[021581] 2018-12-04
---
仙川整形外科
  • 一般整形外科 小児整形外科 再生医療 リハビリテーション科 骨粗しょう症 ロコモティブシンドローム 予防接種 自費診療 スポーツ整形外科 再生医療技術(PRP)

〒182-0002 東京都 調布市仙川町3-2-4 ウィステリア仙川1階A

03-3305-0088

https://sengawa-ortho.jp/

京王線 仙川駅 徒歩3分
小田急バス 仙川 バス停目の前 [地図]

京王線仙川駅徒歩3分の「仙川整形外科」。整形外科、小児整形外科、ロコモティブシンドローム、骨粗しょう症、リハビリテーションなどを行います。つつじヶ丘、三鷹市中原、新川、北野からも。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

当院の特色

  • 仙川および周辺地域に良質な整形外科医療を提供します。
  • 米国アイオワ大学認定Ponseti doctorとして内反足治療に対応いたします。
  • 四肢および脊椎変形について正確な病態把握により最適化した治療を行います。
  • 日本整形外科学会ロコモティヴシンドロームアドバイスドクターとして地域の水準向上を目指します。
  • 再生医療提供施設として、再生医療技術による変形性関節症治療に対応します。(国の対応施設認定許可後に対応)

院長からひと言

仙川整形外科院長の日下部浩と申します。
これまで、大学病院や小児専門病院、地域の基幹病院、リハビリテーション専門病院にて診療を行って参りました。
とりわけ小児整形外科領域では先天性内反足の治療法である Ponseti法 に取り組み、この治療法を開発し今でも発展させ続けている米国アイオワ大学に留学し研鑽して参りました。現在ではアイオワ大学Ponseti international association によりPonseti doctorに認定されております。
また、運動器リハビリテーションの豊富な経験を活かして、前任地では運動器リハビリテーションの新規立ち上げも行って参りました。
変形性関節症などに対する再生医療であるPRP療法も行ってきており、続けて行きたいところですが、こちらは新規開設医院のため新たに国の認可が降りるまで少々おまちください。 仙川整形外科ではこれらの経験を生かした専門性の高い治療法を確実に行うための十分な設備を揃え、地域の皆さまの健康をサポートする医療を目指します。
一般的な整形外科疾患のみならず、地域の皆様の健康寿命増進を目指すリハビリテーションを用いた治療、Ponseti法による内反足治療を含む小児整形外科領域の専門的治療、これまで自分の組織を活かしての治療をあきらめざるを得なかった変形性関節症に対しての再生医療など、患者様一人ひとりのご要望に応えられる幅広い医療を提供して参ります。 お身体に関するお悩みがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

診療内容

■再生医療技術(PRP)

※変形性関節症などに対する再生医療(PRP療法)に対応いたします。患者様ご自身の血液成分を用いた再生医療です。

≫ 再生医療技術(PRP)について

■一般整形外科

骨・関節・筋肉・脊柱など、主に運動器と呼ばれる体の部位を診察いたします。膝、腰、肩など体の一部分だけではなく、運動器全体の機能を向上させる治療を目指し、健康維持増進や予防医学にも力を入れます。

≫ 一般整形外科について

■小児整形外科

子どもに特有の疾患は、一般整形外科ではなく、小児整形外科に詳しい専門医が診療したほうが好ましいケースが少なくありません。
お子様が骨折や打撲、捻挫などのけがを負ったときをはじめ、O脚・X脚、先天性の内反足や股関節脱臼、オスグッド病、成長痛など整形外科領域の疾患がみられましたら、また何か体で気になることが出てきましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

≫ 小児整形外科について

■スポーツ整形外科

骨・関節・筋肉・脊柱など、主に運動器と呼ばれる体の部位を診察いたします。膝、腰、肩など体の一部分だけではなく、運動器全体の機能を向上させる治療を目指し、健康維持増進や予防医学にも力を入れます。

≫ スポーツ整形外科について

■リハビリテーション科

心身の機能や構造に障害が生じ、生活に支障をきたした状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことを「リハビリテーション」と言います。

≫ リハビリテーション科について

■骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、老化やカルシウム不足、日照不足などによるビタミンD欠乏状態、運動不足、喫煙や飲酒、閉経による女性ホルモンの減少などが原因となって骨量(カルシウムやコラーゲンなど)が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、脆くなる疾患です。

≫ 骨粗しょう症について

■ロコモティブシンドローム

運動器の障害のために移動機能が低下した状態を「ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome、略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」と言います。骨粗しょう症や変形性膝関節症などの骨や関節の病気、「サルコペニア」と呼ばれる筋肉の減少などのために、体を動かす機能が低下した状態を言います。

≫ ロコモティブシンドロームについて

■予防接種

予防接種は、二種混合(DT)、麻しん風しん(MR)、インフルエンザ(小児)、インフルエンザ(成人)、おたふくかぜ、水痘、A型肝炎、B型肝炎を行っています。

≫ 予防接種について

■自費診療

当院では、にんにく注射、およびプラセンタ注射をそれぞれ行っております。

≫ 自費診療について