患者の気持ち mobile
-
HOME>

東京都 豊島区 心療内科 ペインクリニック【青葉こころのクリニック】

-
-
外観イメージ
-
-
豊島区巣鴨(大塚・駒込・千石)の心療内科・精神科・メンタルクリニック 
-

青葉こころのクリニック

-
-
-
map 〒170-0002 東京都 豊島区巣鴨1-3-22 アドニスアマノ2F
03-5981-0556
-
-
心療内科 ペインクリニック 内科 精神科 各種保険取扱
-
-
行き方
・JR山手線「巣鴨駅」より徒歩3分
・都営三田線「巣鴨駅」A1出口より徒歩3分
・都営三田線「千石駅」より徒歩約7分
mapgoogleマップ
-
-
-
【当クリニックは、完全予約制です】

●豊島区巣鴨、JR山手線、都営三田線「巣鴨駅」近くの心療内科・ペインクリニック・内科・精神科のメンタルクリニックです。
大塚、駒込、千石、田端や板橋、白山などからも通院に便利です。
働く皆様が通院できますように、夜間診療(20時まで受付)や土曜日午後までの診療もいたしております。

●うつ病やパニック障害、不眠症、自律神経失調症、不安障害、適応障害、更年期障害などの心療内科・精神科疾患のほか、様々な痛みの治療を行っております。

※睡眠外来、頭痛外来、過敏性腸症候群外来(IBS外来)も行っております。

※連携するNPO法人JTRCでは、臨床心理士によるカウンセリングやインターバル速歩による運動療法(非薬物療法)も行っております。

※不定期ですが祝日診療も行っております。予めお電話やHPでご確認ください。
-
-

お知らせ

-
【自立支援医療終了のお知らせ(平成27年2月18日)】
平成27年3月31日をもって、当院では自立支援医療を利用できなくなります。
当院通院中の方で、該当する方はお早目に診察で医師にご相談ください。

【祝日診療と夏季休診のお知らせ】
8月11日(金・祝): 祝日診療
 午前:9時?12時、午後:13時?16時
(最終受付時間)
(午前:11時30分、午後:15時30分)

8月12日(土)〜8月16日(水): 休診

※8月17日(木)からは、通常通りに診療いたします。
-
-

診療時間・休診日

午前: 休診
午後: 14:00〜21:00
(受付時間 20:30迄)
木・金
午前: 9:30〜12:00
(受付時間 11:30迄)
午後: 14:00〜21:00
(受付時間 20:30迄)
午前: 9:00〜12:00
(受付時間 11:30迄)
午後: 13:00〜16:00
(受付時間 15:30迄)
-
休診日
月曜、水曜、日曜、祝日
-
-

当院の特色

-
-

〜豊島区巣鴨にあるクリニックとして、心療内科の一般診療、心と体、痛みのトータルな治療、ご相談に力を入れております〜

【心療内科・精神科】
精神科専門医、精神保健指定医の資格を持ち、医学にもとづいた診療を行っております。
仕事、家庭など・・・日々の生活は、多くのストレスにさらされています。
そして、ヒトの身体は加齢とともに衰えていきます。
ストレス、そして加齢からくる心身の病気は、誰でもかかりうるもので、決して特別なものではありません。
早期発見、早期治療が何よりも大切です。
当院では可能な限り薬に頼らない診療を行っており、運動療法や漢方治療なども積極的に取り入れております。

また、心の痛みと体の痛みには密接な関係があります。
内科や整形外科等を受診しても痛みの改善がない場合、脳や自律神経の乱れからの痛みの可能性があります。
当院は、そういった痛みを、心療内科的アプローチで治療することを行っています。
インターネットからのご予約はこちら

〜このような症状の際は出来るだけ早めのご受診をお勧めします〜
※以下の症状が継続する場合
・よく眠れない(寝つきが悪い、寝ついてもすぐに目が覚めてしまう、朝早く目が覚めてしまう)
・憂うつ、不安な気持ち
・食欲がない
・だるい、疲れやすい
・これまで楽しめていたことが楽しくない
・仕事への集中力が落ちている
・何でも自分が悪いように感じてしまう
・考えがまとまらない
・喉がつまったように感じる
・特定の状況で(電車の中、会議中、朝礼中等)動悸がしたり、息苦しくなったり、お腹が痛くなる

