けいれんと考えるならMRIを見ておく方が良いので、早めの眼科受診をお勧めします。
印象としては片側眼瞼痙攣かもしれません。
お大事に。

2014-09-30 | 1412054190

結膜母斑 (質問者:suzukiさん)

中学生の頃に飛んできた消しゴムが目に当たり、何年か後になって母斑が出現しました。5?程度なのですが白めのところなので目立っており、インターネットで調べたところレーザー治療ができると知りました。
清澤眼科さんでの治療は可能でしょうか?
また、お値段はどのくらいになりますか?
結膜の母斑は外傷とは関係ないもので、もしこのように大きくなるとすれば、黒色腫など特殊なケースでしょう。
良性の母斑ならば切除も可能とは思いますが、通常は切除しないので、あえてそれを行ってくれる医師を探す必要があります。
まだ処置されて無ければ、ご相談ください。
当医院ではそのためのレーザーもなく、そこまではしていないので大学などに紹介することになります。
どこに頼むかは患者さんの症状に因ります。
お大事に

2014-09-30 | 1412054118

脳炎で視力低下? (質問者:心配な親さん)

今年9月に脳炎を発症した19才の息子が
1ヶ月の意識不明後回復して高次脳機能障害の後遺症になりました。

11月から回復期リハでリハビリ中なのですが・・・。

目(両目)があまり見えていないようなのです。
・字がほとんど見えない(大きい字は時間をかければなんとか見える)
・写真は目と輪郭程度は判断できる。
・テレビが全く見えない(1色に見えるようです)
・分からない色がある、黄色は良く見えるらしい・・・
・歩くには不自由ではない。
・動くものは有る程度見えている(バトミントン等は素人程度で出来る)
・眼鏡屋さんで-6.50?の眼鏡をかけても裸眼と変らない。

入院していた大学病院では眼科の各検査では以上なしとのこと。

抗テンカン薬は・・・
・フェノバルビタール10%を0.66mg毎食
・リボトリール0.5mg朝晩2錠づつ
・イーケプラ500mg朝晩3錠づつ
を服用して、てんかんコントロールはできています。

薬の副作用なども気になっています・・・。


脳はMRIでは後頭葉・視神経・潰瘍等は異常が無いとのこと。
他には脳全体に浮腫みが有る。

高次脳機能障害は覚醒時記憶が無かった(幼少期も今現在の記憶も)
今はここ1年前以外は断片的に思い出しています。

主治医は症状は安定するまで様子見ましょうとの事・・・。

このまま様子を見たほうがいいのでしょうか?
それとも早めに見せたほうがいいのでしょうか?


よろしくおねがいします。
お答えします。
視機能はその後回復されましたでしょうか?皮質盲と呼ばれる状態があるのかもしれません。
元が脳炎ですから、脳梗塞のようなはっきりしたMRIでの変化は
見られないのかもしれません。何らかの機能画像検査は有効かもしれません。

2013年07月27日4598 両側の後頭葉を犯す脳梗塞と言う言葉。Stroke Affecting the Occipital Lobes on Both Sides
が参考になりませんでしょうか?お大事に

2014-09-29 | 1411977951

先天性眼振について (質問者:ひろさん)

このような相談サイトがあることを知りませんでしたので、とても嬉しく思っております。

現在医学部のポリクリをまわっている学生ですが、先日実習中に先天性眼振であると検査技師の方に診断されました。
サッケードがあり、脊髄小脳変性症を疑われましたがフィレンツェのメガネの検査等色々してもらった結果否定されました。

確かに小学生のころ目のことで指摘を受け、近医を受診していましたが、視力に左右差がある(右0.2左1以上)こと以外指摘されず、その際メガネを作りましたが、あまりに左右差があり、無意識下では右目を使わず左目のみで見ているので、メガネの意味がなく、これまで裸眼で過ごしてきました。

今回のことと無関係かもしれませんが、たまに思いついたように(メガネかコンタクトをつくりたくて)眼科に行っても、気球の絵を見せられ、どちらがより見えやすいかを調べる検査を受けますが、どちらもはっきり見えず、しかし相手は医師でないことが多く、結局度数が合わないものを勧められる(2択を迫られ、どちらも微妙・・
と言っても選ばなくてはならなかったり)という状態でした。

眼振については自覚したことがなく、日常生活でとりわけ困るわけではありませんが、勉強中に視点の合わせにくさを自覚することは何度もあり、これが先天性眼振によるものであれば治したいと思っています。
あまりcommonな疾患でないので、どのような治療があるのかわかっておりません。
教えていただきたいです。
左右の不同視があって、片眼はすでに弱視になっているのかもしれません。
コンタクトレンズであれば、不等像視が避けられるのでメガネよりより良いかもしれません。
先天眼振では、片目を隠した時に外向きの眼振が強まる潜伏眼振と言うものもあります。その存在も考えます。
眼底(黄斑形成の良否)、視野(ゴールドマン視野)、眼球運動(ヘスチャート)などを一通り調べて、眼振の分類と対応法を考えておくとよいのでしょう。
明らかな眼振で両眼での視力が出ない場合にはファーデンなどの手術もありますが、おそらくその適応は無い様に思われます。
お大事に:清澤

先天眼振に対するわたくしの過去のブログ記事もご覧ください。

1)2008年04月23日
556 先天性眼振の解説(e-medicine)からの抜粋(診断編)
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51010416.html

2)2008年08月10日
557 先天性眼振の解説(e-medicine)からの抜粋(治療編)
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51010416.html

3)2006年05月27日
103 先天眼振の診断と治療

2014-09-29 | 1411977918

superior oblique myolymia (質問者:Jennyさん)

Dear doctor:

Since I have right eye jumping vision, may I wear eye patch to cover my right eye when I have to read and write? How long can I wear eye patch a day? Is it going to make the muscle of the right eye weak/lose function later?

Thank you very much!

Jenny
It must be cleared first what kind of nystagmus is present. I suspect that you may have superior oblique myokimia in one eye . If it was true, you can wear eye patch as long as you like. It will not make your eye weaker.
Please consult your eye doctor.
Take care. Motohiro


2010年01月09日
1217 上斜筋ミオキミアの治療について
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51398382.html

2014-09-29 | 1411970500

平衡失調 (質問者:いのうただおさん)

先生の通信で、下向き眼振の記載を拝見しました。
私は鹿沼市の病院に勤務しております内科医師です。
現在は非常勤ですが。
7〜8年前から、眩暈に悩んでいます。
頭痛、吐き気、耳鳴りなどは伴いません。
ごく稀に飛蚊症が起こります。当院に診療に来られている神経内科及び耳鼻科の先生に診てもらったことがあります。
MRを3回撮り、小脳、内耳道には異常なしとのことです。
垂直下方眼振が起こり、例えば、空にかかる月を見上げると上下に動揺します。
三白眼になって下から見上げるようにすると、比較的おさまってきます。
20年来ランニングをしていましたが、頭がグラグラして出来なくなってしまいました。
遠近両用めがねのせいかとも思い、やめてみても治りません。
リボトリール、クロナゼパムなども変化ありません。
なお、糖尿病、甲状腺機能亢進症がありますが、糖尿病は、食事制限だけ、甲状腺は、今はホルモンは正常です。
先生の診察を一度受けたいとも思っています。
宜しくお願いします。
下向き眼振があると中央から下に視線を持って行った場合に上下の眼振が強まりますから、上目使いに頭を前かがみにして首を位置させると少し減ることが考えられます。(上向き眼振ではその逆です)
まず耳鼻科医にフレンゼル眼鏡でそれを試していただき、その先は電気眼振図程度の整った耳鼻科(医科歯科大学でも良いでしょう)で評価頂くのが良いでしょう。
まずはそれが下向き眼振downbeating nystagmusかどうか?です。それで、治療薬が変わるわけではないですが、脳幹のMRIをそこを狙って取り直し(脳幹か小脳に微小な血管障害の存在を疑います。)。
通常の眼振の薬の後は後は、上目づかいになるようなプリズム眼鏡を試すことも可能かもしれません。
お大事に

2014-09-29 | 1411970390

発達緑内障の経過について教えて下さい。 (質問者:あやままさん)

3才の娘ですが、1才6ヶ月の時に左目のみの発達緑内障で、トラベクロトミーを受けました。
当時、眼圧は42で、目薬4剤で22まで押さえての手術でした。

経過は良好のようで、両眼とも15前後の眼圧です。
前回(7月)の診察までは、3ヶ月ごとの診察でしたが、今後は問題がなければ半年ごとで良いそうです。

お聞きしたいのは大体、以下のことです。

◎発達緑内障は遺伝子の異常なのでしょうか?
◎角膜径は12.1ミリです。
やはり近視は強く入るのでしょうか?
◎発達緑内障は再手術になることが多いのでしょうか?
◎発達緑内障は隅角(線維柱帯)の未発達と聞きましたが、正常とどう違うのでしょうか?
◎娘はトラベクロトミーを受けましたが、今後悪化した場合、最近よく聞くトラベクトームはもっと少ない負荷で同等の効果が得られるのでしょうか?

まとまらない文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
◎発達緑内障は遺伝子の異常なのでしょうか?;はっきりと下遺伝形式などはわかっていないと思いますが、その子供にまた同じものが出る可能性はあるかもしれません。
◎角膜径は12.1ミリです。やはり近視は強く入るのでしょうか?:角膜が大きくなるのは眼圧に抗することができないために角膜が伸びるのですが、眼軸がそれに伴って伸びるとは聞いておりません。強度近視になるというものでもないと思います。
それよりは視神経がどれだけ保持できるかがポイントと思います。
◎発達緑内障は再手術になることが多いのでしょうか?:少なからず再手術が必要なことはあるでしょう。
パーセントではお答えできませんけれど。眼圧が高いのが続くと再手術が必要といわれるでしょう。
◎発達緑内障は隅角(線維柱帯)の未発達と聞きましたが、正常とどう違うのでしょうか?:正常では角膜の裏面と虹彩の前面が十分に分離して線維柱帯が見え、その後ろにシュレム管が形成されます。
角膜と虹彩が癒着したような形で十分に分化していないと、シュレム管にそこにトラベクロトームを差し込んで内側に向かって切り開くのです。
大人に行うトラベクレクトミーは線維柱帯を切り取って、シュレム管ではなくその外の結膜下に水を流す道を作ります。
小児緑内障では線維柱帯を切り開けば眼圧が下がると考えられるのでトラベクロトミー(線維柱帯切開術)を行いトラベクレクトミー(線維柱帯切除術)はしないのです。

◎娘はトラベクロトミーを受けましたが、今後悪化した場合、最近よく聞くトラベクトームはもっと少ない負荷で同等の効果が得られるのでしょうか?:上の説明ですと、今後初めは今回手を加えなかった角膜の下半分にトラベクロトミーを行い、それでも足りなければトラベクレクトミーを加えるかもしれません。

毎月大学病院などでの全身麻酔はかけられませんが、お近くの主治医には毎月見てもらっておくのが良いでしょう。
お大事に。

2014-09-29 | 1411970337

上強膜炎 (質問者:てるちゃんさん)

約半年前から両眼共にめやにと赤くなってなかなかよくなりません。やっと上強膜炎と診断され、フルメトロンとトプラシンを日に3回、プロナックを2回点眼してます。
本を読むと必ずといっていいほど眼特に左眼が真っ赤になります。
このまま治療をつづけていいものでしょうか。特にステロイドが心配です。
お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いします。
上胸膜炎はリウマチなどの自己免疫性疾患があって、白目の比較的深い部分に痛みや充血を伴う炎症を示す疾患です。
その治療のはじめに、炎症の原因を考えるための採血をすると原因が推定できる場合があります。
ドライアイの合併は無いでしょうか?
治療のおもな手段がステロイドで、フルトロンはその中では弱い薬なので、効きが不十分ならばリンでロンなどにして徹底的に抑えることが必要です。
こじらせると、治りにくくもなりますし、さらに深い部分の炎症であるブドウ膜炎になっても困るので、ステロイドは途中でやめたりしないで十二分に使うことをお勧めします。

2014-09-22 | 1411371733

Superior Oblique Myolymia (質問者:Jennyさん)

I was diagnosed as SOM in April 2014. I have been on Carbamazepine ER 100mg. The dosage has been increased from 1 a capsule daily to 5 capsules daily. The third day of taking 5 daily, I could not tolerate the side effects anymore and called the doctor's office, the doctor decreased my dosage since September 7, 2014 to four capsules daily, then decreased again to 3 capsules daily since September 16. then 2 capsules daily since September 19. My question is " why I still feel headache, dizziness, and stomach upset?" Should I feel less side effects?

Thanks a lot!
Superior oblique myokimia is a kittle difficult to treat. Apparent right answer is not present.
Sorry, I dot have any idea about side effect of carbamazepine. May be the dosage is a little too much for a Japaneese woman.
If your prescription will be reduced, usually the side effect will be disappeared, I hope.
Please have a discussion with your doctor.
Thank you for asking me a question.

2014-09-17 | 1410921094

脳出血後遺症による同名半盲 (質問者:早くよくなれさん)

お世話になります。
今年の2月末に仕事で出張先の千葉県で脳出血になり、千葉の病院にて開頭手術を受けました。
術後の後遺症は特に体の麻痺などはないのですが、物が見づらいので千葉の、開頭手術した病院の眼科で視野検査を受けたところ、左同名半盲だと診断され、回復はしないと言われました。
現在は千葉の病院から地元の福島の脳神経外科に転院したのですが、特に頭の検査などもせずに、そこでも同名半盲は治らないとだけの診断でした。
やはり、この後遺症の同名半盲というのは治らないものなのでしょうか?是非、清澤先生にご相談または先生に診察していただきたいと考えております。どうしてもこの目の見ずらさが辛くて仕方ありません。
どうかよろしくお願いいたします。
脳出血で半盲を残したということですから視床出血が視放線を侵したか、或いは後頭葉に出血があったかを考えますが、その評価はMRIを見ないとわかりません。
原因が単なる高血圧であったか?あるいは動静脈奇形であったかによっても予後は違います。
文献には明記されていませんが、動静脈奇形の場合の方が多少回復傾向が強い気がします。
発症後3ないし6か月であれば、多少の回復は期待します。
問題は、出血による圧迫で伝達障害が起きているならば、まだ回復が期待できるが、その部分の神経細胞が虚血などの結果で死滅していれば、回復は期待しにくいということでしょう。
そのあたりの説明をいたしたく、見せて頂けたら幸甚です。
なお、本当に半盲が完全なものならば(欠損側に残存視野がない)、ゴールドマン視野の測定結果を見て、身体障碍者の指定を申請する余地があります。
なにがしかの行政上の保護が期待できます。5級の2 両眼による視野の2分の1以上が欠けているもの、が相当します。
お大事に

2014-09-17 | 1410920991

開散麻痺のようだが下目遣いで像がより離れる (質問者:一夢庵さん)

 福岡県在住45歳男性、裸眼0.1以下(左右共)、両眼複視で困っています。
 10年ほど前から疲れた時などに遠方視で複視が出るようになり、徐々に遠見時は常時、また時々4〜5m以内の物でも複視に悩まされるようになり、2年前に両眼複視の治療実績のある近くの赤十字病院神経内科を受診しMRI及び血液検査を受けましたがどこも異常なしで医師も打つ手なしといった風情でした。
 これまでは複視があまり気にならない日もあったのですが、最近は正面視で4〜5mは常に複視(水平方向に左右に同程度にダブる)、1〜2mでも下目遣いだとダブってしまいます。
ただ、眼球運動は制限されず、家族でも内斜視の状態にあまり気付きません。
頭痛もありません。
目尻を左右に引っ張ると複視は解消し,時々そうしたり片目を瞑って運転したりしますが、相当疲れるものです。 
 個人的に色々調べていく過程で清澤先生がブログに書いておられる「開散麻痺」に自己診断ではぴったり当てはまると思い相談させていただきます。
 気になるのは上方視と下方視で見え方が違う事で、例えば3〜4m先の柱を目だけ動かして見た時、上のほうはかろうじて一本に見えるなのがだんだん視線を下げるにつれて柱が二本になり離れていくのです。
最近受診した地元の眼科でもヘスチャートの検査からそれが分かると言われ、たくさんの症例を見てきた医師が「珍しい、初めて
見た、単に開散麻痺か分からない」そうです。
 開散麻痺にこのようなケースはあるのでしょうか? また、プリズム眼鏡を作ると目が楽な状態に慣れてしまい、外すと前よりひどくなることはないのでしょうか? 
上を見た時と下を見た時の眼位が違うということはしばしばあり、AタイプとかVタイプとかと呼びます。
近くを見た時には複視がなく、遠方視で複視ありというばあいには開散麻痺または外転神経麻痺を考えます。
右方視か左方視で差があれば外転神経麻痺を考え、左右方向視で差がなければ開散麻痺か両側の外転神経麻痺も考えられるでしょう。
その場合、筋無力症や外眼筋に炎症や麻痺を起す疾患がないことを抑えておくのが良いでしょう。
眼科でプリズムを合わせてみるのも一法です。プリズムを使うのが悪化の誘因にはならないでしょうが、だんだんにずれが大きくなるようならば、プリズムの再作や水平筋の上下移動を含めた斜視手術も検討対象になるかもしれません。
お大事に。

2014-09-12 | 1410491391

外斜位といわれたのですが (質問者:ゆーさん)

 以前メガネを作ったときに少し外斜位があるのではないかと言われ、プリズム眼鏡を進められたのですが、専門的な検査をしていないので断りました。
 その時、プリズムがないと眼鏡をかけることで疲れやすくなるかもしれないと言われ、実際に30分もかけていられないので、プリズム眼鏡を作りたいと思っているのですが、処方箋などはどのくらいで書いていただけるものなのでしょうか?
 また処方箋だけでなく直接メガネを作ってもらえるものなのでしょうか?
眼科で処方箋を書きます。
実際には作業時間は30分くらいかと思います。
当医院ならば、一度受診していただき、自戒を眼鏡技師のメガネ処方の外来にさせて頂きます。
処方箋を交付して、どこぞの眼鏡店でおつくり下さいというのが、原則ではありますが、このケースのようにかけられない場合があるので、その際の再作を担保してくれているプリズムなどの特殊物はこちらに出入りの眼鏡店をおすすめしています。
お大事に

2014-09-12 | 1410491314

オルプス (質問者:キャサリンさん)

右眼は、網膜裂孔でしたが、光凝固術で治癒しました。
最近、右眼が乾き、ヒアレイン酸0.1%という点眼薬を
点けています。
次回の診察日は「オルプス」をやる予定です。
「オルプス」とは、手術を前提として、眼科医が写真を撮るものなのでしょうか?
手術とは、メスを使う手術のことでしょうか?
オプトスですね。
単なる眼底カメラです。
手術の準備というほどの意味はありません。
その先は主治医におききください。
夏休みでこの投稿に気が付けませんで、返事が遅れてすみません。
お大事に

2014-09-12 | 1410491263

オプトス (質問者:キャサリンさん)

7月の眼科の受診で、次回はオプトスをすると言われました。
患者は専門用語は分かりません。
ネットで調べたら、眼底網膜写真だとか。
私は網膜裂孔と網膜剥離を経験しております。
光凝固術で治癒した筈なのですが・・・。
再び、網膜裂孔や網膜剥離になることってあるのでしょうか?
あるとしたら、治癒するのでしょうか?
オプトスというのは広い角度で眼底を一度に撮影する最新鋭の眼底カメラです。
過去に剥離があって、手術されそれていたその跡があるから、その機械で写真を撮ってみましょうというだけの話かと思います。
新しい穴があれば、外来で光凝固を足そうといわれるでしょう。
写真を撮らねば剥離があるかどうかの判断ができないというほどのものではありますまいと思います。
お大事に。

2014-09-12 | 1410491178

マイボーム腺つまりの件 (質問者:わかばさん)

初て相談させていただきます。
次男妊娠中の5年前に網膜剥離になりバックリング手術をしております。
定期健診は受けこちらのほうは落ち着いております。

今年に入り、結膜化出血、結膜浮腫、ものもらい等目の不調が続いております。
夏ごろから「マイボーム腺が詰まっている」と言われてますが何の治療もなく、他の眼科に行ってみたらピンセットでつぶしてくれるのですが、ネットで見るように点眼麻酔をして詰まりを押し出すようなことはないので、翌日にはまた白いポツポツが出てきたり、マイボーム腺が並んでるあたりが腫れぼったくなり重たく、ゴロゴロ感もあります。
本当に油が詰まっているのか見ていただきたく清澤先生のホームページにたどり着きました。
横浜近辺にはこの治療をしてくれる眼科が見つかりません。
このような状態を診ていただいた上でのマイボーム腺圧出治療はしていただけますか?
それが最善の治療という訳でもないですが、マイボーム腺の詰まる例では温めておいて吉富式の攝子で圧出することは容易にできます。後、清潔を保つために、自宅で温罨法と洗浄を3週間以上毎日繰り返していただくと案外よいかもしれません。
その場合に併用する点眼液にも工夫する余地がありそうですね。
お大事に。

2014-09-12 | 1410491112

視覚障害について (質問者:はちさん)

約二か月前に、階段から踏み外して転落した時に頭を打って脳震盪を起こしました。
その時は一日入院して退院しました。
入院中は人や物が二重に見えたり、ぼやけたりしていました。
退院した後にも、二重には見えなくなったもののぼやけたり、かすんでみえたりしていたので、入院中やそのあとの三週間の間に脳神経外科でCT,MRIを三回ほど検査をしました。
結果、脳や神経には異常が見つからないといわれたので、紹介状をもらい眼科にかかりました。
眼科でも一通りの検査をして、調節緊張の可能性があるといわれ、
ビタミン剤とサンドールMY点眼液0.4%を処方され一か月試しましたが変化がなく、今は、ビタミン剤と0.5%アトロピン点眼を処方しています。
今は薬が効いている間は0.1ほどに視力がありますが、手物がぼやけたり、にっちゅうはまぶしすぎます。
このような症状で、ほかに治療方法はあるのでしょうか?
ややお答えの難しい症例です。
打撲ではまれに脳幹の障害で輻輳調節緊張や麻痺などが起き、場合によってはそれがゆっくり回復するようなケースはあります。
このケースはそれかもしれません。末梢性の動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転神経麻痺や、眼窩骨折などではないのでしょう。
やはりMRIを取り直してみるのであれば、もう少し踏み込んだ意見が述べられるかも知れませんが、これだけの情報ではこれといった助言はできないのが残念です。
アイデアとしてはプリズム眼鏡などを試すのでしょうか?あるいは行われているようにアトロピンをつけておいて、遠方と近方別のメガネを作るかもしれません。
そのあたりを試してみたければ、ご来院ください。

2014-09-12 | 1410491000

先天緑内障 (質問者:nicoさん)

地方に住む1歳5ヶ月になる子どもの母です。

子どもの通う保育園の先生から受診を勧められ(斜視を疑っていたと思われる)、また生まれた時から眼が大きいのが気になっていたこともあり今年の8月の初めに総合病院の眼科を受診しました。

眼圧などの検査をして「牛眼」の疑いということでした。
黒目の大きさ、右12ミリ、左15ミリ

少しでも早く大学病院で診てもらった方がいいということで、その日のうちに大学病院に連絡をしてくれて、後日診てもらえることになりました。

後日、紹介状を持って大学病院で診てもらうと「先天緑内障」という診断で早いうちに手術をした方がいいということで、入院日と手術日が決まりました。

その大学病院の眼科の教授が緑内障専門だったこと、受診時にきちんとした説明があったこと、何より息子の眼のために今できることをしてあげたい気持ちで夫婦相談の末に手術を決めました。

手術は無事に終わり退院しました。

年齢的なこともありまだ詳しい検査ができないが、かなりの近視ということ、すでに視神経でおかされている部分がありそう、メガネの必要性の説明もありました。

術前、術後と目薬を点眼しています。
(ルミガン、アゾルガ、フルオロメトロン0.1%、クラビット1.5%)

眼は一生使う物です。
絵本を大好きな息子が少しでも長く絵本を見ることができるようにしてあげたいのです。

地方の大学病院の治療だけでいいのか不安です。
全国には色々な病院、医師がいます。
同じ日本でも医療の進歩は違うと思うのです。

来週、大学病院での教授の診察があります。
その時に、地方の大学病院だけでなく、他の名医の先生にも診てもらいたい旨を相談してみようと思っています。

教授に失礼のないように相談するには、どういう風に相談するのがいいのでしょうか?

また、先生が私と同じ立場ならどうされますか?

ご意見をお願いいたします。
おそらくその大学の教授は、神経眼科も扱う一時期は私と同じ神奈川県の大学の医局にも一時在籍されたことのあり方で、わたくしの尊敬する友人です。
まず十分な検査と手術をしていると思いますけれど、セカンドオピニオンを聞きたいので紹介状を書いてほしいといえば、書いてはくれるでしょう。
しかし、この年齢の先天緑内障の検査には、全身麻酔が必要で、手術室と麻酔科医師がいないと何もできないので、たとえば私の所に来ていただいても何もできず、こうこうの治療をしていただけたということなので、良かったですね、という説明を別の医師としてしてあげられるだけかと思います。
この患者さんは、角膜直径が大きな先天性緑内障(牛眼)であり、すでに角膜直径がすでに拡大していますから、トラベクロトミーがなされたのだと思います。
これから大きな都内の病院に行っても、子供にも負担が大きい全身麻酔をかけ直しての検査が何らかの役に立つとは考えにくいので、そこまでの再検査をする病院はまずないのでは無いかと思われます。
しかしセカンドオピニオンを聞くことが悪いわけではありません。主治医とご相談ください。お大事に。

2014-08-21 | 1408598449

まぶしさ (質問者:葉月さん)

24歳の長男の件で相談します。
2年半ほど前からまぶしさや眼の痛みを訴えるようになりPC、TV、携帯電話等が使用困難になっています。
最初は全身の倦怠感や背中・腰の痛みがあって、その後眼の症状がでてきました。
この間、内科・眼科・神経内科・脳神経外科・整体院等で見て貰いましたが原因はわからないままです。
また昨年は東京の病院でポジトロンCTも行いましたが原因はわかりませんでした。
現在多少ドライアイがありジグアスとソフトサンテイアを点眼中です。
現在の症状は眼の痛み、まぶしさで蛍光灯・太陽光・外灯・PC等あらゆる光や明りにたいしてまぶしさを訴えます。
また帽子のつば・衣服・毛布が眼の付近にふれただけで眼の痛みが
長時間続くと訴えることもあります。
遮眼鏡も持っていますが着用できません、比較的調子が良いときにTVゲームや読書を30分ほどできます。
先生に診察して頂こうと思っていますが診察・検査等十分にできないことが懸念されます。
診察前に電話で相談等可能でしょうか。
長男の事例の場合、なにか原因等推察できるものでしょうか、お手数かけますがよろしくお願いいたします。
24歳でその症状ではご心配なことでしょう。
眼瞼痙攣、特に睡眠薬などを常用していればそれを考えますが、錐体ジストロフィーという網膜疾患でも強い羞明を訴えることがあります。
眼瞼痙攣は通常ドライアイも合併しますので、涙点プラグとボトックスの併用の適応があるかもしれません。

2014-08-11 | 1407734810

眼の痛みについて (質問者:やすろこさん)

妻(40歳)の眼のことで相談させてください。
 昨年の10月頃から目の違和感(沁みる)を訴えるようになりました。
 最初は、コンタクトレンズや保存液などへの反応、その後、長ネギを切ったら沁みた、化粧品、太陽光(まぶしいのではなく、しばらくした後、チクチクとした刺激感を感じ、寝るまでジリジリした刺激感が続く。
保冷材などをあて冷やすと痛みが治まるとのこと)、PCの画面などと、徐々にエスカレートしています。
最近では、起きて数時間すると、何をするわけでもなく、何かに刺激を受けているような痛みが生じるようです。
 何か所か眼科医院で受診したところ、眼自体には特に異常は見当たらない、とりあえずの処置のような形でドライアイ用の薬を処方されましたが、それ自体も沁みるようで効果がありません(幾種類かの点眼薬を処方されましたが、目薬をさすと、ジンジンした刺激感が一日中続くようになり、一週間で中止してしまう、もっともドライアイの症状は自覚症状としてないとのこと)。
 そして最近受診した眼科医に、もしかしたら眼瞼けいれんかもしれないと言われ、専門医を受診するようにと言われました。
 そこで、清澤先生も連名で起こされている「眼瞼けいれん診療ガイドライン」をネットから入手し、読ませて頂きました。
 症状として、確かに眼痛はあるのですが、それ以外の瞼のけいれんや羞明感、瞼下垂、乾燥感などはとくに該当しません。
 ただ、今の症状が初期症状なのかどうか、それとも全く別の病気なのか、わかりません。
 先生のご意見を聞かせて頂けたら有難いです。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
まず、ドライアイがないかの除外をします。
自覚的にドライアイを訴えなくてもドライアイは多いです。
治療は、涙点プラグが必要かもしれません。
次に眼瞼痙攣の若倉表を試します。
○が3つ以上あれば可能性は高いです。
このほかに慢性の痛みを訴える疾患を除外しなくてはならないでしょう。
リリカなどを使う場合もあるでしょう。
よかったら一度ご来院ください。お大事に。

2014-08-08 | 1407467008

網膜色素線条症について (質問者:タンティノさん)

8月4日の夕方、急に携帯の文字がゆがんで見え翌朝も変わりがなかったので心配になり眼科を受診しました。
午前中に診てもらった時点で眼の病気です!と言われ詳しい検査が必要と言われ午後にして頂きました。
その結果、右網膜色素線条症と診断されました。
何がなんだか分からないまま不安でしょうがありません。
お薬はカルナクリン50を処方されました。(二週間後に受診予定)
これからどのような症状になっていき失明とかもあり得るのでしょうか?
治療はどのようにしていくものなのでしょうか?
地元にも専門医はいらっしゃるのでしょうか?

