3分でかかりつけ医を探せて相談もできる情報サイト 〜患者の気持ち〜
病医院・クリニック案内トップページへ
 

熊埜御堂 耳鼻咽喉科・医療機器のご案内

 

【診察室】

<電子カルテシステム>

カルテや検査結果をコンピュータに保存しますので、過去の検査等もすぐに確認できます。

又、待ち時間も短縮できます。

<電子スコープ>

当院での電子スコープは最新のものを導入しておりますので、極細で苦痛が殆ど無いのが特徴です。

電子スコープによって、通常見ることのできない鼓膜、喉頭、鼻内をテレビモニターに写してご説明致します。

 

【のど・鼻の治療】

<ネブライザー>

ネブライザーにより、霧状の薬剤を吸入することによって患部に直接薬を当てるものです。

ネブライザーを行うことにより患部に効率よく薬を作用させることができます。

そのためつまった鼻の通りを良くし、鼻汁を出しやすくしたり、鼻腔粘膜の腫れなどを鎮めたり、副鼻腔との換気を促進します。

<超音波ネブライザー>

超音波ネブライザーは、超音波によって振動させることで、薬液を粒子化させて、 吸入できる機器です。

呼吸器疾患で、気管支を拡張させる薬や、痰をだしやすくする 薬などを直接吸うことで肺胞、気管支まで薬剤が届きます。

 

【鼻の治療】

<ラジオサージャリー>

鼻出血の止血や通年性アレルギー性鼻炎の治療に用います。

特にアレルギー性鼻炎の治療につきましては、ほぼ1回の治療で2〜3年効果が持続するといわれております。

実際の施術時間は10分程度と短く、痛みもほとんどありません。

 

【耳の検査】

<聴力検査機器>

聴力検査装置です。
当院では標準純音検査、語音聴力検査、耳管機能検査などを行うことが出来ます。

<補聴器適合検査>

補聴器は音の増幅器ですが、難聴の患者様全てに適合するというわけにはいきません。

これを判断するために、難聴の患者様にその補聴器が適合(フィッティング)するか検査を行なわなくてはなりません。

 

【めまいの検査】

<眼振検査>

めまいがする時には、眼球の無意識な動きがあります。

それを診断する際に使用する医療機器です。

<重心動揺検査>

めまいによる「ふらつきなど」の症状がある場合に行います。
直立姿勢をとり、開眼・閉眼で1分間づつ検査を行い、平衡機能(バランス)に異常があるかを調べることが出来ます。

 

【いびきの検査】     【呼吸機能検査】

<睡眠時無呼吸検査>

簡易な器械でご自宅での睡眠状態を検査することが出来ます。

<呼吸機能検査>

呼吸機能を検査するための医療機器です。
COPDや喘息、 肺気腫など、肺の呼吸機能を損ねる疾病の検査に用います。

 


 

 

 

運営:
かかりつけ医認知度アップ委員会

提供:
有限会社メディコ コンサルティング

Copyright (C)2004 Medico Consulting