[002296] 2016-04-12
江戸川区東大島 内科・小児科・整形外科・リウマチ科 
みやクリニック
  • 内科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科 在宅医療 訪問診療 女医さんによる診療 糖尿病治療(糖尿病検査) 高血圧治療 高脂血症治療 スポーツ整形外科 乳児健診 予防接種 花粉症治療
外観イメージ

〒132-0034 東京都 江戸川区小松川1-5-3 105

03-3681-0050FAX 03-3681-0056

http://www.miya-clinic.jp/

●都営新宿線「東大島駅」小松川口より徒歩0分 [地図]

携帯版QRコード
携帯版
■当院は、江戸川区及び地域の皆様の健康で元気な生活を守る為、診療しております。
皆様に信頼される「かかりつけ医」を目指しております。

■内科、小児科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科の診察を行っております。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方
  • ワンポイントアドバイス

みやクリニック からの、ワンポイントアドバイス

スギ花粉症の治療法

スギ花粉症の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となっているアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげたり、日常生活に与える影響を改善するなどの効果が期待されます。

アレルゲン免疫療法は、皮下に注射する「皮下免疫療法」のみでした。
しかし今は、舌の下で治療薬を保持する「舌下免疫療法」の薬が登場し、自宅で服用できるようになりました。

【スギ花粉症の舌下免疫療法】
スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉症と診断された12歳以上の患者さんが治療を受けることができます。

●1日1回、少量から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間(約3年)継続して服用します。
●初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。
●スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。

※スギ花粉が飛んでいる時期は、治療を新たに開始することはできません

12月末頃から花粉が飛び始めるので、花粉の出る時期に治療を始めることはできません。
スギ花粉症の「アレルゲン」は「スギ花粉」であり、スギ花粉が飛んでいる時期は、アレルゲンに対する体の反応が敏感になっているからです。
そのため、6月から11月までに始めなくてはならないのです。
今がチャンスです!!
今から始めると、来春は今年よりも、アレルギー症状が格段に少なく楽に過ごせます。
舌下免疫療法の効果を実感できるでしょう。
2年以上続けると、完治も可能です。
ご興味のある方は、ぜひご相談ください。
ワンポイント end