ちなみに、平成11年9月30日に脳腫瘍(右聴神経腫瘍)の手術をしており5パーセント程取り残しておいた部分があります。
(顔面神経・聴神経・三叉神経の中央にあった為)関係ありますか?
脳腫瘍と網膜色素線条とは関係がありません。先天性にエラスチンという弾力性のある皮膚の繊維を作る遺伝子に問題があって、皮膚の深い部分に亀裂ができやすく、首の後ろやわきの下などにも線状の傷が走ります。
それが眼底に出ると、やがて終結したりして、視力が下がることもありますが、早い時期に失明に至るわけでもありません。
お近くの眼科医に説明を求め、治療を続けていただいてください。

網膜色素線条はにつきましては以前に
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51253150.html
にも記載しましたのでご覧ください。
さらに、後半部分を翻訳し加えたものを24時間以内に作ります。お待ちください。
お大事に

2014-08-08 | 1407466917

薬剤による眼瞼痙攣について (質問者:ミルさんさん)

先日の新聞記事を見て相談させて頂きます。
娘が去年の2月から統合失調症のため投薬治療を受けています。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や統合失調症治療薬が眼瞼痙攣の原因になるということで、心配しております。
最初の2ヶ月は何を服用していたのか不明です。
4月末の時点で抗不安薬につきましてはセパゾン6mg、その後5月末〜6月末3mg。
そのあとワイパックスに変わり7月に1.5mgを20日間、8月に1mgを20日間、9月は0.5mgを22日、10月は0.5mgを25日。
11月からユーパン1mgにかわり(この6月からロラゼパム1mg)現在
に至るまで,頓服で出していただいていますがほぼ毎日服用しております。
秋頃から精神病薬の副作用で眼球上転が月に3 〜5回起こるようになりましたので、それに対処するため、この5月からジアゼパム5mgも月に10〜15回服用しております。
精神病薬は最大量の時で、ジプレキサ20mg、ロナセン16mgでそれ位の量は1ヶ月〜1ヶ月半続き、その前後はそれへの増薬や減薬や揺れで、3月からは 今に至るまでジプレキサ5mgです。
眼瞼痙攣のことを知り心配で,診て頂いている精神科の先生に伺いましたところ、「あの研究のバックボーンには不必要な服用というのがあって、必要な服用の場合は大丈夫。ロラゼパムやジアゼパムは痙攣抑制作用がある。後3年位でやめられるようにしていこう。」ということでした。
記事を読み、少しでも減薬してみようと0.5mgや0.75mgにしてみたり、飲まないようにしてみたりしますが、この数ヶ月特に体調が悪く、なかなか難しいです。
けれども将来眼瞼痙攣になればもっと苦しむことになるかもしれず、とにかく今の服薬状況が眼瞼痙攣につながるのか、それとも大丈夫なのか、確かなことを教えていただければ、もっと覚悟を持って減薬の努力もできるのではと思いお伺いさせて頂きました。
眼瞼痙攣になる可能性のある場合は、どんな予防方法があるのか、薬をたまに0.75mgにするなどの細かいことでも多少の効果はあるのかなど具体的な工夫も教えて頂けますでしょうか。
お忙しいことと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。
あらゆる種類の向精神薬が眼瞼痙攣を起こしており、ベンゾジアゼピン系、チアノジアゼピン系だけを問題にしているわけではありません。
あなたの主治医がおっしゃる通り、不用意に多量多種類の向精神薬の使用をすることに反対しているわけであって、どれなら良いとか、どの量なら良いとかという答えを私は持ってはいませんし、それを調べて公開するつもりもありません。
ご了承ください。
お大事に。

2014-08-07 | 1407374208

外国人の方、診てもよろしいでしょうか? (質問者:ぐまさん)

お忙しいところ、すみませんでした。

私の母の年齢は60歳ですが、眼は硝子体混濁、飛蚊症の症状があります。
母は中国から日本に家族訪問を行って、保険証がないことを医者さんに見させて頂けませんか?

よろしくお願いいたします。
外国人で保健証がない場合原則は100%私費になります。
旅行者保険に旅に出るときに入ってくれば支払額は還付されると思います。
とんでもない手術とかでなければ、そんなに心配する金額にはならないかと思います。

2014-08-05 | 1407215787

目の乾き (質問者:キャサリンさん)

一年程前に網膜裂孔を光凝固術で治癒しました。
ヒアレイン酸0.1%を点眼していましたが、中止。
目が乾く様になりました。乾いて仕方がありません。
一日四回の処方ですが、守れません。十回位、点しています。
苦痛を感じるのです。
次回の診察日は、一月後ですが、もっと早く受診した方が
よろしいですよね?
このような例には涙点プラグの方がよさそうですご相談ください。

2014-08-05 | 1407215736

網膜裂孔と網膜剥離は治るのですか? (質問者:マイケルさん)

飛蚊症の悪化から、網膜裂孔と網膜剥離になりました。
光凝固術で治療致しました。
ヒアレイン酸0.1%を点眼致しておりましたが途中で中止。
眼の乾きが酷くなりました。
ヒアレイン酸0.1%の点眼薬を再開。
1日4回との処方ですが、乾きに耐え切れず、10回以上点眼しています。
患者の私は、眼科学を学んでいませんので、判断の仕様がありません。
次回の診察は、一月後です。
オプトスも予定されています。右眼の視力は落ちています。
飛蚊症で、視力が落ちるのは要注意だとお聞きしました。
一か月後の診察で、大丈夫でしょうか?
網膜に裂孔があり光凝固をしたならばもう少し早い日程で見ても良いでしょうが、おそらく実際のは穴があるだけで、
剥離は広がってはいなかったのであろうと考えられます。
そのほかの渇きの症状はドライアイであって、網膜剥離の症状ではないので、涙点プラグなどが良いのかもしれません。
お大事に。

2014-08-05 | 1407215659

ボトックス注射はしたけれど。 (質問者:かっちゃんさん)

H25年1月頃より瞬きがひどくなり近医眼科受診して眼瞼痙攣かも?と言われましたが、そのまま様子みるようにと言われました。
そのうちひどい眩しさ、眼の乾燥、流涙、目の違和感が出現し総合病院で眼瞼痙攣と診断されました。
そこで遮光レンズ眼鏡作成しボトックス注射を取り寄せで2回受けました。
1回目は眩しさがとれました。
2回目は効いた実感は数時間しかなく翌日には元に戻ってしまいました。
今では物を見る事、運転などに支障をきたしています。
田舎なので買い物には車は必須です。
困っています。
私は10年前にうつ病で治療受けてかなり抗鬱剤をとっかえひっかえ飲みました。
睡眠薬も飲んでいました。
ですが総合病院の眼科の先生は薬手帳を見て薬剤性ではないとおっしゃいましたが新聞を見て無関係ではなかったと確信しました。

清澤先生のホームページを見てもしかしらボトックスの量や手技もあるのかな?と思いました。
2割の方に効果がないらしいということもわかりました。が清澤先生のボットックス注射治療を受けてみたいです。
それでだめなら諦めようかなと思っています。

しかしボトックス注射痛いです。確か27Gの針と言われましたが
痛みの感じ方は人それぞれだとは思いますが痛いです。
我慢します。効果あるのなら。
ボトックス専用の鍼は30ゲージです。
先日打たせていただいた方かと思いますが、効くとよいですね。お大事に。

2014-07-25 | 1406255158

開瞼困難,眼瞼痙攣 (質問者:keiさん)

 二歳ごろから瞼の上部(眼輪筋と思われる)の攣ったような痛み,羞明感,流涙,
意思と無関係に目を強く瞑ってしまい開けられなくなる等の症状がありました。
これらの症状は常に出ているわけでなく,目が開かなくなるほどの症状が出るのは月に数回です。
 以上の症状に対しては,生まれてこの方それが普通でしたし,慣れ・諦めもあり治療意欲はほぼありませんでした(眼科は大学病院も紹介されましたが診断名つかず)。

 ところがここ数か月で急激に,恒常的な瞼の開けづらさ・上方視困難,視界の狭さを感じるようになりました。
瞼は開くことは開きますが疲労・億劫感があり休日はほぼ寝たきり状態です。
 この新たな症状には大変不便を感じまして,先日,お茶の水の比較的大きな病院にかかりましたところ眼瞼痙攣・眼瞼下垂の診断を頂きました。

 8月末にその病院の神経の専門外来にかかります。また帝大に紹介状を書いていただきまして,8月末にそこでも診察していただく予定です。

 私としましては先生にもお話を伺いたいのですが,上の二件の診察の前に先生に診て頂くことは可能ですか。
それとも後の方がよろしいでしょうか。
 また私の患者としての行動(多くの医師の判断を仰ごうという)は適切だといえるでしょうか。
 よろしくお願いいたします。
ほかの先生方の予約の前に拝見しても良いですよ。
おそらく眼瞼痙攣でボトックス投与を勧められるかとになるかと思います。
受診される場合にはあらかじめインチョウの清澤がいる日であることを確認しておいで下さい。
お大事に・

2014-07-25 | 1406255091

脳幹梗塞の後遺症による複視 (質問者:スカイツリーさん)

昨年8月に脳幹梗塞で倒れた父(65歳)についてご相談です。
現在は複視の後遺症が残っており、めまいが酷いとの事でほぼ寝たきりの状態です。
治らないものかと主治医や知人のお医者さん達に尋ねてみたのですが、皆さん一様に「目の問題ではなく脳幹がダメージを受けている以上は何をやっても無理」との事でした。

治療が無理ならと複視を矯正する眼鏡の存在を調べていたところ、こちらのホームページへ辿り着きました。

・やはり脳幹梗塞が原因の複視の治療は無理でしょうか?
・複視を矯正する眼鏡について、脳幹梗塞が原因の複視でも効果は望めますでしょうか?

父は地方在住ですが良くなる方法があれば、清澤先生の所に来院を考えています。
めまいさえなければ多少不自由ながらも日常生活を送れる体の状態なので、良くなる方法があればと思います。
ご回答宜しくお願い致します。
MLFのような核間性のものか、或いは動眼神経、滑車神経、外転神経の麻痺かによってできることには差があるでしょう。
現在の主治医から脳幹のMRIを借りてきてくださると参考になるかもしれません。
麻痺筋を明らかにして、その筋に対する手術をするという話になる可能性があります。
お大事に。

2014-07-25 | 1406255050

網膜裂孔の再燃 (質問者:マイケルさん)

一年前に網膜裂孔になりました。
光凝固術で焼き固め、治癒。
別の眼科医に再燃の宣告をされました。
治癒するのか、再燃するのか、大きく揺れております。
患者としては、治癒したと考えたいのですが、本当の所はどうなのでしょうか?
眼底を見慣れた医師がみれば、手術が必要かどうかは比較的明らかなのではないかと思います。
ご検討下さい。お大事に。

2014-07-25 | 1406254925

右瞼の痙攣 (質問者:クロイドンさん)

5年程前に左眼の動眼神経の麻痺で大変お世話になりました。
以後何事も無く大変感謝致しております。
今はマレーシアから北欧の旅行中で帰国が9月中旬ですが、下記右瞼の痙攣のトラブルに関し、このまま放置して帰国後先生の医院にお伺いしても良いものか、何かすぐ急ぎ処置が必要なのかお尋ねしたくメール致しております。
問題は1週間程前から右の瞼が痙攣し困っています。
スドクやネット、囲碁のやり過ぎ等の眼の酷使が関係しているのかどうか等原因が分かりません。
何か急ぎ治療が必要の場合は直ぐ帰国するか、若しくは貴医院のアドバイスをお伺いした上て当地(今はマレーシア)の眼科医院に行ってみるか決めたいと思っております。
前回の左眼の動眼神経の麻痺の場合もたまたまマレーシアに居て先生のアドバイスでこちらの眼科医院に行きステロイド等の投与を受け帰国後貴医院に伺いました。
出来れば旅行日程も先まで決まっていますので、前回同様に帰国後お伺いする事で解決出来ればとは考えています。
以上宜しくお願い致します。
それは心配ですね。
まず左のミオキミアを考えます。
疲れ目やドライアイなど目に負担がかかると目をつむるというほどではなく下瞼が横にちょんちょんと引かれるような痙攣を示します。
これは良性のものですから、目薬をつけて目を休めれば2週間程度で消えることが多いです。
次に目をつむる動きがあって、自分では止められないものに片側顔面けいれんがあります。
これは小脳に行く血管が顔面神経に触れていて刺激しているものです。
痙攣は時に口の端まで広がります。
その治療にはボトックスが使われます。
3番目の眼瞼痙攣は通常は両側で起きるのですが、最初に片側だけで自覚される場合もあります。
これは脳内の神経細胞の異常興奮でこれにも眼周囲へのボトックス注射が使われます。
治療にはある種の鎮静剤(アーテンやリボトリール)などを併用する必要がある場合もあります
。顔面けいれんの隠された原因がデパスなどの精神安定剤の長期使用である場合もありますから、ご注意ください。お大事に。

2014-07-25 | 1406254849

左目の白内障手術後の症状 (質問者:ななさん)

緑内障は、左目だけで、オレンジ色をみると特に眼球にひどい痛み頭痛があった。
(7年前位から)
2009年6月緑内障手術(レーザー)後に、左目が少し斜めになる感じはしたが、あまり気にならなかった。

2013年11月25日に交通事故(バイクに乗っているとき、乗用車に引っ掛けられた)  :頭部右上打撲→血腫、両膝打撲、肋骨打撲/左足小指の靭帯剥離骨折

脳外科に7ヶ月通院、頭内血腫をとるため、点滴60本、7/2のCTで、血腫が消えました。

*左目の白内障手術の直前の状態は、日常的におおきな不便は感じなかった。
また、左右両目、白内障の診断ではあったが、白っぽく見える実感はなかった。
現在、右目の白っぽく見えてる感じはない。

2014年2月12日 左目の白内障手術後
(1)左目のまぶたが重い
(2)左右単眼でみると普通に見えるが、両目で見ると左側が斜めに二重に見える。
(3)歩いていて左側に曲がろうとすると、視野が見えにくく、急に曲がろうとする
と、すーと倒れそうな感じがします。
(4)左目単眼での視力が術前より落ちた感じ、前より良くみえなくなった。右目も白
内障ですが、術前と同じように見える。

買い物で、商品をあちらこちら見るのが苦痛、はっきり見えなく、焦点が追いつかない感じです。
 
*脳外科の医師は、脳の可能性を疑っていてます。
*眼科の先生は、上記の症状を述べても何も意見を述べず、「半年後に来てください」とのことでした。
*他に、副鼻腔炎の症状あり

*疑問点は、交通事故後ではなく、白内障手術後に左目の視野が悪化したのは、なぜなのか?

現在服用の薬:コレステロール/血圧降下剤、睡眠薬、脳外科の薬は終了

以上、上手に説明できなくて、申し訳ございませんが、なにとぞご意見お願いします。
眼球の運動や、眼瞼の下垂の有無、瞳孔の状態など目の周りの症状を分析してご説明ができるようなものかと思います。
白内障手術をすると、目の周りの環境が大きく変化してしまって術後不適応を起こす場合もあります。
その中にはドライアイや麻痺性の軽い斜視、眼瞼痙攣を課すしてもっている場合もあります。
やはりそのあたりを広範に考えて診察してみるのが良いのでしょう。
お大事になさってください、ご相談くだされば何らかの対応が可能な場合も考えられますので、ご希望の場合には大学ではなくて、医院の方をお訪ねください。
大学ではわたくしは主治医はしないで助言をしているだけですから。
くれぐれもお大事に。

2014-07-25 | 1406254785

ベンゾジアピン系の薬摂取による視床の過度の興奮について (質問者:かっつさん)

6月末の読売新聞に先生の記事を拝見いたしました。
ベンゾジアピン系の睡眠薬(ロヒプノール)と安定剤(ソラナックス)を10年前から処方され、ロヒプノールを毎晩1mg、ソラナックスを1日3回服用していたのですが、依存性が高いとのことで、ソラナックスを4年前から頓服に変更しました。
飲み始めて、しばらくしてから、テレビを見るとチカチカしたり、見えにくくなって目の奥が興奮しているようになったのですが、薬の作用とは繋がらず、飲み続けています。
現在も、目の痛み、眩しさがあり、TVやパソコンなどを見れません。読書をすると、目の疲れから全身が凝ったりします。
最近は携帯のメールを打つのもつらく、このメールも友人に打ってもらっています。
この記事を見て、主治医に相談しようと思っておりますが、薬の服用を2週間中止しても症状が続くと書いてあり、服用を中止しても目の機能が回復するのかが心配です。
どのようにすれば回復するのでしょうか?
ご返答お待ち申し上げております。
ボトックスを目の周りに注射する方法をお勧めします。
今飲んでいる薬がわるさをしているのではなくて、その前の薬が脳内の神経受容体を年余にわたって減らしてしまっているので
急にその薬の使用を止めると、ショック状態になって救急車を呼ぶようなことになります。
減らすならば年に20%などという程度でゆっくり減らさないと中毒になったベンゾジアゼピン薬からの離脱は困難です。
やめても症状の消失や減弱には数か月以上の期間が必要です。
ボトックス注射を、ご相談ください。

2014-07-08 | 1404802178

眼瞼けいれん (質問者:ニャン吉さん)

以前、息子が先生から眼瞼けいれんと診断されボトックス治療を受けました。
残念ながら息子にはボトックスの効果はありませんでしたが、先生には大変お世話になり、感謝しております。
相変わらず羞明がひどく、一切光を受け付けません。わずかでも光があると眼球が小刻みに動き出し、息苦しくなり、眼痛もひどくなります。
一日中真っ暗な部屋にいて物を見ることもできず、外出はかなり困難で通院も不可能です。
それでも、真っ暗な状態でずっといるのはますます眼に良くないのではと思い、照明を少しずつ明るくしていき光に馴れるように訓練しています。
眼の痛みもあり、なかなかうまくいきませんが、体の一部に力をいれると眼が光に慣れやすくなり、力を抜くと慣れにくくなるとのことです。
なんでそうなるのか、何か分泌されたり、脳の中でなにか変化があるのか、これをヒントに少しでも治療法がみつからないか、息子が
どうしても先生に聞いてほしいと言うのでメールさせていただきました。
ネットで調べましたら、体に力をいれることでストレス発散効果があるようなことも出てましたがはっきりわかりません。
おかしな質問かもしれませんが、本人はとにかく治したいという気持ちが強く、わずかなことでも知りたがっています。
何かお心当たりがあれば教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。
ある種の網膜変性症では非常に強い羞明を訴えることがあります。
その後そのような患者さんを拝見して専門家に見せたところ錐体ジストロフィーの一種であろうという診断に至った例があります。
そのような疾患を疑いたいと思いますので一度電話でご連絡ください。
話をして、受診の準備を整えたいと思います。
お大事に

2014-07-01 | 1404182748

散瞳剤について (質問者:あじさいさん)

6月16日に急に飛蚊症がひどくなり近くの眼科で網膜裂孔との診断でレーザー治療を行いました。
6月23日定期健診を終えています。
化学物質過敏症で薬全般にアレルギー症状お起こすことが多いです。散瞳剤としてミドリンPを使用しましたが特に2回目に火照り、発疹、動悸といった症状が出ました。
これ以外で体の負担にかからない薬、薬を使わない検査方法などあればご教示願います。
通常はミドリンPを使用しますが、それにかぶれるという患者さんは少数ながらおいでになります。
無散瞳カメラで眼底をとっても周辺はよくわからないので、あえて散瞳をするか、諦めて小さな瞳孔から見たふりをするかのどちらかを決断しなくてはなりません。
なお無散瞳で広い範囲が見えるカメラなどという製品もとても高い(数千万円)ものではありますが、市場には出てきました。
そのような特殊カメラのある病院に送って撮影してもらうという手も、本当に必要ならばあるかもしれんません。

2014-06-30 | 1404096548

マルファン症候群について (質問者:peace10さん)

こんにちわ。
以前(6年前程)に先生にFEVRについて相談させていただいた者です。
相談後、福岡大学病院でFEVRと診断をうけ、定期健診に通っています。
その後、兵庫県へ転居し漏斗胸があること、骨格、手足指の長さなどからマルファンではないかということで、近くの大学病院の遺伝科を受診したところマルファンなら眼科でまずわかるとのことで特に診断されず今に至ります。
子供が小学校にあがりこのたび心電図、心エコーからもマルファン疑いということで再度遺伝科を受診する予定ですが、眼科は大学病院ではなくこども病院にかかってるため眼については大学病医に口頭でFEVRと伝えてるだけです。

そこでご質問なんですが、マルファン症候群の場合FEVRの様な症状がでるのでしょうか?

引っ越して今は、子供病院にかかってますが、最初にFEVRと診断していただいた福大病院の先生に以前マルファンかどうかお尋ねしたところ違うといわれ、ただ、FEVRのような症状でマルファンのような症候群もあると言われました。

今後遺伝科ではっきりするのでしょうが、来週の受診まで不安でたまりません。
先生からご助言頂ければとおもい投稿させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。
再診の遺伝からの診断をわたくしは入手していないのですが、マルファンでは水晶体の亜脱臼などを見ることが多いと思います。
しかし、生まれた日からそれが皆にあるわけではないので水晶体亜脱臼なし、即時にマルファン否定とはゆかないでしょう。
今はマルファン症候群の遺伝子は明らかになっているかどうかが問題です。
明らかであれば否定も肯定も容易と思われますが、
お大事に

2014-06-20 | 1403229470

弱視について (質問者:MIEさん)

はじめまして。
先生のブログは、わかりやすく、最新情報が掲載されていますので、いつも拝見しております。

4歳8カ月の娘がおります。

弱視(屈折異常/近視性乱視)・外斜視(左)・眼振があります。

生後半年くらいから異常に気付き、
都内の大学病院に通院して約2年になります。

ですが、成長による裸眼の近視進行、
治療方針は「メガネ」のみ、ということに加え、
6歳と言う一つのリミットの近さに親として焦ってきています。

現在矯正視力が右:0.3 左0.1 両0.4 です。
左右差があまりないのでアイパッチ等は使えないようなのですが、
他に対策はないものなのでしょうか。
(病院によって方針が異なり、他の治療方法がある、等)

また、自宅で少しでも訓練のようなものができないもの
なのでしょうか。
(通院している病院では「何もない」しか言ってもらえません)

よろしくお願いいたします。
先天眼振がある場合、黄斑低形成などの網膜疾患が合併していないかをまず見ます。
次に乱視が多いので乱視を調べます。
かくして、次に行うのは正しい眼鏡の処方です。
近視に乱視があると網膜像がはっきりとしたものになりにくく、正しい眼鏡の装用はまず大切です。
後は成長に伴ってどこまで視力があげられるかを見てゆきます。
眼振の種類と強さによっては斜視手術のような手法で眼振の幅を小さくさせる場合もあります。
当ブログの先天眼振の項目もご参考になさってください。
お大事に。

2014-06-16 | 1402887624

高眼圧 (質問者:しんぱいっこさんさん)

視野は許容範囲内、しかし眼圧が高いということで2年ほど前から目薬を処方されていましたが、最近セカンドオピニオンで目薬の処方を止めていいという判断を頂きました。
それでこの10日間ほど止めているのですが、それでも心配で他で検査を受けましたところ、強度の近眼の場合緑内障の場合とわかりにくいということで、どちらの判断も間違いではないという結果でますます悩むこととなりました。
安全のためということで薬を続けた方がいいのかとても不安です。ご意見をお伺い致したく、よろしくお願い致します。
処方されていた目薬は、ルミガンとチモレードという薬です。
このようなケースはよく出会います。
わたくしならば、あえて薬は止めません。
なぜかというと、点眼を止めた後も毎月受診を続けることはないだろうと考えるからです。
薬が処方されないすなわち、卒業となってしまい、3年後に視野欠損が進んでいたというのではシャレになりませんので。
眼科受診は治療も目的ですが、経過を見るためですので、あえて緑内障点眼を止めるならば、白内障の薬カタリンとか、疲れ目の三顧場でも良いので出しておく方が安全だと思います。(返答が遅くなりすみませんでした)お大事に

2014-06-16 | 1402887571

強度近視について (質問者:サヤさん)

高校生の息子の強度近視について教えていただきたくよろしくお願いします。

:今まで眼鏡のみの生活でしたが、高校生になりコンタクトレンズをやりたいと言われました。
以前雑誌でハードのコンタクトレンズ(オルソケラトロジーではなく一般のハード)
で近視の進行を遅らせる事が出来るというのを見たことがありますが、実際のところどうでしょうか。

:現在眼鏡は手元用と遠方用と使い分けはしていませんが度数が強い場合(息子の眼鏡は-7.5Dです)は近業用として弱めのレンズを作成すべきですか?

