選択下さい

選択下さい

ワンポイントアドバス

手足口病が流行中です  [ここをタップして下さい]

毎年夏に小児を中心に流行していますが、現在、都内において警報レベルに達している自治体が出てきています。警報レベルとは、都内の小児科定点医療機関から報告された定点当たり患者報告数5.0人/週を超える場合をいいます。
大人への感染や、発熱を伴うこともありますので予防につとめてください。

原因はエンテロウイルス属のウイルスで、咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。また、水疱の内容物や便の中のウイルスが手を介して口や眼などの粘膜に入ることによる経口及び接触感染も警戒しなければなりません。
特効薬はなく、症状をやわらげる対症療法が中心です。
食事や水分がとりにくくなるために、脱水症状をおこすことがあります。水分補給につとめ、刺激の少ない食事をとってください。

感染予防に有効な事は、どんな病気にも共通ですが「こまめな手洗い」の習慣です。症状がおさまった後も2〜4週間は便などにウイルスが排泄されますので、ひき続き気をつけてください。タオルの共用を避け、マスクの着用も重要なポイントです。

手足口病のほかにも、水痘、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱(アデノウイルスやプール熱とも)も流行していて注意喚起がされています。予防法もほぼ同様ですので、参考にしながらぜひとも健やかな夏をお過ごしください。

ポートレート

Dr.ワンポイントアドバイス提供

江戸川区東大島 内科・小児科・整形外科・リウマチ科

みやクリニック