〜対応疾患について〜
●うつ病
●不眠症
●不安障害
●パニック障害
●社交不安障害
●強迫性障害
●適応障害
●神経症
●心身症
●過敏性腸症候群(IBS)
●更年期障害
●月経前症候群(PMS)
●過食症 
●自律神経失調症(頭痛、腹痛、下痢、めまい、吐き気、発汗、震えなど)

心と体の問題を多岐にわたって扱っております。



『頭痛外来』
当院では、一般的なペインクリニック外来としての「頭痛外来」に加えて、 頭痛に悪影響を与えるストレスに対する心理療法なども取り入れた「頭痛外来」を行なっております。

『物忘れ外来』
最近、「物忘れするようになった」、「認知症が心配」といった皆様への「物忘れ外来」を行っております。

『睡眠外来』
「眠れない」、「目が覚めてしまう」など、睡眠でお悩みの方の睡眠外来を行っております。

『過敏性腸症候群外来(IBS外来)』
下痢、便秘、腹痛、ガスなどが慢性的に続いている方、常にお腹のことが気になっている方は、過敏性腸症候群(IBS)の可能性があります。
当院では、薬物療法と心理療法をとりいれた治療を行っております。
(必要な方には、連携する近隣の内科医院にて、大腸カメラなどの検査を行っております)

『カウンセリング』完全予約制(自費・NPO法人JTRCにて)
心理学的な視点をもって相談や対人援助・支援を行っている心の専門家である「臨床心理士」がカウンセリングを行います。
不安、憂うつ、ストレスが大きい、自信が持てない、人間関係、ストレスを話せる人がいない、などの困っておられることやご家庭や職場、学校に関すること、自分自身のことなどを、ゆっくり時間をかけてお話を伺い、その方にあった解決への道をともに模索し、よりその人らしい穏やかな生活ができるようにお手伝いしていきます。
認知行動療法(CBT)を取り入れたカウンセリングや、復職カウンセリングなども行っております。
カウンセリング料金(自費):50分 6,480円(税込み)

【その他】
『運動療法(非薬物療法)』※完全予約制(自費・NPO法人JTRCにて)
当院では日本初の精神科領域におけるインターバル速歩による運動療法(非薬物療法)を行っております。
うつ病や不安障害、パニック障害、認知症、不眠症などの疾患は、その人に適した運動により改善すると言われています。また、これらの疾患に伴うことが多い、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病、メタボリック症候群、頭痛、肩こり、高齢者の筋力低下などは、体を動かすことにより改善がみられたり、その症状が生じにくくなる予防的な効果があるといわれております。

運動が健康に良いことは、誰でも知っていること。でも、日常生活の中で運動を続けることはなかなか大変です。
そんな皆様のために、当院では「インターバル速歩※」という、毎日の生活で手軽に続けられ、多くの医学研究で効果が実証されているウォーキング法
を用いた運動療法による治療も行っております。

※インターバル速歩とは、早歩きとゆっくり歩きを数分間ずつ交互にくりかえすだけの簡単で無理なく行える運動方法です。
当院では万歩計のような医療機器を身に付けていただくことで、毎日の歩行データ、運動消費エネルギーをグラフ等にしてフィードバックいたしますので、視覚的にもご納得いただいた上で、効果的な歩行のアドバイスを行っております。
●運動療法料金について(自費・NPO法人JTRCにて・税込み)
インターバル速歩料金(自費):12,960円(月額・税込み)

-
より詳しい情報を開く
-
-
↑ページTOPへ
-
-
-
運営会社情報 | プライバシーポリシー
-
-
home
-
-
-
患者の気持ち
PC版 http://kanja.jp/
Medico Consulting.
-
姉妹サイト|歯科予約.com