:今現在、近視の進行を遅らせる目薬等はありますか?
若い方なので、コンタクトレンズは遠近両用にしたり弱くしたりはしないで、遠方に合わせた単焦点でよいでしょう。
強い近視は眼鏡ではゆがみが強いのでむしろコンタクトが好まれるようです。
強度近視の眼底変化がないかを見てもらっておくのが良いでしょう。お大事に、眼鏡士山口さんのメガネ知識の項目をブログに作
りました。この話題が出ています。ご覧ください。お大事に

2014-06-16 | 1402887500

近視から遠視へ (質問者:モモさん)

7歳の娘の視力についてご相談があります。
昨年の10月、学校の視力検査にひっかかり眼科を受診しました。その際近視との診断を受け、眼鏡を作りました。
そして、先週再チェックの為また受診したところ、今度は遠視と診断され遠視用の眼鏡を作成する事になりました。
視力が大きく変化した事に関して主治医からの説明は特になく、しきりに「不思議でしょうがない」と言っていたそうです。(眼科は、主人が付き添いました。)
私も心配になり、主治医に電話して尋ねたところ、「子供なのでこのような急激な変化はありえる。
特に大きな病気があるわけではないのでしばらく様子をみましょ
う。」と返答されました。
実際、3ヶ月間で近視から遠視に大きく変化する事はあり得るのでしょうか。(この3ヶ月間近視の眼鏡は、運動する時以外着用していました。)その際、何か大きな病気が隠れている事はありませんか。
ご回答、よろしくお願い致します。
返信が遅れてすみません。
初診時にミドリンないしサイプレジンでの散瞳屈折検査をしなかったのでしょう。
それで本人が必死になって加えた調節を加えて近視化していたのを最初に単なる近視と思い、作ったメガネで見やすいといわないので散瞳検査(調節麻痺検査)をしたら実は遠視だったということだと思います。
このようなケースは日本でもしばしばあります。
日本でも保険審査ではなぜ全例に屈折麻痺検査までをするのか?としばしば支払い拒否で切られますが、やはり必要であるということを教えてくださった良い例だと思いました。
遠視に気が付かれて良かったと思ってください。お大事に。

2014-06-11 | 1402456703

子供の近視抑制について (質問者:ruruさん)

先日、子供の近視抑制に低濃度アトロビンの点眼が有効であるとの記事を読みました。
副作用や、長期点眼によって将来目に影響が出ないのかなども気になっております。
点眼薬の使用について先生の考えをお聞かせいただきたいと思います。
また、貴院でも点眼薬の処方を受ける事は出来ますでしょうか?
低濃度アトロピン点眼は文献上では良い方法だと理解していますが、まだ確立されてはいないので私は実際には行ってはおりません。
大学で治験しているところがありますが、年齢や度数などが含める基準に合わないと、はじめないそうですから、そこに行ってみたらとも言いにくいです。
この件に関するお答えはこれ以上はできません。あしからず。

2014-06-11 | 1402456652

外傷性下斜視の複視 (質問者:かずひとさん)

はじめまして。

6月2日に右目の瞼を強打しました。

強打して直ぐに両目で見ると画面を上下にした様な感じになりました。

瞼は6針ですみましたが、複視が出てるとの事。
CT、MRIで検査の結果は眼窩底骨折ではなくて、眼球の周りの筋肉か神経の異常と診断。

その後、当病院では無理との事で紹介状を貰い次の病院へ。

色々検査したところフレネル膜かプリズムレンズで様子見といわれました。

処方箋は
PD R/L 60.5
SPH R-1.50 L-1.00
CYL R/L 0.75
AXIS R/L 90
Prism/Base  5△BD

です。

フレネル膜と新しい眼鏡を購入
処方されたのは良いのですが仕事が夜の配送の為これで良いのかも良くわかりません。
プリズム眼鏡の方が良かったのでしょうか。

またこれでもし良くならなかった場合の手術は可能でしょうか。

もし早い段階で良くなる方法があれば早急に清澤先生の所に来院も考えております。

宜しくお願い致します。
これだけの情報では何ともお答えしにくいです。
ご来院いただければ、眼球運動とCTないしMRIを再度とり直してお答えを考えます。
お大事に。

2014-06-11 | 1402456569

孫のfevr (質問者:zukachannさん)

平成24年8月に誕生して授乳の段階から右目の眼振が見られた。父親がFEVRの手術をしており、その父親の担当医の話では赤ちゃんには症状が出現しないはずだから遺伝はわからないと言われてきた。
気になるので、平成26年の2月に近くの眼科を受診、遺伝とは関係ないと言われ医大に回された。
3月に医大の助教授の診察を受け、5月予約で教授が診察して産業医科大に回された。
5月に産業医科大を受診、右目はすでに網膜剥離の状態と言われ現在入院待ち。
未だに入院許可がこない。こんなにまったりで左目も網膜剥離をしないか心配です。左目は近視だそうです。右目の回復は無理なのか?セカンドオピニオンを受けたほうがい
いか?お尋ねします。よろしくお願いします。
良い方の目が現状で悪い目の治療を待っている間もご心配であるというのはよく理解できます。
父親の診断がFEVRであれば、子供に出ないという予測はしないかもしれず、何かの聞き違いや説明者との了解の相違があった可能性があります。
Fは「家族性」ですから、「必ず遺伝するというわけではない」と言いたかったのかもしれません。

宮崎医大かそこに紹介した地元の医師の診察を求めて、良い方の眼の再調査を求めるのが良いでしょう。
もしFEVRであれば反対眼に出ないものでもないですから。
FEVRに限らず小さな子供の網膜剥離はその手術が困難で、行ったとしても大変難しいので、視力回復は難しい可能性も考えながらですが手術日時を待ちましょう。
その効果の期待値に関しては、産業医大の先生によくお聞きになるのが良いでしょう。
お大事に。

2014-06-11 | 1402456444

眼瞼痙攣 治療方針 (質問者:ヒロさん)

5年前から急速に眼瞼痙攣になり 西宮の名医に 2年弱 ボトックス治療を 量・打つ箇所 共に変更しながら 打ってみたが、効果なしにて 同病院 形成外科にて 眼輪筋切除手術 2回。
状況変わらず 紹介状にて 神戸の神経内科に行く。
2週間に一度のペースで通院アーテン・アキネトン・マイスリーなどの薬を飲んだり ボトックスを試したが1年間効果なし。
再度 眼輪筋切除手術を したが、楽になるどころか ますます進行しているようで今後の治療方針が、定まりません。
眼輪筋切除は、まだ必要なのか?または、眼輪筋切除手術の最良手術は、医師により 違うのか?ボトックスは、今まで効かなかったが、眼輪筋切除をした後にボトックスの効果が、出るときもあるのでしょうか?
清澤先生に 一度診察して戴いたうえでの 回答判断でしたら 関西から出向きます。
よろしく ご回答お願い致します。
5年前からの眼瞼痙攣、ボトックス治療を 量・打つ箇所工夫変更。
:精神科の薬剤が原因のものではないのですね。
眼瞼痙攣は、基本的にはボトックス治療ですが、2-3か月に一度程度の治療が継続的に必要な方がおいでになります。
根本的に「治る疾患」ではありません。
また2割程度ではこの場合のように効かないと仰ります。
その半数が全く効かないわけではなく、不満は残しながら3月ごとの継続投与を行っています。

眼輪筋切除手術2回。状況変わらず。眼輪筋切除は最終手段です。
それを繰り返すことは通常はしません。しかし不足であれば行うこともあります。

神経内科に行く。アーテン・アキネトン・マイスリーなどとボトックス:基本的に内服薬はボトックスの補助的効果しかありません。
ボトックスの使用量が十分かどうかの量は問われるでしょう。

このような患者さんは確かにおられます。
拝見してさらに何かできることがあるかどうか考えましょう。

ドライアイへのプラグ挿入は済んでおりますか?
サングラス(遮光眼鏡)使用
クラッチ眼鏡の使用は済んでますか?
座像診断で明らかな脳梗塞などの病変の除外は済んでおりますか?

2014-06-09 | 1402278617

不同視と眼瞼下垂と肩こり (質問者:あいりーんさん)

下記の症状があり、眼瞼下垂の手術をしたいと思いますが、不同視もあるので、眼科に相談をしたほうがいいといわれました。
眼科も色々あるので、どこで相談すべきか分りません。
こちらでご相談は可能でしょうか。


【現状】
・右目と左目の大きさが違う 右目>左目
・眉の形と高さも左右で異なる
・先天的に右目と左目の視力が異なる 右目1.0 >左目0.6~0.7
・視力の良い右目を酷使しているようで、右の眉が上がる癖がある
・左目:軽度、眼瞼下垂がある
・2年くらい前の夏、突然、めまいや吐き気と共に、左首にひどい凝りができ、大き
く盛り上がったまま、凝りがとれない。眼精疲労ともいわれた。凝りの原因かとも思
うので、眼瞼下垂を治したい。


【希望】
・左目の眼瞼下垂をしっかり治したい
・左右の眼の大きさを揃えたい
・眉の高低差をなくしたい

【美容外科で伺ったご意見】
1. 美容外科A
最初に左目の挙筋をしてみて、経過をみてその後
バランスをみながら左右の埋没法を施行してはどうか?
眼窩のくぼみも治るでしょう(美容的に)、との意見でした。

2. 美容外科B
眼瞼下垂はひどくない、埋没方でたくし上げをすれば十分でしょう。

3.美容外科C
眼窩のくぼみが目立つので埋没と同時に脂肪を注入する(美容的に)。

【ご相談内容】
(1).左右の眉・高低差
挙筋をした場合、左目の眉が下がり眼と眉の幅が狭くなる
→ もともと右の眉を上げる癖があるので、右の眉は上がったまま左眉が下がる
→ 左右の眉の高さの違いが大きくなるでしょうか?

(2).不同視
脳が視力の良い方を使うように指令をだすので、左目を使わなくなる (更に差が大きくなる) とのこと。
→ 挙筋術をしても、使わない眼は次第に下がり、眼瞼下垂を再発するでしょうか?

(3).不同視は母親の遺伝で、母親も同様に左右の目の大きさが異なり、眼瞼下垂もあ
ります。遺伝の場合、不同視は治せるのでしょうか。


以上、少々複雑なので、どうしていいか悩みます。

不同視があるから眼瞼下垂になるのか、眼瞼下垂があるから不同視になるのか、分りませんが、この状態で、眼瞼下垂の手術を受けたほうがいいでしょうか。
不同視というのは左右の近視の度が大きく2ジオプター程度以上に違うことで、裸眼視力が1.0と0.7ならば左右差はほとんどないことになり、不同視という概念にははまりません。
もしその視力が未矯正の裸眼視力ならば、その関連の心配はいらないでしょう。
しかし矯正視力がそれだけの差を持っているならば片眼は弱視ということになり、事態はもっと深刻かもしれません。
眼瞼下垂がどの程度かによってまた挙筋機能がどの程度あるかによって、選ばれる術式が違います。
挙筋機能がないならば、釣り上げ報ということになっていて、
もし挙筋機能が十分にあれば、教科書的には挙筋短縮です。
眼科脂肪を補うというのは論外として、左右の不均衡が先天的にあれば挙筋短縮をする余地はあるかもしれません。
私が拝見して治す必然性があれば大学などの形成外科に紹介するでしょう。
しかし、、一般の眼科医は美容目的の美容形成に関しては全体的に否定的です。
来て見せてくれれば、両眼視機能やその他の視機能を考えての意見を述べることは可能かと思います。お大事に

2014-06-04 | 1401851789

小眼球 (質問者:neneさん)

初めまして。
生まれつき小眼球を持って産まれた子供の母です。
生後4日で左目が小眼球でPHPVであろう、と診断されました。
その後、大学病院でCT検査を受け、脳と神経が繋がっている事が確認出きました。
小さいながらも光を確認し、右目と同じように動いています。

骨格の歪みを防ぐ為に、早めに義眼を入れるように言われ、義眼専門店へ行きましたが、夫婦共に元の目の可能性を捨てきれずにいます。
大学の先生も専門店の方も早めに義眼を入れる事を勧めていますが、神経が脳にも繋がっており、視力が回復する可能性が少しでもあるのならば義眼と治療を並行して行いたいと思っています。
清澤眼科医院で小眼球の症状がどの程度なのか、視力が回復する可能性がある眼球なのか検査してもらえるのでしょうか?
もしそうであれば治療も行ってもらえるのでしょうか?
米国では骨格のマッサージや、良い方の目を遮断し訓練する事で改善した例があると聞きました。
骨格の問題上、義眼は避けられないと思いますが、義眼を入れるのに、生後2ヶ月は早いのか、それとも早い方が良いのか?
先生のご意見をお聞かせ下さい。

ちなみに義眼は光を通すスケルトンでお願いしています。
生まれつき小さな眼球を小眼球といいます。この方は、PHPV(第一次硝子体過形成遺残)がその発生原因だと考えられたようです。
脳と神経が繋がっている事が画像診断で診断されたことは良いことですが、眼球は脳から延びだして形成されるものですから。
いかに小さくても、つながっていないということは少ないと思います。
小さいながらも光を確認し、右目と同じように動いているとなると、その目を残したいと考えるのが普通ですが、本当に光は感じているのでしょうか?眼球が小さかったり、なかったりすると眼窩の成長が止まるので、中に義眼を入れ、さらにそれを順次大きな
ものに変えてゆき、眼窩骨の成長を促します。実際に拝見しないとわかりませんが、おそらく主治医はその目が視機能を有していないとの判断かと思います。
おいでいただければ、小眼球の症状がどの程度なのか、視力が回復する可能性がある眼球なのかは一般の眼科医が判断する程度の検査では意見を言うことは可能かと思いますが、特にそれが得意というわけではありません。
遠視や乱視が特定できればそれにメガネを載せて訓練することもありうるでしょうが、このばあいにその手が使える可能性は少なそうです。
マッサージには意味はないでしょう。
義眼を入れるのに、生後2ヶ月は別に早くはなくて、一般的にはむしろ早い方が良いのではないかと考えます。
光を通すスケルトン義眼をお願いしているのは、それはそれで良いことだと思いますが、その製品をネットで確認することはできませんでした。
コンフォーマという結膜嚢の順次拡張を求める透明なものをお考えか?眼球萎縮などの方に、眼球を残したまま装用できるという薄型義眼(かぶせ義眼)をお考えなのか?ちょっとわかりませんでした。お大事に

2014-06-04 | 1401851684

斜視について (質問者:j.kさん)

私は4ヶ月ほど前からメンタルクリニックに通っており、
そこで処方されたスルピリド、エビリファイ、ブロチゾラムという
薬を飲んでいました。
この薬についてネットなどで調べた結果、エビリファイには斜視になるという副作用があるという事を知りました。
エビリファイはだいたい2ヶ月ほど服用しており、鏡で両目を見ると
右眼だけ違和感があり若干上斜視になっている感じがあるのです。
この場合、薬の服用を中止すれば元に戻るんでしょうか?
アリピプラゾール(Aripiprazole)(商品名:エビリファイ(r))は非定型抗精神病薬の一つで、略称はARP。
2006年1月に許可されました。
薬理では、ドパミン・システムスタビライザー(DSS:Dopamine SystemStabilizer)といい、おもに脳内ドパミン系神経に調整的に働きます。少し長くなりますが、囲繞すると、薬理学的にはドパミンD2・D3受容体部分作動薬またはパーシャルアゴニストと呼ばれ、アンタゴニストとしてドパミン阻害作用を示す一方で、アゴニストとしての内活性作用をあわせ持ちます。
そして、脳内でドパミンが過剰に放出されているときには阻害薬として抑制的に働き、逆にドパミンが不足しているときにはきドパミン作動薬として活性化する方向で作用するとされます。
さらに、セロトニンに対しても、同様に調整的に作用することが示されています(セロトニン5-HT1A受容体パーシャルアゴニスト、セロトニン5-HT2A受容体アンタゴニスト)。
その使用に関する禁忌・注意としては、1、糖尿病では高血糖の症状に十分注意。
2、バルビツール酸誘導体等の強い影響下にある者は投与できない。
3、エピネフリ
ンを服用中の者は血圧降下作用が増強する。
4、肝障害のある者は悪化させる場合がある。
6、眠気、集中力の低下などが起こる場合がある。副作用には、不眠、神経過敏、アカシジア(じっとしていることができない)、振戦(手足の震え)、不安、体重減少、筋強剛、食欲不振などが報告されている (これらの副作用は添付文書によると5%以上)。
また、重い副作用には、○高血糖、糖尿病性昏睡。○低血糖(目のちらつきも伴う)、○悪性症候群(Syndrome malin)..急激な体温上昇、○遅発性ジスキネジア..頻回なまばたき、口の周辺がピクピクけいれん、口をすぼめる、口をモグモグさせる、舌のふるえ。○麻痺性イレウス。○アナフィラキシー様症状。○横紋筋融解
症。○けいれん。○無顆粒球症、白血球減少。○静脈血栓症、肺塞栓症。(急な視力低下、視野が欠ける、目が痛む。を含む) ○錐体外路症状(目の異常運動:正面を向かない、上転:」眼球上転発作のことらしい)○目のかすみ、などがあげられています。
 こうしてみますと、眼球運動の異常はそうしばしばあるもののようには読めませんが、むしろ遅発性ジスキネジア(=薬剤性眼瞼痙攣)に注意が必要なようです。

2014-05-26 | 1401079153

右上瞼の小刻みにスライドする動きが気になる (質問者:ひとみさん)

以前より眼鏡使用しております。
今回が初めてではなく過去にもこの症状は数回ありましたが メディカル10目薬を使用したり温めたりすると治まっていました。 今回は長いので眼科に行き検眼しヒアロンサン点眼薬とワゴスという目薬をもらい楽になりましたが ゆらゆらとしたスライドは変わりません。
今回はもうひと月近く同じ状態で神経が過敏になり 気分も鬱状態になってしまい 毎日そのことばかり頭の中で考えている状態です。
原因や病名がわかれば我慢したり注意し努力出来るのですが
 不明なのが一番不安です。
色々頭の中で考えるより病院に行ってお尋ねしたいのですが 眩しさや痛み等がないので大袈裟に騒ぎたくないという気持ちもあり こちらで相談させて頂きました。

追加ですが 過去2000年2004年に左目がポスナシュロスマン症候群になりましたがステロイドの目薬で治まっております。
この相談だけでは何とも答えられません。
ポスナーシュロスマン症候群は眼圧の上昇を伴う発作性のブドウ膜炎。
これは年に一度程度再発することが、稀ならずあります。
後この症状で考えられるのが眼瞼ミオキミアか、眼瞼痙攣。
収まらなければ、受診することをお勧めいたします。お大事に。

2014-05-26 | 1401079091

レーベル病検査の結果陰性でしたが、視力が落ちてきます。 (質問者:nobuさん)

私の息子についてのご相談です。
昨年、現在高校三年の息子が学校の検診で引っかかり、近くの病院へ行きましたが「レーベル病かも」と言うことで、大きな病院へ行きました。結果陰性でした。
その後定期的に(学校が長期休暇の時)来るように。
との事で、次回の診療は8月です。
先週息子が「前から来た自転車に気づかず目の前に来て気づいた」と言ったので眼鏡屋さんへ行きましたが「今の眼鏡以上に視力を上げる事は出来ない」との事。
先日も「黒板が見えづらくなってきた」と息子から相談がありました。
現在の視力は眼鏡をすると、『左目0.9、右目0.5』です。
息子の視力が落ちだしたのは、中学二年生ぐらいでそれから眼鏡をかけています。
眼鏡で視力を上げる事が出来無いとなれば、このまま視力が落ちていけば…と思うと不安です。
次回の診察まで待つしかないのですが、色々と調べているとこちらへ行き着き、ご相談した次第です。
なにか気になるような事がありましたら教えて頂けましたら助かります。
単に近視で視力が落ちているのではなくて、レーベル病を疑うような視神経萎縮由来の視野欠損が出ているということなのでしょうか?
視神経萎縮の原因はレーベル病が最も先にあげられるというものではありませんので、何が除外され、最終診断が何であったのかの説明があったはずだと思います。
最初に見て大学病院に紹介した医師のもとに返事が届いているはずですから、最初の病院の医師に戻ってもう一度通しの説明を聞いてみてはいかがでしょうか?
お大事に

2014-05-16 | 1400202741

黄斑変性について (質問者:モンブランさん)

ここ1ヶ月くらい前から、右目のほぼ中心部にグレーになっていて見えづらい状態が続いていました。
まさか緑内障ではないかと思い、近所の眼科に行って検査をしたと
ころ、緑内障ではなく、黄斑変性との事でした。詳しい事は当院では検査出来ないので、大学病院に行って下さいと、紹介状を書いてもらい、大学病院でも同じ検査をしました。

血管造影剤を使用した検査は、若干アレルギー反応が出てしまった為、代わりとなる検査を行い、採血もしましたが、原因が分かりませんでした。

現在はカルナクリン錠とメチコバール錠を1日3回服用し、定期的に検査を受けるように言われています。

私自身、まだ30代ですし、極度の近眼でもないです。

黄斑変性という病気は殆どは加齢によるものが原因だそうですが、原因不明のまま治
療を続けていくのには正直納得がいきません。

普段はパソコンを使っての作業や車の運転など、このままもし悪化してしまったら仕事も辞めなければいけません。

原因がわかる方法はもうないのでしょうか?
皮内反応の陽性は実は造影検査の決定的な禁忌要素ではないのですが、やめておこうといったとすれば、
その検査までしなくてもと考えられたのかもしれません。中心性漿液性網脈絡膜症なのか、それ以外の黄斑変性症か、それとも炎症の一型ということになりますが、こればかりは現物を見なくては何とも申し上げられません。
お大事に。

2014-04-22 | 1398141525

眼振がある状態での局部麻酔について (質問者:たくちゃんさん)

右MLF症候群、麻痺性斜視で正面視だけ複視を直す手術を10月にしてもらいます。
最初は全身麻酔で右側の筋肉をさわり。
必要があれば微調整のため局部麻酔で左側との説明を受けました。
その時に質問するのを忘れてしまったのですが眼振があると局部麻酔での手術は難しいと聞きました。
そういった場合でも局部麻酔は可能なんでしょうか?
局所麻酔で手術ができない程の眼振ではないと思いますので、主治医が局所麻酔で行おうというのであれば、全く問題はないでしょう。
大きな手術で疼痛がひどい可能性がある一部の斜視手術か相手が小児で術中に不安で騒ぐ子脳性があるケースでは全身麻酔も考えるかもしれません。
患者さん本人には、麻酔から覚める時の吐き気やその他の苦しさがあるので、全身麻酔よりも局所麻酔の方がはるかに楽だと思います。
お大事に

2014-04-22 | 1398141386

動眼神経麻痺 (質問者:ゆうさん)

一昨年の年末に突然右目に違和感があり、眼科に行き、「異常なし」その後3医院行きましたが、「眼には異常なし」と言われ、脳神経外科にてMRIも撮ってもらいましたが、それほどの異常も見られずで、「動眼神経麻痺だろう」といわれました。
糖尿病もなかったです。
なんとか正面視だけはコンタクトを入れ、見えていたので、様子を見ることにして、1年くらいそんな感じでした。
私の個人判断で、市販の目薬(抗生物質と書いていたと思います・・・赤い液体でピント調節に効くと書いていたので・・・)
それをうち始めて2週間くらいしてなんとなく眼が動きやすくなったように思い、ヘスチャートをとってもらったらよくなってる!と言われたのですが、右目が自分の意思と関係なく勝手に滑り、外斜視になってしまうのです・・・
気になり、鍼治療に通い、眼をできるだけ中央に寄せてもらうようにと治療に通ったりとしましたが、まぁ成果も見られず、良くなったかも・・・・と言われたヘスチャートも悪くなってるようです。
今ではコンタクトも入れれませんし、もちろんメガネもきつい状況です・・・・・一度良くなってすぐ悪くなるんでしょうか?
治る可能性はないのでしょうか?
今では外斜視が気になり、人の顔も見るのも怖いですし、手術をするべきか悩んでいます・・・先生自身だったとしたらどうされますか?聞かせてください・・・・・
よろしくお願いします。
まず、この場合眼筋麻痺の原因が何かを徹底的に調べ直す必要があります。
動眼神経麻痺であってその原因が動脈瘤であれば、それは緊急対応が必要ですが、それにしては罹病期間が長いようです。
回復後の悪化も変です。
腫瘍、炎症、血管障害(糖尿病を含む)など可能性のある物を採血と画像(MRIとMRA)で徹底的に調べ直します。
そもそも動眼神経麻痺であるかどうかから問い直すことになります。
場合によっては筋無力症や甲状腺障害、神経ではなく筋の炎症などが出てくる可能性もあります。
それなら緩解と増悪はしばしばあるでしょう。
一方的に回復だけに向かうなら循環障害かもしれません。
6か月たって、回復しないときにはすべての検査をやり直せと言われています。
そしてその麻痺が十分に固定して安定しているのであれば、斜視手術も治療法の中に含めて考えますが、
その前にプリズム眼鏡処方も考えられます。
斜視の手術まで手を出す医師は多くはないので、それを希望するならば、やってくれる可能性のある医師を探す必要があります。
眼科医がその必要を考えるならばそれは紹介してくれるでしょう。
お大事に。

2014-04-22 | 1398141324

眼痛 眼の周りの痛み (質問者:N.Hさん)

低音難聴になり聴力は改善しましたが耳鳴りが残り針治療を始めました。
2週間前の4回目の針治療の後から眼頭から瞼にかけて、下を向くと眼の下が痛みひりひりした痛みがずっと続いて痛みがひどくなっています。
針治療のときに20分ほどうつ伏せで枕で眼を圧迫し起きたときには眼が痛くそれから痛みがとれません。
眼科に3件通いましたが全ての眼科で眼科的には異常なしといわれました。
眼の痛みは今まで全くなく針治療の後から今回の痛みが始まりました。
痛みが2週間も続いていると精神的にもつらくどうにか方法はないものかとご相談させて頂きました。
何か良い治療方法がありますでしょうか。
宜しくお願い致します。
鍼治療との関連は不明ですが、動脈瘤が拡張していたりする可能性を考えて
MRIとMRAを見ておくのも良いかと考えます。
あとは、痛みの性質の聴聞をしっかりと行い、三叉神経痛や筋緊張性頭痛、ヘルペスウイルスによるもの、それから蓄膿症などに因る痛みも考えて対応を検討します。
低音難聴とのことですが、その原因はどう説明されているのでしょうか?循環障害なのか、炎症なのか?耳鼻科から眼科医への紹介状があれば、それも参考になりそうな気がします。
近所で神経眼科を専門に見ている医師を探すのも良いでしょう。お大事に。

2014-04-21 | 1398062640

視神経に問題があるのでしょうか? (質問者:カッシィさん)

以前、清澤先生に診ていただいたことがあります。
おかげさまで、すぐに良くなりました。
次回、何かあった時にも、先生に診ていただこうと思っておりますので、よろしくお願い致します。

今回、田舎にいる母(73歳)の件で、ご相談申し上げたいことがございます。

2〜3日前から、昼間ウトウトした後に目覚めた際、視界が一面の緑色になり、驚いて、目をパチパチしたり、ギュッとつぶったりすると、元に戻る・・・というようなことがある、というのです。

丁度、緑いろ一色の画用紙を、目の前に置かれた時のようだと申しておりました。

ただ、この症状は、昼間ウトウトした後だけで、朝起きた時や、活動している間は起こらないそうです。

眼科で診てもらったところ、眼底・視力ともに異状なしと言われたそうですが・・・

母は数年前から緑内障と診断され、トラバタンズを点眼しております。
また、白内障も出て来ていて、白い壁や部屋の電灯を見るとまぶしいと申します。


何か、視神経に問題でもあるのでしょうか?

このままほっておいても大丈夫なものでしょうか?
脳神経外科など、他科で診てもらわなくてもいいのでしょうか?

