[018016] 2016-04-01
四ツ谷駅徒歩2分の心療内科・精神科 
四谷こころのクリニック
  • 精神科 心療内科 神経科 メンタルクリニック

〒160-0004 東京都 新宿区四谷1-8-14 四谷一丁目ビル10F

03-6457-4790

http://yotsuya-kokoro.jp/

●JR四ッ谷駅 四ッ谷口徒歩2分
●地下鉄丸の内線 四ツ谷駅 赤坂口 徒歩2分
●地下鉄南北線 四ツ谷駅 2番出口 徒歩30秒
多路線利用可能 [地図]

携帯版QRコード
携帯版
◆四谷(四ツ谷)の心療内科・精神科・神経科のメンタルクリニックです。
◆JR・丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」近くで通院に大変便利です。
 また、東京駅、銀座、赤坂見附、霞が関など丸ノ内線や南北線の沿線にお住まいやお勤めの方にも便利に通院いただけます。
 他、遠方からお越しの方でも、駅近くの分かりやすい場所にありますのでお気軽にご相談ください。
◆心療内科・精神科領域の心の病、お悩みにつきましてお気軽にご相談ください。
 うつ病、不眠症、、パニック障害、月経前症候群(PMS)などから『精神分析的心理療法』まで幅広く対応いたします。
  • 詳細情報
  • 地図・行き方

お知らせ

【10月 診療変更・菊池医師診療日のお知らせ】
●菊地医師診療日:10月4日(水)、10月18日(水)

●加茂医師休診日:10月5日(木) 18時30分まで
         10月26日(木)18時50分まで
         11月4日(土) 休診
         11月6日(月) 11時から診療開始

新宿区四谷(四ツ谷)の「四谷こころのクリニック」です。
地域の皆様や、周辺で働く皆様の「心のかかりつけ医」として、幅広く「心のサポート」をさせていただきます。

地下鉄南北線 四ツ谷駅2番出口徒歩30秒
JR四ツ谷駅 四ツ谷口・地下鉄丸ノ内線 四ツ谷駅 赤坂口徒歩2分 多路線利用可能で、四ツ谷駅至近の通院に大変便利なクリニックです。
お気軽にご相談ください。

ギャラリー・当院の特徴

当院の特色

四谷こころの
四ツ谷駅すぐにある当院では社会生活において、心の病をかかえる多くの患者様にとっての「心のかかりつけ医」を目指しております。
具体的には、うつ病、不眠症、パニック障害、社会不安障害、適応障害、表現障害、心身症、月経前症候群(PMS)などの疾患に対し、薬物療法だけではなく、カウンセリングや各種心理療法などを交え、個々の患者様にとって最適な医療のご提供をさせて頂きます。



◆心療内科・精神科◆

職場でのストレスや対人関係の悩み、家族の問題など・・・
誰しもが抱える可能性のある心の不調であり、特別な事ではありません。一人で悩まず、早めにご相談いただくことで対応策を見つけられるかもしれません。
(各種保険を取り扱っております)

◆精神療法◆
医師と話をしてカウンセリング治療をする事です。
漫然と話をしている訳ではなく、患者様と心が噛み合い、つながりあってこそ初めて意味があります。

◆薬物療法◆
精神療法と双璧を成す重要な治療の方法です。
中毒になるのではと心配される方もいらっしゃいますが、落ち込んでいる時に気分を上げたり、イライラや不安を和らげたり、幻覚や妄想を無くし思考の回復をするだけですので、過剰なご心配はいりません。症状がよくなれば、お薬を減らすことを検討し、最小限での投薬を心がけております。

◇以下の様な症状やお悩み、問題がある場合には、お早めにご相談下さい。
•体の症状が辛いが、内科で検査をしても、異常がみつからない
•大切な人やものを失って、気分がすぐれない
•急に動悸がしたり息苦しくなる。
•眠れない
•気分が沈み、やる気がおきない
•学校や仕事に行くのがつらい。行かないといけないと思うのに行けない
•気分が落ち込んだり、高揚したり、気分の波がある
•人ごみで不安になる 乗り物に乗れない
•人前に出たり、話したり何かするのがこわい
•緊張するとおなかが痛くなる
•体の病気のことが心配で、不安になったり落ち込んだりする
•対人関係の問題:学校や職場にうまくなじめない、人間関係がうまくいかない
•自分に自信がもてないなど、性格や自分自身のことで悩んでいる
•夫婦、親子関係がうまくいかない
•何度も戸締りの確認をしたり、手を洗ったりしないと気がすまない
•人の視線が気になったり、他人の声が聴こえたりする

その他気になる症状がありましたらお気軽にご相談下さい。

◆精神分析的心理療法について
20世紀のはじめ、ウィーンの神経医学者であったフロイトは、人の心には自分ではわからない部分(無意識)と知覚できる部分があることをあらためて発見しました。
このわからない部分(無意識)のとらわれから、人は何らかの症状や、決まった対人関係を繰り返すことがあります。
フロイトが発明した「精神分析」とは、患者は週四回以上、横になって思いついたことを思いつくままに話し(自由連想法)、患者の背後に座る治療者は連想に耳を傾け、思いつくことがあれば伝えます。この交流を経て、患者自身も自身の気づかなかった部分に気づいたり、これまで繰り返したパターンに変化があらわれていきます。
当院では、週1-3回までの「精神分析的心理療法」、週4回の「精神分析」を提供します。
●精神分析的心理療法は予約料が必要になります。
予約料は、担当者の資格、面接の頻度によって異なります。
1.(国際精神分析学会認定)精神分析家  8,000円~12,000円
2.(日本精神分析学会認定)精神療法医スーパーバイザー 6,000円~11,000円
3.(日本精神分析学会認定)精神療法医・心理療法士 5,000円~10,000円
4.(精神療法に関する資格取得前の)精神科医・心療内科医  6,000円
  ※以上消費税別

院長からひと言

さまざまな価値観、生き方があり、社会環境も変化を続ける現代。
心の不調による症状を抱える方は決して少なくありません。
こんなことで病院に行ってもいいのか? どこに行けばいいのか?
最初の一歩に迷われている方、お気軽に一度ご相談にいらしてください。
今後も継続して受診が必要な状態なのか、もう少し様子をみることにするか、きちんとお話をうかがった上でまず判断させていただきます。