[020774] 2015-05-12
---
戸田耳鼻咽喉科
  • 耳鼻科 小児耳鼻科 アレルギー科 小児耳鼻科 めまい外来 補聴器外来 音声外来 喉頭がん検査・甲状腺がん検査 風邪外来 睡眠時無呼吸症候群
外観イメージ

〒335-0021 埼玉県 戸田市新曽2235 ライフコート2F

048-441-8733

http://toda-ent.jp/

・JR埼京線「北戸田駅」西口徒歩1分
・ドラッグストア セイムス2F
・駐車場あり

[地図]

携帯版QRコード
携帯版
戸田市、北戸田駅徒歩1分にある戸田耳鼻咽喉科のホームページです。みみ、はな、のどなどに関する治療を行います。
これまでの専門的経験を生かし、北戸田を始めとする近隣地域の耳鼻科かかりつけ医として貢献して参ります。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

ギャラリー・当院の特徴

当院の特色

~ 診療内容のご案内 ~

◎みみ
耳の中は普段、簡単に見ることができません。そのために診察にあたる医師には技術と観察力が求められます。また専用の検査機器が必要となります。

◎はな
鼻には空気を暖め、湿気を与え、埃などの異物を取り除く、加湿器やフィルターのような役目があります。さらに匂いを感じる働きもあります。このように鼻は身体に大切な役割を果たしています。鼻の中はご自身で簡単に見ることができませんが、細い軟性ファイバースコープを用いることで、患者さまにも実際の鼻の状態をご覧いただくことができます。

◎のど
のどは、口腔・咽頭・喉頭の総称です。口から始まり、男性でいう「のど仏」のあたりまでを指します。食物と空気の通り道となり身体に大切な役割を果たしています。細菌などの異物を排除するためのリンパ組織が豊富に備わっており、身体の重要な免疫機能も担当しています。のどの中はご自身で簡単に見ることができませんが、細い2.9mm径の経鼻軟性ファイバースコープを用いることで、患者さまにも実際ののどの状態をご覧いただくことができます。

◎小児耳鼻科
中耳炎・鼻炎など乳幼児から小児期特有の耳鼻科疾患の治療に力を注ぎます。またお子さんが怖がったりせずに受診ができて、お母さん、お父さんの不安や心配を無くすことができるクリニックを目標にかかげています。

◎アレルギー科
人間の体は、外から異物が入ると、排除しようとする働きが本来備わっています。これを「免疫反応」といいます。くしゃみは「異物を体外に吐き出すために」、鼻水は「異物を洗い流すために」、鼻づまりは「異物が体に入ってこないように」して体を守ろうとする正常な免疫反応です。「アレルギー」とは、この免疫反応が過剰に起こった状態です。理想的な治療は、過剰になった免疫反応を正常化することになりますが、これは現代の医学でも難しい課題です。現実的にはアレルゲンからの回避、薬物療法が主な治療法となります。当院では日帰り手術などを取り入れ、治療の選択肢を増やし、現代の様々なニーズに応えてまいります。

◎めまい外来
めまいは、日常よくみられる症状のひとつであり、様々な原因でおこります。

戸田耳鼻咽喉科では、丁寧な問診ならびに診察、必要に応じて検査をしながら治療にあたります。また患者さまの不安を取り除き、安心して生活を送って頂けるよう、積極的に十分なインフォームドコンセントをいたします。

◎補聴器外来
医療が発達し、元気にご活躍中のご長寿の方が増えてきました。しかし聞こえの感覚神経は長い間使っていると少々不具合も出てくるようです。聴力の低下はゆっくりと進行するためにご本人は気が付かず、周囲の方に初めて指摘されるケースがほとんどです。聞こえの感覚神経低下への有効な治療法が限られ、聞こえをよくするためには音声を大きくしてあげて、耳に届ける補聴器が一番です。

補聴器外来は予約制です。まず一般外来を受診していただき、聴力検査や耳の点検を行った後に、補聴器外来の予約をおとりいたします。

◎音声外来
喉頭(のど仏の部分)には声の発生源である声帯があります。声を出しながらのどを触ると声帯の振動の様子が分かります。声帯に疾患が発生すると「声かれ」が出現します。当院では診断に積極的に取り組んでいます。

声帯はのどの奥にあり、簡単に見ることができません。そのために診察にあたる医師には技術と観察力が求められます。

◎咽頭がん・甲状腺がん検査
当院では、細く(先端2.9mm)軟らかな経鼻ファイバースコープを用いて、声帯を詳細に評価いたします。甲状腺は超音波検査を用いて評価いたします。

甲状腺のしこり(結節)は超音波で検査します。甲状腺に音波を反響させることによって画像を作り出します。痛みを伴うことなく迅速な検査ができます。
結節があったとしても、それががんの存在を意味するわけではありません。ほとんどの甲状腺の結節は良性で、がんの頻度は低いです。
結節が良悪性の判別にはさらに詳しく調べる精密検査が必要です。精密検査では、結節の定期的な検査、穿刺吸引細胞診が行われます。精密検査の場合には、連携施設をご紹介いたします。

◎風邪外来
ウイルスや細菌は体の抵抗力が弱っている時に体内で増殖し、風邪症状をひきおこします。風邪自体は正解な病名ではありませんが、急性鼻炎、急性扁桃炎、急性気管支炎など複合的な症状が発生する場合があります。

口や鼻から入ったウイルスはまず、咽頭の粘膜にあるリンパ組織で増殖します。特に鼻の奥~のどの境目(上咽頭)に多くみられます。
耳鼻咽喉科では鼻や咽頭をよく観察し、病気の場所を初期治療することができます。当院では投薬、洗浄、お薬の吸入を行います。

◎睡眠時無呼吸症候群
こちらはただ今準備中です。


~ 初診の方へのご案内 ~
◎お持ち物について
健康保険証をお持ちください。戸田市、蕨市在住の中学生までの方はこども医療費受給資格者証もお持ちください。それから症状のわかるもの、また薬の処方のためお薬手帳などがありましたらそちらもお持ちください。参考にいたします。

◎バリアフリー
車椅子の方でもご来院いただけるよう、院内すべての施設は車椅子でご利用いただけます。
クリニックの1階入口にエレベーターがございます。そちらをご利用頂き2階へお越しください。通路も利用しやすい構造になっておりますので、安心してご利用頂けます。

また、小さなお子様の受診の際にもお使いいただけるよう、トイレにオムツ台なども完備しています。

院長からひと言

このたび北戸田駅西口にて「戸田耳鼻咽喉科」を開院することとなりました。
大学病院と地域の基幹病院で培った診療経験を活かし、質の高い医療と、
クリニックならではの優しく、わかりやすく、対話を大切にした医療を提供いたします。
些細なことでもお気軽にご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

戸田耳鼻咽喉科
院長・藤峰武克