(トラバタンズ以外に、
 ・気管支喘息のため、シングレア(錠剤)とアドエア(吸入薬)
 ・高血圧のため、アダラートCR20
 を毎日服用しています。

 また、3年前には、肺がんの摘出手術を受け、術後2年間はUFT(抗がん剤) を服用しておりましたが、現在は飲んでおりません。)

先生のご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?
お手数おかけして恐縮ですが、よろしくお願い致します。
残像が見えるということのようですね。
ハンフリーの視野は正常かどうか?その視野を見たうえで、
MRIなどでの視神経のチェックが必要かどうかということではないかと思います。
トラバタンズが出ているということは緑内障があるということになりますが、
その変化はどのくらいであろうかというところが知りたいところです。
今後、変化の増減もどうであろうか?閃輝暗点でも話はやや合いますがその可能性も
考えてみたいところです。

2014-04-15 | 1397525183

まぶたの痙攣について (質問者:マイさん)

ちょうど2年ほど前に突然左上まぶた(鼻の付け根と目頭の間の筋)が痙攣が始まった当初から一日中朝から寝るまで止まることなく、症状はその間ずっと現状維持のまま継続しています。

つねに脈打つような速さの基本的に一定のリズムでの痙攣で、それ以外には「眩しい」「まばたきが多い」「目が閉じてしまう」といったようなホームページ掲載の眼瞼痙攣の自己診断項目にあるような症状の自覚は特段ありません。
また、瞼以外の頬や口角などが痙攣するような片側顔面痙攣の症状も今のところありません。

病院へは眼科と脳神経外科を受診しました。
眼科へは1年程前に受診し、「眼瞼ミオキミア」と診断され、ヒアレイン等のドライアイ対策的な目薬を処方されましたが、全く症状は変わりませんでした。
また脳神経外科には昨年末に受診し、MRI検査などしましたが、特に異常は認められず、不妊治療中であることから、服薬の懸念を医師から指摘されたため、薬等の処方はされず、経過観察となりました。

左上瞼の痙攣は、うっとうしさも(慣れもあるのか)それほどでもないので生活には支障なく過ごしていたのですが、1週間前から今度は右下瞼も痙攣するようになり、こちらも一日中全く止まらない状態になってしまいました。
右下瞼に関しては眼球に触って非常にうっとうしく常に気になって仕方なく途方にくれています。

一日中仕事でPCは使用していますが、スマホを長時間使用してネットやゲームをしたりはしないので、特別目を酷使するような状態ではないと思います。
それでも目を休めるための対策(目薬、ホットアイマスク、十分な睡眠、サプリメント摂取等)を色々試してみましたが症状は改善せず、かといってそれ以上悪くもならない状態です。

症状が続く状態が長すぎること以外は、症状としては「眼瞼ミオキミア」が一番近いような感じがするのですが、両瞼で症状が出たというのは何か違う病気である可能性はあるでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ぜひご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。
お返事
1)ミオキミアの可能性:片眼のことは多いが両眼でもいけないわけではない。
実際の閉瞼はおきない。
この場合でもボトックスで止めてみることは可能。
この場所は典型的なミオキミアの場所ではないと感じられる。
2)片側顔面けいれんの可能性:片側のことが多いが両側に来ることがないわけでは
ない。
発症中に見ればウインクしているような引きつりがみられるはず。
これならばボトックスの良い適応のはず。
MRIで神経への小脳に行く血管の圧迫を探す。
時には良性の腫瘍などが見つかることもある。
3)眼瞼痙攣の可能性:若い人に多い薬剤性のものと、原発性で老人女性に多いもの
がある。
これもボトックスの適応。
だんだんに増悪してきたならばこれかもしれない。
このほか症候性と言って、パーキンソン病などに伴うものもある。
左右差のある例も少なくはない。
ご検討下さい。

2014-04-11 | 1397180384

眼瞼痙攣 (質問者:ミューラーさん)

眼瞼痙攣と診断され、両側の軽度眼瞼下垂もあったため手術をしてもらいました。
眼瞼挙筋には特に問題はなく、両側のミューラー筋が非薄化していたようです。
ミューラー筋の非薄化と眼瞼痙攣の関係性について教えて下さい。
またミューラー筋の非薄化を来す原因についても教えて下さい。
ミューラー筋は眼瞼挙筋の構面に張り付いた形で存在し、交感神経支配で瞼を開く筋です。
眼瞼痙攣では好んでこの金の短縮をする先生もおられます。
もちろん交感神経に障害があるホルネル症候群ではこの筋の働きは弱まりますが、実際にこの筋が委縮しているかどうかは手術時に筋を直接見ても判定できるようなものではないだろうと思います。
ですから、その原因というものもとくには存在しないのではないかと思うのですが。
定説なしとお答えしておきましょう。
お大事に。

2014-04-10 | 1397113823

眼科の選び方について (質問者:ジーマさん)

はじめまして。
先生のブログは、わかりやすく、最新情報が掲載されていますので、
いつも拝見しております。

清澤先生、もしよろしかったら、眼科の先生から見た、眼科の選び方に
ついて教えていただけませんでしょうか?

(1)
私たち姉妹は、近視が強く、妹に網膜裂孔が見つかりましたので、
かかりつけの眼科として、網膜専門医(網膜剥離の手術が上手な先生)
を探しておりましたところ、清澤先生が、
「網膜剥離などは浅草の○○眼科へ〜〜お願いしています」
と書いていらっしゃるのを拝見いたしました。

先生が診察をしていらっしゃる△△眼科も、網膜剥離など
網膜疾患の治療に力を入れていると聞いております。

先生が、網膜剥離の患者を、△△眼科でなく、○○眼科に
紹介される理由を、教えていただけませんでしょうか?
(お答いただきづらい質問でしたら、申し訳ありません)


(2)
○○眼科にしても、△△眼科にしても、複数のお医者さんがいて、どのお医者さんが、手術がお上手なのか分かりません。

どのようなことから、検討をつけたらいいものでしょうか?
(○○眼科では、○○先生にかかろうと思うとかなり後になってしまう
そうで、他の先生を薦められました)


(3)
対象疾患の患者会(網膜剥離の患者会など)で、「協力医」とされている
お医者さんなら、手術がお上手だと考えていいでしょうか?

(4)
歯科などでは、いい歯医者さんを見分ける目安として、「電話など、受付
の対応がいいこと」と言われますが、これは、眼科にも当てはまることで
しょうか?

ご回答いただけますと幸いに存じます。
よろしくお願い致します。
眼科の選び方について:
ご返答です。
眼科の医師から見た眼科医の選び方は一般の市中での人気とは大分違うように思います。
わたくしは、長い間主治医としてお相手をしてくれる開業医を探し、そこから随
時専門医に問題があればあげてもらうようなのを理想と考えています。

(1)
網膜専門医(網膜剥離の手術が上手な先生)でもよろしいですが、名の知れた医師本人にはあまりに多くの患者がすでについていることがあり、
再診を求めた時にすぐに相談できないとなるとよくないと思うところです。
「網膜剥離などは浅草の某眼科へ〜〜お願いしています」というのはそこにいる医師の一人が月に2度当医院で外来を持ってくれているので、治療がひと段落したら連れて戻ってくれることを期待しているからです。
大学など大人数で見ているところですと、初診医師、診断医師、特殊外来担当医師と回るうちに大学の医師に紹介もとへもどす気持ちがなくなってしまうこともあります。
わたくしが大学で働いていた時にもそのような傾向がありました。
大学に頼んでいるのはそこでしかできない手術などであって、漫然とした経過観察まで半日がかりで診察を行う大学に頼みたいわけではありません。

(2)
どのお医者さんが、その手術が上手なのを考えて、しかもその方が下の医師に任せてしまわないあたりを狙って紹介は出します。
そうですか、「あの清澤さんからわたくし宛に送って下さったのですね。」という話のできる相手を確保しているとお考えください。
医療では紹介状が大事で、大きいところでは誰に回されるかがそれで決まります。

(3)
対象疾患の患者会で、「協力医」とされている医師がでの程度の意味を持っているのかはすみませんが存じ上げません。

(4)
いい医師を見分ける目安として、「電話など、受付の対応がいいこと」と言われるということですが、それは悪くないに越したことはないという程度にお考えくださるのがよろしいのではないでしょうか?

2014-04-10 | 1397113497

眼圧につきまして (質問者:さくらさん)

正常眼圧緑内障予備軍で経過観察中です。
少しでも眼圧を上げない生活をしたいと思っています。
ドライアイ気味なのですが、目を温める(熱いタオルで)のは眼圧を上げたりするでしょうか?
また、コンタクトレンズは眼圧に関係があるでしょうか?
よろしくお願いいたします。
瞼の清潔を保つための5分程度の温湿布浴、沁みない石鹸での眼瞼縁洗浄、清温水シャワー、そして抗菌剤などの点眼は、マイボーム腺が衰えた中高年者に進めていて、眼圧上昇の原因にはならないでしょう。
コンタクトレンズの装用も正しいやり方で行われている限りは緑内障の促進要因にはならないと理解しています。
お大事に。

2014-03-28 | 1395973637

パーキンソン症候と眼瞼痙攣 (質問者:pinky-oneさん)

若年性パーキンソン症候群の診断受け3年内服してますが、開始してしばらくすると、ひどく瞬きが増え光が眩しくて室内にいても一度閉じてしまうと眼を開けようと力が入りますます瞬きが増えてました。
神経内科の先生に相談してボトックスの治療をしました。
今までに3回受けてます。
最後に受けたのは昨年5月だったと思います。私がこのまま注射を受けるべきか悩んでいるのが注射後に症状に変化があり、ひどい瞬きは無いですが、今度は光が眩しいのは変わらないものの、突然瞼を閉じてしまう、自分も意識しているわけではないのですが、普通の瞬きが突然手を使わないと眼が開かないことがあり
ます。
眉間にしわよせ、眼を閉じていたが楽なことも多々あります。
ボトックスの副作用的なのか、内服の副作用なのか、もしかしたらボトックスをすると、もっと眼を閉じてしまうことはないのだろうか?
内服が強くて、筋力が弱いのだろうか等考えてます。
やや内服後に、付随的に頭がゆらゆらと変な動きがでることもあり相談したらジスキネジアとも言われ、内服ecドパールを、半錠で1日6回になりました。
だからといっても眼の症状改善に至りません。
注射も効果があって2か月です。
ボトックス治療大丈夫でしょうか。
パーキンソン病でも比率は少ないですが、眼瞼痙攣を示すことがあるようです。
神経内科の先生に相談してボトックスの治療をし多とのことで、それでよいと思います。
ボトックスとの関連ではなくて、開瞼失行が出ているのかと思います。
瞬きが手を使わないと眼が開かないことがあるというのはその兆候です。
内服薬とボトックスを上手に併用されるのが良いでしょう。お大事に。

2014-03-28 | 1395973552

肥厚性硬膜炎について (質問者:ktさん)

肥厚性硬膜炎について2007/12/2の記事を読ませていただき、症状が似ていたためご連絡させていただきました。

??2009年に左目の視力が低下し、パレス治療を2回行いましたが失明。その後、頭痛が続き痛み止めを飲んでいましたが、2012年に右目に視力の低下がみられ、眼球に直接ステロイドの注射をしたところ回復。
現在までプレドニンを飲み続けています。
血糖値を抑えるため毎食前にインスリン注射もしています。
現在はプレドニン5mgを2〜3錠、(6錠/1日から徐々に減量)頭痛の症状によって加減しています。
脳神経外科では肥厚性硬膜炎ではないかと言われています。
(断定ではないです)今年に入り視力は落ちついたのですが、頭痛が続き、ブレドニンが効きずらくなり、顔面に痺れと電気が走るような痛みがでています。
目を動かすと目の奥が痛むようです。
またムーンフェイス、腕に痣(内出血)がみられるので副作用を心配し、プレドニンの量を増やさず、ロキソニンを一緒に飲むことになりました。
現在ロキソニン服用一週目ですが、まぶたの腫れ、むくみが出ており心配です。食欲もなくなっています。
少し薬の量を減らすと頭痛が治まらないようでどうにもできない状況です。
なにか他に治療法をご存知ではないでしょうか。
記事にある免疫抑制剤を使った治療で対処できる可能性はありますか?またその治療を行っている病院を教えていただく事は可能でしょうか?今は脳神経外科、内科、眼科にかよっています。
どうぞよろしくお願いいたします。
免疫抑制剤の使用は可能かと思いますが、実際にこのような患者さんの治療を行う場合には大学の神経内科にお任せしており、眼科単独ではその治療はしておりません。
あまり役に立つ助言ができなくてすみません。お大事に。

2014-03-26 | 1395803229

1年以上症状が何なのか分らず困っております。助けて下さい。 (質問者:おれんじさん)

お世話になります。ご多忙の中、よろしくお願いします。
一昨年夏、眼球の奥に痛みがあり瞼に違和感があったため眼科を受信しました。その後、神経内科を受診し異常なしと診断され、形成外科にて眼けん下垂と診断され10月に手術をしました。
片目手術後、まぶしく、瞬きが激しくおきましたがもう片方も手術すれば治るかと思い2週間のち片目の手術を行いました、手術後、眩しさと激しい瞬きはとまらず退院する前に先生に相談すると精神的なものだろうから精神科の先生に診てもらいましょうと言われ診察を受けました。
それから今日まで、心療内科に通い、様々な薬を飲みましたが、症状は一向によくなりません。
現在、薬はリフレックス錠を2週間前から飲んでいます。
症状は、「目を開けようとしても開けにくい」「無理に開けようとすると顔がよがむ、歯をくいしばるなど様々は所に力がはいる」「目が開かないため一人での外出が困難」「本、パソコン、携帯画面が見れない」「激しく目をぎゅっと閉じることがある(瞼に力が入る)」などです。
目を開けているのが辛く、今も一生懸命打っています。
この症状は眼けん痙攣でしょうか?HPを見つけた時、いまにでもすぐ東京へ診
察に行きたいと思ったくらいですが、家庭の事情により無理です。
福岡県北九州市に住んでおります。
この辺りに眼けん痙攣に詳しい病院をご存じないでしょうか?1年以上、仕事も辞め、働けず困っております。
どうか、助けてください。よろしくお願いします。
この診断は眼瞼痙攣でよいかと思います。
眼瞼下垂では激しい瞬きは出ないのですが、そのように診断されて、下垂手術を受けている患者さんも多数おられます。
その場合に下垂手術をされるとドライアイが強まるのでまぶしさや痛みの症状は重くなります。

症状は、「目を開けようとしても開けにくい」「無理に開けようとすると顔がよがむ、歯をくいしばるなど様々は所に力がはいる」「目が開かないため一人での外出が困難」「本、パソコン、携帯画面が見れない」「激しく目をぎゅっと閉じることがある」など、すべて若倉の眼瞼痙攣治療前の質問表によく合致しています。
福岡県北九州市にもそれを扱う医師がいるはずですが、グラクソスミスクライン社のHPから患者さんへの情報をたどると、ボトックス施術医師を紹介する電話サービスがありますので、そこで近所の医師を紹介してもらうとよいでしょう。
なるべく、候補の中に眼科医がいればその方が良いかと思います。

2014-03-17 | 1395021362

後部硝子体剥離による飛蚊症について (質問者:みにさん)

30歳女性、中等度近視です。
一ヶ月ほど前に空に黒い点が見え、通院したところ老化による後部硝子体剥離との診断でした。
今は丸い輪のような飛蚊が常に見えている状態ですが、剥離がすべて終われば少し症状が和らぐのでしょうか。
どのくらいが目安か教えていただければ幸いです。
また、当方30歳ですがこの年で起こることは非常に稀なケースですか?
また、これから一生この飛蚊を見続けなければならないのでしょうか?
一般的な年齢より何十年も早いのでショックで、今後の経過が知りたいです。レーザー治療などは受けられるのでしょうか。
中等度近視に伴う後部硝子体剥離との診断には間違いがなさそうです。
丸い輪のような飛蚊は、グリアリングと呼ばれる視神経繊維周囲の後部硝子体膜のはがれたものの影でしょう。
剥離が終われば少し症状が和らぐというのはあり得ますが、私は今までの患者さんでは経験してはいません。
数か月で残ってはいるが気にならなくなるという性質のものと思います。
30歳だから起きにくいということもなさそうです。
一般的な年齢よりも早いということもないかと思います。
米国にネット記事に混濁にレーザーを打つという記事を見たことはありますが、日本では網膜に剥離裂孔がないならレーザーは打ちません。
お大事に

2014-03-11 | 1394514432

先天眼振について教えて下さい。 (質問者:1児の父ですさん)

よろしくお願い致します。
先日私の長男が一歳を迎え、一歳健診を受けました。
そこで眼科の先生に眼振を指摘されて、翌日国立の大学病院の眼科を受診しました。
痛み止めの目薬を点眼して他覚的屈折検査を行った結果、横を向くと軽度の眼振は見られるが直ちにMRIをする程では無い。
遠視と乱視があるので眼鏡を作って矯正する事になりました。
病名欄には先天眼振、弱視とあります。
眼鏡処方箋には右眼の球面が+4.50、円柱が-2.25、軸20
左眼の球面が+5.25、円柱が-1.00、軸155 となっています。

目にスコープの様な機器を近付けて機器の中を覗き込ませ、何秒かのうちに音がなると計測できた模様です。
しかし一歳の息子は検査時暴れていたので正確に計測できたのか?
またこの数字はどの程度深刻なモノなのか? 親として不安です。
妻が36才時の出産だった為、妊娠時と出産後にダウン症等の検査を受けましたが異常はありませんでした。

しかし先天眼振の特徴を調べてみると、顔の回転、首振りなどがある様で、今まで愛くるしく見ていた子の表情仕草もその影響なのか?と考える様になりました。
この様な行動は大きくなっても続くのでしょうか?
また原因が脳の眼球運動の障害であるならば、将来何か他に障害など出てくるものでしょうか?

親として出来る事は症状を見極めて、日常生活で気をつけれる事をするのみですが、テレビ画面を見させない事、部屋を明るくする事、魚を多く食べさせる事が意味あるのか?
うちの子は視力が悪いから眼鏡を掛けている。それだけの事なのか?
解らないことが多くて調べていると清澤先生のページを拝見し藁をも掴む気持ちで質問させて頂きます。
よろしくお願い致します。
先天性眼振は3か月ころから現れることが多いようです。
白児症で黄斑低形成があるようなものと、原因がわからぬものがあります。
痛み止めと調節麻痺剤をつけて、近視、遠視乱視を測ったのでしょう。
この眼鏡処方箋の、遠視と乱視はとても大きい値です。弱視の予防には今回のように眼鏡が必要です。
「機械に顎を載せられぬ」場合には手持ちのスキアスコピーという電燈と目の間に手持ちレンズを入れて遠視や乱視を評価します。
先天眼振では乱視は強いことが多いです。
ダウン症であれば、その容貌からもその疾患の存在は推定できます。
おそらく先天眼振では、視力が測定できるようになるころにどこまで視力が出せるか?という点が問題になります、
おっしゃる通り親として出来る事は症状を見極めて、日常生活で気をつけられる事をするのみです。
でもテレビ画面を見させない事、部屋を明るくする事、魚を多く食べさせる事にはあまり意味はないと思います。
眼鏡は視覚の発達を促すためであって、見えないからかけるという近視の眼鏡とは意味が違い、子供の視覚教育には絶対に必要です。
ブログに先天眼振のページをいくつか立ててありますのでご覧ください。

2006年05月27日 103 先天眼振の診断と治療 
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/50531998.html

2014年01月21日 5115 質問箱から:先天眼振です
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54084198.html

2014-03-11 | 1394514272

高眼圧 (質問者:しんぱいっこさんさん)

視野は許容範囲内、しかし眼圧が高いということで2年ほど前から目薬を処方されていましたが、最近セカンドオピニオンで目薬の処方を止めていいという判断を頂きました。
それでこの10日間ほど止めているのですが、それでも心配で他で検査を受け
ましたところ、強度の近眼の場合緑内障の場合とわかりにくいということで、どちらの判断も間違いではないという結果でますます悩むこととなりました。
安全のためということで薬を続けた方がいいのかとても不安です。
ご意見をお伺い致したく、よろしくお願い致します。
処方されていた目薬は、ルミガンとチモレードという薬です。
高眼圧がある場合わたくしは1剤程度を継続的に出します。
視野が許容範囲内としても、いったん開始した点眼を止めたりまた出したりというのも煩わしいと思います。
患者さんがセカンドオピニオンを求めたということはそれなり、不安感があったからでしょうから、止めてよいという意見に従う場合には、従来程度の頻度での経過観察が必要なわけです。
その場合、目薬を出していないと、次の来院の確保が難しくなるというのも私がなにかを使おうとする理由の一つです。
緑内障を特に専門にしない大きな病院では、患者さんの数をとにかく減らしたいので、ご近所の眼科に行ってほしいと言ったり、薬も切れるものなら切ろうとする傾向があります。その点は来て下さるなら何度でもおいでという性向を持つ開業医とは異なるところです。
通院治療の必要性の判断には、統一的な基準があるはずだという思いも当然ですけれど、処方決定には様々なドライブがかかるということはご理解ください。
そのうえで、最も信頼できる方の指導に従うということでしょうか。
お大事に。

2014-03-10 | 1394433211

常染色体優性視神経症らしいですけど (質問者:しゅんさん)

3歳の頃から左0.3右0.2で矯正視力の低下をみとめられました.
眼鏡矯正やメチコバールの内服などをしましたが。
視力の上昇はみとめられませんでした。
初診時より視神経の萎縮が感じられます。
そのほかにあきらかな異常は認められません。
視力を良くしたいのですがどうしたらいいですか。
まず常染色体優性の視神経炎であるかどうかが重要です。
おいで下されば視力、眼底、視野を確かめて、上の恐れがあればその検査が可能な大学を紹介します。
状況に因りますが、OPA1が陽性で常染色体優性の視神経炎ということになりますと、将来はわかりませんが今のところはビタミン剤の使用程度しか可能なことはなく経過観察ということになります。
ただし、洗いなおしてみれば、何か治療可能な腫瘍や炎症のようなものが
見落とされている可能性はありますから、再検査は無駄ではないと思います。
2013年03月16日
4169 日本人の常染色体優性視神経萎縮(ADOA)ではいかなる遺伝子異常が有るのか?
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/53913620.html
もご覧ください。お大事に

2014-03-05 | 1393998992

眼の揺れ (質問者:マリンさん)

生後4ヶ月の子供のことなのですが、生後3ヶ月後半から、黒目が左右に小刻みに震えることがあります。
両目同じ動きをし、かなり早いスピードで小刻みに揺れます。2,3秒くらいだと思います。頻度は一日に3回くらいです。
それ以外はおかしいところもなく、目も合いますし、あやすとわらったり、オモチャを目でおったり、変わったところはありません。
眼震なのでしょうか?痙攣とか?赤ちゃんには珍しいことではないのかよくわかりません。
眼科を受診するべきなのでしょうか?
生後3-4か月までに発生したという点が先天眼振に合致していて、 左右眼が同じ動きを左右にするという点も先天眼振に似ています。
早いスピードであるという点がやや違う印象で、2,3秒くらいしか続かないというのも先天眼振としては非典型的です。
一度眼科医にお見せになって、小児神経科とか耳鼻科医ともそこを通して相談していただくのが良いのではないかと思います。
お大事に。

2014-03-05 | 1393998926

複視の手術 (質問者:K子さん)

甲状腺眼症で複視の症状が出て、炎症や腫れはおさまっているので1年前に眼の上の筋を緩める手術をしました。
術直後は良かったのですが、1週間後くらいから、再び2重に見えるようになり現在は以前と同じ見え方に戻りました。
主治医は眼が上を向きたがっているので今度は下直筋をきつめる手術をしますと予約はしたのですが、術後目があっかんべーをしたように引きつれるかもしれませんと言われました。
手術の予約をしたものの、外見がかわってしまう可能性、さらに1回目の手術のようにまた戻ってしまうかもしれないことを考えるなら、手術をキャンセルしようかと悩んでおります。
術後の眼のひきつれが出たらどれくらい目立つものなのか、教えてて頂きたく思います。
6mm?きつめるとか説明されました。
よろしくお願いします。
甲状腺眼症の斜視手術はなかなか難しいです。
前回も手術直後から複視が出たとしますと、炎症がまだ続いているのかもしれません。
しばらく時間を置く方が良いのかもしれません。普通の眼科医が手を出すようなものではないので、それなり経験も自信もある眼科医が担当してくれているのだと思いますので、担当の先生とよくご相談ください。
筋を後転すると、眼瞼も後退しますが、上直筋に沿って走る上眼瞼挙筋に相当する筋は下直筋近傍にはほとんどない(厳密にはあるらしいのですが、)ので、
それほどの心配はないのかもしれません。現在わたくしは甲状腺眼症の斜視手術は手掛けてはおりませんので、引き攣れがどの程度になるか?という質問にはノーコメントです。
主治医の先生の自信のほどを伺って、手術を受けるか延期するかをお考えください。

2014-03-04 | 1393918073

急に光が十字にのびてすごくまぶしくなる症状について (質問者:ともちさん)

先生こんにちは〜どうか相談にのっていただきたくてメールいたしました

高知県在住の44歳女性です。分娩麻痺上肢障害を持っていて 早産で保育器の中で目に幕を最初し忘れていて?未熟児網膜症→レーザー凝固しています
ひどい鳥目(この間診察では病的ではないと)に近視(左-6.50 右-8)若いときから飛蚊症があり最近光視症も頻繁にでてきました

2010年11月 間欠性外斜視(左目)で手術しました。かなりの術後内斜視の複視(階段も歩けないほどプリズムなり)→2014年秋ほぼ複視なくなる(現在は近視だけのめがね)
2014年2月 ドライアイでヒアルロン酸Na0.3% パタノール ムコスタUD2% 
2014年2月26日 最近寝ながらスマホの画面がまぶしくて見れないときもあったが・・・
この日夜 車のライトや街頭明かりが視界いっぱい十字に長く伸びて前を見れなくまぶしかった(1月にはこんな見え方はなかった)
2014年2月27日 朝 右目1〜2分真っ白になる
2014年2月28日 近所眼科受診 真っ白くなったのはムコスタの残りでは?
看護士さんが眼圧と視力検査(異常なし)光がまぶしいのは気にしないでよいとだけ言われた(特に検査なし)

このような経緯ですがこのまぶしさは本当に気にしなくてよいものなのでしょうか?
なにか考えられる病気はないのでしょうか?
運転はまったく無理で助手席に乗っていても目を開けられないぐらいのまぶしさで友達に聞いてもそんなにまぶしくはならないよ。といわれて自分でも尋常じゃないと感じています。
いろいろネットで情報を集めていますが「副腎疲労症候群」にそのような症状も出る場合があるともみました。(現在副腎疲労の症状が全身に出ていて困り果ていま副腎疲労を見てくれる先生を探していますがみつかりません)          
本当に困っていて・・・先生のご意見をお聞きしたくてメールさせていただきました。どうかアドバイスよろしくお願いいたします。
まぶしさというのは本当に難しい問題です。角膜に傷があっても起きますし、網膜に無理がかかっても起きます。
さらに視神経に問題があってもまぶしく感ずることがありますから、資格に関する経路の障害を順番に一つづつ除外してゆかないと原因にたどり着くことができません。

「Q&A―神経科学の素朴な疑問
 光をまぶしく感じる羞明はなぜおこるのでしょうか?

羞明 photophobiaは、光が強くて不快に感じたり、見えにくい状態になったりする「まぶしさ」を表現する医学用語である。
羞明は正常者においても病的状態においても生じうるものであり、正常者においてはグレアが、病的状態においてはグレアおよびグレア以外の機序が、羞明の原因となる。
羞明が生じるメカニズムには様々な仮説がある。
羞明の脳内経路が解明されておらず、現在のところ明確な答えはないが、主として、視覚入力系と、疼痛に関わる三叉神経系の経路が考えられている。
羞明を生じうる疾患は、眼疾患、神経疾患、精神疾患に大別できる。
眼疾患では、角膜障害や白内障、眼内炎症等で光が眼内で散乱し、コントラストが悪化して視力が低下する。
他に、網脈絡膜疾患、散瞳によるものもある。一方、視路病変を伴わない羞明として、片頭痛や髄膜刺激症状を呈する疾患など、神経疾患に伴うものがある。
また、精神疾患患者でも羞明を訴えることは少なくない。

少し前のこのブログ記事:眩しさを引き起こす疾患(こちらからリンク)もご覧ください
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51516839.html
このあたりを読んでから、眼科医にもう一度お問いかけ下さい。

2014-02-21 | 1392946783

緑内障の進行 (質問者:まるぼーろさん)

10年前に視野検査で、盲点の横二か所に■があり、緑内障のボーダーと診断されました。
その後、予防の為にと、キサラタン点眼薬での治療を続けています。
ずっと、視野欠損の変化も無く、眼圧も14〜16と、維持できていたのですが、昨年11月の視野検査で、若干数■の数(4〜5か所)が増えました。

寒くなってから、眼圧が若干高めになってきたので(17と18)OCT検査を受けたのですが、2年前に撮ったものと比べて、左目の赤い部分が増えていて、進行が認められました。
改めて、中心部分のみのハンフリーを受けたのですが、今の所、視野欠損はありません。

自覚症状もありませんし、欠損箇所も少ない状態ではありますが、OCTの画像に進行が認められるので、もっと眼圧を下げるために、点眼薬を変更すると言われています。

8年間維持できていた視神経が、たった2年で減った原因は何が考えられるのでしょうか?
ストレスを抱えたか?と主治医に聞かれましたが、特にありません。考えられるのは、更年期です。不安神経症や、身体の変調がこの二年、かなりありました。ホルモンバランスや体調不良で、緑内障が進行することがあるのでしょうか?

