選択下さい

選択下さい

ワンポイントアドバス

熱中症予防のために  [ここをタップして下さい]

日に日に暑さが増してきました。
暑さに身体が慣れていないところに、外での行楽等で水分摂取が足りずに、熱中症になっている患者さんが何人も来院しています。気を付けましょう!

【熱中症とは】
高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく
働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し
救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を
防ぎましょう。

【熱中症の主な症状】
●頭痛、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
●吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
重症になると・・・
●返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

【熱中症を予防するために】
暑さをさける
室内では…
▲扇風機やエアコンで温度を調節 ▲日傘や帽子の着用
▲遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用 ▲日陰の利用、こまめな休憩
▲室温をこまめに確認 ▲天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

こまめに水分を補給する
室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分・経口補水液※
などを補給する(1日1.5リットル以上は飲みましょう!)
※経口補水液⇒水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの
★点滴と同じ成分の医療用飲料水(OS-1/オーエスワン)があります。
当院で取り扱っておりますので、必要な方はご相談下さい。

【熱中症になった時】
エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難し、衣服をゆるめからだを
冷やします。(特に首の回り、脇の下、足の付け根など)
★頻脈や頻呼吸・痙攣・意識混濁がある場合は速やかに病院に搬送して下さい。

注意
暑さの感じ方は、人によって違います。
★その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。
子どもは大人より高温の適応力が低いので、気を配る必要があります。
下痢、疲労、発熱時は脱水に陥りやすい為、注意が必要です。
★気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

ポートレート

Dr.ワンポイントアドバイス提供

江戸川区東大島 内科・小児科・整形外科・リウマチ科

みやクリニック