急に進行したことで、一気に視野が欠けて、失明してしまうのでは?と言う不安で、気が変になりそうです。
担当医からは、OCTが悪くても、大きな視野欠損が認められて無いので、必要以上に心配に思わず、眼圧を下げて行きましょうと言われていますが、眼圧を下げれば、維持が出来るのか?進行が止められるのか?・・・先々の事を考えると、怖くてたまりません。
緑内障というものはそれほど急激に進むものではありませんので、ちょうどその時期に視野の変化が検出され始めたということなのでしょう。
3ないし4月に一度の視野測定ではMD(ミーンデフェクト)の数字を見ます。長期にわたって下落傾向が見られれば危険で、点眼薬剤を増やします。
しかし、点眼指示を増やしてもかなりの患者さんでは点眼指示が守られていない場合があり、それだけでは状態は改善しないこともあって注意が必要です。
わたくしは、それおほぼ同じ期間ごとのOCT検査で視神経の陥凹や神経線維層の脱落を見ます。
いずれもアバウトなものですからその結果には一喜一憂はされない方が良いでしょう。
視野では繰り返し図ると慣れて成績は向上しますが、本質的な改善は少ないと考えられています。
本当に視野が悪化傾向を示すならば、点眼薬を工夫して(日内随時の眼圧で)18程度の眼圧は15以下に本格的に下げるのが良いのかもしれません。
明け方とか、日内のある時間帯のが夏は21を超えているのかもしれませんから。
ご質問を拝見しますと点眼回数は守られている雰囲気ですが、まず大事なのは点眼回数をきちんと守ることでしょう。お大事に

2014-02-19 | 1392774401

眼瞼れん縮 (質問者:青ちゃんさん)

昨年6月末から人と話す時に瞬きが頻繁になったり、屋外で眩しさを感じたりするようになりました。
その後、運転をする時、テレビを見る時なども瞬きが多くなり、悪い時には目が閉じてしまうようになりました。
最初、眼科で診てもらっていましたが神経内科を紹介されて眼瞼れん縮と診断されました。
11月と1月にボトックスの注射をしてもらいましたが効果は実感できませんでした。
特に1月の注射の後は目が閉じがちになりました。
神経内科でアーテンを処方され朝昼晩1錠ずつ飲んでいます。
これについても効果がでているようには感じていません。
次は3月に3回目の注射をしてもらう予定です。
現在、高血圧のため内科でメインテート、ゼストリルを処方されています。
昨年末まではデパス、ドグマチール、タケプロンを服用していました。
1回目2回目と効果がありませんでしたが、このまま3回目4回目とボトックス注射を続けていくことで効果がでてくるものなのでしょうか? 
また、効果がない場合は別の治療法があるのでしょうか? 
よろしくお願いします。
病気の進行は通常よりも早いように感じられます。
脊髄小脳変性など原発性の眼瞼痙攣以外の何かが後ろにあるのかもしれないと感じました。
眼瞼痙攣が眼科の言葉で、眼瞼れん縮が神経内科の言葉ですが、同じものです。
11月と1月のボトックス注射の効果が実感できまなかったのは残念ですが、2割程度の患者さんではそのようにおっしゃいます。
それでもその半数は3か月後に注射をしに来るのですから、全く効かないというわけではないのだろうと考えています。
神経内科ではリボトリールやアーテンが処方されますが、その用量はあまり増やさぬのが良いでしょう。
抑肝散加陳皮半夏もボトックスと併用するのには使い易い薬です。
デパスはベンゾジアゼピンやGABA系の神経電卓系に関与するから眼瞼痙攣にはよくありません。
代案がないのでよくないですが、やはりボトックスはお勧めしますが、
このまま3回目4回目とボトックス注射を続けていくことで効果がでてくるというものでもないと思います。
効果がない場合の最後の治療としては眼輪筋切除は考えられるでしょう。
脳の定位手術もありますが、これはまだ実験段階のものと考えます。
お大事に

2014-02-17 | 1392604079

蚕食性角膜潰瘍について (質問者:つばくるさん)

はじめまして。お忙しい所、失礼いたします。
去年の4月に都内の大学病院で、蚕食性角膜潰瘍と診断され、両目とも外科手術をして頂き、その後、糸状角膜炎、ヘルペスを発症しましたが、1月には点眼薬のフルメトロン2回にパピロックが3回にまで減っていました。

しかし2月に入り充血が酷くなりだした、との事でフルメトロンをリンベタ5回、パピロックは変わらず、という処方になりました。

今後のこともあり、不安の中生活をしております。
どんなことでも。少しでも情報を頂けたらあり難いです。

よろしくお願いいたします。
蚕食性角膜潰瘍は自己免疫性の角膜周辺部を犯す潰瘍です。
清澤眼科医院通信49に 類似の辺縁角膜潰瘍が取り上げてあります。
手術までしたのですから深く潰瘍が中心に向かい、痛みも強い蚕食性角膜潰瘍のタイプのものなのでしょう。

辺縁角膜潰瘍は、角膜の周辺(角膜輪部)に沿って角膜の表面から実質に掛けての細胞浸潤を伴う潰瘍を生じる疾患です。
充血、異物感、羞明(まぶしさ)、痛みなどを伴います。
リウマチや糖尿病に伴うものもあります。
やや専門的に説明すれば、3型アレルギーで自己抗体との免疫複合体が沈着し補体の活性化、好中球の浸潤、コラゲナーゼ分泌を経て潰瘍が発生します。
ムーレン潰瘍mooren ulcerとか蚕食性角膜潰瘍rodent ulcerと呼ばれる中心に向かって深く掘れる強い角膜潰瘍を示すものは別疾患と考えたほうがよさそうです。
白眼(眼球結膜)の角膜潰瘍に隣接した部分に充血があり、角膜の潰瘍の部分はフルオレッセイン色素をつけて青い光で照らして生体顕微鏡で見ると、緑に染まって見えます。
治療は自己免疫現象を止めるステロイド点眼と二次的な感染症を抑える抗生物質の両者を併用します。
角膜穿孔が恐れられる場合には保護用のコンタクトレンズ使用も可能です。
必要なら外科的に周辺の結膜を切除したり、この結膜で被覆したりもしま
す。
輪部から角膜にかけての角膜の表層の移植も選択肢であり、私も少数ですが以
前、東北大学で行って有効であった症例を報告したことがあります。(これを
keratoepithelioplastyといいます)
一般的に述べるとこの程度の説明になりまあす。
大学に行く日にでも寄ってみて下さると、採血なども加えて、もう少し考えた答えが出せるかもしれません。
お大事に

2014-02-13 | 1392274430

眼底出血の治療について (質問者:たかさん)

現在、眼科にて左目が眼底出血を起こしていると診断されて通院中です(2013年10月初めより)。
治療としては内服薬カルバゾクロムスルボン酸ナトリウム錠30mgを毎食後一日3回服用しております。左目で見ると真ん中と下の方が白く霞んで見えませ
ん。
中心部が歪んで見えます。
眼底出血を起こした原因は、内科などで調べましたがわかりません。私の症状は以下の通りです。

血圧は更年期の為かたまに高い時があります。(上140、下100位)通常は上128、下85位。

血液検査は特に異常ありません。(眼底出血を起こしてからも検査しまたが異常なしです。)

35歳位から頭痛が酷い時があり、左目の回りが痛くなり、頭がドクドク痛みます。
眼底出血を起こしてからは血圧計を購入し計測してますが、頭痛が起こる時に血圧が高くなります。眼底出血後に脳のMRIを行いましたが異常なしです。

今年の6月に左目が強く痛み眼科を受診しましたが、その時は特に異常ないとの診断で、視力も変わりなく1.0位でした。それから1か月位してようやく痛みが和らぎましたが、9月半ば位にまた酷く痛み、視力が落ちたように思い、10月に入って眼科を受診し、現在に至ります。
今は、10月頃より見えにくいところが増えている感じがします。
そして、左目だけで見ると歪んで見えるところがあります。
左目の痛みも気になりますが、痛みの眼科的要因はないと言われました。治療は、薬を服用するだけです。これからしばらくしてからレーザーで新しくできた細い血管を焼くと言われました。

痛みと眼底出血は関係がないと言われたのですが、目の痛みから頭痛が起こり、血圧が上昇するので、また眼底出血が起こるのではないかと不安です。
視力が回復する事はないとも言われたのですが、他に治療方法などはあるのでしょうか。まわりに眼科が少ないため、1、2か月位であれば東京で治療に専念する事も考えています。
長くなりましたが、ご回答の程どうぞ宜しくお願い致します。
ご相談を拝見しますと、加齢黄斑変性よりは、網膜静脈分枝閉塞症のことを仰っているのであろうか?と感じられますが、隔靴掻痒の感が否めません。
それであれば痛みはないはずですし、血圧の上昇が出血を呼ぶとも考えにくいです。
お薬も出ていますし、光凝固もできる施設であるようですから、主治医の先生に良く伺って頂くのがよさそうです。お大事に

2014-02-12 | 1392187779

眼窩低骨折 (質問者:nakenakeさん)

ロンドンに在英しております。昨年12月24日、スキー中に谷に落ち、顔の右側を強打しまし、目の下の骨が折れていると言われました。
目も落ち窪んでいます。
病院にて、2か月ほど様子を見ようといわれました。
目の違和感がひどいです。
3月1日に東京の世田谷区に帰国することが決まっているのですが、こちらで早く手術を受けた方がよいのか、日本にて、手術をした方が良いのか迷っております。
また、世田谷区近辺にて、眼窩低骨折の手術をされているよい病院はあるのでしょうか?
外国在住でけがというのは不安でしょう。
眼窩底骨折ですね。
もしかすると眼窩の縁の骨も骨折しているかもしれません。
違和感があるというのは眼窩底にある骨折が上顎の知覚に関連する三叉神経第2枝を挟んだりしているのかもしれません。
切れていれば知覚鈍麻のはずですから、挟んでいてしびれを感じているなどであれば、それを解除する手術の余地があるかもしれません。
発症直後で複視があれば比較的早急に手術につなぎますが、複視が少ないと様子見という判断になることは少なくありません。
この手の手術はそうどこでも行うというものでもありません、受診していただければ手術を含めて診療をしていただける診療施設を紹介いたしましょう。
なお、皆さんがみる掲示板なので、具体的にその町ならどこを受診してみたら、という雰囲気のお答えはこの質問箱ではお出ししてはいません。お大事に。

2014-01-15 | 1389763052

息子 (質問者:匿名さん)

中学二年生の息子が生後3ヶ月頃に先天性眼振と診断され静岡のこども病院へ通ってましたが小学六年生の時に、裸眼での視力が両方で0.6程あるから何処かかかりつけの病院へ通ってもらって大丈夫、と言われました。
その後メガネを作りましたが眼鏡をかけても裸眼でもさほど視力は変わらず…日常生活には支障がないと思っていましたが先日、親子面談で比例グラフを書く時にゼロの所へ点が打てないのと、バスケ部に所属してますが焦点が合わずボールが上手く取れない、と言われました。
すぐに静岡市立病院へ行きました。
先天性眼振と斜視が両方あると診断されました。
こども病院では言われませんでしたが治療方法が特殊だそうで…またこども病院へ行っても同じ対応だったらと不安でご相談しました。
両目でメガネかけて0.7以上ないと免許が取れないそうなのでそれも心配です。
先天眼振では必ずしも視力が1,0は出せません。
子供病院など先天眼振を多く見ている医師にご相談下さい。
斜視が明らかならば治す場合もあるでしょうが、斜視が残っていても手術の対象にならない場合もあります。
確かに運転免許は両眼で見て0,7以上が必要ですから、眼鏡その他の条件を整えて視力を測定してください。
片方の目を隠すと潜伏眼振が出て視力が下がる場合もありますので、両眼解放での視力を重視してもらってください。
お大事に。

2014-01-14 | 1389675412

いくのメンメ (質問者:いくママさん)

生後1ヶ月の男の子のママです。
生後間もなく授乳中に息子の左目の白目に5ミリくらいの大きさの黒いイボのようなものを一つ見つけ、黒目の部分も右目と比べ少し小さくちゃんとした円形をしていないので先日総合病院の眼科で見てもらい、コロボーマと診断をうけました。
今後見えるようになってきても左目の視力は弱い可能性があり、白目にあるイボもとることが出来ないと言われました。
素人の考えかもしれませんが、今後成長する過程で視力が弱いのならばメガネやコンタクトで矯正すれば良いけれど、白目にあるイボだけは目を動かすと出てくるので早い段階で取ることは本当に出来ないものなのか?…と考えていたところこちらのHPを見つけメールしました。
息子は毎日母乳もよく飲みよく寝て泣き声も日に日に力強くなっているので親として出来る限りのことをしてあげたいと思っています。
文章だけではわかりにくいかと思いますが、ご意見伺えればと思います。
実際の写真を見たわけではないので断定はしかねますが、白目の黒い斑点はほくろではないかと思います。
大きくて隆起性のものならば、黒色腫ではないことを確認するという名目で
将来は切除も考えられるでしょうけれど、普通は切除の対象にはならないと思います。
コロボーマは脈絡膜の形成不十分ということですが、眼底がどの程度足りないかによって視力がどこまで出るかは変わります。
眼科医とそのあたりはご相談ください。
ご来院いただければ、そのあたりをお答えできるでしょう。
お大事に。

2014-01-14 | 1389675325

瞼の痙攣について (質問者:マンゴーさん)

よろしくお願いします。
普段ならすぐに治る左側の主に上瞼の痙攣が1ヶ月ほど続き神経内科を受診しました。
「恐らくストレスだろう」とのことで軽い精神安定剤を処方され、その際の効果
はあまり実感できなかったのですが、結局その後3ヶ月程で、ある日ピタリと痙攣が止まりました。
ホッとしていたのですが、半月ほど経ったこの数日、今度は同じ左側の下瞼が軽く痙攣します。
普通にしている時は出ず、強く目を閉じた後の数回に一度ピクピクッとなる程度でかなり軽いのですが、前回の痙攣がかなり不快だったため気になります。
またこの間ごく軽く右瞼にも同様の痙攣があることもあります。
睡眠は足りていますが、目はかなり酷使しています。
気にし過ぎかもしれませんが…脳の異常かもしれないと思うと不安です。
ご教示頂けますでしょうか。
眼瞼ミオキミアである可能性が高いとは思いますが、小脳に行く動脈が顔面神経に触って起きる片側顔面けいれんや、両側に痙攣が起きる眼瞼痙攣、それに安定剤などの長期服用で起きる薬剤性眼瞼痙攣などを考える必要があるでしょう。
いずれにしても、うるさく感ずるならば、ボトックスで抑える治療が可能です。ドライアイが原因のミオキミアならばそちらの治療もよいでしょう。お大事に。

2013-12-05 | 1386206765

視神経炎 (質問者:ぴーこさん)

70歳の母について相談致します 両目の白内障の手術を今年の5月に終えて経過良好でした 11月の初めより左眼に少し黒い影が見えて物が見えにくくなりました特に夜 眼の疲労を感じ 主治医の所で精密検査を受けました MRIの検査結果は特に問題は無く視神経炎疑いとの事でしたが診断がつかない為 大学病院を紹介されましたがこちらでも診断がつかず近くの総合病院に回された結果 同じ診断でしたメチコバールを処方され2週間経過を見る様言われました その時 原因を調べる為の保険がきかない4万円の採血を勧められました 原因がわかれば治療出来るのか聞くと それは判断しかねるので受けるかどうか決めるのは患者だと言われて検査を見送りました 詳しい説明がなされなかったので病院を変えるべきか迷ってます 採血は必要なのでしょうか 宜しくお願いします 
視神経炎の原因の中に、抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎というものがあり、それは通常の保険検査には含まれていないので、特に検査機関に頼んで調べることがあります。
これは横断性脊椎炎を合併する視神経炎なので、それが出たら本人への治療法
は大分変わります。
このほかにレーベル病というのがあって、これではミトコンドリアの遺伝子の中に特定のパターンがあるかどうかを調べます。
これは原因を決める意味と、子孫への同じ疾患の発生の可能性を教えてくれる検査ですが、女性での発生は多くはありません。
これも有料かと思います。
私は相手の医療機関にはご迷惑なのですが、それらの検査をしてくれる特定の友人がいるところに、その検査だけを追加でやってくれるようにお願いするようにしています。
私は、視神経炎の患者さんが来たら、前の医師が何を見ているかは見ずに、すべての採血をこちらの好きな組み合わせですべて取り直させていただきます。
そのうえでMRIとMRAの画像診断も前医の画像はほぼ無視して取り直してもらいます。
前にまだ上がってなかった検査結果が強く変化していたり、ちょっと抜けていた採血検査が陽性であったり、画像にしても取り直したら、前にはないと返事されていた異常が出てきたというようなことは稀ならずあります。
MRI検査はどこで受けても信用できるというものではありません。
信頼できる相手にポイントを指定して頼まなくてはなりません
この場合、ステロイドパルス治療は有効ではない種類の非動脈炎型の虚血性視神経症が疑われていたということでしょうか?
時に、ステロイドパルスが予想外に効くこともなくはありません。

2013-12-05 | 1386206667

脳炎で視力低下? (質問者:心配な親さん)

今年9月に脳炎を発症した19才の息子が
1ヶ月の意識不明後回復して高次脳機能障害の後遺症になりました。
11月から回復期リハでリハビリ中なのですが・・・。
目(両目)があまり見えていないようなのです。
・字がほとんど見えない(大きい字は時間をかければなんとか見える)
・写真は目と輪郭程度は判断できる。
・テレビが全く見えない(1色に見えるようです)
・分からない色がある、黄色は良く見えるらしい・・・
・歩くには不自由ではない。
・動くものは有る程度見えている(バトミントン等は素人程度で出来る)
・眼鏡屋さんで-6.50?の眼鏡をかけても裸眼と変らない。
入院していた大学病院では眼科の各検査では以上なしとのこと。
抗テンカン薬は・・・
・フェノバルビタール10%を0.66mg毎食
・リボトリール0.5mg朝晩2錠づつ
・イーケプラ500mg朝晩3錠づつ
を服用して、てんかんコントロールはできています。
薬の副作用なども気になっています・・・。

脳はMRIでは後頭葉・視神経・潰瘍等は異常が無いとのこと。
他には脳全体に浮腫みが有る。

高次脳機能障害は覚醒時記憶が無かった(幼少期も今現在の記憶も)
今はここ1年前以外は断片的に思い出しています。

主治医は症状は安定するまで様子見ましょうとの事・・・。

このまま様子を見たほうがいいのでしょうか?
それとも早めに見せたほうがいいのでしょうか?

よろしくおねがいします。
あまり聞かないタイプの視覚障害ですが、脳炎の跡ですから何かの変化はあるのでしょうそもそも視力はどの程度あるのか?
視神経には委縮はないのか?
ゴールドマン視野は中心暗点の形なのか?全体狭窄なのか?
などあたりから考えてゆくとよいでしょう。
普通に歩けるならば、眼科の検査をしないで待つ必要はないと思います。
MRIを含む画像診断で、異常が出ないならば、特に頼んで通常の保険診療ではできないPET検査で脳の糖代謝を見てもらい、働いていない部分を特定することが可能かと思います。
おそらく後頭葉の視覚領に広範な機能の低下があるのではないかと疑います。

2013-11-19 | 1384827272

重症筋無力症と診断されましたが・・・ (質問者:よしはるさん)

母(60代)にいての相談です。宜しくお願い致します。
物が2重に見えるなどの症状が出たのでは、3年ほど前。
複数の眼科を受診しましたが、異常はなく、脳のMRIも撮りましたが異常なし。その後、重症筋無力症が疑われ、昨年の12月に神経内科に検査入院。
血液検査などでは、データに矛盾が見られることから、額から針のようなものを通して、神経の詳しい検査(名前不明:とても痛い検査)を行い、「重症筋無力症」と確定されました。
胸腺の腫瘍は無し。
1ヶ月ほどで退院し、通院治療で今に至っていますが、薬(メスチノン)が全く効かず、症状はひどくなるばかりで、外出、階段など、日々の生活に支障
をきたし、読書もテレビも楽しめず、精神的にも疲弊。

今から思うと、2年ほど前の状態が随分ましだったと本人は言います。
重症筋無力症の場合、メスチノンなど薬の服用により、症状は改善されるとききましたが、ひどくなるばかりです。
本当に重症筋無力症なのかを含め、疑問をもつようになりました。
他に似たような症状で考えられる病気がもしあれば教えてください。
筋無力症は複視を起こす疾患の一つで、外眼筋の筋電図などで診断されます。
眼瞼の下垂も伴います。片方の目を隠して複視を避ける場合もあります。
このような場合、わたくしなら複視を起こす疾患を探す採血一式をやり直し、
画像診断(MRI)も自分が信頼する画像センターで取り直します。
筋無力症にはステロイドやメスチノンなどが投与されますが、正しい薬をただしい量投与すれば、眼球運動が正常化するというほど単純なものではありません。
一度受診いただければ、調べなおします。

2013-11-19 | 1384827142

白内障の手術後悪化している眼と頭痛について (質問者:けんさんさん)

初めまして、白内障手術後の経過が悪く、どうすれば良いのか
分からず質問させて頂きました
白内障手術を終え、1年近くが経過しようとしているにも関わらず一向に症状が改善せず
その症状とは 全てがまぶしくみえすぎる、少し歩くとふらつく、
頭が割れそうに痛い、何より、太陽が眩しすぎる為にサングラス、メオガードといった類のもの、
帽子をかぶっていても眩しくて歩けないといった状態が続いております。
そうした症状が出ており手術を行った眼科の方に相談をしても
何も問題がないと診断された為、原因が分からず困っております。
現在起こっている症状を調べていると、レーシックの手術を行って
何らかの後遺症が残ったという方と非常に良く似た症状のようで、
症状の情報を見ていて太陽が眩しすぎる、過矯正、光りの刺激に脳が付いてゆけずに
気持ち悪くなる、頭が痛くなる、目がすっきりしない等とても良く似ている症状が出ています。
白内障は手術をすれば基本的に数ヶ月で良くなっていく、後は後発白内障と呼ばれるものくらいで
他に眩しいといった症状も徐々に治まるといったものが多いので、1年近く経過しても一向に変わらず、むしろ手術前より体の状態が悪くなり非常に困っています。
白内障の手術をする前は多少見えずらい部分があっても普通に歩けていたのが、 手術をして1年近く経過して逆に悪化した為、原因を探っております。
また、近所の眼科等の方に相談にも言きましたが異常は見当たらないと言われております。
大学病院にて脳のMRI検査を行っても異常が特に見当たりませんでした。
この様な状態の場合は、どうすれば良いのでしょうか?

また、現在起きている症状がレーシックによる後遺症にとても良く似ている症状
に思えるのですが、こういった事はあり得るのでしょうか?
宜しくお願い致します。
そうですね、レーシック後の不定愁訴に似ています。
まずドライアイがあるかどうか?あれば、涙点プラグがよいでしょう。
点眼程度ではおそらく変わりません。
次に眼瞼痙攣を考えます。白内障術後の不定愁訴には眼瞼痙攣が混ざっていることも多いです。
3番目は、それまで片眼で見ていた人に無理やり両眼視を強いているような場合です。

2010年08月30日
1631前眼部および外眼部手術の術後愁訴や不満への対応(手術学会シンポジウム演題)
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51604117.html
が参考になりそうです。お大事に

2013-11-14 | 1384392235

交通事故から左側同名半盲 (質問者:しろりんさん)

6月23日 交通事故で車にはねられ、救急病院で左肘、尺骨肘頭骨折、25日手術。
手術後2~3時間、携帯メールを開き、左半分が見えないので携帯の故障かと思ったが目が半分見えていないことに気づき翌日眼科で左右の視野、左半分の損傷。
視神経交差の上、治りません!と。
脳外科に周り脳梗塞性出血と。
やはり半盲に対してはリハビリしかありませんと。
梗塞か出血かの判定に阪大。
脳神経内科に9回の受診。
結論は本人にいっさいの原因因子がないので交通事故による脳出血と断定。
同じく8月28日阪大眼科で視野検査を受けると、右目の左側が凸レンズのようなラインで少し回復。
左目は中央部の上2分の1に半円までではないが回復。
出血が吸収されたものか、半年くらい様子をみましょう、眼科的には方法がないので、と言われた。。
言語訓練師のリハビリを6月入院以来続けています。
10月10日退院、現在は左空間無視・左体感も悪いようです。
視力的には近視・遠視・視野狭窄・弱視が一緒になったような感じです。
左端は見えません。
圧縮されたような見え方で混雑時には急に人が迫ってくるような見え方になり地下鉄、乗り換えが不安です。
本好きでしたので本が読みにくく、長く目をつかうと脳がつかれます。
大阪市内で先生のように半盲の診察や指導に当たっておられる先生はおられないでしょうか?今後どうすればいいのでしょうか?
視神経の切断、回復は本当にないのでしょうか?
外傷を受けたころに起きた右脳の脳出血で左半盲ができ、それが出血の吸収である程度回復を示しているということだろうと思います。
因果関係については、時間的経過程度しか根拠はないので、すでにそれを認定して診断書を出してくださった医師がいるのであれば、それに頼ってください。
視野を見ながら経過観察ということになるかと思いますので、そちらの地方で神経眼科のわかる先生をお探しください。
すでにかかっておいでのO大にもそのような医師がいると思いますので、現在の担当医に一度ご更新願えるような配慮をご相談くださるのがよろしいかと思います。
実際に見ていない患者さんに対して、具体的な名前を挙げて医師を推薦することは、このページの性格上控えさせていただいておりますので、これ以上の助言や推薦が必要であれば、発病初期からの視野コピーとMRIコピー(とくに放射線専門医によるその画像の読み取り文書)をお持ちになって、一度ご来院ください。

2013-11-12 | 1384222797

網膜色素変性症 (質問者:taroさん)

現在17歳の息子が、中学生の頃、網膜色素変性症の診断を受けました。
先天性の難聴もあります。
現在、視野狭窄や視力が悪化し、心配しています。
診断後は、紹介状をもらい、市内の大きな病院と言われる眼科に通っていますが、網膜色素変性症以外の疑いを言われないので、個人的に調べていくうちに
アッシャー症候群ではないかと思っています。
私自身も小さい時から鳥目があります。
アッシャー症候群は、現在調べてもらっています。
さらに調べていくうちに、そちらのブログにもあった
コロイデレミアの可能性もあるのかと疑うようになりました。
コロイデレミアかどうかを調べてもらうには、
そちらに受診すれば特定してもらえるのでしょうか?
母子ともに、どの疾患なのか詳しく遺伝子レベルまで
調べていただくにはどうしたらよいのか、
教えていただけないでしょうか? 
拝見したうえで、遺伝子までさかのぼってみてもらえる病院に紹介することになるであろうと思います。
難聴と網膜色素編成の合併があれば何らかの症候群は考えたいところです。
コロイデレミアは眼底所見がいわゆる網膜色素変性症とは多少違うように思います。

2013-11-11 | 1384137820

小さな閃輝暗点? (質問者:みやびさん)

10年ほど前からごく偶にあった症状なのですが、視界の焦点の所に小さな黒い線香花火のようなものが現れます。
ここ数カ月は頻度も多く、まぶしい所などに行くと出やすいです。
日光下で本など読むと酷いです。
黒いゴマ粒の様なサイズですが激しく点滅しており、数秒で消えますがまた出てきます。
閃輝暗点でしょうか?頭痛はありません。
一日に何度も見えます。両目に見えます。眼を閉じると消えます。
暗いところでは見えません。錐体細胞が悪いのでしょうか?近視は強く眼底検査は最近もしましたが異常なしでした。
近視に伴う飛蚊症または光視症と呼ばれる現象でしょう。
ゼリー状の硝子体が網膜を引っ張っているのかもしれません。
眼底検査を数か月ごとに繰り返し行うというのが定石かと思います。
お大事に。

2013-11-11 | 1384137752

受診に伺いたいのですが遠方のため後押しの一言ください (質問者:毎日ラジオを聞いていますさん)

北陸に暮らす65歳女性です。
5年前の60歳の時に階段で転倒してから三叉神経を悪くしました。
その時は飛蚊症、光視症が長い間毎日のように続きました。
ある時、目の奥も痛み始め、眼科の先生にも見てもらいましたが、
異常がないと判断されたため、何件か眼科を変えて診断してもらいましたが
皆同じような答えしか返ってきませんでした。
しかしあまりにも痛みがひかないため、鍼灸院に相談して針や灸とかで
痛みを緩和することしかできない状態でした。

それから暫くして62歳の頃、眼科医に進められて某A病院を紹介されました。
そこで受けた治療が良かったせいか、これまでの症状が良い方向に緩和され
処方された薬を飲み続けていました。
その頃から少し眩しいという症状が出始めていたのですが、特に気にすることもなく、そのまま、薬を飲み続けて過ごしていました。
しかし、今年に入ってからその眩しさはひどくなり、外出することすらままならず、窓のカーテンも開けることが苦痛に感じるようになってきました。
そこで、この症状が何から来るのかわからないため、別の大きな某B病院に相談に行ったところ、
某A病院で処方された抗うつ薬の副作用が考えられると判断されたため、
自分の意思で抗うつ薬であるドレトミンの服用を止めました。
しかし、服用を中止してからもその眩しさは軽減されず、
今では外の光を浴びれば頭痛がひどく感じるようになりました。
眼帯をはめ、サングラスをしていれば少しは防いでくれていますが、
それでも、窓のカーテンを開くこともできず、一般的に言われる引きこもりのような生活を強いられているのが現状です。
また、このようなことが続いているため寝るに寝れず、夜寝る前には睡眠薬を服用しています。

先生の力で何とか眩しさを軽減できる方法はないものでしょうか?
遠方のため、簡単に受診しに向かうこともままならないので、
先生のところへお伺いできる後押しの一言があれば幸いです。
眼瞼痙攣の諸症状のうちの感覚異常が強く出てまぶしさを強く訴えている可能性があります。
抗鬱役との関連はわかりませんが、うつ病でも身体症状を訴えることがあります。
来て見せていただければその辺を判断してボトックス投与などを行うかと思います。

2013-10-31 | 1383186561

脳回転状網脈絡膜萎縮症 (質問者:えりさん)

英国在住。主人(英国人57歳)が1月前、脳回転状網脈絡膜萎縮症(GA)の診断をうけました。
失明にいたる旨以外説明はなく診断に疑問があります。
稀な遺伝性の病気だそうですが、主人の家系で母方の祖父の加齢黄班変性以外、過去に中途失明者は皆無です。
主人は視野狭窄も夜盲も経験なく、老眼以外、数ヶ月前に始まった視界の歪みのため受診するまで、視覚の不自由なしにすごしてきました。
血中のオルニチン濃度が高いのもGAの特色だそうですが、診断に際し血液検査がなされてないのも不満です。
眼底写真が決め手になったようですが1年半前に眼鏡店で撮った時には異常はみつからなかったのです。
診断後とくに症状が悪化したわけではなく、まだ運転もします。
英国の国家医療制度では、セカンドオピニオンを得るのは困難で、申請手続まえに、以下のことを知っておきたくお教えを請います。
同じ家系の発症頻度は?血液検査の必要性は?遺伝性の高い加齢黄班性の家族がいることの診断への影響は?幼青年期に深刻な視覚障害を発症していない患者にGAの診断がありえるのか?
主人は20代から、クレアチンが欠乏しがちなベジタリアンです。
卵、乳製品、魚はたべます。
クレアチンとGAの症状の関連性は?1年半前に先天性の疾病が眼底写真に現れないということがありうるのか。
GAに関するわかりやすい情報がないでしょうか。よろしくお願いいたします。
眼底にGA様の変化を見て、GAではないということはまれではありません。
視力と視野が網膜色素変性症のような変化を伴っているのでしょうか?
日本においでであれば、自分で見て、しかるべきところに紹介して確定してもらうところですけれど。
遺伝の要素はありますが、おそらく劣性遺伝なので、家族内に似た変化を見ることは少ないと思います。
血中のオルニチンを測定するのは研究機関で行うことです。
一般の臨床病院ではまずできないと思います。
ベジタリアンであることも発症には関係なさそうですね。
とりあえずは時々検査を一般の眼科医に見てもらうということでよいでしょう。
お大事に

2013-10-29 | 1383012801

ハードコンタクトレンズ (質問者:K.Aさん)

乱視があるため、もう20年ほど ハードコンタクトレンズを使用しています。
ただ、左目だけ、軽い痛みがでるようになりました。
(一番最近のレンズ処方は1年ほど前です)
購入したコンタクトレンズがあっていない可能性もあるので
再度、眼科医の検診、処方をうけたいのですが
先生のところでは、ハードコンタクトレンズの処方をしていただくことも可能でしょうか?
そして、その場合、レンズの購入は どちらになりますか?
当医院ではハードコンタクトレンズは扱っておりませんので、どうしてもハードをという場合には近くのハードコンタクトレンズを扱う診療所を紹介させていただくことになります。
お大事に。その旨電話で外来事務にお問い合わせください。

2013-10-28 | 1382943902

緑内障手術後の角膜浮腫 (質問者:メイプルさん)

3か月前、本棚の大掃除をした後、白目がぶよぶよと膨れ、真中に丸い膨らみもあります(腫瘍?)。(ハウスダストとダニのアレルギーがあることはわかっています。)眼科で、クラビットとステロイド(今はオドメール)を処方されしばらくつけていましたが、少しひいたかなと思う状態になってやめるようにいわれたのですが、またぶり返し、しばらく朝晩2回点眼する状態が続いていました。この3カ月に2度出血し、2度痛みを感じて、また3,4回点眼する。
5日ぐらいすると少しひくのような状態でした。
緑内障の手術を受けているので、針で突いて水を出す処置はできないといわれ、大学病院に紹介しても嫌がられるでしょうと言われました。
しばらく前から軽い痛みがあって、ぶよぶよした部分が、広がってきた感じがします。
痛いという人はいないといわれましたが、この痛みは感染症にかかったからなのでしょうか?
すっきりしない状態が続いて、つらいですし、このまま点眼をつづけるしか方法は無いものかご相談したくてメールしました。
よろしくお願いいたします。
角膜浮腫ではなくて結膜浮腫ですが、通常は緑内障手術後のブレッブとはつながらない気がします。
大掃除の後で、ほこりに触れてという原因があったならば、アレルギー性の反応と考えるのが普通でしょう。
ステロイドと抗生剤の点眼が行われて、中央にふくらみがあるということですから、瞼裂斑縁でしょうか。
これは時にこすったりすると結膜下に出血します。
少し強いステロイドでリンデロンAなどに変えて集中的に治療してみてはどうでしょうか?感染は考えにくいと思います。

2013-10-28 | 1382943865

目が閉じている時のまぶたの痙攣について (質問者:リンゴマンさん)

2年半前に統合失調症で入院した時から起こりました。
何かに集中している時、例えばインターネットやゲームをしている時に起こります。
目が閉じた時だけ、まぶたが痙攣します。目が右に回ります。幻聴が聞こえてくる時があります。
今でもその病院に通っています。
ランドセンを飲むと、痙攣が和らぎます。医者が言うには、精神疾患と言います。
光ポトグラフィーを受けても、統合失調症と言われました。
精神疾患なのでしょうか?眼瞼痙攣なのでしょうか?
薬剤に関連した眼瞼痙攣の軽いものが出ているのかもしれません。
痙攣が気になるならば精神科の薬を優先して、ボトックスで痙攣を止めることもできます。
ご相談ください。
お大事に

2013-10-21 | 1382330090

良性脳腫瘍(髄膜腫)摘出後による右目の視野欠損改善について (質問者:たっきーさん)

初めまして。以下ですが、先生のご見解を宜しくお願い致します。私の母(66歳)が、去年9月頃より左目の視力が急激に低下傾向を示し始めた為、近くの眼科を受診したところ脳神経外科を紹介され、市民病院にてMRIを撮った結果、良性脳腫瘍(髄膜腫)と診断され、先週9/3(火)に12時間掛け当病院にて摘出手術をしました。(腫瘍で左目視力神経を圧迫しておりました)本人に術後、目の状態を確認した結果、左目は術前と殆ど変らず(殆ど見えない)、右目の方は術前は視野欠損がありませんでしたが、術後は右目外側に視野欠損が生じている様でした。(右目内側は完全に見えております)先生の清澤眼科医院通信『3046若い脳外科医に示す神経眼科的検査』をご拝見し、安心材料になりましたが、念のため再度この場をお借りし先生へご確認させていただきたいと思います。
●『術後は数ヵ月に渡って視野欠損は改善されてくるのでしょうか?』因みに術前の視力は右1.0左0.2と母親より聞いておりますが、術後については手術して日数経過が浅い為、視力/視野検査は未実施です。
手術していただいた脳神経外科先生曰く暫くし落ち着いたら、視野神経に効くビタミン錠剤を服用していくと言われていましたが、あまり効果は期待できないかもと言われました。現在は術後浅い為、目以外にも時々つじつまが合わない事を言ったり、直近の記憶がとんでしまっている時もあり、心配/不安ですが、徐々に回復していく事を心より祈るばかりです。真面な事を言う時もありますが・・・。
視神経への圧迫性の病変による視野欠損であれば、特に成長の速い脳下垂体腫瘍などでは圧迫期間も短くて、すぐに回復することも多いですが、髄膜腫では視野欠損が長期間の圧迫の結果なので視神経がすでに委縮していて視野欠損が残ることもあります。
今の状況は左の全盲と右の耳側半盲ですね、蝶形骨縁(鞍結節部)の髄膜腫などで出ることのある視野です。
脳外科医師が全摘できたというならば、あとはジタバタせずにのんびりと暮らすのがよいでしょう。長生きできるでしょう。病気療養で廃用性にボケないように日常の生活活動を積極的にさせるのも大事でしょう。
これは、2011年09月25日の「2637 片眼盲と他眼の耳側半盲をきたしたトルコ鞍部腫瘍」に相当しますね。http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/52950809.htmlです。

2013-10-21 | 1382329969

脳内出血における共同編視について (質問者:ろきさん)

脳内出血の視床出血の症状について質問です。
父が視床出血で救急に運ばれて入院したのですが、入院してから1か月目くらいは顔や眼はいつも通り普通だったのですが、リハビリテーションに移った2か月目くらいに見舞いに行ったときの眼が共同編視みたいに寄っていました。
今の父の眼は脳内出血発症前の元の顔に戻っています。
見舞いに行ったとき疑問におもったことは、もうリハビリに移ったのになぜ目が入院直後よりおかしくなってるんだと思いました。
質問ですがこれは脳のメカニズムでこういう過程をたどっているんでしょうか。
患者さんのご家族が共同偏視をご存じとは驚きました。共同偏視は脳幹よりも上位で大脳皮質にある注意(眼球運動)をつかさどる部分の活性に左右差があると発生するといわれています。その解剖学的な説明は古典的なもので今でもそのまま支持されているかどうかは疑問ですが、ワレンベルグの古い教科書によれば、あるいは頭頂葉の角回あたり(後頭眼野、これは患部なある側を向く作用への促進の働き)、あるいは前頭葉の前頭前野(前頭眼野:これは反対を向く作用への促進性の働き)などに血腫ができたりしても持続性圧迫によってその部分の活性が下がって発生するとされています。(わたくしは、そのほかの場所帯状回に原因があって起きた症例の報告もしたことがあります。)出血などではその病巣による刺激があって一時的に機能が亢進することもあります。

画像診断でそれが説明できることもありますけれど、必ずしもそれは症状とは一致しません。リハビリに入ったからと言って、症状が落ち着いたと医師が保障したわけでもありません。興奮性の病変が収まってきてその後共同偏視が消えたのか、抑制性の病変が回復して共同偏視が解消したのか?。病変の候補部位も左右でしかも前頭眼野と後頭眼野と4か所ありますから、にわかに何がどう変化したかは診察してもいない私には何とも言えません。さらに人間の脳はその状態になれて体は左右の均等を取り戻そうとしますので、経験的にも共同偏視はそう長い間(2週間以上)続くものではないようです。

あなたが気が付いたように新たな共同偏視が一時だけ生じたとしら、その時点でMRIなどの画像診断をやり直してみるという手はあるかもしれませんね。そこで問題になりうるのは、保険請求上、そのような繰り返し検査(とその請求)が近い時間間隔でしかも同じ病院で行うことが許されるかどうかということでもありましょうけれども。

2013-10-11 | 1381473610

瞼裏のものもらい (質問者:ピンクさん)

上瞼裏の目頭に黄色いゴマのようなものがあり、それを囲うように油の詰まった物があります。
こちらの眼科さんでは吸収されるからと、言われましたが変わりありません。
その箇所がゴロゴロし、眼球も擦れる感じがあり、一部常に充血する様になりました。。。
そちらに伺い処置をお願いしたいのですが、過去に前埋の経験があるのです。
このままでは不安なので、近日抜糸をするのですが、抜糸前では処置は難しいでしょうか、、、??。
霰粒腫でしょう。
糸の抜歯の前でも構いません切開して内容物を排出しましょう。

2013-10-11 | 1381472497

右目変視について (質問者:しろねこさん)

右目変視について、ご質問致します。
一週間位前から右目の見え方に違和感を感じました。
直線が歪んで見え、点々と見えない部分があります。
見えないと言っても同じ箇所ではなく移動するような感じで見難い症状です。
暗がりは特に見難く感じます。瞬きすると三つの点が残像となり、視線を動かすと残像も移動します。
(症状の出る一週間位前から吐き気を伴う頭痛あり、現状はありません)掛かりつけの眼科で眼底検査をしましたが特に問題はなさそうとの事。
眼圧正常、矯正視力1.0(裸眼0.01)でした。
精密検査が必要で大学病院を紹介されました。
これまでの右目の経緯は強度近眼で、今年四月頃から飛蚊症が顕著です。
以上です。
大学病院に行く前に先生のご意見、アドバイスお伺いさせて頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
強度近視では正常な目に比べて中年になると硝子体が融解しゼリー状の部分が前方に移動しやすくなります。これを後部硝子体剥離といいます。
その時に網膜剥離が起きたり、後部硝子体剥離による飛蚊症が起きたり、あるいは黄斑編成が起きたりします。
そのような症状のいずれかが起きているのではないかと思います。
診断にはOCTが有用ですから大学ではそれを行ってくれると思います。その上で行うのが蛍光眼底撮影です。これは異常な血管ができていないかを探します。
治療は起きている疾患によって違います。
症状に気を付けて早めの受診をお勧めします。
キーワードは近視性黄斑変性でしょうか。
お大事に

2013-09-30 | 1380509080

乳児の先天性鼻涙管閉塞症 (質問者:ところさん)

こんにちは。
生後5ヶ月の乳児について相談させてください。

<経過>
生後1ヵ月ごろから、右目から涙・目やにが目立っていました。
生後2ヶ月に市内の眼科を受診、通水検査をしたところ水が通らないことから、先天性鼻涙管閉塞の可能性を診断されました。

それ以降、2週間おきに通水&目薬(ガチフロ))するも改善ならず。
生後5ヶ月にはいり、目やにからカビが検出されたことから早めの開通を薦められブジーを行いました。
2週間おきに2回行ったものの、涙・目やにの症状は改善されていません。
処置された先生はプチッとした手ごたえはあったような気もするが、症状が改善されていないのであれば、通っていないのかな・・・との診断でした。
ブジーをしたのは10年ぶりということでした。

<現状>
目があかないほどの目やにはないので、目薬はさしていません。
ただ、泣くと右目からのみ涙。目やにも寝起きと1日に数回は出ている状態です。

<今後>
市内病院ではお手上げ、ということで別の民間病院でもみらもらいましたが、
【1歳まで様子見がのぞましい。どうしてもというなら全身麻酔の内視鏡だ】
というように言われました。

カビが出たりもしているので、早く通してあげたい気持ちもあります。
ブジー処置にたけた先生に再度お願いする/1才まで様子見、のいずれかを考えています。

また、先生の病院・東京医科歯科のいずれかを受診することは可能でしょうか。

先生のお考えを聞かせていただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。
涙洗にて今でも通水が通らずであれば、十分な期間のマッサージをしていただき、再度ブジーかと思いますが、ここまでの捜査は麻酔なしで通常は行われます。
1歳を超すと体力的に若い女性では抑えきれないので1歳を超えないように急ぎます。
すでに2度ブジーを行っているということであっても自分の手の中に来てから通水をして見てでないと、次のステップにはすすめません。
ブジーを省略して次は内視鏡の出番かもしれませんが、その場合には全身麻酔が必要そうです。
涙道内視鏡と全身麻酔の揃ったところがあるとは都内でも聞きません。
本当に今でも涙道内にカビが出ているなら早く対応したいですが、カビが継続して出ている例は赤ちゃんでは見たことがありませんので、検査時のコンタミ(混入)を考えたいです。
まず一度見せていただき、必要そうな状況であれば医科歯科大学の涙道専門外来への紹介と受診を考えていただくということではいかがでしょうか?お大事に。

2013-09-24 | 1379990762

黄斑上膜の硝子体手術 (質問者:さおよさん)

矯正視力0.4で黄斑上膜の手術を予定していますが、その際に内境界膜を剥離するそうです。
そのためにインドシアニングリーンという薬で染色する可能性があるそうです。

この薬は重篤な合併症が出る事があるそうでとても不安です。
この薬剤を使っての内境界膜剥離は一般的なのでしょうか?
他の施設でもよく使われているのでしょうか?
硝子体手術を行う施設で有れば、一般的であると思います。
お大事に

2013-09-20 | 1379641971

良性脳腫瘍(髄膜腫)摘出後による右目の視野欠損改善について (質問者:たっきーさん)

初めまして。
以下ですが、先生のご見解を宜しくお願い致します。
私の母(66歳)が、去年9月頃より左目の視力が急激に低下傾向を示し始めた為、近くの眼科を受診したところ脳神経外科を紹介され、市民病院にてMRIを撮った結果、良性脳腫瘍(髄膜腫)と診断され、先週9/3(火)に12時間掛け当病院にて摘出手術をしました。(腫瘍で左目視力神経を圧迫しておりました)本人に術後、目の状態を確認した結果、左目は術前と殆ど変らず(殆ど見えない)、右目の方は術前は視野欠損がありませんでしたが、術後は右目外側に視野欠損が生じている様でした。(右目内側は完全に見えております)先生の清澤眼科医院通信『3046若い脳外科医に示す神経眼科的検査』をご拝見し、安心材料になりましたが、念のため再度この場をお借りし先生へご確認させていただきたいと思います。
●『術後は数ヵ月に渡って視野欠損は改善されてくるのでしょうか?』因みに術前の視力は右1.0左0.2と母親より聞いておりますが、術後については手術して日数経過が浅い為、視力/視野検査は未実施です。
手術していただいた脳神経外科先生曰く暫くし落ち着いたら、視野神経に効くビタミン錠剤を服用していくと言われていましたが、あまり効果は期待できないかもと言われました。
現在は術後浅い為、目以外にも時々つじつまが合わない事を言ったり、直近の記憶がとんでしまっている時もあり、心配/不安ですが、徐々に回復していく事
を心より祈るばかりです。真面な事を言う時もありますが・・・。
髄膜腫に依る視神経圧迫であれば数カ月かかって悪い方の視野が回復してゆく可能性が有ります。期待しましょう。
良かった方の視野が術後に欠けてきたというのは大変気になるところで、早急に眼科医にその理由を考えてもらうのがよろしいでしょう、
このような症状ですと、蝶形骨の縁にできる髄膜腫などが考えられるかと思います。
左右の中央に近いと視神経交叉付近を押して反対側の視神経に影響が出る可能性も有りますが?。

2013-09-19 | 1379558096

脳内出血における共同編視について (質問者:ろきさん)

脳内出血の視床出血の症状について質問です。
父が視床出血で救急に運ばれて入院したのですが、入院してから1か月目くらいは顔や眼はいつも通り普通だったのですが、リハビリテーションに移った2か月目くらいに見舞いに行ったときの眼が共同編視みたいに寄っていました。
今の父の眼は脳内出血発症前の元の顔に戻っています。
見舞いに行ったとき疑問におもったことは、もうリハビリに移ったのになぜ目が入院直後よりおかしくなってるんだと思いました。
質問ですがこれは脳のメカニズムでこういう過程をたどっているんでしょうか。
大脳の出血などによる変化には初期の興奮性の病変と末期の麻痺性の病変が有り、出血初期では興奮性に、末期では麻痺性になります。
大脳上の場所に依って反対側を向く病巣(前頭葉の前頭眼野など)と、同側を向く(後頭眼野)も有ります。
その組み合わせで、患側を向く共同変視になったり、健側を向く共同変視になったりします。
硬膜下血腫などで良く話題になりますが、視床出血は(半盲の原因としては良く論じられますが、)共同偏視のストーリーではあまり出てきません。
このほか脳幹のPPRFがやられると片方を向けなくなります。
リハビリン入る時期でも病態が動いていればいかようにも変わるでしょう。
販促空間無視(右半分の食べ物を残すなどの症状)、半盲(右半分の世界が見えない)などと共同偏視を混同しないことが必要です。

2013-09-18 | 1379479026

先天性白内障と眼振について (質問者:月うさぎさん)

生まれつきの先天性白内障と、眼振を持っています。視力は矯正視力で右は0.3 左0.1前後です。
先天性白内障については幼児期に手術をしており、現在は眼圧亢進があるのでその治療を眼科で受けています。
現在の主治医からは眼振によって視力が出にくいのでは?と言われています。
眼振の治療と検索をかけたところこちらの医院にたどり着きました。
今まで眼振については治療を受けたことがないのですが、大人になっても眼振の治療は有効なのでしょうか?
また、それによって視力の改善や見やすさの改善は図れるのでしょうか?
先天性の白内障が眼振の原因で、その眼振のために視力が1.0に達していないのかもしれません。
眼球の揺れはプリズムを使ったりガバペンチンなどの薬物を試したりしますが、あまりうまく抑えられるものではありません。眼圧が高いという現象との関連は無いと思います。
一度お見せくだされば、検討したいと思います
お大事に

2013-09-18 | 1379479094

脳腫瘍 術後の視力低下 (質問者:hiyokoさん)

6歳の息子の状態についてご質問致します。
先日、右後頭葉に腫瘍が発見され、摘出手術を受けました。
手術により、左の半盲の障害が残ることは説明を受けておりましたが、
手術後から視野だけでなく視力がほとんどでなくなっています。
最初は術後間もないから、と思っていましたが、
明らかに回復してこない上に術前よりも見えていないので、
主治医の指示から眼科を受診し、術後3週間経ってから3日間のステロイドパルス治療を受けました。
(ちなみに脳腫瘍に対して、追加の化学治療や放射線治療は受けていません)
しかし、それから2週間ほど経った現在でも視力の回復は殆ど見られません。
(右:光すら感じない→明るいのがわかる 左:0.01→0.02)
視神経のMRIも取りましたが、視神経には異常はない、そうです。
担当の脳神経外科の先生の話では、
「腫瘍により視神経への血流が悪くなり、視神経が弱って(細くなって?)しまったことが考えられる」
「視神経への血流が戻って神経が回復すればある程度回復すると思う」
とのことでした。

その上でステロイドパルスを受けたのですが、
つい先日にかかった眼科の先生には、
「当初(2週間前)あった視神経の腫れはもうひいている」
「もう一度ステロイドパルスをしても回復するかはわからない」
「このまま回復せず横ばいならばそれで固定」

と言われてしまいました。
現在は、メコバラミンを1日1回と徐々に減らしてきたプレドニゾロンを飲んでいます。

もう諦めて弱視学級や盲学校などで補助を受けながら、
視覚障害者として生活していく術を身につけさせるほうが良いのでしょうか?

なお、現在息子は、視力障害以外の問題はなく、至って元気なので、
退院して自宅で生活しています。(幼稚園はお休み中)

もう諦めたほうがいいのかもしれない、と思い始めていますが、
やはり、何とかできないものか?と思い、質問致しました。

よろしくお願い致します。
後頭葉の障害で片側ならば半盲のはずで、視力が両眼失われているとなりますと、両側の後頭葉に障害が有るのか?或いは視神経であれば両側の視神経に障害が及んだということになります。
手術直前にそれなりの視力が有って、手術直後から両眼の視力がなくなったとしますといささか原因の判断に迷います。
受注前後ではうっ血乳頭が有ったということであり、それが長く続きますと視神経氏縮に陥ることも有ります。
両眼の視野を調べてみて、脳の画像を見なおしてみてのの判断ということになるでしょうか?
おいでいただければ、主治医をこちらに換えるということで話しに、それなりの診察をして意見をお話できると思います。
お大事に

2013-09-11 | 1378867201

眼窩腫瘍 (質問者:けんちゃんさん)

初めてまして、宜しくお願い致します。
61歳の男性です。今年の8月に人間ドックで脳のCT、MRI撮りました。

そこで左眼窩の筋円錐内の表面平滑の1cm大の腫瘍がみつかりました(眼球の後ろ、視神経の耳より側)。
放射線科の診断は血管腫、神経性腫瘍が考えられるとのことでした。

総合病院の眼科専門医を受診しました。
眼科の検査では近視以外に問題なくやはり血管腫が一番考えられるとのことでした。
半年後の造影MRIでいいとのことでした。

受診する前にネットでいろいろ調べました。
血管腫でも手術するとのことで最初はかなり落ち込みましたが、早く見つかったから手術も仕方ないかなと思っていたところ上のような眼科医の説明でした。

やれやれという反面やはり大きくなった時を思うと不安です。
またこの頃は左眼がやや重たいかなと思うようになりました。

血管腫としてこのまま半年後でいいのでしょうか?また1cmのまま無症状でずっといくこともあるのでしょうか?

現在高血圧と脊柱管狭窄症で降圧剤と血流改善剤を飲んでいます。日常生活を含めてアドバイスお願いいたします。
長文で失礼しました。
人間ドックの脳CT、MRIでは良く見つからなくて良いものが見つかります。
最も多いのが脳の動脈瘤です。
小さいものは手術する必要はなし、でもいつか破裂してくも膜下出血になるかもと言われればそれ以上人生をがんばる気力は失われます。
症状のない小さな髄膜腫も取らねばならないかどうか困ります。

この場合も、放射線科の診断は血管腫または強いて挙げれば神経性腫瘍が考えられるとのことですから、
1、悪性でなく、2、疼痛や福祉などの症状がなければ様子見が最善かと思います。
最初に症状が有りきでの受診なら手術も考えますが、眼窩深部の腫瘍が複視等も残さずに無症状のままで切除できるという保証はありません。
1cmのまま無症状でずっといくことが多いのではないかと思います。
日常生活では、ボクシングなどは薦めませんが、自分の好きなことを普通になさるのが良いと思います。
お大事に。

2013-09-11 | 1378866928

長文乱文ですがどうか回答お願い致します (質問者:非常に困っていますさん)

1か月前から両下瞼の痙攣が治らず、神経内科でボトックス打ちました。
まぶしさ等眼瞼痙攣を疑わせる症状は一切無かったのですが、あまりに長く痙攣が続いたため顔面痙攣でないかと不安が募り、注射打つ前も顔がぴくついてましたが、医師に相談しても症状の強い両瞼のみの注射を勧められたのです。
しかし、注射打つ前に瞼の痙攣により不眠になり、今は両瞼の痙攣は注射の効果で治まっていると思うのですが、打っていない部位の顔のぴくつきが気になり顔面痙攣でないかと不安で不眠のままです。
しかし、私は20代で過去に6年程抗うつ薬の常用と抗不安薬の頓用をよくしており断薬し2年経ちますが、去年メイラックスを2週程服用、瞼の痙攣でランドセンを数回服用しました事から、今年眼科で眼瞼痙攣ではと誤診されました。
今まで不眠の症状は一切無く他の不安要素で今まで上記処方されてたのですが、不安が軽くなる事が少しも無く断薬し漢方や環境変える等で不安は無くなりました。
1か月前瞼の痙攣が始まった当日から、去年起きた瞼の痙攣を治してくれた漢方を飲み続けても今回の痙攣は消えませんでしたし、今も服用してますが不眠やひきつけや神経症が効能らしいのに不眠ですし顔がびくっとなります。
しかし、今まで効果感じなった割に副作用強く出てしかも眼瞼痙攣の原因である抗うつ薬や抗不安薬を飲んでしまうと、服用歴長かったし誤診された事も有り眼瞼痙攣を引き起こすのではと不安で飲むのに激しく抵抗しています。
(1)顔がぴくつくのは毎日で、小鼻と頬の接してる所や外顎や唇が多いのですが、神経過敏なのでしょうか、顔面痙攣(両側か、片側+ミオキミア)の可能性は有りますか。(去年のMRIでは左右側とも顔面神経と血管が接していると言われ、接してても痙攣出ない人居るから違うのではと言われました)
(2)上記の私の服用歴考慮した上で、不安もぴくつきも止められる(気にならなくなる)けれど眼瞼痙攣を引き起こさない(出来る限り引き起こすリスクの少ない)薬の名前を出来るだけ多く教えて頂きたいです(ギャバロンはどうなのでしょうか?他上記満たす薬について出来るだけ多く教えて下さい)。
これが今回の最も切実で求めてる相談です。
今まで色々な精神科にかかりましたが簡単に多く薬を出すし、ボトックス打ってもらった神経内科には神経質とあしらわれており、今の私のベネフィットとリスクを天秤にかけ考えてくれる方が居ないので、どうか先生お願い致します。
不安感の強い患者さんであり、ミオキミアよりは原発性ないしは薬剤に関連した眼瞼痙攣の可能性も考えます。
私ならば、眼が閉じなければ注射はあえて致しませんが、眼が閉じてしまい患者さんの同意が有るならばボトックスを打ちます。
リボトリール、アーテン、抑肝散加陳皮半夏も症例ごとに使いますが、
飲み薬は主流とは考えておらず、ミオキミアではない痙攣ならば主たる治療法はあくまでボトックスです。

(1)両側の顔面けいれんはごくまれで、両側に症状が有るならば多くは眼瞼痙攣(口まで動きならばメイジュ症候群という呼び方も有ります。)でしょう。

(2)眼瞼痙攣を引き起こさない(出来る限り引き起こすリスクの少ない)抗不安作用のある薬の名前:私の知る限りありません
眠剤としては、抗ヒスタミン薬で眠り薬に使われているドリエルなどを推す人もいます。

精神科医師はその性質上、向精神薬を使いすぎる傾向が有り、その減薬を求めてもそうは答えて下さらないことが多いです。
神経内科医は内服に頼りたがるように感じられますのでボトックスを打つにも私は眼科医を使うことをお薦めしております。
お大事に。

2013-09-03 | 1378174255

複視の回復期の対処法について (質問者:さん)

半月ほど前に、未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術を受けました。
その後、左目がおかしくなり複視の状態が続いています。
脳外科の主治医によれば、手術の合併症で脳梗塞を発症し、外転神経に影響がでて、複視になっており、治るのであれば、3〜4ヶ月で自然治癒するとのことです。
複視は自然治癒するのでしょうか?
また、その間の対処法について教えてください。

何か改善する為に、リハビリの方法はありますか?
また、もともと強い近視と乱視のため、裸眼でいると、複視感をあまり感じなくて済むため、裸眼でいれる時は裸眼でいますが、外出時などは、そういう訳にもいきません。
その際、
1.通常していた眼鏡で過ごす
2.眼科で応急処置的にフレネル膜プリズム40を貼ってもらった眼鏡で過ごす(ただし実際の眼はもっとキツイので、あっていません)
3.左目に眼帯をして過ごす(目が退化しそうな気がしますが)
のどの状態で過ごすのが、実際の眼の回復のために良いのか、お教えいただければ幸いです。宜しくお願いします。
複視が気になって歩けないならば片眼遮蔽でも良いでしょう。
プリズム眼鏡が使えるならお使いください。
自然治癒するものなら3か月で治ってきますが、それを越えて治らぬなら、それ以上の自然治癒は無いとあきらめてプリズムか、或いはプリズムが掛けられる程度までの手術も斜視専門医に検討してもらいます。
そのあたりが、麻痺性斜視治療のアウトラインだと思います。お大事に。清澤

2013-09-02 | 1378098520

目薬の副作用があります。 (質問者:ayaoyoさん)

母は、一年ほど前、緑内障と診断されました。
その後、タブロス、トラバタン、キサラタンを使用しましたが、目薬を使用すると、めまい、消化ができなくなり、ゲップが頻繁にでるようになってしまいました。
そのため、食欲もでず、体重が7キロ近く減少してしまいました。
緑内障で有名な病院も訪問しましたが、目薬での改善案はなく、
レーザー治療を行いました。
レーザー治療では、数週間結果がでましたが、またもとの眼圧20台にもどってしまいました。
その後、もう一度、レスキュラという目薬も試みましたが、数日後に同じようにひどいめまいと、胃が動かなく、消化できなくなり、母は寝込んでしまいました。
現在の眼圧は、20台です。
何かよいアドバイスがありましたら、お願いいたします。
緑内障の点眼薬には充血や眼の痛みの副作用が有りますが、このような副作用は知りませんでした。
手術という手も有るでしょうが、点眼でこれだけの副作用が有るとおっしゃる方に手術を施すのも危険な気がいたしました。
というわけで、私には今のところ代案は有りません。お大事に。

2013-08-21 | 1377049827

再度、ボトックスについて (質問者:ちえさん)

去年の夏か秋ごろきょきんけんまくを目が開けやすくなるような手術をしたところ、目の奥がギューと固く痛くなり強直性眼瞼痙攣になったのでは?
と受信しまして、るいてんプラグを入れて頂きましたがよけい痛くなり、佐賀大学に紹介状でボトックスをと言われ行きましたが、プラグで痛くなるくらいだからボトックスなんて強い注射はうてないと言われました。
デパケンなどのGABAを増やしてんかん発作をたすける、神経を落ち着ける薬でまあまあましになり、トラムセット鎮痛剤とマイスリー 睡眠薬を一緒に飲むと結構効きますが耐性ができてます。
そこで、ボトックスを打って今までよけいに痛くなる例はありましたでしょうか?痛くなった場合の対処法はありますか?
のたうち回るくらいたい日もあります。ボトックスを打ってみたいのですが、プラグで痛いなら強いボトックスは危ないと言われ迷ってます。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。
私なら、他の条件がそろえばボトックスをお勧めすることが有るかもしれませんが、このようにお話して、難しい患者さんではボトックス投与を患者さん側から辞退させようとする医師が多いのではなかろうかと思います。
医師サイドとしては、解決策ではあるかもしれないが、良い結果が出ないときの結果は患者さん自身の負担で、ということにならざるを得ません。
お大事に。

2013-08-21 | 1377049665

最強度近視です (質問者:たくさん)

中学生の頃からハードコンタクトレンズで矯正しています。
現在右目-13.75 左目-13.25のレンズを使用しています。
最近さらに近視が進み、長時間レンズを使用するのが厳しくなってきています。
レーシックやレーゼックはどこのクリニックに行っても断られます。
視力を回復するのはむりでもこれ以上近視が進まなくなる方法はないのでしょうか?
これ以上の近視進行を止めるわけではありませんが、眼内コンタクトレンズというものが有って、通常のレーシックで削れない人に対して行っているという話は聞いたことが有ります。
但し、その方法が良いといて私がお勧めしているわけではありません。
今後も近視の度が進み合わなくなる可能性が有ります。
お大事に。

2013-08-19 | 1376880674

眼窩炎症 (質問者:バンコク在住さん)

12/12/3事件に巻き込まれ両瞼にメンソールのような薬品を塗られた。2日後左眼に軽い炎症を感じ抗生物質の点眼薬を処方されるが瞼は赤く腫れる。病院を変える。ステロイド軟膏を処方されるが酷くなる。医師は原因を説明できない。12/14ステロイド剤6錠を処方され翌日腫れはなくなる。1週間1錠ずつ減らす。12/23再発。眼科専門病院に変える。ここは日本語通訳がいない。説明はすべて英語。医師は神経眼科の専門医。眼窩の炎症という。12/30ステロイド治療がまた6錠から始まる。13/2/15まで減量に従って一進一退が続く。3/12錠の段階で腫れが再発それに左眼球の端に水が溜まったような異物感。ステロイドは再び6錠に戻される。ステロイド点眼で異物感は治まる。4/16まで順調回復して1錠まで減らせていた。その日薬を飲み忘れた。翌日異物感再発、腫れはないが眼球を動かすと鈍痛が走る。再度5錠に戻る。異物感と鈍痛は消えたり現れたり。5/30医師の勧めでOrbitのCTスキャンを受ける。異
常なし。医師はただの「炎症」という。ステロイド治療を続ける。6/8風邪を引く。翌日から鼻から目にかけてがまんし難い痛み。このときステロイドは2錠。鼻が原因だと重い耳鼻科で蓄膿症のレントゲンを受けるが異常なし。ステロイドは増やさないで解熱鎮痛剤で痛みを抑える。7/6物が二重に見える。先生のサイトで両眼性複視とわかる。片目では歩けない。しかし主治医は予約でいっぱい。タイで一番優秀という病院へ行く。医師はMRIと糖尿、甲状腺の血液検査を勧める。7/19検査の予約。取敢えずステロイドは7錠に増やす。7/16複視は治まる。しかし検査には行く。結果は3つの検査とも異常なし。(すみません、英語です。)MRI OF BRAIN Comparison
study: None Finding:The study reveals a small track of hyperSI on T2W and Flair at right cerebral peduncle without restrictive diffusion.
Impression:No detected intracranial mass, recent infraction, or hemorrhage.
Small track of abnormal hyper SI on T2W and right cerebral peduncle, may be ischemic region.
しかしその医師は治っているならもういいと感じでMRIの結果も紙のレポートだけを見て原因を聞いてもわからないというだけ。眼球奥の痛みを訴えるが頭痛薬を飲むようにと。主治医のアポがとれて8/2これまでの経過を話す。主治医は複視も痛みも炎症から来るものものでそれ以外の(深刻な)ものではない。ただ私の炎症はしつこい(この日本語が正しいか)。ステロイドは6錠に戻して2週間6錠あとは1週1錠減量。今回からイムランという薬を追加するといわれた。そのとき肝臓に副作用出るかもしれないから肝臓の検査をするようにといわれた。この病院には検査設備がない。
現在イムランを飲み始めて1週間。今は少し軽減したが異物感と鈍痛は消えたり出たりを繰り返す。いかんせん海外ということでなかなか思うように治療が進まないし医師の説明も理解できない。聞きたいこともうまく聞けない。病名すらわからない。本当に今の治療が正しいのか。他にいい治療があるのか。イムランの副作用は大きいとネットにはあるが本当のところがわからない。ただ今すぐ帰国はできないから今の主治医の指示に従うしかない。藁をもすがる思いでここに御相談させていただいている次第。日本にいればこんな思いをせずすぐに来院して診て貰えるのにと。
12月まで様子を見て埒があかないようなら帰国して来院して御相談させていただきます。(文字数制限のため本文「です・ます」省略しました。)どうぞどんなことでも結構ですからアドバイスいただけないでしょうか。長々と申しわけございません。
非特異的な眼科炎症(眼窩炎症性偽腫瘍、または同じものに対して眼窩筋炎と呼ぶことも可能ですが)を考えやすい状況ですが、
甲状腺眼症も除外が必要です。
ステロイドやイムランまでお使いですから、それなりに強い炎症が起きているのでしょう。
此の状態ならば、イムランはそれほど危険ではないでしょう。
類縁疾患ですから悪性リンパ腫の可能性も考えてみるべきかもしれません。
最初の事件との関連はなさそうです。がんばってステロイドの適量を探してもらってください。
私にはそこまでの経験は乏しいですが、放射線を使う経験のある医師であれば、次には放射線治療も考えるかもしれません。
お大事に。
清澤眼科医院通信 2006年07月14日
122 外眼筋炎(眼窩筋炎) の治療 も参考になさってください

2013-08-16 | 1376618667

視野欠損と動眼神経障害 (質問者:サリーさん)

今年1月に妊娠高血圧から脳出血を起こしてしまい、後遺症で左の片麻痺と動眼神経障害と視野欠損が残ってしまいました。
体の麻痺はリハビリを頑張って付き合っていく覚悟は出来そうですが、視覚障害が、様々な問題のもとになってます。
少しでも「見やすい」状態にもっていきたいのですが、脳外のリハビリドクターからは経過観察だけ言われて月一回の診察の時も何のチェックも話も出なくなってしまいました。
以前目は専門外と言われてしまったので、そろそろ発症から半年経つので、眼科の診察を受けたいと思ってます。
最近は前より視野欠損が気になるようになったり、複視のダブった映像が濃く見えてしまったり、目からのストレスに悩まされています。
なんとか改善する方法はありますでしょうか?
妊娠に依る高血圧で脳出血が有り、視放線にかかっているので半盲が有り、視床あたりで動眼神経が影響を受けているのかもしれません。
視野とヘスチャートを取って、回復の有無と複視の対策としてのプリズム作成などを考えればよいのだと思います。
眼科も受診してみてください。
おいでくだされば対応を考えます。
お大事に

2013-08-12 | 1376281994

小学生の強度近視 (質問者:yurihahaさん)

現在小学5年生の女子です。
5歳で強い乱視と遠視での弱視疑いと診断されて、病院で処方された眼鏡を常用してきました。
その後、矯正視力1.0が出ているので、現在は弱視ではありません。
ただ、8歳頃から近視となり、11歳まで毎年、マイナスで表示された度数が-1ずつ増えています。
H20.4月(5歳)で処方された眼鏡は右S+2.0、C-3.00 180 左S+1.25、C-2.00 180、H21.1月で裸眼右0.6、左0.7で矯正視力どちらも1.0で、市民病院の主治医が転勤のため、近所の個人病院を紹介してもらいました。
転院後の眼鏡は瞳孔を開かず検査して作ってありました。
以下も眼鏡の処方箋の数字です。
H22.5月(8歳)右S+-0、C-3.0 180 左S-0.75、C-2.0 180、
H23.3月(9歳)右S-1.25、C-2.5 180 左S-2.00、C-2.5 180、
H24.6月(10歳)右S-2.25、C-2.5 180 左S-3.0、C-2.5 180、
H25.6月(11歳)右S-3.25、C-2.5 180 左S-4.0、C-2.5 180です。
眼鏡は矯正が弱めにしてあるので、今の近視は-6.0(7月に別の病院で検査したとき)で、裸眼で0.04から0.06です。
眼鏡の常用がよくないと聞いたのですが、今や眼鏡がないと生活できません。
近視の進行が早く、このまま毎年-1ずつ進行するとどこまで進むのか、また、親の私も中学生から近視となり、今は-9.9と-7.8の強度近視で遺伝での異常がないかも心配です。
強度近視外来で遺伝による眼球の異型がないか検査が必要でしょうか。
また、オルソケラジーが近視進行抑制に利くと聞いたのですが、うちは無理な度数なので、オサートであれば子供の成長期での進行を緩やかにできるものでしょうか。
コンタクトレンズは角膜の上皮内細胞を減らすとも聞きます。
夏休みに東京の行度近視外来の病院やオサートの病院へ行くべきか大変悩んでおります。
何とか子の視力を守りたいのです。
どうか先生のご意見を伺わせてください。
よろしくお願い申し上げます。
ポイントに個別に答えます。

強度近視外来で遺伝による眼球の異型がないか検査が必要でしょうか。
ーーーこの計測は一般的ではないと思います。TI大学の強度近視外来を訪ねても一般患者すべてには行わないかと思います。

オルソケラジーが近視進行抑制に利くと聞いたのですが、うちは無理な度数なので、オサートであれば子供の成長期での進行を緩やかにできるものでしょうか。
ーーー私もオルソの適応を子供にまで広げるのには反対ではありませんが、ー6Dより強い度数まで広げるオサートに私はついてゆけません。薦めません。

コンタクトレンズは角膜の上皮内細胞を減らすとも聞きます。
ーーーこの点の心配は、あまりしなくて良いと考えています。

夏休みに東京の行強度近視外来の病院
ーーー私の知っている大学では、午前中受付の一般外来を受診してからやっと強度近視外来新患の申し込み資格が生じますが、その後の新患検査待ちは2-3か月ではないかと思います。
大学に直接来て下さっても、この待ち期間の時間短縮は出来ないので、事前に様子をお聞きになる電話を大学眼科の外来にお入れになるのをお勧めします。

オサートの病院へ行く
ーーーこの方法を行っている方は眼科学会から見ますとアウトサイダーですから、日本眼科学会の見解ではこの方法に関しては否定的なようです。全くお勧めしません。

何とか子の視力を守りたいのです。
ーーーお気持ちは良く解りますが、あまり奇妙なものには手をお出しにならぬ方が良いと思います。お大事に。

2013-08-05 | 1375677119

眼瞼痙攣について (質問者:takaさん)

3年程前から、眼瞼痙攣と診断され、3.4ヶ月に1度注射を打っていただいているのですが、先生のホームページ等を見て、漢方の抑肝散のことを知って、大変嬉しく思い、前向きに取り組みたいと思っているのですが、現在通っている眼科の医師に、言ってみれば、処方していただけるのでしょうか?
3.4日後に打つ予定でいるのですが、併用しても問題はないのですか?
返信頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
効果にそれほどの期待はしない方がよいでしょう。
抑肝散加陳皮半夏 7.5g一日分三で 処方疾患は神経症の病名が必要ですが、試しに処方すると、飲み続けたいという患者さんがいます。
しかしボトックスの回数などが変わるほどの効き眼が期待できるわけではありません。
もともとの眼瞼痙攣の病名では通りませんから、処方するかどうかは担当医の考え次第です。
なお、西洋医学のアーテンやリボトリールには眠くなるなどの副作用とそれ以上に習慣性が有りますので使う場合にはご注意ください。
お大事に。

2013-08-02 | 1375405294

眼瞼痙攣 (質問者:みささん)

はじめまして、母(74才)のことで相談です。
去年眼瞼痙攣と診断され、薬を処方されましたが変わらず、ボトックス注射を3回やりました。
注射後、2.3週間は良くないのですが、その後は大体は良いのですが、その日によって悪かったりします。
ボトックスでもこんな感じなのでしょうか?
あとボトックスはそんなに何度も出来ないような話しも聞きますので手術をした方が良いのでしょうか?
遠方ですので、清澤先生に手術をお願いした場合、術前と術後の通院日数と入院日数を教えて頂きたいのですが、よろしくお願い致します。
眼瞼痙攣はボトックスで抑えるだけで、完治を目指しているわけではありませんので3月に一度くらいの注射に持ちこめていれば、それはそれで成功です。
手術としては、眼の周りの皮膚を筋とともに切除する眼輪筋切除手術が行われますが、これは行ってもひどい収縮が弱まるだけで、ボトックスを打つ周期は長くはなりません。
1週間弱程度の入院期間行い、大学の形成外科の慣れた特定の医師にお願いすることになります。
重症の患者さんには、眼が開きやすくなったとして、その結果には喜んでいただいています。
また、痙攣が片側の場合に行われるのがジャネッタ手術で、この場合には神経と血管の間にシリコンスポンジを挟む処置を行います。
ご検討ください。
お大事に

2013-07-30 | 1375152185

視神経萎縮について (質問者:さぁさん)

はじめまして。姉(41歳)のことで相談させてください。昨年から視力が下がる、視野が狭くなるといった症状が出始め、近隣の眼科医院と、総合病院の眼科にて検査を受け、その後大学病院を紹介され、脳外科と眼科を受診、検査し、原因不明の視神経萎縮と診断されました。当初脳の手術が必要と言われましたが、その後の検査で必要がないとの診断で、経過観察となりました。
現在は特別な治療はしていなく、何か症状が出たらまた診察に来てくださいといった対応だったそうです。
姉は心配性な性格でもあるため、このまま様子をみていて大丈夫なのだろうかと日々考えているようです。また、最近はまた視野が狭くなって、中央部分の視野欠損もあり、何をするにも億劫になってしまっているとの訴えがありました。
視神経が萎縮すると元に戻らないと言われて、姉の現状を私達がどの様にサポートしていくのが良いか、家族で日々考えておりますが、これ以上症状が進まないように何か出来ることがありますか?アドバイスいただけたらと思い、投稿しました。
よろしくお願いいたします。
視神経委縮の原因が何であるかが問題です。
確かに誰がどう調べても原因が決まらない視神経委縮も有りますが、そこが決まらないことには対策の打ちようが有りません。
気が済むまで調べるほかないと思います。

2013-07-30 | 1375151932

緑内障 治療薬による角膜炎 (質問者:sun-childさん)

 セカンドオピニオンを頂きたく宜しくお願いします。

 現在49歳。7年前、会社健康診断の眼底検査で緑内障を懸念され、総合病院で検査。正常眼圧緑内障と診断され現在まで治療中です。デュオトラバで当初眼圧20を現在は10近辺まで降下している。

 しかし、視野欠損が進行(左目中度〜重度、右目軽度)しており、昨年秋にアイファガンを追加。その直後より、ハードコンタクトをしていると「チクチク」とした痛みが出る。装着不能となりコンタクトレンズ店最寄りの眼科で検査すると角膜がササクレだっておりコンタクトレンズの装着は無理とのこと。その後1ケ月メガネで過ごし再検査すると角膜は治癒。再度コンタクトレンズを使用するも数日で角膜のササクレによる「チクチク」に悩まされる。

 総合病院でアイファガンの影響を申し出て一時中断していただいた後、コンタクトレンズを装着すると問題なくここ3ケ月が過ぎました。

 本日総合病院で半年に一回の視野検査をすると更に進行しているのでアイファガンを奨められる。治療は大事で理解できるのですが、強度近視-10〜-11のためメガネだけでは仕事にいろいろと支障をきたすため非常に悩んでいます。

 かかりつけ医によるとアイファガンによる角膜のササクレは問題報告がないので何とも言えないとのこと。

 ここでご相談があります。

1.デュオトラバとアイファガンの相性の問題は考えられますか
2.アイファガンによる角膜のササクレはお聞きになったことはありますか
3.デュオトラバはコンタクトレンズ「未」装着時の就寝前に点眼、アイファガンはコンタクトレンズ装着時の午前と夕方に点眼していましたが、コンタクトレンズ装着時の点眼が何か影響しているとは考えられますか
4.病状が悪化している左目だけアイファガンの点眼を指導されましたが、片目だけの点眼は効果はあるのでしょうか
5.デュオトラバだけでも眼圧は下がっていると思われる中、アイファガンにはどのような期待効果があるのでしょうか

 非常に悩んでおります。是非忌憚ないセカンドオピニオンを宜しくお願いします。
まず、緑内障治療薬は良く結膜炎や角膜障害を起こします
1.デュオトラバとアイファガンの相性の問題は考えられますか:聞いておりません。
2.アイファガンによる角膜のササクレはお聞きになったことはありますか:特には聴いておりません。
3.デュオトラバはコンタクトレンズ「未」装着時の就寝前に点眼、アイファガンはコンタクトレンズ装着時の午前と夕方に点眼していましたが、コンタクトレンズ装着時の点眼が何か影響しているとは考えられますか:コンタクトレンズ装用中の点眼は薦められてはいませんけれど、それが原因とは考えません。
4.病状が悪化している左目だけアイファガンの点眼を指導されましたが、片目だけの点眼は効果はあるのでしょうか:眼圧が高いとか、視野進行が有るというならば、片眼への使用も考えられると思います。
5.デュオトラバだけでも眼圧は下がっていると思われる中、アイファガンにはどのような期待効果があるのでしょうか:更に下げようとしているのかと思いますが。それとも追加的な神経保護効果を狙ったのでしょうか?
異常拙いご返事で恐縮ですが、一般にハードコンタクトを使いながらの緑内障点眼はなかなか困難です。

2013-07-17 | 1374028894

先天性無虹彩 (質問者:まっちゃさん)

2歳の娘が先天性無虹彩と遠視で、大学病院で生後4ヶ月頃から治療を受けています。
現在は、遮光眼鏡による遠視矯正を行っています。
担当医によると、虹彩付きコンタクトレンズをつけるのはなるべく早いほうがよいとのことなのですが、娘の眼球は小さくコンタクトレンズはつけにくいようです。
無虹彩の場合、コンタクトレンズは何歳何ヶ月ごろからつけるのが普通なのでしょうか。
視力形成の臨界期とされる2歳から3歳頃の間なのでしょう か?
また、3歳をすぎてつけても効果があるのでしょうか?稀な症例で成長の個人差も大きい時期なので一般論はないのかもしれませんが。
また、最小の虹彩付きコンタクトレンズの大きさはどのくらいなのでしょうか?
日本では外資のシードというメーカのもので虹彩径9.5mmのものがあるようですが、アメリカやヨーロッパではもっと小さいサイズのものがあるのでしょうか。
例えば、コンタクトレンズを小さく加工してもらうオーダーメイドは可能なのでしょうか。
2歳児にコンタクトレンズをつけるとなると、抵抗して暴れたりしてつけにくいと思います。
目薬の点眼でさえ大変です。何か良い方法(例えば、何らかの訓練によって子供を暴れないようにするなど)はないのでしょうか。
大学病院の先生でも稀な症例らしく、扱ったことのないようで、説明が2転3転することもあります。
先生のホームページを拝見し質問させて頂きました。
何卒よろしくお願い致します。
シードは日本のコンタクトレンズメーカーです。
国内で入手できる虹彩付きコンタクトレンズは今はこのメーカーだけかもしれません。
アニリディアでは虹彩付コンタクトとすぐに結びつけますが、人の網膜は光に順応するので、初めから無虹彩の人は、他人が思うほど本人にはまぶしくはない可能性もあります。
無虹彩では網膜の黄斑が低形成である場合もありますので、主治医にお確かめください。
コンタクトレンズは困難でも、眼鏡なら2歳でも見やすければ自分で手に取ってかけたがりますので、まずは遠視と乱視成分を合わせた眼鏡を作るのがよいかもしれません。
それはすでになされているのでしたね。
お大事に

2013-07-17 | 1374028826

黄視症のようなのですが (質問者:ぽーさん)

清澤先生
昨年の11月頃から,寝起きに周囲が黄色がかって見えるようになりました。
ネット検索によると,黄視症のように思えてなりません。
1月には某総合病院にて,色相配列検査等の色覚検査,中心フリッカー試験を行いましたが,色覚,視神経ともに異常ありませんでした。
また担当の医師がいうには,一次的に色が変わって見えるのは,
眼科領域ではないとのことでした。
黄視症というものをご存知ない様にも感じました。
その後,他の用件で血液検査を受けることがありましたが,
貧血はなく,その他の値でも問題はありませんでした。
ただ脈圧が低いことと,不整脈(頻脈および期外収縮)がある
ことは指摘されました。
頻脈(100をわずかに上回る程度)は数年前からあり,
期外収縮はここ3〜4カ月の間に目立つようになってきました。
尚,継続して服用している薬はありません。
住まいが一時的に変わることがありましたが,
そのような環境変化があっても黄視症(?)の変化はありませんでした。
黄視症で困ることは取り立ててないのですが,
失明等につながることはないのかと心配になっています。
また徐々に変化をみせているような循環器との関係も気になっております。
私のような症例で,黄視症以外に考えられるものがありましたらお教えください。
お手数おかけし恐縮ではございますが,
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
循環器の疾患をお持ちのようですが強心性配糖体のジキタリスは使われてはいないでしょうか?
この副作用には黄視症があるそうですが、患者さんが黄色がかって見えるという場合、通常の色覚検査は正常になりそうで、どのように検査すればそれが確定
できるのかを私は知りません。
視野が黄色く見える「黄視症」はジギタリス中毒の典型的症状
http://ameblo.jp/genetics-japan/entry-11286638323.html
という記事もあることはありますが。
お大事に。

2013-07-16 | 1373944984

オルソケラトロジー5年目 (質問者:青いクッキーさん)

夜7時間ほど装着で、朝一番で検眼しても右0.3左0.6しか出なくなりましたが、2か月に1回の検診では「まあいいでしょう」という感じですがよいのでしょうか?また、コンタクト装着時に装着液の前にベノキシールを点眼するのですが、これは常用していて大丈夫なのでしょうか。
普通のハードレンズ装着には使用しないようですが、なぜ、オルソだとベノキシールがいるのでしょうか。
通院している病院は大混雑で質問のきっかけさえなかなかつかめないもので、教えていただけると嬉しいです。お願いします
私もオルソケラトロジーには興味を持っており、それが世間で広く行われるの
に合わせて導入を考えておりますが、実際にはまだ行ってはいませんので、この質問にお答えするほどの情報を持っていません。
1)ベノキシールは麻酔剤、毎日装用前に付けるという話は聞いてはいませんでしたので、それで本当に良いのかどうか標準的な使い方なのかどうか?
「標準的ではないが、痛いというので使わせている」ということであれば、「オルソ使用には適さない患者さんである」ということなのかもしれません。
担当医にお確かめください。
2)翌朝の視力が0,3というのは何らかの理由で良い視力が出てないということと思います。
今お使いのレンズの度数で換えなくても良いのか?を担当医にお聞きください。
3)又、認められている矯正度数には限界が有りますが、その度数を越える強い矯正をしようという無理な矯正をしようとしているのではないかも気になるところです。
4)14歳というのは日本眼科学会の基準からすると年齢が若すぎで、規格外、認可外と思います。
しかし、「将来強度の近視になることを避けるため」、「医師の裁量権」
に基づいて行う、というパターンですから、担当医師には通常の患者さん以上にしっかりとした説明をする義務が有るケースです。
お大事に。

2013-07-05 | 1372986922

スーパーライザーを使っての緑内障治療 (質問者:2児のパパさん)

正常眼圧緑内障にて都内の眼科で3か月毎の検診を受けています。(キサラタン、エイゾプト、アイファガンを点眼中)
インターネット上でスーパーライザーの緑内障治療の情報を得ました。
緑内障の発生主因を血流障害であることを前提にした治療のようですが、失われてしまった視神経は別にして、スーパーライザーを使った治療が

●緑内障の進行をスピードダウンする作用があるのか
●その他何か緑内障治療全般に寄与することがあるのか
●効果があるとすればどのくらいの頻度で治療を受けるとよいのか

教えていただけますでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。
私はこのような治療についてはお勧めはできないと思います。
その有効性に対するエビデンス(有効性に関する根拠)がないと思われるからです。
私の不勉強でしたらごめんなさい。

2013-07-05 | 1372986844

回旋性眼振、めまい、視力低下、眼精疲労。 (質問者:むっくんさん)

回旋性の眼振治療のため、2ヶ所の福岡市内の大学病院に各1週間ずつ検査入院をし、神経内科、眼科、耳鼻咽喉科で詳しく検査をしましたが、2病院共何処にも異常は見られないとのこと。
2つわかった事は、5歳の時に4階建てのアパートの屋上から落ち、大ケガをした事がありその時の前頭部に脳挫傷のあとがあるとの事。
自分では気がつかなかったが両耳側半盲であった事がわかりました。
2病院共その時の後遺症だろうとの事です。
現在の医学では原因が特定されないので治療不可と言われてしまい、とても生活上困ってます。
たとえば下る方の段差がよくわからず、2回地下鉄の階段の上から下まで落ちて怪我をしたり(服はボロボロにやぶれ)、何回も転んで怪我が耐えません。
何かいい治療方はありませんでしょうか?先生助けて下さい。
宜しくお願いいたします。
昔の外傷が有って、両耳側半盲を残している。
回旋性の眼振があって今のところ治療法は見つからないというわけですね。
私のところにおいでいただいても、これという治療法が有るわけではありませんが、ガバペンチンを試してみることができるかもしれません。
その薬剤は、眼振の治療に稀に有効なのですが、当医院では月に一度の山田先生の外来で集中的に試していますのでもしおいでになるならば、神経眼科の山田先生の予約枠を電話していただき探してください。(この枠は完全予約制です。)
MRIはできたら借用してきてください。
お大事に。

2013-06-25 | 1372125346

むち打ちによる視力障害 (質問者:シュミさん)

症状は2010年11月に交差点で私の後ろの車が追突した時から。
1年位整骨院に通いましたが、症状固定で未だに治らない視力障害で先生のホームページを見つけメールしました。
眼科は最近行きましたが、特に異状ないといわれました。
でも、目が常に疲れてますし、ピントも合わなく眼鏡やサングラスかけると、鼻の辺りが重苦しい感じになります。
パソコンや資料を見ると目がすごく疲れて瞼が下がってきます。
輻輳障害も今回初めて知りましたが、私もそうです。
何かいい薬や方法があったら教えてください。
宜しくお願いします。
残念ですが、むちうちの後遺症に効く薬も手術もありません。
斜視があれば眼鏡を合わせるくらいでしょう。
近方に焦点が合わねば老眼鏡的な眼鏡を作ります。
加害者側から何らかの補償金を取るというのではなく、前向きに自分の人生を生きてゆくという自覚が早々に持てないと、病気は長引くことでしょう。
お大事に。

2013-06-25 | 1372125285

交通事故による上斜筋麻痺 (質問者:かあさんさん)

平成23年交通事故で頭部と左顔面を強打しCT検査では異常がありませんでした。
翌日から左方向がだぶって見えたので大学病院を受診しましたが、事故後6カ月しても改善がみられなかったので膜プリズム(8)を使用していました。
しかし、生活に不自由さを感じ他院にて平成24年に左眼斜視手術(後転法)をうけました。
術後半年経ってまた見えずらくなり再検査しプリズムめがね(3)を使用することになりました。
めがね以外の治療法はありますか。
それと、以前大学病院では左眼上斜筋麻痺は右方向がぶれるといわれたが、私は左方向がぶれます原因は上斜筋麻痺だけなのでしょうか。
よろしくお願いします。
ヘスチャートを取ってもらってください。
複数の筋に麻痺があるか?、あるいは前回の手術が影響しているか?なども考えられましょう。
滑車神経麻痺なら上斜筋のタッキングが普通かと思っていましたが、最近私は斜視手術をしてないので最近はコンセンサスが違うのかもしれません。
お大事に。

2013-06-18 | 1371520154

斜筋ミオキミアについて (質問者:花子さんさん)

 昨年4月頃から右目の視野(画像)が上下に小刻みに振れる症状が出ました。
ちょうどテレビの地震計が映し出す映像画面のように見えます。
眼科では眼球自体の振れはよくわからないようです。
眼科を始めとして脳外科、神経内科を受診。
MRI、MRAも異常なしでいくつかの医療機関を受診しました。
症状は視野の振れだけです。
最終的に、ある眼科で斜筋ミオキミアではないかということでテグレトール200mg/日、チモロールの点眼を服用しました。
一週間して変化なくテグレトール300mg/日に増量したところ4日目あたりから顔に皮膚障害がでて全て中止となりました。
そこで、他の抗てんかん薬を神経内科から処方してもらうこととなり、紹介状持参で神経内科受診となりました。
神経内科ではリボトリール0.25mg/日で始まり10日ほどして0.5mg/日に増量となりましたが、変化ありません。
どのぐらいの量で何日間服用すれば効果が出始めるのか、また効果なければ他に服用できる薬はどれくらいあるのか(抗てんかん薬の全てが使えるわけではないといわれました。)知りたいです。
また、斜筋ミオキミア自体は眼科領域の疾患のように思えますが、このまま神経内科だけの受診でいいのでしょうか。
おっしゃる通り、片眼の出たり消えたりする上下ないし画像の傾きと表現される回旋性の揺れは、上斜筋ミオキミアで良いと思います。
ベータブロッカー点眼(チモロロールがそれに相当)や抗てんかん薬(テグレトールがそれに相当)など様々な薬剤が使われますが、その切れ味は今一つであり、内服薬では眠気が出たりして使い続けられない場合も有りますので、気長に最適な薬をさがして行くという対応になると思います。
1217 上斜筋ミオキミアの治療について 
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51398382.html
をご覧ください。

2013-06-10 | 1370841034

母のドライアイについて (質問者:なよみさん)

はじめまして。このような質問を受けてくださるHPを、大変ありがたく思っております。
77歳の母のことで相談させていただきます。
10年ほど前、不眠、不安をうったえて心療内科を受診。信頼できる先生にめぐりあえ、睡眠薬など薬を処方していただきながら精神的にも支えていただき、現在では症状もほぼ改善。
ひと月に1度、経過報告&薬をいただきに行く程度で通院しております。
* 心療内科で処方されている薬 *
・パロキセチン(先月より「レクサプロ」に変更されました)
・フルニトラゼパム
・ブロチゾラムOD錠 サワイ
以下、眼のほうの問題についてです。
2年半ほど前に白内障と診断を受け、まずは左眼の手術を行いました。術後、思ったよりも見えるようにならず、診察では「手術は成功。レンズはきれいに入っているが、表面がはがれてしまっている。」と言われました。
点眼薬や、涙点プラグを挿入。
極度のドライアイの改善に向けて治療を始め、1年半後の昨年春に右眼の白内障手術をしました。
その後、大学病院にて診察を受け、数種類の点眼薬、涙点プラグ、圧着手術など、実にさまざまな方法でドライアイの治療を進めてまいりましたが、改善せず現在に至っています。
治療の途中で「まばたきの際に、下のまぶたが上にくっついてきてしまう」ということで、ボトックス注射の治療案が出されましたが、それほど眼けんけいれんは重症ではないとの見解で見送られました。
母の場合は、涙の量が極度に少ないため、そちらの対応が治療中心になっているようです。
ただ、私もいろいろと調べたり、先生のHPで他の方の相談を読ませていただいている中で、「眼けんけいれん」が「涙の量の極度の不足」を生み出しているのではないか・・・と思うようになりました。健康な眼の状態の私でさえも、まばたきをしないと乾いた眼の状態になります。
眼けんけいれんを治すことで、母の眼も開けていられるようになるのではないかと、淡い期待を抱いております。
* 大学病院眼科で処方されている薬 *
・ムコスタ
・リンベタ
・プロペト
・ヒアレイン
・血清点眼(2週間に1度、血液を採取しています)
以上が現在までの経過です。
1日に何度も点眼しながらも、眼を開けていられない状態は家族にとっても見るに忍びない思いでおります。
どうか、先生のお力をお貸しください。
母が少しでも眼を楽に開けていられるように、アドバイスをいただければうれしく思います。

よろしくお願いいたします。
かなり専門的な治療を受けておいでの様です。
私ならば、シルマーをもう一度行い、涙点プラグを上下に4つ入れるかもしれません。かなり、乾いているのでしょう。
ボトックスも可能性がある治療法でしょう。
診療のご希望があれば、一度ご受診療をお勧めします。

2013-06-10 | 1370840970

外転神経麻痺(右目複視) (質問者:ふゆきさん)

外転神経麻痺(複視)で、プリズム眼鏡:右目を作製しましたが、
フィルム製(15°)なので、筋が入るので違和感が強くあまり使用しておりません。
その影響なのか、最近右目が「ずきずき」と痛みが強く、
メガネなしのため、2重にみえるので、運転時には、
片目運転がほとんどです。
これが原因かは不明ですが1週間前に
「真性頭位性めまい」にかかりました。
脳外科・耳鼻科で、CT・MRIとも脳の異常はないそうです。
どこに相談するかわからないので、メールさせていただきました
アドバイスあれば、教えてください。
よろしくお願いします。
詳細内容が必要なら、別途メール致しますので、よろしくお願いします
私ならば3月はプリズム眼鏡は作らせません。
斜視角が変化するだろうからです。
63歳という年齢、麻痺が突発性で、CTないしMRIで異常なし、採血も正常とすれば外転神経の循環障害による麻痺が最も考えられます。
それであれば6か月でおそらく自然回復する可能性が高いです。
不安なら、来てくだされば、採血をさらに広範にとり、MRIも取り直します。
お大事に。

2013-06-04 | 1370311452

眼瞼痙攣 ボトックス注射後の見え方について (質問者:ゆきさん)

今年3月位から目の重さ眩しさなどが続きいくつかの医療機関を経て5月に眼瞼痙攣の診断がでました。
かなり遠方の病院のため注射後の受診は一か月後となりました。
5月13日にボトックス注射 5月15日から瞼に引きつり感 17日から20日までシャンプー時にお湯が目に入りました。
5月20日頃より運転時に物が二重に見えていることに気が付き、同じころから下瞼の緊張感が和らぎました(しかし下瞼には注射しておりません)。
24日〜28日にかけて見え方が二重でとても辛い状態でした。
25日ころからふらふらするようになり、29日に耳鼻科を受診、聴力と眼振
は異常なしでした。
注射した病院に電話で副作用について問い合わせたところ、見え方がおかしいのは注射とは関係ないと言われましたが稀にでも副作用ではないのでしょうか。
また、これが副作用ならばどのくらいの期間で治まるのでしょうか。
現在も、眩暈と複視で吐き気、肩こりがありあまり体調がよくありません。
心因性ということはあるのでしょうか。(不安を持ちやすいタイプです)
ボトックスの副作用に複視は有ります。
上瞼の注射が上直筋に影響する場合と、下瞼の中央日で瞼の橋から1-2センチの注射が下斜筋に影響する場合です。
受診してヘスチャートで麻痺筋とその程度を確認しておくべきですが、およそひと月で戻りますからどうしても辛ければ、眼帯でそれまで片方を隠して回復を待ってください。
眼周囲のひきつり感とシャンプーが目に入るのは注射前から有る程度予測される必ず起きる作用です。
前もってこれらを立て板に水のごとく話しておいても、聴きとられていないことも多いので、これらの説明対応に充てるために、私は初回なら1.7.28日の3回の再診、2度目でも7及び28日めの再診を注射の日に指示しておきます。
患者さんの都合で来られない場合にも電話で無事を報告する様に指導しています。
副作用が疑われることが有ったならば、確実に現状を医師に認識させるために電話ではなくて実際に受診するべきであろうかと考えます。

2013-06-04 | 1370311280

緑内障治療について (質問者:さくらさん)

はじめまして。
13年前、目に傷ができ近所の眼科で診察してもっら際に、たまたま緑内障と診断され、大学病院の紹介状をもらいました。
それ以来、大学病院の緑内障外来に通院しています。
眼圧は、両眼とも11〜15。
3か月〜4カ月に1度、大学病院で診察。
視野検査は 6か月に1度位。
点眼薬は、何度か変更の後、タブロスを処方してもらい自覚症状もありませんでした。
視野検査を何度かするうちに、右の状態が悪いという事で、右目のみ、エイゾプトを追加。
大学病院のため、診察に度に、先生が変わり、過去の検査データ等の電子カルテを見ながらの診察で、先生の話も、違う場合もありました。
右目の具合が悪いですね・・と診察で言われ続けましたが、2年位前から、左目の方が見えにくいように思え、右目ではなく、左目ではないですか?と聞きましたが、特に対応はありませんでした。
今年の1月、右目が悪いと言われ続けましたが、左目の方が見えにくい気がしますと話したところ、視野検査をして、左目の視野が欠けていると、はじめて、その先生が診断されました。
念のため、MRI検査も勧められ、脳の異常はなかったため、緑内障による視野の欠落と診断。
現在、両眼にタプロス・エイゾプト・アイファガンを点眼。
確実に眼圧を10以下にする点眼薬を追加するため、2週間後に、心臓の精密検査を受ける予定。
左目 鼻側の半分近く視野欠落
右目 鼻側視野欠落がみられる
長くなりましたが、緑内障と診断され現在までの状況を簡単に記載させていただきました。
ご相談ですが、このまま、大学病院での診察を続けて良いのか、不安になりました。
せっかく、早期発見でき治療を始めたにもかかわらず、なぜ、視野がこれほどまでに欠落してしまったのか。
このままだと、失明の可能性が高いのではないか。
診察のたび、診察医が代わり、データのみで診断される。
ただ、13年間の視野検査・眼圧検査等の記録があるため大学病院以外の病院に変わるとなると、これまでのデータが参考にできない。
都度、違う診察医の意見が聞け、自分の蓄積されたデータのある大学病院に通院を継続した方がいいのでしょうか?
それとも、一人の先生にじっくり診察してもらえる病院を探した方がいいのでしょうか?
一生、緑内障と付き合っていかなければなりません。
安心して、治療を続けるためにも、ご意見をお願いいたします。
宜しくお願いいたします。
大学病院は主任教授以外は数年でその席を去ります。
大学といっても緑内障の専門外来で有るのか、一般外来でその時の主治医が見るのかという事情も有るでしょう。
あなたの診療ではアイファガンも乗せられているようで、最新のしゃれた処方がなされているという印象を持ちました。良く見ていてくれるということでしょう。
大学ですと診療も忙しく、視野も毎3カ月ごとに毎回とはいかないので、3か月とか4か月ごとといった診療日程になりやすいでしょうけれど、開業医ではもっと頻繁な診療になるかもしれません。
丁寧に見て、正しい点眼がなされていれば緑内障は進まないというほど簡単なものでは有りますまい。
視野の変化が点眼で止められない場合には手術操作を加える場合も有るでしょうけれど、手術は最近は開放隅角緑内障にはあまり多くは行いません。
決して大学病院への通院を止めることを勧めるわけでは有りませんが、市内に一人の主治医を持たれるのも良いのではないでしょうか?
その担当医に頻繁に意見を聞き、必要に応じて大学にも出していただき、というのも良いかと思います。
私は、ほぼ毎月来院していただき、視野、OCT,カラー眼底写真などで評価を頻繁に行って点眼を指示した上で、院内に緑内障特殊外来を用意して、某大学の緑内障専門准教授に半年一度程度の意見を述べてもらう機会を作っています。
正しい点眼がなされれば、進行しないというほどうまくはゆきませんが、
この様に複数の目で見る当のも良い方法かともいます。

2013-05-30 | 1369881152

先天性眼球突出 (質問者:ビクトリアさん)

はじめまして。
子供の頃から眼球突出(自分で認識して気になりだしたのは小学生の時)でとても悩んでいます。
高校生の頃、コンタクトレンズをするため地元の眼科へ行った時、簡単な検査をしてもらった時に確か…『眼球が中央に盛り上がっている…』と言う様な事を言われた記憶があります。
当時、もうすでに自分の眼球が他の人よりとても突出している事は分かり切っていたので、言葉にならない程とてもショックでした。
本当にもう長年のコンプレックスであり、常に目の渇きや涙目などの症状と闘っています。
何より人から『何か…眼、飛び出てるよね…。』などと言われると本当にショックです。
もう、、藁にもすがる思いでメール(質問)させて頂きました。
お返事(ご回答)…どうぞよろしくお願い致します。。。
まず、1)近視が強い人では眼球の長さが普通の人の24ミリよりも長く、30ミリを超える場合もあって、その場合には目が前に出ている印象を与える場合があります。
この場合には実害はないのですが、それを下げることは残念ですができません。
ドライアイが主訴であれば点眼だけではなくて、涙点プラグなども検討します。
2)次に、甲状腺機能亢進症などの甲状腺異常でも眼窩内の筋肉や脂肪が膨らんで来て眼球が前方に移動し、眼球突出をきたす場合があります。
この場合には眼球の動きの悪さによって物が二つに見えるといういわゆる両眼性複視という症状が問題になります。
この場合には甲状腺機能の調整と斜視に対する治療が行われます。3)涙腺の炎症(ミクリクツ病)や腫瘍(涙腺腫瘍)などでも眼球突出が見られることがあります。
この場合には炎症か腫瘍なのかの鑑別が必要です。
炎症では両眼に見られることもあります。
いずれにしても、炎症などに関する採血とMRIによる画像診断を行うことで何が原因で起きている眼球突出かを見極めておくのがよいのではないでしょうか?
4)眼球全体が前に出るのではなくて、角膜の中央が膨らむものに円錐角膜というものがあります。
この疾患では眼鏡をかけても補正されにくい程の強い近視と乱視が特徴です。
文章を見ますと眼球突出と言っておいでですが、この円錐角膜も除外が必要でしょう。
眼科受診をお考えください。

2013-05-23 | 1369295501

眼の複視 (質問者:まいけるさん)

5年前に脳の外傷を負いました。
右目の動眼神経不全麻痺だと思うのですが、上のほうを見るときだけ右目の動きが悪いために複視になります。
こういう症状は手術で治せるのでしょう?
日常生活では問題になりませんが、どうしても治したい理由があります。
複視が上方視の時にだけあるのですね。
斜視の手術というのは特定の筋を麻酔下に前後に移動させて、全体の動きのバランスを合わせて中央より少し下の部分を最もよく合う場所になる様に整える手術で有って、麻痺した筋肉を働かせるわけでは有りません。
であるとすれば、あなたのように上を向いたときだけずれていて、中央依り少し下での眼位置が有って居るというのは手術の適応にはなりにくいと思います。
もし可能ならば対応を考えますので一度お見せください。

2013-05-22 | 1369190957

鼻涙管閉鎖症 (質問者:ゆうさん)

清澤眼科通信の下記を読ませていただきました。ご相談があります。
65 鼻涙管閉塞、鼻涙管狭窄 (涙道狭窄・閉塞、涙嚢炎)
母 65歳 もう10年ほど前から涙が出る、目やにが出るといった症状がありましたが、そのうち良くなる程度にしか考えていませんでした。
その時に近くの病院を受診していますが、完治したわけではなく、常に涙が出ると気にしていました。
最近同じ病院を受診したところ、なんでここまでほおっておいたんだと叱られたようです。
ここの眼科では、涙管洗浄はやってくれるそうです。
処置した翌日は少し状態はいいようですが、またすぐ詰まってしまうようです。
それも両目だそうです。
都内の病院に紹介状を書いてあげるから、自分が行きやすい場所の病院を調べてくる
ようにとのことでした。
どこの病院がいいと薦めることはできないけど、順天堂や東大の名前が挙げられていたそうです。

ですので、娘の私が調べまして、清澤先生のHPにたどりつきました。
いきなり、東京医科歯科大学の先生が担当される曜日に伺うのがいいのでしょうか?

それとも、まず先生の清澤眼科医院へ伺うのがいいのでしょうか?
こちらは千葉県在住です。調べてもこの病気の手術について掲載されていないので、どこの病院を受診したらいいかわかりません。
もし千葉県で手術できる病院があればそちらにも行ってみたいですし、先生の病院もなんとか行けそうなのでどうしたらいいかアドバイスいただけると幸いです。
今までかかって居たのに、なぜ放っておいた?と言われると、返す言葉がないというのは本音でしょうね。
でも実際は、急激に有っ差するので、そんなものなのでしょう。
一度診察した上で、私立病院が良いか、国立大学が良いかをご本人と相談して手術の可能性も含めて送りこむ先を相談したいと思います。
ご本人の時間の自由さや、資金的な余裕、その他の条件に依って最良の治療法も違ってきますから一概にリストを挙げてどこにでも行きなさいというものではないと思います。
おそらくNS-チューブから試して、それでだめならば涙嚢鼻腔吻合が必要かもしれないという流れになることが予想されます。
「清澤眼科医院通信 3860 鼻涙管閉塞(流涙症)に関する質問とお答えです」
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/53847643.html
等ご参考になさってください。

2013-05-20 | 1369016356

別の病院で検査した結果 (質問者:ナツさん)

別の病院で診てもらったら、眼球神経6本あるうちの2本が麻痺しているとの診断された様子です。
その為、焦点が合わなんったり二重にみえたり、ぼーっとしたりするらしいと言われたみたいです。
もっと詳しい検査をしたらいいと紹介状をもらって帰宅したのですが、最初に診てもらって病院でMRIも血液検査もしたのですがどこも異常ないと診断されてます。

色々とネットでも調べていると、眼筋麻痺の症状にもそっくりだし先生が言われている筋無力症にも似ている事がわかります。

完治する望みはありますでしょうか?
ストレスからこういった病気は発症するのでしょうか?
また、本人にも連絡とってみたいと思います。

良きアドバイスがございましたら、よろしくお願いします。
此のところ同じような質問が2件ありました。
お答の詳細な記事を清澤眼科医院通信に記載しましたのでご覧ください。それは
「2013年05月18日4399 動眼神経麻痺による斜視と診断されたのですが?」です。
http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/53949025.html
動眼神経麻痺ならば微小な循環障害が原因の場合にはMRIでの異常が出ないことも多いです。
精密検査と、治療を必要としますけれど、これならば自然に3カ月で回復することが多いです。
また眼筋無力症でも眼や脳にはMRI異常は見つかりません。
これはそれ相当の治療が有ります。
お大事に。

2013-05-17 | 1368755589

複視のセカンドオピニオン (質問者:トムジェリさん)

昨年12月頃に、複視の症状に気づきました。
最寄の眼科を受診し、眼科的には異常がないとのことで、脳外科へ。CTおよびMRIの結果も異常なし。
ビタミン剤を服用するも回復の兆しが見えず、次に総合病院の眼科へ。
ヘスの検査を1月と4月に行いましたが、右目の動きが少し悪いものの、回復もしていないが悪化もしていないとのこと。
その間に、同病院で神経内科も紹介いただき、CTとMRIのほか、甲状腺やら髄液やら筋無重力症やら、ひととおり検査するも結局わからず。
現在は、神経内科で処方されたNEソフトカプセル(血行をよくする薬)とメチコパールを服用して、様子をみている状況です。
ただ、じわじわと悪化している気がして、このまま様子を見ていていいのか心配です。
今までよりも二重に見える範囲が広くなってきた(二重に見えない範囲が狭く、近くなってきた)ように感じます。
たとえば、交差点の信号機や向かいにいる人が二重に見えるようになってきたなど。
複視は原因追及が治療の第一歩のようですが、私のような患者(総合病院で原因不明と言われた)でも、診断がつくケースもありますか?
もし受診する際は、紹介状があったほうがいいでしょうか?
教えてください。
時期が後になれば、最初に解らなかったものが見えて来ることは有るだろうと思います。
この質問者が理解している通り、画像診断と採血検査を駆使して、脳と神経、神経筋接合部、筋の異常を見分けてゆきます。
それでも原因が解らないというのは比較的少ないかと思われます。
ご相談ください。
Q&A end